語彙力

『大人の語彙力ノート』|齋藤孝式・社会人らしい〈言い換え〉辞典

こんにちは。あさよるです。タイトルを見て気になっていた本を手に取ると、齋藤孝さんの本である確率がとても高い気がしますw 『大人の語彙力ノート』、気になるじゃないですか。さすが。本書は、たった一言ポロっと使うだけで、印象がガラリと変わっちゃうような言葉を紹介する趣です。基本は、いつも使っている表現を別のものに〈言い換え〉るだけ。

そして、暗に「社会人ならこれくらい、使えるよね……?チラッ」みたいなノリもあるから恐ろしい。あさよるは、どの言葉も「知っている」けれども「使えないなあ~」というものばかりでした。反省。

語彙力、上げます(`・ω・´)b

スマートに〈言い換え〉辞典

本書『大人の語彙力ノート』は、より適切な言葉へ〈言い換え〉方を紹介する本です。たとえば、「なるほど」を「おっりゃる通りです」に言い換えましょう、ってな具合。確かに「なるほどなるほど」って言う人いますね。相手との関係性や話の内容によっては適切ではないので、言い換えましょう。

「すごい」「超」「かわいい」「ちょっと」を連発している時の自分、語彙力のなさを痛感します(苦笑)。また「思う」の連発もよく耳にします。「これから○○しようと思います。△△してもらえたらと思います」と話しの中で「思います思います」ってやつ。「これから○○いたします。△△なさってください」でええんちゃうか!?と内心ツッコんでします。はい、もちろん、あさよるも「思います思います」を連発してると思います。

スマートに話したいものです。丁寧に話しているつもりが、そのせいでおかしな言葉遣いになったり、逆に失礼な言い方をしてることもあります。あさよるの場合「取り繕わず素直な言葉を使おう」と心に決めてまいりましたが、しかしいい年して恥ずかしくないモノ言いもできるようになっていたい。

本書『大人の語彙力ノート』は、「大人ならこれくらいの語彙力あって当然でしょ」って最低ラインを示すものです。学生や新社会人の方はぜひ、ご自身の社会人としての語彙力レべルをチェックしてみてください。また、すでに社会人経験の長い方も、意外と間違った使い方してるから言葉は怖い。念のための確認を。

書き言葉・話し言葉の入門書

本書『大人の語彙力ノート』では、よく使う言い回しの〈言い換え〉が多数紹介されていますが、ざっと見ていると書き言葉と話し言葉が混在している印象です。声に出して言うと堅苦しすぎるかな?と思われるワードもちらほら。しかし、畏まったご挨拶も涼しい顔でこなすからこその社会人。これくらいの言葉が咄嗟に飛び出すものなのか!?

第7章の〈「訪問・宴会・手紙で使える」語彙力カード〉で初回されている言い換え例は、リアルで使ったことない言葉ばっかだぞ!? ちなみにこんな→「いただきだちで恐縮ですが」「おもたせで失礼ですが」「卒爾ながら」「ご厚情、痛み入ります「あらあらかしこ」

あさよるのことは置いといて……(;’∀’)> しかし、「社会人ならこれくらい使えるよね?」ってレベルなんだろうと想像しますので、社会人歴が長い人にとっては「レベルが低くて物足りない」というのが正直なところじゃないでしょうか。想定する読者としては、学生向けかな?

気のきいたブログエントリーをw

ブログを毎日書いていると、結構自分の語彙力にヘコみます。同じ言い回しばっか使ってたり、気の利いたこと書けませんからね……。んで、話し言葉はもっとめちゃめちゃです。喋りながら自分で何言ってるのかわからないなんてことザラだし……。凹むなあ。

本書『大人の語彙力ノート』は、ブロガーの強い味方になるでしょう。他の言葉への〈言い換え〉例が載っているし、〈言い換え〉た言葉のニュアンスや使うシーンも紹介されています。くれぐれも、他人の言葉遣いの揚げ足取りに使わないように(苦笑)。

これでちょっと、真面目っぽい、頭よさそうな記事が書けるようになるといいのになあ。

関連記事

語彙・ボキャブラリーの本

話し言葉・書き言葉の本

齋藤孝さんの本

読書術・学習の本

コミュニケーション・生き方の本

 

続きを読む

『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』|コミュニケーションのための〈言葉〉を正しく使う

こんにちは。咄嗟に言葉が出てこないあさよるです。その場その場で相応しい言葉、言うべき言葉があるのは分かっていますが、突然だと頭が真っ白になってうまく話せません。もっと「上手いこと言う力」があったらいいのになぁと思います。ラジオでおしゃべりしてる人とかすごいですよね、憧れです。

話す力や、思いを表現する語彙力には並々ならぬ憧れと、自分の話す力のなさへのコンプレックスがあったので、『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』……このタイトルだけで「読みたい」と思いました。

語彙ってどこで手に入るの……

語彙とはなんだ?

