語彙・熟語

『大人の語彙力ノート』|齋藤孝式・社会人らしい〈言い換え〉辞典

こんにちは。あさよるです。タイトルを見て気になっていた本を手に取ると、齋藤孝さんの本である確率がとても高い気がしますw 『大人の語彙力ノート』、気になるじゃないですか。さすが。本書は、たった一言ポロっと使うだけで、印象がガラリと変わっちゃうような言葉を紹介する趣です。基本は、いつも使っている表現を別のものに〈言い換え〉るだけ。

そして、暗に「社会人ならこれくらい、使えるよね……?チラッ」みたいなノリもあるから恐ろしい。あさよるは、どの言葉も「知っている」けれども「使えないなあ~」というものばかりでした。反省。

語彙力、上げます(`・ω・´)b

スマートに〈言い換え〉辞典

本書『大人の語彙力ノート』は、より適切な言葉へ〈言い換え〉方を紹介する本です。たとえば、「なるほど」を「おっりゃる通りです」に言い換えましょう、ってな具合。確かに「なるほどなるほど」って言う人いますね。相手との関係性や話の内容によっては適切ではないので、言い換えましょう。

「すごい」「超」「かわいい」「ちょっと」を連発している時の自分、語彙力のなさを痛感します(苦笑)。また「思う」の連発もよく耳にします。「これから○○しようと思います。△△してもらえたらと思います」と話しの中で「思います思います」ってやつ。「これから○○いたします。△△なさってください」でええんちゃうか!?と内心ツッコんでします。はい、もちろん、あさよるも「思います思います」を連発してると思います。

スマートに話したいものです。丁寧に話しているつもりが、そのせいでおかしな言葉遣いになったり、逆に失礼な言い方をしてることもあります。あさよるの場合「取り繕わず素直な言葉を使おう」と心に決めてまいりましたが、しかしいい年して恥ずかしくないモノ言いもできるようになっていたい。

本書『大人の語彙力ノート』は、「大人ならこれくらいの語彙力あって当然でしょ」って最低ラインを示すものです。学生や新社会人の方はぜひ、ご自身の社会人としての語彙力レべルをチェックしてみてください。また、すでに社会人経験の長い方も、意外と間違った使い方してるから言葉は怖い。念のための確認を。

書き言葉・話し言葉の入門書

本書『大人の語彙力ノート』では、よく使う言い回しの〈言い換え〉が多数紹介されていますが、ざっと見ていると書き言葉と話し言葉が混在している印象です。声に出して言うと堅苦しすぎるかな?と思われるワードもちらほら。しかし、畏まったご挨拶も涼しい顔でこなすからこその社会人。これくらいの言葉が咄嗟に飛び出すものなのか!?

第7章の〈「訪問・宴会・手紙で使える」語彙力カード〉で初回されている言い換え例は、リアルで使ったことない言葉ばっかだぞ!? ちなみにこんな→「いただきだちで恐縮ですが」「おもたせで失礼ですが」「卒爾ながら」「ご厚情、痛み入ります「あらあらかしこ」

あさよるのことは置いといて……(;’∀’)> しかし、「社会人ならこれくらい使えるよね?」ってレベルなんだろうと想像しますので、社会人歴が長い人にとっては「レベルが低くて物足りない」というのが正直なところじゃないでしょうか。想定する読者としては、学生向けかな?

