生活の知恵

『簡単に暮らせ』|「しない」「いらない」を選んでもいい

こんにちは。年末の忙しさにかまけて、どんどん部屋が散らかってゆく あさよるです。大掃除どころではございません……しゅん><

さて今月、ブロガーの ちゃくま さんの著書『もっと簡単に暮らせ』を読みまして、「生活」全般に関する考え方の切り口を紹介する本で、面白かったんです。なので、一作目の『簡単に暮らせ』も読んでみたく本書を手に取りました。

『簡単に暮らせ』が一冊目で、『もっと簡単に暮らせ』が続編です。続編は実践編で細かな生活の知恵が多かったのですが、一冊目『簡単に暮らせ』は、考え方、思想が中心に感じました。

人生を選べ

『簡単に暮らせ』で提唱されているのは、大ざっぱに言えば「どんな人生を生きるのか、自分で選べ」というメッセージです。本書のタイトルは『簡単に暮らせ』ですが、例えば「ここはもっと複雑にしたい」「これだけは譲れない」という自分の意志があるなら、それを優先すればいいのです。しかし、特に自分の意志がないことは「簡単にすればいい」という提案なのです。

例えば、今や猫も杓子もスマホを持っていますが、別にスマホを持たない生活をしてもいいし、ちゃくまさんのお父様は携帯電話すら持っていなくても、別に不自由なく生活なさっているそうです。なんとなく持っていて、お金も時間も使っているものも、「なくてもいい」のかもしれません。

ちゃくまさんのお父様は財布も持ってないそうで、ポケットにお金やカードを入れておられるようです。が、やはりお父様はなにも不自由していない。「財布を持たなくてはならない」というのも、常識に囚われているだけなのかもしれません。

また、断捨離は生活の質の向上に効果てきめんで、物が減ると掃除や管理の手間も省けます。しかし、ちゃくまさんは断捨離の逆バージョンも提唱しておられます。それは「本」。ちゃくまさんの場合、本は迷ったら即買って読んでしまうんだそうです。本は自分を豊かにするものですし、本の価値は本そのものではなく、本に書かれた「情報」に価値があるのです。情報はどんどん仕入れようってことですね。……一応あさよるネットは読書ブログですので、この話題を拾いましたw

「写真を捨てる」の真意

本書『簡単に暮らせ』では、結婚前の写真を処分してしまった話が登場します。お子さんの写真は、お子さんの物ですから保管していますが、ご主人は写真に興味がないそうで、夫婦の写真を処分なさったんですね。ちゃくまさんも「おすすめしない」と断っておられます。

しかし、この「写真を捨てる」という話から考えさせられることは、「意外と写真って捨てても大丈夫なんだな」ってこと。というのは、思い出の詰まった写真を失うと、なにか大切なものまで失うような感覚がありますが、別にそんなことはない。それこそ、火事や災害で写真を失ったからといって、家族や仲間との関係がどうかなるわけじゃない。「ああ、写真って紙切れなんだな」と気づきました。

なんとなく漠然と「写真は捨ててはいけない」「スマホは必要」「財布は良いものは持たなければ」と思いこんでいるけれども、あくまで「思いこみ」なのかもな。

ややこしいことは、しなくてもいい

ちなみに あさよるは、紙の写真を持っていません。必要な写真はスキャンしてデータで管理することにしました。もともと写真もほとんど撮らないし、自分の顔写真は免許書更新するときに撮るくらいですw でも別に不便してないし、貧しい暮らしをしているわけではありません。

あと、あさよるはスマホを持っていません。今は自宅で仕事をしているので、自宅のWIFIにiPodとネクサスをつないで使用しています。外出時も不便したことは今のところありません。たぶん、また通勤するようになっても、スマホは持たないような気がします。

だから、ちゃくまさんが仰ることもなんとなくわかります。意外と「なくても困らない」物事にたくさんのリソースを使ってることってあるんじゃないかな。例えば、あなたがガシェットマニアで、最新のガシェットを愛でているなら別ですが、そんな人少ないよね。そのガシェット、必要なの?

