貯金

『お金は寝かせて増やしなさい』|いくら用意すれば安心なの?

こんにちは。あさよるです。お金の話はとても大事な話なのに、あまり誰とも大っぴらに話し合ったことがない。ただなんとなく、人のお金の使い方を傍目で見ていて、あんまりバシバシ買い物しまくってたりすると「お金持ちの人なんだなぁ」と思う程度だった。

ちなみにわたしは、自分で「ちょっとパフォーマンスでなんか買っておかないとケチだと思われるんじゃないか……」と思うくらい、買い物をしない。欲しいもの候補をたくさん用意して、あーだこーだと比較しながら選ぶのが好きだからだ。だから、一旦家に帰って、落ち着いてネットでリサーチをかけたい癖がある。

ローリスク・ローリターンな投資

で、お金の話。お金の話って大っぴらにしないし、うちの両親も子どもにはお金の話を全くしない人だった。だからわたしは誰ともお金の話をしたことがなかった。このブログを始めてから読書の幅が広がって、お金に関する本がこの世にたくさんあることを初めて知った。みんなこんな風にお金について知識を増やしていたのだろうか?

本書『お金は寝かせて増やしなさい』は、投資信託でローリスク・ローリターンでお金の運用をするための本だ。初心者でもわかるようにかなりかみ砕かれて書かれている。著者も、投資ブログをやっているブロガーさんで、ファイナンシャルプランナーや元銀行員のような肩書はなく、これまで自分で投資をしてきた経験がまとめられていた。

おすすめされていたのは、SBI証券と楽天証券で、iDeCo(個人型確定拠出年金)、つみたてNISA、NISAを買うこと。細かな株の上がり下がりで一喜一憂したくないなら、全世界株式を買えばいいと書いてあったので、わたしの場合は楽天証券を利用するのがいいかな(はりきって楽天証券にログインしようとして、暗証番号を連続で間違えてしまい、続きはまた後日になってしまった……)。

本書はローリスク・ローリターンな投資の話なので、ン十年スパンでプラスが出ればいいな~という、気長な話だ。パッとやってサッと目に見える利益が欲しい人には、かなりまどろっこしい話。銀行に普通預金した利息よりはいい話かもな~みたいな手堅いお話。

まずは生活第一

投資は、まずは生活費が黒字なっていて、かつ今の生活費×2年分の貯金があったうえで始めようと紹介されている。そもそも生活費が赤字なら投資どころの話じゃないし、仮に失業して2年間無職になっても今の生活が続けられる貯金があれば、安心できる。

そこで、「節約」が大切になる。今、生活費に20万円使っているなら、2年で480万円の貯金が必要だ。それを仮に18万円で生活できるようになれば、2年で432万円になる。こう考えると「なぜ節約したいのか」という理由が明確になって、取り組みやすくなると感じた。最低の貯蓄額も「2年無職でも大丈夫という安心感」と説明されると、納得できる。

お金の話というのは、なにもガメツイ話だけじゃなくて、家族が安心して生活でできる金額や、そのための取り組みを考えることでもあるんだな、なんて。

関連記事

続きを読む

『お金の神さんに好かれる5つの知恵』|「運がいい」は運じゃない

こんにちは。あさよるです。12月です、ハイ。総決算的なことを考えるのが苦手なので、これまで暮れも正月もほぼ平日のように過ごしていましたが、今年はちょっとキリのいいところで振り返ってみてもいいかもななんて心境の変化を迎えています。

今日読んだ本は『お金の神さんに好かれる5つの知恵』という、これも、以前なら絶対手に取らなかったタイトル。「○○の神様」なんて言い回しは嫌いだったし、お金の話題ってのも胡散臭いって思ってたし、感謝とか夢とかしょーもないと思っていた。

……のですが、ふしぎなもので心境の変化というのが起こるのだ。みんなのいう「○○の神様」って言い回しが、何を指しているのか、なんとなく抽象的にわかるようになった気がする。また、お金の話は胡散臭いのではなく、きちんと考えないといけない話であることもさすがに痛感する……。そして、感謝とか夢とか、これも抽象的なもので、今まで自分が理解していなかったように思う。という、ちょっとばかしは賢くなったということだろうか。

ガチャをひく回数を増やす

「運がいい人」がいるのなら、それは、人当たりがいいとか、礼儀正しいとか、愛嬌があるとか、そんなもんじゃないかと思っている。「空気を読む」という言い回しはよく、言いたいことも言えないとか、周囲に流される、という風な意味で使う人がいるけれども、本当に空気が読める人は「ちゃっかりしてる」とか「憎めない人」とか、そんな形容をされる人だろう。わがままを言ったり、自分勝手な振る舞いをしていても、なんだか嫌味じゃなくて許してしまう人だ。

そういう人は、他人から親切にされることに慣れている。人にものをもらったり、ごちそうされるのも慣れていて、上手に応対できるから、周囲の人はますます親切にしたくなる。素直に「ありがとう」と感謝されて嫌な気持ちになる人はいないのだ。