気のきいたブログエントリーをw

ブログを毎日書いていると、結構自分の語彙力にヘコみます。同じ言い回しばっか使ってたり、気の利いたこと書けませんからね……。んで、話し言葉はもっとめちゃめちゃです。喋りながら自分で何言ってるのかわからないなんてことザラだし……。凹むなあ。

本書『大人の語彙力ノート』は、ブロガーの強い味方になるでしょう。他の言葉への〈言い換え〉例が載っているし、〈言い換え〉た言葉のニュアンスや使うシーンも紹介されています。くれぐれも、他人の言葉遣いの揚げ足取りに使わないように(苦笑)。

これでちょっと、真面目っぽい、頭よさそうな記事が書けるようになるといいのになあ。

関連記事

語彙・ボキャブラリーの本

話し言葉・書き言葉の本

齋藤孝さんの本

読書術・学習の本

コミュニケーション・生き方の本

 

続きを読む

『大人になって困らない語彙力の鍛えかた』|大人こそ勉強すべき本

『大人になって困らない語彙力の鍛えかた』挿絵イラスト

こんにちは。文章力を上げたい あさよるです。ブログを毎日書いてると多少は上手くなるかと思いきや、自分で書いた記事を読み返すと、なにが言いたいのか自分でよくわからないということも……トホホ。ちょっと真面目に勉強しなきゃいかんなあと『大人になって困らない語彙力の鍛え方』を手に取りました。この本は河出書房新社の「14歳の世渡り術」というシリーズの本で、中学生向けの良書が多いので、期待して読み始めました。

当然ですが、中高生の10代の人にもオススメ本ですよ。

語彙トレのススメ!

『大人になって困らない語彙力の鍛え方』は、語彙力を鍛えるための「語彙トレ」ともいうべき内容です。

「語彙を増やしましょう」と言って「小学生までにはこの語を」「中学生ではこの語を」と予め用意されていますが、書き言葉が多く、実際の生活で使う言葉は少なかったりします。もちろん、書物を読むときに書き言葉が必要なのですが、話し言葉も大切です。

語彙を増やすといった時、まず最初には、現在「はなしことば」「かきことば」で使われている語をバランスよく習得しておく必要がありますが、それだけでは充分ではありません。過去の「かきことば」で使われていた語も「心的辞書」にとりこんでおく必要があります。

p.20

そして、言葉を暗記しても、どんなときに使うのかが重要です。

暗記の「問題点」は使う「場面」がよくわからないということです。ほとんどの場合、この語の語彙=意味はこれこれ、と説明し、例文があげられています。例文で察しなさい、ということかもしれませんが、「かきことば」で使うような語なのか、そうではなくて、「はなしことば」のみで使うような語なのか、ということが使う場面には重要になってきます。

p.21

従来の、学年ごとに指定された語彙を丸暗記しただけでは足りないのではないかという、著者の問題提起から始まります。「語彙を身につける」というのは想像以上にフクザツな人間活動なのかもしれません。

マジメなヤツや!

本書の内容はむっちゃマジメな内容です。14歳以上向けのですが、正直「中学生がこんな内容読みこなせるの……!?」と不安と驚愕が入り混じった……(大人の あさよるには難しかった)。

学校の国語の授業って「作者の意図を考えましょう」みたいなものが多くて、ロジックを読み解いたり、あるいはロジックを組み立てる訓練は、義務教育中にはほとんど範囲外でしたね。本書は学校教育から大きくは逸脱はしないものの、しかし確実に実力の底上げがなされるものでしょう。

また本書自体もちゃんと構成されているマジメな本ですから、本書を読み解くこと自体が、文章を読む力になるんじゃないかな。少なくとも、あさよるには難しかった! 大人も腰を落ち着けて読みましょう。

『大人になって困らない語彙力の鍛えかた』挿絵イラスト

関連本

中学生向けの本

続きを読む

『オノマトペの謎――ピカチュウからモフモフまで』|オノマトペなくして語れない

こんにちは。オノマトペで会話するのが好きな あさよるです。自分でその場にふさわしかろうオノマトペを組み合わせて作るのも楽しいですね。今回『オノマトペの謎』なる書籍を読書メーターで見つけまして、気になって取り寄せました。

オノマトペとは、

実際のおとを真似て言葉とした語。「さらさら」「ざあざあ」「わんわん」など。擬声語。広義には擬態語も含む。オノマトペア。オノマトペ。

p.4

みなさんも会話の中で使っておられますよね?日本語はオノマトペが多い言語だそうです。オノマトペなくして会話が成り立たないと言っても過言ではないっ!