ややこしいことに頭を使って考えるのも大切ですが、重要でないことなら「別にやめてしまってもいいのよ」という、シンプルなメッセージでした。

関連本

『もっと簡単に暮らせ』/ちゃくま

『もっと簡単に暮らせ』|人生を自分で選ぶコツ

『服を買うなら、捨てなさい』/地曳いく子

『服を買うなら、捨てなさい』|とっておきで、自分スタイル

『人生がときめく片づけの魔法』/近藤麻理恵

  • 記事リンク:『人生がときめく片づけの魔法』を読んだよ

『人生がときめく片づけの魔法』を読んだよ

『新・片づけ術「断捨離」』/やましたひでこ

『新・片づけ術「断捨離」』を読んだよ

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』/佐々木典士

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ』

続きを読む

『勝間式 超ロジカル家事』|「お金ムダ遣い」「捨てない」は「命」のムダ遣い

こんにちは。勝間和代さんのメルマガ読者の あさよるです。勝間さんが家事を攻略しようと試行錯誤している様子をメルマガで読んでおりまして、これが面白かった。だから『勝間流超ロジカル家事』はぜひ読みたかった本です。

ちなみに、あさよるも凝り始めるとトコトンやりたい方なんですが、勝間さんの足元にも及びませぬな。おにぎりの最適解を模索するくらいだ。

ツールを使いこなす!

『勝間流ロジカル家事』が特徴なのは、家電をフルに使いこなしているところです。ここが勝間さんっぽいところですね、ツールをとことんまで使いこなす。メルマガでは失敗や上手くいかない経験もシェアされていました。

たとえば、ヘルシオは2台使い。蒸し機能とオーブン機能の両方を使うためです。圧力IH鍋も2台持ち。みそ汁用と煮物用。そしてオーブンと炊飯器。もちろん食洗器も使います。どうも家電は高額で、食洗器も贅沢品のように感じていますが、手間が省略されたぶんの時間を、自給換算すれば値打ちのある買い物です。

調理器具も、最低限のアイテムで最大限に仕えるスタメンを選びぬいているのがシビレル。あさよるも選びぬきたい……(*´ω`*)

掃除も、機械ができることは機械に任せます。たとえばルンバ。ルンバを使うためには床面が片づいていないといけません。片づけがルンバが使える環境を生み、ルンバが使えるとその分時間が生まれます。

片づけると豊かになる?

本書『勝間流超ロジカル家事』によると、勝間さんはかつての8割もの荷物を処分したそうです。多忙な勝間さんですから、家政婦を雇っていたそうですが、家政婦は「捨てる」権限はありません。勝間さんご自身も「家政婦さんに任せている」と油断もあって、どんどん物が増えまくっていたようです。片づけをし、持ち物の量を極端に減らしたことで、持ち物の管理が楽になった、特に頭の中で把握できるようになったそうです。

さて、片づけは時間を生み出します。働けばお金が稼げる時間を、ムダな時間に使っていては、時間もお金もムダにしているのと同じです。

「いつも、気づいたらお金がなくなっている」
「ムダ遣いしているつもりはないのに、お金が貯まらない……」
お金が貯まらない人は、決まり文句のようによう言います。
お金が貯まらない人に共通することが、2つあります。

1 使わないものを買う
2 買ったものを捨てない

この2つをしている限り、家計簿をつけていたとしても、まず、お金は貯まりません。

(中略)

家計破綻の原因は収納破産と同じで、前者はお金を、後者はものをきちんと管理できないことにあります。
収納の最大のコツが、不要なものを捨てて、ものを増やさないことであるように、家計管理のコツも、ムダ遣いを見つけて削ることです。

p.181-182

お金が貯まらない人の特徴は、使わないものを買ってしまい、その買ったものを捨てようとしない。結果、物が溢れ返り、その管理に労力を奪われ、在庫管理ができずまた物を買う。お金も、時間も、スペースも、エネルギーも奪われてゆくばかりです。

勝間さんは、多忙の中でも、家族分の調理をしています。貴重な時間を使うからこそ、徹底的に時短が試みられているんです。これは、「家族の食事を用意する」ってタスクが勝間さんにとって優先順位が高いってことです。時間を有効に使うことは、自分にとって何が大事なのか、何を優先すべきかをハッキリさせることです。お金の豊かさだけでなく、「時間」は精神的豊かに関わります。

