自律神経

『誰でも簡単にぐっすり眠れるようになる方法』|大事なのはストレッチと深部体温

おはようございます。眠れぬ あさよるです……。あさよるは眠るのが下手です。最近、あんまり寝れないので睡眠導入剤を処方してもらいましたが、なんか逆に体がダルイし……。季節の変わり目で、そんな時なんでしょうか。上手く寝れないので、昼間もボーっとしてしまいがちです。これは、マジでなんとかしたいと、『誰でも簡単にぐっすり眠れるようになる方法』を手に取りました。

本書の著者、白濱龍太郎さんは医師で、睡眠に関する治療や指導をなさっている方です。タイトルに「誰でも簡単に」とあるように、難しい医学的な話ではなく、誰でも実践できる事柄が易しく書かれています。大事なのは主に二つ。睡眠のためのストレッチ、そして「深部体温」のコントロール。

上手に寝るためのコツがどの本よりコンパクトにまとめられていて、今すべきこともわかりやすい睡眠本です。

「睡眠」に関する知識をライトに

当あさよるネットでも、これまで「睡眠」に関する書籍を紹介してきました。その中でも本書『誰でも簡単にぐっすり眠れるようになる方法』は、かなりライトでまさに「誰でも簡単に」が相応しい一冊です。眠れぬ夜に、お布団の中でうんうん苦しむよりも、本書をサクっと参照して、眠るためのメソッドを仕入れるのが賢いやり方でしょう。

書籍の中にも、情報がどわーっと書かれていて勉強になる本もあれば、咄嗟に簡単に見返したい本もあります。本書は後者です。節ごとに大きな見出しで内容がズバリまとめられているのが素晴らしい。夜な夜な読み返しやすいです。

睡眠はストレッチと深部体温

まず、良い睡眠導入としてストレッチ! これまで読んだ睡眠の本の中で、ストレッチについてページが割かれている本はなかったかな。しかも、カラーページで、巻頭にイラスト付きででーんとあります。「睡眠」は回復のための活動ですから、活動前にストレッチが必要です。肩をほぐし、足首をほぐし副交感神経を高めます。

大事なのは深部体温。深部体温とは体の奥の体温のことで、深部体温が下がると眠たくなります。だから、活動中は深部体温を上げておいて、寝る前に下げる。睡眠術で湯船への入浴が推奨されるのも、深部体温を上げるためです。

昼寝や仮眠、帰宅時電車の中でうたた寝も、寝入ってしまうと深部体温が下がってしまうので、夜の睡眠導入の妨げになります。仮眠を取るときは、なるだけ「寝にくい」体制で脳を休め、本格的に寝ちゃわないように気をつけます。カフェインの使い方も面白く取り入れたい知識です。仮眠前にコーヒーを一杯飲みます。カフェインは興奮作用がありますが、体内に吸収されるまで30分ほど時間がかかります。コーヒーをぐっと飲んで、そのまま仮眠。30分程するとカフェインの作用でスッキリ目が覚めるというワケ。

活字を読むと眠くなっちゃう……

本書、kindleで読むのがオススメです。巻頭にまとめてカラーイラストが収録されていたり、電子書籍で読みやすい構成だと思います。あと、活字を読むと眠たくなっちゃう人にもオススメですw 何を隠そう、あさよるもリラックスした体勢で本を読むとウトウトと舟をこぎ始めるタイプですw

普段本を読まない人とか、本を読む気にもなれない眠れぬ夜にどうぞ。

それにしても睡眠は大事。寝ている間に成長ホルモンの分泌が期待されるという話を聞いたことがありますが、それだけじなゃい。日中の疲れを取り、体を回復させるにも睡眠は必要です。睡眠の質が昼間の活動にダイレクトに関わっています。

関連記事

睡眠に関する本

ストレッチの本

続きを読む

【2016年のまとめ】 今年人気だった記事ベスト20!その1

2016年もお世話になりました。

本年、いったい何記事アップロードしたのか数えていないのですが(;’∀’)、「平日の毎朝更新」するという目標は達成できました。

インフルエンザになったり、夏バテで倒れたり、締め切った部屋で蚊取り線香を焚いて寝てたら、毒が回ってもがき苦しんだり、いろいろありましたが、途切れずにやってこれました。

「本を読む」というインプットだけでなく、アウトプットも同時にしたいなぁと始めたブログでしたが、今年は前年に比べるととてもたくさんの方にも閲覧してもらえたようです。

今日は、2016年よく読まれたページのベスト20をまとめました!2日間にわけて、20冊をご紹介いたします^^

続きを読む

話す言葉で健康状態が変わる『自律神経を整える 人生で一番役に立つ「言い方」』

小林弘幸『人生で一番役に立つ「言い方」』書影

医師である著者は、「言い方」は「医学」だと言います。「言い方」が自律神経を刺激し、気持ちや体調を良くも悪くも変えてしまうのです。

たとえば、医師が患者に病名の宣告をするとき、「言い方」次第で患者の状態が変わります。宣告に動揺して冷静な判断を失ってしまうと、適切な治療を拒んでしまうこともあります。だから医師は、治療の効果を最大限に引き出せるよう、「言い方」にまで配慮します。

あるいは、部下や家族、仲間たちへの「言い方」を変えるだけで、仕事の能率アップや、コミュニケーションがスムーズになります。「言い方」次第で、相手の自律神経の状態が変わりますから、より良いパフォーマンスを引き出せるのです。

もちろん、自分の使う言葉にも、自分の体は反応します。「言い方」次第で、自分のコンディションも左右するのです。

相手を怒らせて、いつもクヨクヨしたり、イライラと過ごす時間を解消しましょう。スーパーマン、とはいかなくても、「言い方」を少し工夫するだけで、今まよりずっと豊かな生活が待っています(*^^*)

続きを読む

『自律神経を整えるゆっくり健康法』を読んだよ

「背筋を伸ばしなさい!」
「まっすぐ座りなさい!」
「口を閉じなさい!」
「好き嫌いしない!」

子どもの頃、誰もが一度は大人たちに注意されたのではないでしょうか。そして今は、自分がそれを子供たちに注意する立場になっている人もいらっしゃるでしょうね。

その点、大人は自由なものです。
背中を丸めているのも自由ですし、口が開いていても、偏食していても誰も怒りません。
「自由には責任が伴う」と言われるように、猫背になるのも自由ですが、それにより損を被ってもそれは自分の責任、ということです。注意してくれるのは、よっぽど親密な関係の伴侶や恋人、友人くらいでしょうか。それも無理強いは出来ないでしょうから、やっぱり最終最後は自分次第です。

続きを読む