なくてはならないオノマトペ

  • 「クスクス」と「スクスク」はなぜ違う?

「シクシク」と「クスクス」はs、k、uの組み合わせであり、同じ音を使っていますが、意味が全く違います。クスクスは笑っているようで、スクスクは伸びやかに成長している様子です。何が違うのでしょうか?細かに例を挙げながら、音の印象が語られます。

二つ目の音「ク【ス】クス」と「ス【ク】スク」のsとkの印象の差が、オノマトペの印象を変えているようです。二つ目の音というのが、意外でした。

  • オノマトペは変化する

オノマトペは時代とともに変化することがあります。「キンキン」というオノマトペは「キンキン高い声」と少々不快なニュアンスで多く使われていました。しかし、「キンキンに冷えている」と冷たい様子の表現に使われます。オノマトペも言葉と同様に、時代によって変わってゆきます。

  • オノマトペの方言

オノマトペにも方言があります。牛を「ベコ」と呼ぶ地域に印をつけると、見事に地域ごとに分布しているのが分かります。スズメの鳴き声が「チュン」「チュー」などのチュ類と「チチ」「チュッチュ」などのチ類、「ツーツー」「ツンツン」のツ類などあるそうです。これらは周圏的分布をしているようです。

  • 日本語はオノマトペ大国?

たまに「日本語はオノマトペが世界一発達した言語である」といった発言を見聞きすることがありますが、事実ではありません。オノマトペはどの言語にもありますし、特にアジア圏の言語では多いようです。理由として、アニミズム信仰が関係しているのではないか?との考えもあるそうです。

日本語は身体感覚と感情を表すオノマトペが多く、反面、味・匂い・色に関するオノマトペはありません。言語によってオノマトペに偏りがあるんですね。

  • 外国語のオノマトペを習得する

外国語を勉強するとき、オノマトペに手こずるようです。日本語を習う外国人もオノマトペが難関だそうですが、面白い特徴があります。全く日本語を知らない人に日本語のオノマトペを聞かせると、音の印象から何のオノマトペなのか当てられることがありますが、日本語を習った人では正解率が下がります。音の印象ではなく、知っている言葉の中から似ているワードを探してしまうのではないかと紹介されていました。もちろん、日本語以外のオノマトペで同じことが起こります。

また、ある言語から言語に翻訳をする際、オノマトペをどのように訳すかによって、雰囲気が変わります。その言語のオノマトペを理解するって大事なんですね。

  • オノマトペを使った教育

赤ちゃんに話しかけるとき、オノマトペを多用します。子ども向けの絵本もオノマトペが多く使われています。

言語を習得前の赤ちゃんも、音の印象を持っているようで、トゲトゲしたオノマトペと、丸っこいオノマトペを理解しているようです。人間の言語の習得とオノマトペの関係も興味深いですね。

オノマトペを交えながら、親は子に言語を教えてゆきます。言葉とオノマトペの両方を使って私たちは言葉を身につけるのです。

  • 「モフモフ」は新しいオノマトペだった

最終章は「モフモフ」というオノマトペについて。ネットで検索すると、モフモフが溢れています。モフモフで画像検索すると幸せになれます。モフモフとは近年よく使われるようになった言葉で、ウサギやネコの毛がフカフカしている様子を言います。どうやらパンの触感や特徴をを表すオノマトペとして使われ始めたようで、動物に使われるようになったのは2003~2004年ごろ、2ちゃんねるで使われるようになったそう。

〈オノマトペが表す印象を数量化するシステム〉なるものがあるらしく、「フワフワ」と「モコモコ」の数値の違いが現れていました。フワフワよりモコモコの方が弾力があって温かい感じらしいです。だいたいあってるw

