美術館・博物館

特別展「生誕110年 東山魁夷展」@京都国立近代美術館

「東山魁夷」展@京都国立近代美術館

「東山魁夷」展@京都国立近代美術館

ずっと行きたかった東山魁夷展に無理くり都合をつけて行ってきた。

このあと2件美術館をハシゴしたのですが、この東山魁夷展で呆然としてしまい、あとはボーっとして心ここにあらずでした(;’∀’)

思ってたのと全然違った

東山魁夷は画集なんかで見たことはあったけれども、実物の絵を見るのは初めて。画集で見たイメージでは「静寂の」とか「幻想的な」なんて思ってたけど、全然違ってた。画集で見て知っていた絵が何点もあったけれども、同じ作品であることに気づくまで時間がかかった。だって、印刷された絵と、実物の絵はまったく印象が違うんだもの。

本展を見終わる頃はもう心がボーっとしていて、このあと他の美術展も2つハシゴしたんだけど、心ここにあらずだった。

本展は「第1章 国民的風景画家」「第2章 北欧を描く」「第3章 古都を描く・京都」「第4章 古都を描く・ドイツ、オーストリア」「第5章 唐招提寺御影堂障壁画」「第6章 心を写す風景画」と6つの章に分かれている。

国民的風景画家

最初の「第1章 国民的風景画家」では、みんなが見て知っている有名な絵がズラリ並んでいる。「画集で見た絵だと気づかなかった」って絵もここで多数紹介されていた。具体的には「秋翳」なんて、再入場でジロジロ見ていてやっと気が付いた。「あ、あの絵だ」と。まず、思っていたより大きかったことと、画面がキラキラと発光しているようで、そんなニュアンスは画集ではわからなかった。

北欧を描くに恐怖する

一番驚いたのは「第2章 北欧を描く」だった。先にも書いたように、東山魁夷には「優しい」とか「静寂」とかそんな印象で、もっと言えば「癒し系」なのかとさえ思っていた。が、違った。全く違った。「第2章 北欧を描く」では、北欧の山々を描いたものが多いんだけれども、それは「静かな山」なんかじゃない。轟々と空が唸り、地響きが爆音で轟いている自然だった。そして、動物は描かれていないのに、なにかとんでもない「気配」だけがある。姿は見えないけれども、いたるところに何モノかが潜んでいる。息遣いだけ肌で痛いほど感じてしまう。ジュラシックパークの島に閉じ込められてなんとか一晩を明かした朝、きっとこんな気持ちになるんだろう。絶望だ。「白夜光」なんか夢に見てしまいそう。悪夢だ。

古都を描く・京都、ドイツ、オーストリア

「第2章 北欧を描く」に恐怖して震え上がっているところに、次の「第3章 古都を描く・京都」はキョトンとしてしまうほど、素朴な世界だった。京都の風景の建物や道具なんかがモチーフになっている。「北欧を描く」と同様に、人や動物は描かれていないんだけど、すぐそばに誰かがいることはわかる。人の気配がある。そして、その気配は恐ろしいものではなく、むしろ愛嬌を感じるような。同じ人物が同じような時期にこんなに違う絵を描くのかと驚いた。

次の「第4章 古都を描く・ドイツ、オーストリア」も同じだ。建物が描かれていて人の姿はないけれども、そこに暮らす人の活気やざわめきがある。誰かがそこにいて安心する。

唐招提寺御影堂障壁画

「第5章  唐招提寺御影堂障壁画」は圧倒的で、それ以外にない。名人であることは言うまでもない。唐招提寺御影堂障壁画「山雲」と「濤声」をほぼ独り占め空間で見られたのが、とても自分が特別なように思えた。朝一だとまだ人がまばらだったから。「山雲」はきっと、高所恐怖症の人は見られない絵だろう。足元がヒューっとなって、突風が吹いている。冷たい風が肌にぶつかってくる。「濤声」は描かれた砂浜から沖までを目線を動かして見てゆくと、波が打ち寄せ、風が抜けるのがわかる。水中ではエネルギーが渦を巻いて伝わり、深い海の底まで引きずり込まれるようでゾッとする。海が好きな人にはたまらない絵かもしれないけれども、個人的に私は海が怖いので、これはこれで冷や汗が出る。海というのは、いつも想像以上に馬鹿デカくて笑ってしまうが、その笑うしかない巨大さが襖絵に収まっているのが不思議でたまらなかった。「山雲」も「濤声」も、川の流れを観察することに没頭してしまったり、空気が蠢いている様子にくぎ付けになったり、自然のエネルギーから目が離せなくなるのと同じように、ただジッと息を飲んで見入ってしまう。また、写真のように一瞬を切り取ったものでもない。写真はあくまでその一瞬を写しているだけだけども、「山雲」も「濤声」もどちらも、一瞬たりとも静止することなく動き続ける自然が描いてあった。

