貧困

『幸福の「資本」論』|幸せの3要素:自由・自分らしさ・仲間

『幸福の「資本」論』挿絵イラスト

こんにちは。非リアなあさよるです。いや、自分では別に非リアだと思わないんだけど、かつてバイト先でバイト仲間に「休日はなにしてるの」と聞かれたとき「本を読んだり、家で過ごすことが多いかな」と答えたら、「家で一人でいちゃダメですよ!うちら一緒に遊びますよ!」と声をかけてもらったことがあります。気持ちは有難いのでお礼を言いつつ、申し出はやんわり断らせてもらったのですが……(苦笑)。

複数人で時間を過ごすのが好きな人と、一人の時間が好きな人は、なかなか相容れない存在みたいですねw

ただし、単独行動が好きな人も、「孤独」は愛していても、「孤立」は困ります。社会との関わり合いの中で、「ちょうどいい頃合い」が「幸せ」なんじゃないかと思います。

今回『幸福の「資本」論』という、幸福の条件を3つにわけ、そこから人生のパターンを8つ想定し、幸福に生きるとはどういうことなのか考える本を読みました。本エントリーではものすごーく大まかに本書の結論を紹介するだけなので、細かな定義や根拠はぜひ本書『幸福の「資本」論』をお手に取ってみてください。

なんとなく居心地が悪い人も、不足はあるもののそれなりに満足して生きている人も、自分の立場を客観視して、「これから」を考える手助けになると思います。

3つの資本、8つの人生

本書『幸福の「資本」論』では、人が幸せになるための条件として、自由、自己実現、共同体=絆の3つの要素を挙げています。そして、その3つの幸福の条件は3つのインフラ、金融資産、人的資本、社会資本がに支えられています。

  • 自由 ― 金融資産
  • 自己実現 - 人的資産
  • 共同体=絆 - 社会的資産

自由を得るためには金融資産が必要です。自己実現(自分らしさや、自分のキャラ通りに生きられること)には人的資本が必要です。共同体=絆を保証するためには社会的資産(仲間)が必要です。

これら3つの幸福の条件とそのインフラの組み合わせから、8つの人生パターンが見えてきます。表にしてみました。

金融資産
自由
人的資本
自己実現
社会的資本
共同体=絆
超充  〇  〇
リア充 ×
旦那 ×
お金持ち ×
退職者 × ×
ソロ充 × ×
プア充 × ×
貧困 × × ×

「金融資本」「人的資本」「社会的資本」の3つともを持っている人は「超充」と名付けられています。しかし、実際に超充は実在しません。なぜなら、お金を手に入れ、自分の生きがいを手に入れた人は、人から妬まれたり、お金目当てで集まってくる人がたくさんいるため「社会的資本(共同体=絆)」を失ってしまうからです。

2つの資本を持つ

お金と自己実現はできているけど、共同体=絆つまり友達がいないのが「お金持ち」。お金持ちがリタイアすると、自己実現を失うけれども、お金を社会のために還元すれば、「旦那」となってみんなに慕われます。

「リア充」は、お金はないけれど、自己実現をし、仲間たちに囲まれています。

本書では、3つの資本全てが揃った「超充」は難しいけれど、3つのうち2つの資本を持つ「お金持ち」「旦那」「リア充」になれればよいとしています。もし、1つの資本を失っても、もう1つの資本が残っていますから、幸福であり続けられるからです。

1つの資本を持つ

さて、以下は幸福の資本を1つしか持っていない場合。

「退職者」は退職金が入り、住宅ローンも済み、お金はありますが、退職したので自己実現ができなく、また会社組織から離れてしまうので共同体も持っていません。

「ソロ充」は、お金も共同体も持っていないけれども、自己実現はできているタイプ。若い起業家なんかがそのイメージですね。

「プア充」はいわゆる「マイルドヤンキー」と呼ばれる人たち。仲間との繋がりによって生活が保障されています。

『幸福の「資本」論』挿絵イラスト自分の考える自分のキャラと、現実のキャラが乖離していると自己実現を感じづらい

全ての資本がない=貧困

そして、お金も自己実現も仲間もないのが「貧困」です。今日、貧困が増えているというのは「お金がない人が増えている」のではなく「金融資本」「人的資本」「社会的資本」の3つともを持っていない人が増えているのです。

フリーエージェントとしての人生

本書の内容をものすんごくザックリ言っちゃえば、人間は「お金」「自己実現」「仲間」のうち1つ持っていれば幸せに生きられます。しかし、1つだけだともしそれを失くしたときのことを考えると不安なので、できれば2つの要素を手に入れると良いとしています。

