米澤房昭

『大人美容 始めること、やめること』|アラフィフ大人コスメ談義

こんにちは。アラサー過ぎてからオシャレデビューをしようとしている あさよるです。女性の場合、10代の頃にオシャレが流行します。んで、だんだん流行は落ち着いて、30代になってもコスメや美容に興味津々の人は少数派で、「オタク」「マニア」の領域じゃないかと思います。だもんで、30過ぎてからオシャレデビューしようとすると、同年代はすでにブームが落ち着いているか、オシャレのベテランになろうとしているかの極端で、なかなか同士が見つからんぜ!

ということで、先輩方の知恵を拝借しようと『大人美容』を手に取りました。ファッションスタイリストの地曳いく子さんと、メイクアップアーティストの山本浩未さんの対談がまとめられたのが本書『大人美容』です。

ちなみに、おしゃれ歴ン十年のベテランおしゃれ番長二人の美容トークですから、ハイレベルです。同じく、アラフィフまでずっとオシャレのトレンドを追い続けてきた女性へ向けられています。

おしゃれオタクの美容談義

本書はアラフィフ女性のコスメ談義です。若い頃からオシャレに情熱を燃やし続け、オシャレ番長として、年齢を重ねた女性のオシャレとはどんなものなのか。といっても、堅苦しい話じゃなくって、いくつになっても女性は女性。10代の頃にメイクやオシャレに仲間と精を出した頃と変わりません。むしろ、若い頃よりも知識も技術も場数も踏んでいますし、予算も増えていますから、大人のオシャレの方が燃えるのかも。

そもそも、世間には80代90代になっても、ばっちりオシャレにキメている女性はたくさんいますから、「どうすればあの域に辿り着けるのか」という、自分の「生き方」の模索なのです。

お化粧をして、髪をセットしていると、イヤでも自分の身体の変化に気づきます。皮膚はたるんで、ハリがなくなり、髪は痩せて細くなる。現実を直視しながら、それでもオシャレをするって、人間的です。本書は「魔女」ではなく「人」のまま、老いてゆきながらのおしゃれ、美容を語っています。

おとなメイクは白・黒・赤だけでいい

おとなメイクは白・黒・赤だけでいい

  • 作者:山本 浩未
  • 出版社:宝島社
  • 発売日: 2017-03-09

おしゃれはいつまでも続く

メイクアップアーティストの山本浩未さんは、年齢を重ねた女性のメイクは「白・黒・赤」のメリハリが大切だと説いています。白とは、ハイライトや肌のキメ。黒はアイメイクや眉をキリッと引くこと。赤は口紅とチーク。若い頃と同じメイクだとボヤッとした感じになるから、キリッとメリハリを利かすそうです。

また、TPOに合わせたメイクも大事。家の中での装いと、カジュアルなシーン、フォーマルなシーンと使い分けができてこその大人美容。やっぱオシャレ歴が長くなっているだけに、オシャレのハードルも上がってるんですね。

年齢が隠せない「髪」も、ウィッグをポジティブに活用しようと呼びかけられています。無論、若い世代でもウィッグをおしゃれアイテムとして使う人も多いし、どんどん活用したもん勝ちかもしれません。

皮膚がたるんで、目じりも下がってきます。山本浩未さんはアイプチを取り入れ、地曳いく子さんは大胆に黒いアイラインを引くんだそう。若い頃は「やりすぎ?」なんてメイクも、年齢を重ねるとカッコよくなることもあるのやも。

んで、やっぱハイブランドなコスメアイテムも使えるのが大人美容の特権ですよね。10代の頃は数百円のコスメ選びで悩んでいたのに、大人は「1万円以上のクリームは効果が変わらない」なんてサラッと言えちゃうんだもの。

コスメ・メイクを語らう仲間ってイイネ

本書は第一線で活躍し続けるスタイリストとメイクアップアーティストという、かなりハイレベルな対談です。年齢を重ねても、こういう風にオシャレや美容、コスメ談義を語らえる仲間がいるって羨ましいです。素敵ですよね。

あさよるは、80代と90代の女性が新作コスメの色選びをしている場面に立ち会ったことがあり、二人のレベルの高さにビビった。まず二人ともばっちりオシャレでカッコいいし、自分に似合う色を知っていて「私はこれ」って決まってるんですよ。やばい、シビレル。

地曳いく子さんと山本浩未さんも、お二方ともすごい人なのに、それでも年齢とオシャレに試行錯誤してるもんなのですね。あさよるゴトキが右往左往してるのも当然だわ。オシャレって奥が深すぎるし、人間の根源的な行為なのかもしれません。

関連本

メイク・スキンケアの本

『今さら聞けないスキンケアの正解』/吉木伸子

美容オタクでない人に捧ぐ『今さら聞けないスキンケアの正解』

『米澤先生に聞く、肌のホントのことウソのこと55』/米澤房昭

『米澤先生に聞く、肌のホントのことウソのこと55』を読んだよ

『あなたの美を引き出す 正しいヘア&メイク事典』/尾花けい子,朝日光輝

メイク直しの正解、知ってる?|『あなたの美を引き出す 正しいヘア&メイク事典』

『鱗塾』/濱田マサル

『鱗塾』|濱田マサルさんの「美人になる」眼から鱗の美容塾

『肌断食 スキンケア、やめました』/平野卿子

記事リンク:『肌断食 スキンケア、やめました』|基礎化粧品って化粧品なのね…

『肌断食 スキンケア、やめました』|基礎化粧品って化粧品なのね…

『美肌革命 お金をかけずにきれいになる』/佐伯チズ

『美肌革命 お金をかけずにきれいになる』

おしゃれやブームについての本

『てつがくを着てまちを歩こう』/鷲田清一

「自分らしさ」ってなんだろう?『てつがくを着てまちを歩こう』

『ファッションの技法』/山田登世子

みんなと同じでいながら、みんなと違っていられる『ファッションの技法』

『誰でも美しくなれる10の法則』/ティム・ガン,ケイト・モロニー

普遍的な美しさを求めて『誰でも美しくなれる10の法則』

地曳いく子さんの本

『50歳、おしゃれ元年。』/地曳いく子

『50歳、おしゃれ元年。』|〈あの頃〉をたなおろし〈今〉を選ぶ

『着かた、生きかた』/地曳いく子

『着かた、生きかた』|自分らしい服…ってなに?

