濱田マサル

『大人美容 始めること、やめること』|アラフィフ大人コスメ談義

こんにちは。アラサー過ぎてからオシャレデビューをしようとしている あさよるです。女性の場合、10代の頃にオシャレが流行します。んで、だんだん流行は落ち着いて、30代になってもコスメや美容に興味津々の人は少数派で、「オタク」「マニア」の領域じゃないかと思います。だもんで、30過ぎてからオシャレデビューしようとすると、同年代はすでにブームが落ち着いているか、オシャレのベテランになろうとしているかの極端で、なかなか同士が見つからんぜ!

ということで、先輩方の知恵を拝借しようと『大人美容』を手に取りました。ファッションスタイリストの地曳いく子さんと、メイクアップアーティストの山本浩未さんの対談がまとめられたのが本書『大人美容』です。

ちなみに、おしゃれ歴ン十年のベテランおしゃれ番長二人の美容トークですから、ハイレベルです。同じく、アラフィフまでずっとオシャレのトレンドを追い続けてきた女性へ向けられています。

おしゃれオタクの美容談義

本書はアラフィフ女性のコスメ談義です。若い頃からオシャレに情熱を燃やし続け、オシャレ番長として、年齢を重ねた女性のオシャレとはどんなものなのか。といっても、堅苦しい話じゃなくって、いくつになっても女性は女性。10代の頃にメイクやオシャレに仲間と精を出した頃と変わりません。むしろ、若い頃よりも知識も技術も場数も踏んでいますし、予算も増えていますから、大人のオシャレの方が燃えるのかも。

そもそも、世間には80代90代になっても、ばっちりオシャレにキメている女性はたくさんいますから、「どうすればあの域に辿り着けるのか」という、自分の「生き方」の模索なのです。

お化粧をして、髪をセットしていると、イヤでも自分の身体の変化に気づきます。皮膚はたるんで、ハリがなくなり、髪は痩せて細くなる。現実を直視しながら、それでもオシャレをするって、人間的です。本書は「魔女」ではなく「人」のまま、老いてゆきながらのおしゃれ、美容を語っています。

おとなメイクは白・黒・赤だけでいい

おとなメイクは白・黒・赤だけでいい

  • 作者:山本 浩未
  • 出版社:宝島社
  • 発売日: 2017-03-09

おしゃれはいつまでも続く

メイクアップアーティストの山本浩未さんは、年齢を重ねた女性のメイクは「白・黒・赤」のメリハリが大切だと説いています。白とは、ハイライトや肌のキメ。黒はアイメイクや眉をキリッと引くこと。赤は口紅とチーク。若い頃と同じメイクだとボヤッとした感じになるから、キリッとメリハリを利かすそうです。

また、TPOに合わせたメイクも大事。家の中での装いと、カジュアルなシーン、フォーマルなシーンと使い分けができてこその大人美容。やっぱオシャレ歴が長くなっているだけに、オシャレのハードルも上がってるんですね。

年齢が隠せない「髪」も、ウィッグをポジティブに活用しようと呼びかけられています。無論、若い世代でもウィッグをおしゃれアイテムとして使う人も多いし、どんどん活用したもん勝ちかもしれません。

皮膚がたるんで、目じりも下がってきます。山本浩未さんはアイプチを取り入れ、地曳いく子さんは大胆に黒いアイラインを引くんだそう。若い頃は「やりすぎ?」なんてメイクも、年齢を重ねるとカッコよくなることもあるのやも。

んで、やっぱハイブランドなコスメアイテムも使えるのが大人美容の特権ですよね。10代の頃は数百円のコスメ選びで悩んでいたのに、大人は「1万円以上のクリームは効果が変わらない」なんてサラッと言えちゃうんだもの。

コスメ・メイクを語らう仲間ってイイネ

本書は第一線で活躍し続けるスタイリストとメイクアップアーティストという、かなりハイレベルな対談です。年齢を重ねても、こういう風にオシャレや美容、コスメ談義を語らえる仲間がいるって羨ましいです。素敵ですよね。

あさよるは、80代と90代の女性が新作コスメの色選びをしている場面に立ち会ったことがあり、二人のレベルの高さにビビった。まず二人ともばっちりオシャレでカッコいいし、自分に似合う色を知っていて「私はこれ」って決まってるんですよ。やばい、シビレル。

地曳いく子さんと山本浩未さんも、お二方ともすごい人なのに、それでも年齢とオシャレに試行錯誤してるもんなのですね。あさよるゴトキが右往左往してるのも当然だわ。オシャレって奥が深すぎるし、人間の根源的な行為なのかもしれません。