新しいオノマトペが生れる様子を見てゆくのも面白いですね。

オノマトペへの8つの視点

本書『オノマトペの謎』は序章から8章まであり、8人の執筆者によって書かれています。それぞれオノマトペに関する話題を扱いながら、さらに専門分野に分かれて解説がなされます。お一人に付き1章分ですから、あくまで入口の部分しか触れられていないのだろうと思いますが、8つの視点から「オノマトペ」について知れて、入門編にはぴったりでしょう。

平易な文章で誰でも読めるもので、多くの人に馴染みのあるテーマです。どなたが読んでも興味深く面白いものでしょう~。

続きを読む

『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』|コミュニケーションのための〈言葉〉を正しく使う

こんにちは。咄嗟に言葉が出てこないあさよるです。その場その場で相応しい言葉、言うべき言葉があるのは分かっていますが、突然だと頭が真っ白になってうまく話せません。もっと「上手いこと言う力」があったらいいのになぁと思います。ラジオでおしゃべりしてる人とかすごいですよね、憧れです。

話す力や、思いを表現する語彙力には並々ならぬ憧れと、自分の話す力のなさへのコンプレックスがあったので、『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』……このタイトルだけで「読みたい」と思いました。

語彙ってどこで手に入るの……

語彙とはなんだ?

そもそも「語彙」とは何でしょうか。本書『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』では、語彙力が必要な理由については紹介されているのですが、「語彙とは何か」「語彙力とは何か」は明確には定義されていないように読めます。

weblio辞書を見ますと、〈実用日本語表現辞典〉では以下のように説明されていました。

〈語彙力〉とは

どれだけ多くの種類の単語を知っているかという力。ある言語においてどれだけ豊富な語彙を把握しているかという指標。

語彙力とは – 活用形辞書 Weblio辞書

更に〈語彙〉とはなんでしょう。Weblioの三省堂 大辞林からの引用です。

① 〔vocabulary〕 ある一つの言語体系で用いられる単語の総体。言語体系をどのように限るかによって,内容が変わる。日本語という限り方をすれば,日本語の単語全体を意味し,漁村・農村あるいは特定の職業など,ある領域に限れば,その領域内で使われる単語の全体を意味し,ある個人に限れば,その人の使う語の総量を表す。 「漱石の-」 「 -が豊富だ」

② 単語を集め,一定の方式に従って順序立てて並べたもの。解釈の付けられているものが多い。 「近松-」

語彙とは – 日本語表現辞典 Weblio辞書

説明を読むほど難しく感じてしまいますがw あるグループや、ある人が持っている単語の数、とでも言えばよいのでしょうか。英語では〈ボキャブラリー〉と言い、こちらの言葉の方が意味が通じやすいかもしれません。

「日本語の語彙」というと、日本語が持っている諸々の単語を指しています。職業や業種によって「業界用語」「専門用語」は、そのグループの中で通じる言葉です。家族間だけで伝わる単語もあるでしょう。

語彙が多く、活用できる人のことを〈語彙力〉があると称されているようですね。当然ですが、語彙力が高いほど、たくさんの人と会話ができます。日本語だけでなく、英語の語彙が多い人は、世界中の人と話ができる可能性が高まります。語彙あるいは語彙力とは、コミュニケーションに欠かせないものです。社会生活に影響を及ぼしますから、ひいては年収や働き方にまで関わってくるものではなかろうかと思います。

語彙はどこにある?