『服を買うなら、捨てなさい』/地曳いく子

『服を買うなら、捨てなさい』|とっておきで、自分スタイル

続きを読む

【2016年のまとめ】 今年人気だった記事ベスト20!その2

 

本年紹介した書籍の中から、アクセス数の多かったベスト20をまとめました。

結構いろんなジャンルに渡って、いい感じにバラけたベスト20になって嬉しいです。本日2日目。ベスト10の紹介です。

あさよる的に「この本がべすと10に入るんだ!」と意外なものが多数で面白いです。

今年はたくさん本を読んだつもりでしたが、結構内容まで覚えているもので、インプット(読書)+アウトプット(ブログ)っていいかも!と思いました。

 

本年もごらんくださったみなさん、ありがとうございます。

良いお年を~!

続きを読む

【今週のまとめ】2016年1月11日~15日

今週のまとめ

今週ブログで取り上げた書籍や雑貨、DISCのまとめです。

『米澤先生に聞く、肌のホントのことウソのこと55』米澤 房昭

説明されると「なるほど」と思える美容知識が詰まっている。美容に関するウソ/ホントというよりは、誤解や勘違いを整理されている印象。特に、メイクを落とすクレンジングと、洗顔の重要性が説かれている。著書のサロンにも一度行きたい。

Kindle版あり

ちふれ ウォッシャブルコ-ルドクリ-ムN 300g

『米澤先生に聞く、肌のホントのことウソのこと55』を読み、クレンジング時にマッサージを取り入れた(本書は弱アルカリ性のマッサージ剤を勧められているが、手元にあるもので代用中)。顔は細かな筋肉が集まり、こりやすいので、時間をかけてマッサージをすると気持ちが良い。化粧をしなかった日でも、夜にマッサージすると白いクリームがほんのり肌色になる(゚д゚;)

『本で床は抜けるのか』西牟田 靖

WEB連載を読んでいたので、久々の対面。紙は木で出来ているから、束になるととても重い。電子書籍や自炊へ移行できるかは、世代間で意識の差があるよう。

Kindle版あり

『新・片づけ術「断捨離」』やました ひでこ

「断捨離」という新しい片付けの概念を広めた一冊。”捨てる”という行為には後ろめたさや罪悪感がつきまとっていたが、“将来のために”片づける前向きなイメージ付けがされたのではないか。不要なものを処分すると、それ以降、不要なものが増え辛くなる。

Kindle版あり

『人生がときめく片づけの魔法』近藤 麻理恵

セルフイメージを高めセルフコーチングしながら新しい自分に生まれ変わるメソッド。書いてある内容を理解し、実践できれば効果があると思う。私の場合は、ファーストステップの理想の自分のイメージを固めてゆく作業に時間がかかっている。片付けが始まれば、早いと思う。

Kindle版あり

『自分だけの部屋』ヴァージニア・ウルフ

20世紀初頭のイギリスの女流作家。当時、女性向けの書籍も少なかったよう。私事ですが、ちょうどレポートを書くためにこれを読まねばなりません。

『万年筆を極める』赤堀 正俊

持ち物が整理され始めると、物をなくさなくなった。すると、これまでよりちょっと“良い物”を持ちたいと思うし、持てる自信がわいてきた。100円ボールペンは卒業して、人前で取り出しても様になるようなペンを探してみたい。

マルマン スケッチブック

朝夜ネットのイラストはマルマンのスケッチブックに描いています。どこでも売っている定番品で、画用紙なので鉛筆でも水彩でも扱いやすい。サイズが取り揃っているので数種類持っていると便利。A4やB5の使い慣れたサイズは持ち運びしやすい。

プラス はさみ フィットカットカーブ フッ素コート

新しいハサミをやっと手にした。とても切れ味抜群で、使用感がこれまでのハサミとは違うため、少し慣れが必要か。フッ素コートで、汚れにくいのもGOOD!

『巨石文化の謎』ジャン-ピエール=モエン

「巨石文化」はいくつになっても、自分の中の子供心をくすぐる。本書はヨーロッパの巨石文化にスポットが当たっている。「知の再発見」シリーズは写真も多く内容もおもしろいものが多い。

『IKKO キレイの魔法』IKKO

IKKOさんの美のメソッド集。メイクが中心ではあるが、リラックスや食事など“キレイ”は多岐にわたる。女性だからこそできる集中やパフォーマンスを高めるルーチン。

『おおきく振りかぶって』ひぐち アサ

とある高校の小さな野球部が甲子園を目指す。私は野球について全く知識がないが、マンガの面白さで十分に読み応えがある。「月刊アフタヌーン」で現在も連載中。

Kindle版あり

THE ざこば(DVD付)

ブログで紹介した「子は鎹」も収録されているDISC。「みかんや」「崇徳院」「遊山船」「子は鎹」