関連本

メイク・スキンケアの本

『今さら聞けないスキンケアの正解』/吉木伸子

美容オタクでない人に捧ぐ『今さら聞けないスキンケアの正解』

『米澤先生に聞く、肌のホントのことウソのこと55』/米澤房昭

『米澤先生に聞く、肌のホントのことウソのこと55』を読んだよ

『あなたの美を引き出す 正しいヘア&メイク事典』/尾花けい子,朝日光輝

メイク直しの正解、知ってる?|『あなたの美を引き出す 正しいヘア&メイク事典』

『鱗塾』/濱田マサル

『鱗塾』|濱田マサルさんの「美人になる」眼から鱗の美容塾

『肌断食 スキンケア、やめました』/平野卿子

記事リンク:『肌断食 スキンケア、やめました』|基礎化粧品って化粧品なのね…

『肌断食 スキンケア、やめました』|基礎化粧品って化粧品なのね…

『美肌革命 お金をかけずにきれいになる』/佐伯チズ

『美肌革命 お金をかけずにきれいになる』

おしゃれやブームについての本

『てつがくを着てまちを歩こう』/鷲田清一

「自分らしさ」ってなんだろう?『てつがくを着てまちを歩こう』

『ファッションの技法』/山田登世子

みんなと同じでいながら、みんなと違っていられる『ファッションの技法』

『誰でも美しくなれる10の法則』/ティム・ガン,ケイト・モロニー

普遍的な美しさを求めて『誰でも美しくなれる10の法則』

地曳いく子さんの本

『50歳、おしゃれ元年。』/地曳いく子

『50歳、おしゃれ元年。』|〈あの頃〉をたなおろし〈今〉を選ぶ

『着かた、生きかた』/地曳いく子

『着かた、生きかた』|自分らしい服…ってなに?

『服を買うなら、捨てなさい』/地曳いく子

『服を買うなら、捨てなさい』|とっておきで、自分スタイル

続きを読む

【2017年のまとめ】今年人気だった記事ベスト20!その1【11~20位】

2017年の人気の記事まとめ

2017年もお世話になりました。たくさんの方々が〈あさよるネット〉を訪れてくださり嬉しいです。さて毎年恒例、今年2017年閲覧数が多かったベスト20! あさよる的には毎度かなり意外なランキングでして、一年の楽しみです。

11.『ミライの授業』/瀧本哲史

2017.02.08/公開

瀧本哲史さんが、子どもたちへ贈る授業。歴史を知ると、社会や常識はどんどん変わってゆくものだと分かります。過去が異世界なように、未来もまた異世界なのです。

『ミライの授業』|世代交代が、常識を変える

12.『すぐやる!「行動力」を高める“科学的な”方法』/菅原洋平

2017.03.22/公開

ずるずるとテレビやスマホに時間を取られてしまう人へ。行動を切り替えられないのは、意志の弱さというよりは、人間の習性なんです。過労で倒れる前に「すぐやる」習慣を手に入れよう。

『すぐやる!「行動力」を高める“科学的な”方法』|あとでやろう→できなかった→罪悪感

13.『考えない台所』/高木ゑみ

2017.02.01/公開

料理家による台所のお片付け。考えなくても勝手に片付いちゃうシステムづくりの指南書です。独り暮らしや、家事の初心者さんにオススメ。

『考えない台所』|家事のシステムを作っちゃう!

14.『本へのとびら――岩波少年文庫を語る』/宮崎駿

2017.02.24/公開

宮崎駿さんによる、岩波少年文庫50冊のレビューと、エッセイ。宮崎駿さんが影響された作品や、宮崎駿さんの考える世界観の一端が垣間見れます。

『本へのとびら――岩波少年文庫を語る』|宮崎駿のレビューとエッセイ

15.『東京の空』/宮本浩次

2017.06.16/公開

エレファントカシマシの宮本浩次さんがロッキング・オン・ジャパンで連載していたエッセイ。一度増刷され、その後絶版になっているモヨウ。Amazonではプレミア価格になっています。コレクターじゃなければ、図書館で資料請求してみては。

『東京の空』|ロッキングオンジャパン連載・日本語ロックのふるさと

16.『鱗塾』/濱田マサル

2017.01.13/公開

メイクアップアーティスト・濱田マサルさんの「目からウロコ」の『鱗塾』。メイクのテクニックの話かと思いきや、最初の話題は「姿勢」。そして「食事」。「美しい」をトータルに考える本です。

『鱗塾』|濱田マサルさんの「美人になる」眼から鱗の美容塾

17.『いちばんわかりやすい漢方の基本講座』/佐藤弘,吉川信

2017.03.30/公開

漢方や東洋医学について、まず最初の一冊。思想や考え方もカラーのイラストや図解たっぷりで紹介されています。あさよるも漢方について知りたくて手に取りました。

『いちばんわかりやすい漢方の基本講座』|イラスト・図解で知る!