さて、語彙力は社会生活に大きな影響を与えていると予想されます。じゃあ、今すぐ語彙力を身につけたい!んじゃあ、どうすればいいの?……あさよるも教えてほしいよぅ!( ノД`)シクシク…

よく「本を読め」と言われますが、それは本当なんだろうと思います。本といっても、難しいお堅い本も良いですが、マンガや雑誌や面白い本を読むのもいいんじゃないかなぁ。音楽や映画でも同じ、知らない言葉、聞き取れない言葉はキチンと調べてみると、より作品の世界観が理解できるんじゃないかなぁ。そして、他人と会話することも、語彙を増やす行為でしょう。しかも、同じ人とばかり話すのではなく、いろんな立場やいろんな職業、いろんな人と話すと、自ずと「知らない言葉」に出会います。

と、あさよるが思いつく「語彙を増やす方法」はこんな感じ。だけど、一番手っ取り早いのは、国語辞典を1ページずつ順番に読んでいくことじゃなかろうか。こういうと途方もないですが、語彙を増やすって、そういうことじゃないかしら……。

本書『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』は、辞書と比べるとむちゃくちゃコンパクトですが、「間違ってしまいがちな言葉」「知ってそうで知らない言葉」を一つずつ意味と解説と合わせて紹介されています。新社会人向けですで、ビジネスシーンで使われる言葉に絞られているので、多くの人が当てはまる内容です。

そんなに語彙は増えないかもw

先ほど「辞書を読むのがてっとり速い」と言ってしまった手前、本書『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』では、51の単語しか紹介されておらず、数が少ないです(辞書に比べるとねw)。

分かっているようで、知っているようで間違って使ってしまう言葉等が集められてて、「へぇ知らんかった」「間違えて覚えてた~」の連続なんですが、本書を読むだけでは語彙力っは身に付きません。

言葉というのは、知識として頭に入れても、実際に〈正しく使えないと意味がない〉からです。本書を読んで「使う」そして時間と共に「使いこなせる」ようになって初めて〈語彙力がついた〉って言うのではないか?と思いました。本書『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』は、その第一歩になる本です。

言葉は「間違えずに使える」ことが大事かも

あさよるはかなりテキトーな人間で、言葉も非常にテキトーに使います(苦笑)。すると困ったことに、自分が思って使った言葉の意味と、相手が考える言葉の意味が違っていると、意図とは全く違う意味で相手に伝わってしまいます。……こんな経験ありませんか?子どもの頃なんて、子どもたちみんな言葉がアヤフヤですから、なにがなんやら分からなかった気がしますw ちょっとしたことでケンカになったりモメちゃう理由も、言葉の拙さがあったのかなぁと思います。

言葉は「間違えずに使う」「正しい意味で使う」っていうのは、すごく大事なのかもしれない。特に、より高度なコミュニケーションとか、抽象的な話を用いるならば、言葉の定義は欠かせません。言葉をきちんと運用できるスキル、あってもソンはないですぜ。

大人の〈最低限〉のボキャブラリーとして

本書『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』で扱われている単語は51!かなり絞られています。ここまで絞り込まれる言葉は、よく使うけど、よく見聞きするけど、意外と意味が分かってないことばのオンパレード。詳しくは記事のあとの目次情報を見ていただけると分かりやすいかと。

例として、「近似値」「中央値」「平均値」「最頻値」の違いとかね。これ、使い分ける必要があるけど、フワッと使っている人も多い。「相対的」と「絶対的」の使い分けも、きちんとできている人とそうでない人の間では会話が成り立たないでしょう。

また、ちょっと笑っちゃうけど納得しちゃったのが、すぐに「なるほど」と相づちを打つ人は、本当は分かっていないんじゃないかと不安になるという話wわかるw「仰るとおり」と言い直したほうが、相手を不安にさせないかも。

今年の流行語に選ばれるんじゃないかと囁かれる「忖度」も、「地位がある人が使いがちな言葉」として登場します。ちなみに「忖度」は古くから「じゅんど」と呼ばれていたのに、今は「そんたく」と呼ぶ人が増えたと書かれています。

『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』は、ビジネスシーンで使いたい言葉、これくらいは理解しておきたい、最低限の〈基礎編〉って感じですね。あさよるも、自分の間違いや、知らなかったことがたくさん載っていて勉強になりました。

続きを読む