時間より貴重なものはない

さらに、お金と時間をめぐる話は、展開します。

 時間をかけてお金を稼いでいるのに、そのお金をムダにするのは、時間をムダにすることになります。
時間が過ぎるということは、命を削られるということ。命は有限です。
家事をしながらがんばって仕事で成果を残したことも、上司の嫌味をがまんしたことも、すべて自らムダにするのは虚しすぎます。お金をムダにすることは時間=命をムダにすることです。

p.182-193

稼いだお金をムダにすることは、仕事をした時間をムダにすることです。そして、二度と帰ってこない時間をムダにすることは、命をムダにすることです。だから、お金は貴重で、ムダにしてはいけない。そのために、ムダ遣いする人の特徴「使わないものを買う」「買ったものを捨てない」から脱却する。

い、命の話をされると……でも、その通り……orz

「選ぶ」人になる

本書『勝間式超ロジカル家事』は家事全般を徹底的に追及しまくっている記録です。なんの追及をしてるかって?

知らん!w

時短とか節約とか、それっぽい理由は上がっているけれども、何を置いても「面白いから」っしょ。金と時間を使って、金と時間の有効利用を追求するって、サイコーにおもろいじゃないか。先に述べた通り、勝間さんほどじゃないにしても、あさよるも似たような志向を持ってるので、これ読んでるだけでソワソワしますw

本書では家事全般、調理、掃除、洗濯、収納に加え、家計術、ファッション、メイクまでロジカルに追及されているのです。その〈やり方〉が物珍しいので気が取られてしまいますが、一貫してるテーマは「選びとる」ことじゃないかと思います。「なんとなく」「みんながやってるから」「時間がないから」「やらされるから」ではなく、自分で「これをする」と選び抜いてゆく。その力が「命をムダ遣いしない」につながるんじゃないかな。

本書の勝間さんのやり方をそのままコピーすることは不可能です。たとえば調理器具や食材は、勝間さん宅の食事情が反映されているから、マネをするなら自分流に落とし込まなければなりません。だから「勝間流」なんやな。

ただ、「やってみた」的にはここまでテッテー的にやり込まれていて、かなりオモロイ。自分もやりたくなる。とりあえず、押入れの中身を外に出して、ゴミ分け始めた程度には行動に結びついていますw

関連本

『理系の料理』/五藤隆介

『理系の料理』|フローチャートで料理をしたい人へ!

『女に生まれたら、コレを読め ~○活必勝法~』/勝間和代

『女に生まれたら、コレを読め ~○活必勝法~』を読んだよ

『結局、女はキレイが勝ち。欲張りに生きるためのスキル63』/勝間和代

『結局、女はキレイが勝ち。欲張りに生きるためのスキル63』を読んだよ

『目立つ力』/勝間和代

『目立つ力』|目立てばチャンスも掴みやすい!ブロガーのすすめ

続きを読む

『“世界一”のカリスマ清掃員が教える 掃除は「ついで」にやりなさい!』|生きるために掃除する?

こんにちは。スポーツドリンクをひっくり返してベタベタのあさよるです。はぁ、掃除めんどくさい(´Д`)ハァ……あさよるは掃除は嫌いではないし、やり始めると楽しいんですが、始めるまでがめんどうでたまらない。

少しでもラクして掃除できる方法はないもんじゃろかと、今話題になっている『掃除は「ついで」にやりなさい!』を手に取りました。しかし結果的に、掃除が楽になるどころか、掃除の真の意味に気づかされる読書となったのでありました。

掃除初心者には心強い一冊

『掃除は「ついで」』にやりなさい』は、家事初心者の人に心強い一冊です。1人暮らしを始める人や、新生活が始まる人へ。反対に言うと、もう家事はベテランの方には、知っている内容が大半だったり、また、それぞれの“やり方”が既にあるでしょう。ベテランさんは、ちょっと中身を見てから決めてみて下さい。

本書が初心者向けなのは、まず今すぐに揃えるべき道具が一覧されており、またそれが最小限であること。汚れの種類や、洗剤の種類が分類され、とても簡単な説明が添えられていることです。「掃除のいろは」なんですよ!繰り返しますが、これらが“最小限”であるが魅力です。高額な掃除道具や、どこで手に入るかわからない洗剤ではない。どこでも、ありきたりの、スーパーで手に入るものがほとんどです。