18.『池上彰の宗教がわかれば世界が見える』/池上彰

2017.02.14/公開

池上彰さんが世界三大宗教のキリスト教、イスラム教、仏教、そして神道と科学の、それぞれの専門家たちとの対談集。

『池上彰の宗教がわかれば世界が見える』|社会、外交、世界を考える

19.『洋服で得する人、損する人』/霜鳥まき子

2017.07.11/公開

おしゃれはアイテムだけじゃない。人はあなたの全身を見ているのです。値段やトレンドだけじゃなく「幸せそう」なコーディネートを。

『洋服で得する人、損する人』|人は靴を、カバンを、クローゼットを見ている

20. 『結局、ひとりで勉強する人が合格する』/鬼頭政人

2017.03.16/公開

勉強は独学派?通学派? 目標は試験に合格することですか?知識を増やすことですか? 自分の目的をハッキリとさせて、目標に合った勉強をしましょう。

『結局、ひとりで勉強する人が合格する』|独学は続かない…監視・承認・競争がない

『鱗塾』|濱田マサルさんの「美人になる」眼から鱗の美容塾

こんにちは。メイクが楽しいあさよるです。

あまりお化粧をしない青春時代を過ごしたため、今になって「なんかこれ、面白くね?」と目覚め始めたのかもしれません。

YouTubeでも、メイクアップアーティストの方がたくさん動画をアップロードされていて、テクニックや手さばきが勉強になります。

濱田マサルさんも、主宰のコスメブランドのYouTubeチャンネルで存在を知りました。

美容はまず、「姿勢」から!

濱田マサルさんの美容本ということですから、そりゃあ最新のメイクテクニックが……と思いきや!

立ち方や顎の引き方など、「姿勢の話」から始まります。もう、この時点で“眼から鱗”。

確かに、どんなにキレイにお化粧をしても、猫背で背中を丸めて、顎をあげてフガフガしていては美しくない。

スクッと美しく立てる。歩ける。美しい身のこなしって、美女の条件だと思います。いやぁ、眼から鱗。

メイクアップだけじゃないんです

もし、メイク本を探している方は、『鱗塾』はご要望にお答えしないでしょう。メイクアップ以外の話題が半分近くありますから。

しかし、「きれいになりたい」「美人になりたい」と願ってらっしゃる方には、この本、オススメします。

塗りたくる化粧の話だけでなく、そもそもの顔の筋肉を動かし、たるみを無くす。

食べ物を変え、体の状態を変えてゆく。結果的に、美肌へ導きます。

気の長い話です。その場でササッと塗って隠せる話ではありません。

でも、きれいになるって、そういうことですよね。

「ごめんなさい、白いご飯を食べましょう!」

ちょっぴり微笑ましく、そして真面目な方だなぁと思ったのは、「ごめんなさい、白いご飯を食べましょう!」という見出しです。

過去に、著書の中で白米は食べてはいけないと仰っていたようで、本書にて訂正されているんですね。

そういうの、なかなかここまで真っ直ぐ表明するのって、できないものじゃないですか。あさよるだったら、意固地になってしまう気がします。

それに、きちんと情報がアップデートされ、ほんとに勉強&研究し続けているんだなぁというのも分かりました。

きっと今後も、どんどん情報がアップデートされてゆくんでしょう。また、濱田マサルさんの本を読んでみたいなぁと思います。

トータルに「美」を考える

姿勢や立ち方座り方、舌の動かし方、食事の仕方、体の洗い方、洗髪の方法。顔の筋肉の動かし方などなど、トータルな「美」にまつわる話題が紹介されています。

もちろん、濱田マサルさんのメイクアップが、最もページを割かれています。

この辺はもう、「実際読んで下さい」としか言えん(^_^;)

で、さらに、美容医学についても言及されているのが興味深いなぁと感じました。いわゆる「整形」ですね。

濱田マサルさんは、時には整形を踏み切っても良いのではないか?と提案なさっており、いくつかのクリニックも紹介されています。あさよるも、眉間の皺が気になってしゃーないので、そういう手段もアリかも!?と思いました。

しかし、まずは姿勢から。

『鱗塾』、ほんとに鱗がポロポロと落ちました。

続きを読む