そして、幸福の3つの条件のうち2つを手に入れる生き方として、フリーエージェントとして働くのが良いと結論しています。

フリーなら、儲けが少なくても自己実現を感じている人が多く、また仲間も自分で選ぶことができます。フリーエージェントは、会社員のように人間関係が嫌でも我慢する必要はなく、嫌な人とは距離を置けばよいのです。

「仲間」の中にも、少数の「強いつながり」と、多数の「弱いつながり」を持つことが薦められています。閉じたコミュニティに属していると、そのコミュニティ内での力関係によって外の人と接触の機会が持てず、コミュニティの中で孤立すれば詰んでしまいます。それよりも、多くの人と弱いつながりを持っている方が、流動的で良いのです。

また、毎日の満員電車での通勤のストレスは、近親者を亡くすストレスよりも高いそうです。フリーエージェントは働き方を自分で決めればいいので、高ストレスの通勤からも解放されます。

「複数ある」に近づく

社会の形もどんどん変わっており、今の雇用条件が数十年先まで続くと考えている人はいないでしょう。先が見えない不安は誰もが同じですが、フリーエージェントは幸福を感じている人が多いんだそうです。もちろん、フリーエージェントは不安定で、会社員のように毎月決まった金額の報酬はありません。

別にこの本を読んで、今勤めている会社を辞める必要はないと思いますが、いつでもフリーエージェントになれるよう準備しておくのは良いのではないかと思いました。本書の「幸福の条件は1つあればいいが、失った時のために2つあると安心」という考え方は納得で、働き方も「今の仕事を続けてもいいけど、他の働き方もできる」って保険がある方が安心度が高いように思います。

ちなみに、幸福を感じる人が多いのは、「フリーエージェント」と「公務員」だそうです。フリーエージェントは不安定ですが自己実現と風通しのいい仲間とのつながりで幸福です。一方、公務員は安定していて安心だから幸福なんだそう。真逆の理由ですが、「幸福」を感じやすい点は同じなんですね。

これは、あさよるの超個人的な考えのクセなんですが、選択肢は考えつく限り列挙し、一つでも多くの選択肢を常に考えておくのが好きです。大変なんですけどね(;’∀’) これ、癖の話だと思うんですけど。だから、本書の結論は、結構すんなり納得できるものでした。未来の選択肢は一つでも多く用意しておく方がいいし、楽しそう。その中で一番たのしいのを選べばいいんだから。

橘玲さんの本は、タイトルは煽り気味でミスリードを誘われてしまうんですが、中身は話の筋を通して展開されていると思います。未読の方はせひに!

ただし、本書よりも、同じテーマを扱った10代女性向けの『専業主婦は2奥円を損をする』の方が読みやすくわかりやすかったから、おすすめはそっちかな。

関連記事

続きを読む

『「生きづらさ」について』|空気と貧困と右翼化

こんにちは。あさよるです。図書館の楽しみは普段手に取らないような本や、書店で平積みされていない本が目につくことです。本書『生きづらさについて』も、2008年出版の10年前の本で、書店では見つけられなかったであろう本でした。Kindle Unlimited版もアリ(2018/9現在)

本書を読むと、10年前のものとは思えないくらい今につながる話題を扱っています。生きづらい、貧困や、雇用問題、超不安定な社会問題はなにも解決されないまま、10年持ち越されたんだろうことがよくわかります。

若者の空気と貧困と右翼化

本書『「生きづらさ」について』は、国内の「生きづらさ」を扱います。中でも、若者たちの貧困と右傾化について度々触れられています。貧困と右傾化は、関連する話題です。

まず「若者たちの」と一口に言っても今の10代20代のみならず、現在40代の団塊ジュニア世代(氷河期世代)の問題も深刻です。著者の雨宮処凛さんと萱野稔人さんもそれぞれ1975年と1970年生まれの方なので、90年代に社会人になった世代であり、お二人ともフリーターを経験なさっています。

貧困とトラウマ

貧困に陥る人は、親からの虐待や、学校でのいじめ等を経験し、自分が生まれた社会から隔絶され「帰る場所がない」状態が前提にあると言います。虐待やいじめを受けて育った故に、自己肯定感が低く、貧困に陥っても「自分の責任」と思いつめ、誰にも助けを求められないままネットカフェ難民やマック難民(24時間営業のマクドナルドで夜を明かす人たち)になる人も多いそう。また、生まれ育った場所にトラウマがある場合、そこへ帰るわけにもいかず、どこへも行けない。