そもそも「語彙」とは何でしょうか。本書『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』では、語彙力が必要な理由については紹介されているのですが、「語彙とは何か」「語彙力とは何か」は明確には定義されていないように読めます。

weblio辞書を見ますと、〈実用日本語表現辞典〉では以下のように説明されていました。

〈語彙力〉とは

どれだけ多くの種類の単語を知っているかという力。ある言語においてどれだけ豊富な語彙を把握しているかという指標。

語彙力とは – 活用形辞書 Weblio辞書

更に〈語彙〉とはなんでしょう。Weblioの三省堂 大辞林からの引用です。

① 〔vocabulary〕 ある一つの言語体系で用いられる単語の総体。言語体系をどのように限るかによって,内容が変わる。日本語という限り方をすれば,日本語の単語全体を意味し,漁村・農村あるいは特定の職業など,ある領域に限れば,その領域内で使われる単語の全体を意味し,ある個人に限れば,その人の使う語の総量を表す。 「漱石の-」 「 -が豊富だ」

② 単語を集め,一定の方式に従って順序立てて並べたもの。解釈の付けられているものが多い。 「近松-」

語彙とは – 日本語表現辞典 Weblio辞書

説明を読むほど難しく感じてしまいますがw あるグループや、ある人が持っている単語の数、とでも言えばよいのでしょうか。英語では〈ボキャブラリー〉と言い、こちらの言葉の方が意味が通じやすいかもしれません。

「日本語の語彙」というと、日本語が持っている諸々の単語を指しています。職業や業種によって「業界用語」「専門用語」は、そのグループの中で通じる言葉です。家族間だけで伝わる単語もあるでしょう。

語彙が多く、活用できる人のことを〈語彙力〉があると称されているようですね。当然ですが、語彙力が高いほど、たくさんの人と会話ができます。日本語だけでなく、英語の語彙が多い人は、世界中の人と話ができる可能性が高まります。語彙あるいは語彙力とは、コミュニケーションに欠かせないものです。社会生活に影響を及ぼしますから、ひいては年収や働き方にまで関わってくるものではなかろうかと思います。

語彙はどこにある?

さて、語彙力は社会生活に大きな影響を与えていると予想されます。じゃあ、今すぐ語彙力を身につけたい!んじゃあ、どうすればいいの?……あさよるも教えてほしいよぅ!( ノД`)シクシク…

よく「本を読め」と言われますが、それは本当なんだろうと思います。本といっても、難しいお堅い本も良いですが、マンガや雑誌や面白い本を読むのもいいんじゃないかなぁ。音楽や映画でも同じ、知らない言葉、聞き取れない言葉はキチンと調べてみると、より作品の世界観が理解できるんじゃないかなぁ。そして、他人と会話することも、語彙を増やす行為でしょう。しかも、同じ人とばかり話すのではなく、いろんな立場やいろんな職業、いろんな人と話すと、自ずと「知らない言葉」に出会います。

と、あさよるが思いつく「語彙を増やす方法」はこんな感じ。だけど、一番手っ取り早いのは、国語辞典を1ページずつ順番に読んでいくことじゃなかろうか。こういうと途方もないですが、語彙を増やすって、そういうことじゃないかしら……。

本書『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』は、辞書と比べるとむちゃくちゃコンパクトですが、「間違ってしまいがちな言葉」「知ってそうで知らない言葉」を一つずつ意味と解説と合わせて紹介されています。新社会人向けですで、ビジネスシーンで使われる言葉に絞られているので、多くの人が当てはまる内容です。

そんなに語彙は増えないかもw

先ほど「辞書を読むのがてっとり速い」と言ってしまった手前、本書『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』では、51の単語しか紹介されておらず、数が少ないです(辞書に比べるとねw)。

分かっているようで、知っているようで間違って使ってしまう言葉等が集められてて、「へぇ知らんかった」「間違えて覚えてた~」の連続なんですが、本書を読むだけでは語彙力っは身に付きません。

言葉というのは、知識として頭に入れても、実際に〈正しく使えないと意味がない〉からです。本書を読んで「使う」そして時間と共に「使いこなせる」ようになって初めて〈語彙力がついた〉って言うのではないか?と思いました。本書『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』は、その第一歩になる本です。

言葉は「間違えずに使える」ことが大事かも

あさよるはかなりテキトーな人間で、言葉も非常にテキトーに使います(苦笑)。すると困ったことに、自分が思って使った言葉の意味と、相手が考える言葉の意味が違っていると、意図とは全く違う意味で相手に伝わってしまいます。……こんな経験ありませんか?子どもの頃なんて、子どもたちみんな言葉がアヤフヤですから、なにがなんやら分からなかった気がしますw ちょっとしたことでケンカになったりモメちゃう理由も、言葉の拙さがあったのかなぁと思います。

言葉は「間違えずに使う」「正しい意味で使う」っていうのは、すごく大事なのかもしれない。特に、より高度なコミュニケーションとか、抽象的な話を用いるならば、言葉の定義は欠かせません。言葉をきちんと運用できるスキル、あってもソンはないですぜ。

大人の〈最低限〉のボキャブラリーとして

本書『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』で扱われている単語は51!かなり絞られています。ここまで絞り込まれる言葉は、よく使うけど、よく見聞きするけど、意外と意味が分かってないことばのオンパレード。詳しくは記事のあとの目次情報を見ていただけると分かりやすいかと。

例として、「近似値」「中央値」「平均値」「最頻値」の違いとかね。これ、使い分ける必要があるけど、フワッと使っている人も多い。「相対的」と「絶対的」の使い分けも、きちんとできている人とそうでない人の間では会話が成り立たないでしょう。

また、ちょっと笑っちゃうけど納得しちゃったのが、すぐに「なるほど」と相づちを打つ人は、本当は分かっていないんじゃないかと不安になるという話wわかるw「仰るとおり」と言い直したほうが、相手を不安にさせないかも。

今年の流行語に選ばれるんじゃないかと囁かれる「忖度」も、「地位がある人が使いがちな言葉」として登場します。ちなみに「忖度」は古くから「じゅんど」と呼ばれていたのに、今は「そんたく」と呼ぶ人が増えたと書かれています。

『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』は、ビジネスシーンで使いたい言葉、これくらいは理解しておきたい、最低限の〈基礎編〉って感じですね。あさよるも、自分の間違いや、知らなかったことがたくさん載っていて勉強になりました。

続きを読む