心を写す風景画

最終章の「第6章 心を写す風景画」に辿り着くことには、もうヘトヘトに疲れ切ってる。そこへの「心を写す風景画」だ。説明書きによれば、東山魁夷は体力が衰えた晩年は、自然を観察することができなくなっていたが、それまでに観察し、描き続けた記憶から、世界中どこの風景でもない風景画を描いたとあった。あの東山魁夷の白い馬が描かれるのもこの時期の作品だ。もう、他の作品に存在していた動植物の気配や自然の蠢きから解放され、「あちらの世界」の風景に見える。

そのほかのあれこれ

あさよるは開場9:30の10分ほど前に会場に到着し、オープンと同時に入場しました。並んでいる人もいましたが、オープン直後はゆったり鑑賞できました。開場から約1時間後に再入場した頃には平日の午前中にしてはなかなかの混雑でした。

あさよるは美術展のグッズを買うことはほぼないんですが、今回はカレンダーを買ってしまいましたw カレンダーが欲しかったというよりは、12ヵ月分の絵が欲しかったのだった。

京都会場の会期はもうすぐ終わりですが、10月下旬から東京会場へ巡回します。ぜひ予定が合えば見に行ってほしと思います。

特別展「生誕110年 東山魁夷」展

のち、10月24日(水)~12月3日(月)まで東京会場(国立新美術館)へ巡回

京都国立近代美術館

『超<集客力>革命 人気美術館が知っているお客の呼び方』|気分がアガるミュージアムを

こんにちは。趣味といえば美術館へフラリと足を運ぶことくらいの あさよるです(;’∀’)> 以前は関西の美術館はよく通ってましたが、今は大阪でやってる特別展をササッと見てくるだけだなぁ~。

先日、あさよるネットで世界の図書館を紹介する本を紹介しました。ほうほう「図書館はこういうもの」って思いこんでいたけれども、世界には様々な図書館があって、図書館の仕事は多様なのだと知りました。

そこで、「じゃあ、美術館はどうなの?」と興味を持ちました。一応、図書館と美術館は定期的に通っている場所なので。『超〈集客力〉革命』は、人気美術館が集客のためどのような取り組みをしているのか紹介する本です。そして、美術館が担っている仕事についても触れられています。

ミュージアムは街をつくる

まず、「美術館という〈ハコモノ〉に〈有難い美術品〉を詰め込んでいるところ」ではなく、美術館が、人を呼び込み、人を動かし、町をつくるのです。日本での例として、兵庫県立美術館と、金沢21世紀美術館の取り組みが紹介されています。

兵庫県立美術館の場合

兵庫県立美術館は安藤忠雄さんの巨大なコンクリート建築で、建物自体がアート作品です。入り口には地元企業の液晶モニター画面が設置され、来館者を待ち受けます。また、屋根の上には巨大なカエルが!今ではすっかり兵庫県立美術館の「顔」になっています。

建物は3つに分かれており、地域の子どもたちの作品を展示したり、教育施設としての役割も担っています。

また、美術ファンだけが訪れる施設ではなく、それ以外の人も気軽に足を運べるよう、レストランや飲み屋を作りました。地元の灘の酒を味わうにもいいっすな! さらに、美術館の横にバスケットコートを作って、スポーツのお客さんも呼んでいるという念の入れよう。