空気を読んで自殺する

著者の一人、雨宮処凛さんの場合は中学でいじめに遭い、その後自傷を繰り返しいわゆる「メンヘラ」化していた経験もあるそうだ。自傷をする人たちが集まり、自分はこんな自傷をした、こうやって死ぬつもりだと話をしている間に、だんだん周囲からも「もうすぐ死ぬのか」「まだ死なないのか」という〈空気〉になり、空気を読んで自殺するという人がいる話はショックでした。

現在、かつて以上にコミュニケーション能力が求められる時代が到来しています。それは子どもたちも同じです。コミュニティの中で上手くやれなければ、そこに存在することができない。不登校や引きこもり問題の背景には、高いコミュニケーション能力を持ち「空気を読み」、かつ、コミュニティの中で上手くやりぬける〈運〉の要素もあるようです。

右翼化する理由

雨宮さんはその後、上京し浪人生活を送るりますが、それもやめフリーターになった途端、自分が社会の中で何物でもなくなり不安な時間を過ごしたとそうです。そのとき、自分の居場所になったのが右翼グループだったそう。左翼グループとも接触したそうだけども、彼らの話は難しく仲間に入れる感じじゃなく、消去法的に右翼団体にいたと振り返られていました。

自分が辛い境遇にあっても、靖国神社へ行き、戦死した若い特攻隊員や軍人たちを思えば「自分の生きている時代の方がまだ良い」と考える、という話もあり、こんな心のより所としての靖国があるのかと驚きました。

また非正規で最低賃金で働く人たちにとって、外国人労働者は目に見える脅威に感じるそうです。良いことではありませんが、彼らは日本人より安い賃金で働かされていたり、「〇〇人を雇った方が安いしよく働く」と言われてしまうと、自分自身の「日本人であること」を理由で職を失うような感覚に陥ると語られていました。

実現しない自己実現と、承認されない承認欲求

わたしたちは自己実現をなし、他者から承認されることでアイデンティティが保たれています……ということになっています。だから、自己実現できなかったり、他者から認められないと、アイデンティティを保てなくなってしまいます。

もしかしたら、ただ「生きるか死ぬか」だけの世界ならば、そんなこと考えずに生きられるのかもしれないけれど、高度化した社会では「自分はどう生きるか」を考え、それに成功しないと幸福を感じられなくなっているのかもしれません。豊かだからこそ「どう生きるか」を考えられるはずなのに、そのせいで貧困に陥っていくのはあまりにも辛すぎます。

また、貧困から右翼化する例を紹介しましたが、最貧困層は右も左もないそうです。考えれば当たり前ですが、今日生きることに集中するのに、思想なんかない。

金持ち以外の全部

本書『「いきづらさ」について』で扱われるのは、「金持ち以外のすべて」の人々。今は仕事があり、住むところがあり、それなりに生活していても、この先のことが分かっている人なんていないでしょう。楽観的に考えられず、だからと言って備えるにもなにを備えてよいのかもわからず、ただ漠然と不安を感じている人は多いはずです。

子どもたちの話題も少しですが触れられていました。中学生たちが公園で集まって待ち合わせをしていると「不審な中学生が集まっている」と通報されてしまい、その後、出入りできなくなってしまったという話題です。「生きづらい」なぁと感じます。

本書では「戦争は希望」論争が紹介されています。団塊ジュニアの就職氷河期世代の男性が、地方都市でフリーターとしてコンビニの深夜アルバイトをしていて、昼間にショッピングセンターへ行くと「不審者に気を付けるように」とのアナウンスが流れている。そこで「自分のような存在が〈不審者〉なんだ」と思い至り、今の状態が「平和」ならば、戦争が起こって社会が流動化した方がいい。「フリーターにとって戦争は希望だ」という言説が話題になりました。今の社会の問題をすごく的確に表していると思いました。

本書は「生きづらさ」をテーマに著者二人の対談形式なので(一部質疑応答)、テーマが広いだけに話題はアチコチへ飛び一つの問題を掘り下げる物ではありません。「軽い読み物」と呼んで良いでしょう。しかし、ページを開くたびにショックが多かったです。

関連記事

続きを読む

『ネットで学ぶ世界の大学 MOOC入門』|大学レベルの講義が無料で受けられる

こんにちは。ピリピリしているあさよるです。あさよるは実は大学生もやっているのですが、そう、この時期ナーバスになるんです。そう、試験です。盛大に夏バテにバテている今夏。ムリな気がする。というかムリ……_( _ヽ´ω`)_

そういう事情もあり、現実逃避で「ああ!別のこと勉強したいのに~!」とイライラするという、よくわからんスパイラルにハマっています。

さて、どの勉強をしようかと、インターネットを使ったオープンエデュケーション「MOOC」に手を出そうとしはじめました。「その前に試験勉強しろよ」と自分でツッコんでおく。

いつでも、どこでも、誰でも、勉強できる!

