生態

『パンダ――ネコをかぶった珍獣』を読んだよ

寝ているパンダをコピックマーカーで描いたイラスト

寝ているパンダをコピックマーカーで描いたイラスト

私は一人でどこへでも行っちゃえる性格で、一人で動物園へも出向きます。
たまたま動物園の近くに用事があり、どうせならと30分ほどの時間を作り飛び込みました。

夜行性の動物ばかり集めた、真っ暗な屋内の建物があり、そこを一人で歩いている時初めて「怖い!」「あ、一人で動物園へ来ちゃった!」と気付きました。
普段から一人でフラリと出かけるので、「ひとり動物園デビュー」だったことにも気付かなかったのでした。

パンダ舎では屋外でパンダが一頭、木の影で寝ていました。
一人で動かないパンダを観察し続けるのは少し難しいのです。
パンダが間近にいるなら細部を観察できますし、遠くにいても動き回っていると、パンダの動作が分かります。

ピクリとも動かないパンダ!

その日のパンダは、木の影でどの角度からも覗き込めず、パンダの全体像も見れませんでした。
誰かと一緒だったら「動かないね」「ぬいぐるみみたいだね」なんて言い合えるのでしょうが、すべて自分の中で完結してしまうことが、単独行動の弱味でしょうか。

確か、この動物園にはパンダが二頭いたと思うのですが、屋外には一頭しかいませんでした。
パンダというのは、一頭で生きる生き物のようです。

孤独を愛するパンダに親近感?

他のパンダと一緒にいるのは、母親と生まれてから親離れするまでと、短い発情期にオスとメスが出会ったときのみで、それ以外は一頭で暮らしているようです。
孤独を愛するパンダ……見た目の愛らしさに反し、パンダの生態はなかなかクールです。

一人で動物園を満喫している自分と、単独の大半を生涯を過ごすパンダ。
なんだか親近感がわき、以前よりパンダが好きになりそうです。

パンダの元祖はレッサーパンダ

『パンダ――ネコをかぶった珍獣』の著者・倉持浩さんは、上野動物園のパンダ飼育に関わっている方です。
パンダの生態や繁殖、歴史、パンダをめぐるメディアの扱いなど、飼育係ならではの内容でした。

ちなみに「パンダ」の元祖はレッサーパンダ。
白黒のパンダをヨーロッパ人が発見した時、レッサーパンダに近い種だと考え「ジャイアントパンダ」と名付けられました。
レッサーパンダの名付けが先だとは、意外です。

パンダはどんなに愛らしい容姿とはいえクマの仲間です。
じゃれたつもりでパンダがひっかいたり、甘咬みされても人間はひとたまりもありません。
パンダを近くで見ようと、来園者がパンダの飼育者に勝手に忍び込み怪我をすることもあるんだとか。

かわいい見た目から大人しいに違いないと思い込んでしまったのでしょうか。

かわいいパンダは身近なもの?それとも珍獣?

人間の目から見ると、パンダはとても可愛らしく、ふわふわのぬいぐるみのように見えます。
パンダを元にしたキャラクターや、パンダグッズも、一つくらい誰でも持っているのではないでしょうか。

パンダを模した物は私たちの側にあり、パンダに親しみを感じます。
しかし、私達はパンダの生態についてあまり多くを知りません。
本書タイトルでも「珍獣」を書かれており、謎に包まれた珍しい生き物です。

動物園へ行く前は、こうやって動物の生態について調べておくと、何倍も楽しめそうですね。
また、ひとり動物園するときのために、動物情報もインプットしてゆきたいです。

続きを読む

『本当に困っている人のためのゴキブリ取扱説明書』を読んだよ

ゴキブリやアリなどの害虫退治に効果的な片付けと掃除のイメージをコピックマーカーを使って描いたイラスト

この春から私は、大規模な身辺整理を行ってきました。

きっかけになった出来事は二つ。
一つ目の理由は、部屋に突如小さな子ゴキブリが連続して現れたこと。
しかも、机の上を歩いていたり、部屋の真ん中を堂々と歩いていたのです。

二つ目の理由も昆虫にまつわること。
部屋の中をアリが行列を作って歩いていました。
アリは、いつも年に数回やって来ていたので、私としては珍しいものではありませんでした。
慣れとは恐ろしいものです。

思い返してみれば、私の部屋には、大きなクモやヤモリやコウモリも度々やって来ました。
私はてっきり、田舎はそんなものかと思っていたのですが、家族が言うには、他の部屋にはそのような生き物はほとんど出没したことがないそうです。

はたと気付きました。
もしかして、私の部屋にだけ虫や動物がいるの?