掃除の心得

また、初歩の初歩過ぎて逆に誰も教えてくれない掃除のコツ。掃除の前に部屋を片付けるベシ。といっても、掃除たびに片づけをするとなると、掃除が億劫になってしまいます。だから、片づけはちょっとずつ。「今日はこの棚の上」とか少しずつ片づけましょう。って、こんなの初歩過ぎて誰でもわかってるよ!と思いますが、掃除が面倒になるのも、片づけられていないことが多し。床の上に物が置いてあると掃除機駆ける気もなくなりますからね……。

道具の“手入れ”も大切。ビニール手袋の洗い方や、ブラシの手入れのしかた。道具ってメンテナンスまで含めて使いこなさないといけません。ということは「掃除アイテムは少ない方がいいのかも」とも思いました。だって、道具の数が増えれば増えるほど、それを手入れする手間も増えるから。

また、掃除は「ついで」にやるんだけれども、手を抜くわけじゃないってこと。理由は次の項で紹介します。あさよるは、これが一番、本書で学んだことだった……。

掃除は、生きること

本書で最もビリビリ感じたメッセージ。それは「掃除は生きるためにやる」ってこと。

もちろん、著者の新津春子さんはそんな言、直接明言していないんですよ。ただ一流の掃除のやり方を教えて下さっているだけなんです。しかし、その姿勢から、掃除の意味を教わった気がします。

なぜ掃除をせねばらなないかというと、一番の理由は清潔を保つためです。衛生状態を保つことが、我々の生きる術です。だから、徹底的にやらなければなりません。手は抜けません。だって、命懸けだから。……なんて言うと大げさでしょうか。しかし、掃除ってそういうものです。そして、本書『掃除は「ついで」にやりなさい!』は、決して手抜きの術を教えるものではありません。むしろ、最低限のアイテムで徹底的に掃除しつくす方法が紹介されています。むしろ、今のお掃除の方法より仕事が増える方もいらっしゃるでしょう(あさよるもその一人……)。「著者・新津春子さんは、掃除の手の抜き方を教えているんじゃない……完璧にやり抜く方法を教えてるんだ……」と気づいたとき、「掃除は生きるためにする」という本来の目的を強く感じました。食事をするのと同じ、命をつなぐためにやっている……。

知識と習慣を身につける

本書はページ数も多くなく、マンガもたくさん挿入されている入門編です。ですから、もし掃除を極めようと思った方はここから別のステップへ進まれるでしょう。

あさよるが本書で学んだことその2。「掃除について学ばなければならない」ということ。汚れって種類が多すぎるから、こんなの体系的に対処できないと思い込んでいました。しかし、本書で「汚れの種類はたった3つ」と紹介されていました。

  • 固形
  • 油性
  • 水性

以上三種類。「固形」の汚れはまずブラシ等で落とす。「水性」の汚れは水拭き。「油性」の汚れはアルカリ~弱アルカリの洗剤を使う。……え、これだけ?

洗剤の種類も5つまで絞り込まれていました。

  • 食器用洗剤
  • クエン酸
  • 重曹
  • セスキ炭酸ソーダ
  • クレンザー

そして、道具は極論するとたった一つ。

  • タオル

基本はこれだけ。

これらを組み合わせたり、ここに別の道具をプラスしてゆきます。こうやってシンプルに考えられるようになると、掃除、できそうな気がします。もし、あまりにもややこしくって掃除が苦手になっている人がいたら、最初のステップとして簡単に始めてみてはいかがでしょう。

掃除は家事ではない何か

本書『掃除は「ついで」にやりなさい!』の著者・新津春子さんは、プロの清掃員です。しかもそんじょそこらの清掃員じゃなく、カリスマ清掃員です。羽田空港の清掃を担当しておられた方だそうです。

著者もお家に帰れば、我々と同じように家の掃除をします。カリスマも凡人も、プロもアマも関係なく、掃除は誰もがします。しかも、家の中の清掃だけでなく、職場や自分のデスク周りの掃除もします。清潔や整頓された状態は、仕事にも欠かせない要素だからです。

本書は何も特別なことを扱った本ではありません。書かれている内容も難しいものではなく、誰にでも伝わるものでょう。家庭での掃除というのは「家事」の一部として語られることが多いですが、家事の枠を超えているものではないのかと気づきました。

掃除、家事だと思うと面倒ですが、生きるための仕事だと思えばどうでしょう。本書は、「掃除」への意識を変化させる「何か」がありました。

続きを読む