まず、MOOCとは。

 MOOC(ムーク)とはMassive(ly) Open Online Course の略で、日本語に略すと「大規模公開オンライン講座」となります。誰でも受けることができるオンライン講座のことで、数万人を超える人が同時に学ぶことも可能です。
(中略)
MOOCの誕生の背景に、インターネット上で教材や教育環境をオープンにする活動「オープンエデュケーション」があります。オープンエデュケーションとは、教育をあらゆる人たちに対して「オープン」にする活動のことです。社会に広くオープンエデュケーションが普及することで、教育を受けるための様々な障壁が取り払われて、より多くの人々が教育の機会を持つようになることが期待されています。

p.14

インターネット上にて、世界規模で開かれた教育の機会を提供しています。多くは無料で提供され、大学レベルの教育が受けられます。大学に入学しなくても大学が今どんなことを教えているか知ることができます。

年齢制限も特にないようで、社会人はもちろん、中高生だって、小学生だって、参加することができます。

日本では教育の機会が比較的ありますが、国によってはそうではありません。MOOCは、誰もが望むならレベルの高い授業を世界中で受けられる機会を提供することは、とてもすごい取り組みだと思います。

多くは英語で授業がなされていますから、語学力があるほど壁は少ないと言えます。が、日本の大学も多数参加しており、日本版のMOOCも存在します。

JMOOCの受講案内ページではこのような説明があります。

gacco、OpenLearning, Japan、OUJ MOOC、FisdomはJMOOC公認の配信プラットフォームです。
JMOOCは複数の講座配信プラットフォームをまとめるポータルサイトの役割を果たしています。

JMOOC JMOOC受講案内

それぞれ日本の企業や大学がプラットホームを作っており、JMOOCがそれをまとめるポータルサイトになっている……という説明で合っているでしょうか……(;’∀’)>

MOOCでは、ただ授業を登録して、授業を動画で見て終わりではなく、途中で課題を提出したりテストを受ける必要があります。一方通行な授業ではないんですね。

実際に「続ける」方法は別の話……

さて、MOOCのすごいところを紹介しましたが、どうやらこれを「続ける」というのがなかなか難しいようです。最後まで続けるために、課題が出されることで能動的に取り組むよう準備されていますが、多忙な日々の中課題をこなすのも大変です。

実際に「学んだ」先輩日本人の話

本書『MOOC入門』では、実際にMOOCを利用し、必要な知識を得た人たちが紹介されています。みなさん英語で履修し語学に苦労した話や、忙しい日々の中取り組んだと語っておられます。

大変な中やり抜いた人の話を聞くと、「自分もやればできるのかも?」とちょっと勇気が出ますね。

また、失業中にMOOCで学び再就職に繋がった方や、現職のスキルアップ目的で利用する人が多いそうです。

「まず始めちゃう」のがいいかも!?

MOOCで提供される授業のジャンルは多数。プログラミングやWEB系の授業が、ネットを使った教育形態と合致して多い印象ですが、医療・薬学・数学・統計・ビジネス・人文・芸術・工学と、ほんとに様々。大学と変わりませんね。

また、ネットを使った教育目的のサービスは複数あります。有名どころだとこのあたりでしょうか(あさよるも三つとも利用経験あり)。

インターネットを使って教育が受けられる。その多くは無料や安価である場合も多く、学習意欲の高い人にとって今の社会はとっても恵まれた状態ではないでしょうか。

あさよるも、10代の頃経済的に進学が難しかったこともあり、若い世代に教育のチャンスが増えることはとても大事なことだと思います。そして、大人になったあさよるにとっても、勉強はやっぱ大事でして……。人間は生きている間ずっと学び続けるものでしょうが、独学や通学以外の選択肢って、すごいよね。しみじみ。

しかし、一人で学び続けることの大変さもあったりします。あさよるもドットインストールでWEBの授業受けてたのに、長いこと止まってるな~。

本書『MOOC入門』読了後、何かが始まるようなワクワクした気持ちでいっぱいでした。なんかやろう!

続きを読む