害虫が出るのは仕方のないこと?

それでも私はのんきでした。

私の部屋の階下は、台所と洗面所、お風呂場です。
湿気や食べ物につられてゴキブリがやってくるのは仕方ないことだと考えました。
ゴキブリがいるから、それを餌にしようと、クモやヤモリ、コウモリがやって来るんだろうと思いました。

しかし、それは部屋の間取り状、仕方のないことです。
「私にはどうしようもない」
そう思い込むことで、見て見ぬふりをしていました。

掃除ができないのは物が多すぎるから?

結論を先に言うと、私の部屋の欠点は「物が多すぎた」ことでした。
自分で管理しきれないほどの物があったので、上手く片付けられず、いつもどこかが散らかっている状態でした。

部屋が散らかっていると、なかなか掃除が行き届きません。
結果、ホコリや髪の毛、目には見えないけれど、私の皮脂など、ゴキブリの餌になるものが落ちていたのでしょう。

更に、物が多いということは、それらを収納するための棚や家具も多かったのです。
棚や家具を置き、そこに所狭しと物を収納すると、自ずと隙間や物陰ができてしまいます。
これらは、ゴキブリにとってとても住み良い隙間です。

私はせっせと、ゴキブリの住み心地の良い部屋を作り続けていたことになります。
これでは、一時的に殺虫剤を巻いても、バルサンを焚いても、キリがありません。

ゴキブリやアリなどの害虫退治に効果的な片付けと掃除のイメージをコピックマーカーを使って描いたイラスト

物を捨てに捨てる日々

私は一念発起し、自分の身辺整理を始めました。
最近使われる言葉で言うと「断捨離」し始めました。

やることは唯一つ!
ひたすら物を捨てる!

捨てに捨て続け、ゴミ袋にして30袋近いゴミが出るわ出るわ。
6畳の部屋からこんなに物が出てくるのかと驚きました。

ゴチャゴチャとした持ち物が減ると、棚や家具も空になり、順番に潰しては捨てました。
部屋の4つの壁をぐるりと棚や家具がひしめき合っていたのが一変、一間分のスペースで収納が間に合うようになりました。
これから更に持ち物は減る予定で、近々半分の量になるでしょう。

ゴキブリやアリなどの害虫を寄せ付けないための策として断捨離を始めました。
物が減ると、掃除もしやすくなり、毎日掃除機を隅から隅までかけ、定期的に雑巾がけをするようになりました。
これで害虫対策もバッチリでしょう!
そう意気込んでいます。

敵の情報を知る!

『本当に困っている人のためのゴキブリ取扱説明書』を読みました。
ゴキブリの生態がとても詳しく紹介され、ゴキブリをよく知ることができます。
まずは敵の情報を知らなければいけません。

彼らは、5~13mm くらいの隙間が大好きなだそうです。
少しの食べかすや、一滴の水があれば、彼らは大喜び。
私の部屋は彼らにとってとても住みやすいところだったようです。

本書の中で紹介されているゴキブリ対策にも、部屋を片付け物を減らすよう書かれています。
図らずも、本書にある通りに行動していたことになります。

更に、ゴキブリ対策として、ゴキブリホイホイを床一面に敷き詰める一掃作戦も紹介されていました。
早速その通りに実行してみようと思います。

こんなにゴキブリについて詳しく書かれた本を初めて読みました。
生態を知ることで、効率的な駆除を知れる良書でした。
常に手の届くところへ置いて、対策を続けたく思います。

続きを読む