「美術館って近寄りがたい」とか「縁もゆかりもない」人を、アート以外の理由でも引き込んで、「美術館を身近なもの」にする取り組みがなされています。

兵庫県立美術館の最寄り駅である阪神「岩屋駅」から、兵庫県立美術館へ続く「ミュージアムロード」は、美術館帰りにショッピングや食事ができるよう整備されています。美術館によって町が育って、町に集まった人が美術館に親しむ環境づくり推進中。

子どもたちが集まる美術館に

金沢21世紀美術館の取り組みはたくさんありますが、子どもたちを美術館へ招き入れる取り組みが印象的です。美術館が身近で親しみやすい場であるならば、その人はまた美術館へ足を運びます。その〈種を蒔く〉ために、地域の子どもたちを美術館へ招待します。しかも、現代アートなんかの、おもしろいやつ!

日本の美術館は静まり返っていて、とても子どもを連れて入れないような雰囲気があります。でも、外国の美術館では、騒いだり作品に触ったり壊したりしないなら、仲間で語らったり話し込んでいる人もたくさんいるそうです。

人びとが行き交う場所

美術館はたくさんの人々が行きかう場です。世界のルーブル美術館では、世界中には美術館目当てに人が集まります。本書でも、世界の名だたる美術館の特徴や取り組みが紹介されています。また同時に、小さな美術館も多数取り上げられています。日本の美術館の規模や環境は、世界の小さな名美術館をお手本にする方が合っているというのです。

小さな美術館といっても、「名美術館」なんですよ。

……と、あさよるは勿論行ったこともない美術館ばかりなので、解説は本書を読んでくだしあ~。

まちの人のふるさと

美術館へ遠くから人もやってきますし、美術館のある町の人も集います。自分の町の美術館が、特色ある良い美術館であったとき、その町の人々にとっても美術館は「ふるさと」や「町の顔」になり得ます。外からやってくる人へ向けた観光資源であると同時に、地元に暮らす人の文化的施設なんですね。

美術館がになうもの

アートが生活の中にあり、アートがコミュニケーションの中にある。様々な美術館を見ていると、美術館にも役割や仕事は、地域によって違っているようです。どうやら日本の美術館は、でーんと巨大な箱をつくって、中は空っぽ。美術品を借りてきて並べておしまい。せっかく面白いコレクションを集めても、良い特別展を企画しても、それを宣伝して周知しないと、人は来ません。

人を集めるためには、見た目カッコイイ!とか、この作品ヤベェーとか、パッと見て心惹かれる仕掛けも大切です。それは、アートは極一部の専門家やファンだけのものではなく、それ以外の人たちの生活も豊かにしうるものだからです。マニアだけが理解するものではいけない。

あさよるが、初めて足を運んだ美術館が、先に紹介した兵庫県立美術館でした。確かゴッホ展で、ゴッホの有名な作品も多数あって豪華な展示でした。が、あさよるは、やっぱり兵庫県立美術館のあの建物にも驚き、「特別な場所」へ自分は来たんだ!と胸がいっぱいになりました。大阪府内の自宅から神戸市へ来ただけなのですが、まるで旅行に来たような非日常と言いますか。で、今でも兵庫県立美術館へ行くと、気分が「ぱぁ~っ」となります。

美術館って、美術品を拝むだけじゃなくって、そこへ行くこと自体が楽しみだったり、お買い物したり食事したり、誰かと語らったり、たくさんの楽しみが重なってるところであって欲しいなぁと。「イオンでも行く?」みたいなノリで足を運べるといいね。

関連記事

『未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告―』/菅谷明子

『未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告―』|すごすぎる図書館!

『つながる図書館』/猪谷千香

『つながる図書館』|日本の〈新しい図書館〉模索中

『「美しい」ってなんだろう? 美術のすすめ』/森村泰昌

『「美しい」ってなんだろう? 美術のすすめ』を読んだよ

『図解でわかる! マーケティング』/藤原毅芳

『図解でわかる! マーケティング』|売り手目線から〈買う〉側へ

『ブランドらしさのつくり方―五感ブランディングの実践』/博報堂ブランドデザイン

『ブランドらしさのつくり方―五感ブランディングの実践』|体感をともなう体験を

『世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく』/渡辺健介

『世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく』

続きを読む