同じ確率で当たるガチャがあれば、1回しか回さない人より、何回何十回回とたくさん回す方がアタリを引きやすい。運がいい人とはガチャをたくさん回す人だ。自分の力だけじゃなく、周囲の人の手助けもプラスされるから、一人で何回もガチャを回せるのだろうと思っている。

さて『お金の神さんに好かれる5つの知恵』は、タイトルからしてドストレートな、ガチャを回しまくる京都のおばあちゃん3人の金言を紹介する本だ。実際に、著者の熊谷和海さんも会社員から起業し、3人のおばあちゃんの教えを守り成功をおさめた方だそうだ。ちなみに、3人のおばあちゃんとは、

 1人目は、投資と貯蓄で1億円以上つくったうちわ屋の縁ばあちゃん。
2人目は、1500坪の土地をもつ資産家の金ばあちゃん。
3人目は、呉服屋の女主人の銀ばあちゃん。

p.3

3人とも達者なおばあちゃんです。

本書で触れられているのは、まずはお金を使うことに感謝すること。これはつまり、心から感謝できることにしかお金を使わない習慣でもあります。そして、夢をかなえるためにお金を使うこと。そのために「感謝半紙」「志半紙」なるものが登場します。紙をお札と同じ大きさに切って、そこに「感謝」「志」と書いて財布に入れておくのです。お金を使うたびにその紙を目にするので、そのお金の使用用途が適切かどうかその都度自問できる工夫です。

小銭や小さな金額のお金は、なんとなく簡単に使ってしまいがちです。だから、3千円財布の中にあったら、そえを封筒に入れて貯めるなど、地道だけど、手堅いやり方も紹介されます。

こういう小さな金額の出費は「ラテ・マネー」と呼ばれていると、『1日500円の小さな習慣』というファイナンシャルプランナーが書いた本でも紹介されていました。ラテ・マネーとは、毎日出勤前にラテを一杯飲むような、1回の出費は小さいけれども、それが募り募ってまとまった金額の出費になっているようなお金です。「ムダ遣いしてるつもりがないのに、お金が貯まらない…」というのは、ラテ・マネーを使ってるのかも。

ということで、感謝半紙や志半紙、3000円封筒なんかも、そういう小っちゃな浪費をしないための工夫ですね。

また、単に「節約」「貯金」だけじゃなくて、保険や税金を見直したり、投資まで話が及びます。固定費を見直すのも、毎月のことですから、少し安くなるだけでも塵積でまとまった金額になります。

「お金の神さんに好かれる」とは、「お金の神さんを好きになる」ことなのかもしれません。お金のことを考えるのを面倒くさがったり、苦手意識から遠ざけていては、神さんもこっち向いてくれません。そうじゃなく、積極的に、能動的に、お金を大事に使って、お金の神さんを有難がるところからスタートなのかも。

お金の使いかたが変わる

先週、新しいデジカメを買いました。もうね、ずーっとカメラは欲しくて、15年前くらいから「そこそこ良いカメラ欲しい」と思い続けてきた。だけど、その時々でお金がなかったり、カメラがなくてもまぁ生活に支障がなかったりで、縁がなかったんだけど、このブログを始めてから「これはカメラが必要だ」と。ちょっと何かパシャッと撮るにしても、今までのカメラだとレンズが暗くて、見栄えも悪くてブログでは写真をあまり使ってなかった。

「こういうカメラが欲しい」って欲しい性能を具体的にしてって選んだんだけども、ちょっと自分でもびっくりな買い物でもあった。

というのは、10代の頃からお金の工面に奔走していて、いつも「自分なんかお金を使ってはいけないんだ」と思って自分を納得させていた。このクセが未だに残っていて、「ちょっと値が張るけど良い物」を選ぶのにメンタルブロックが働いてしまうっていた……(;^ω^) 自分のお金を自分のために使っている人を見て、すごく羨んでいた。お金の使い方に変化を感じるようになったのは、やっぱり片づけが進んでからかも~。余計な出費がなくなって、今足りてないものや会ったらいい物を考えやすくなったなぁ。

で、「わたしなんかお金を使ってはいけないんだ……」って、なんとなくだけど、めっちゃ「お金の神さん」に嫌われそうな感じですねw 自分から遠ざけてる感じだ。

「苦手」とか「考えたくない」とか、ダメですね。お金って大事なものなんだから、もっと大事に考えないと。

関連記事

続きを読む

『1日500円の小さな習慣』|財布に空いた穴、教えます

『1日500円の小さな習慣』挿絵イラスト

こんにちは。あさよるです。昨年末からなぜか出費が増えてて、特にムダ遣いもしてないハズなのに……と戸惑っております。今月こそは財布のひもを締めなおそうと、実際に財布に必要以上のお金を入れずにしました。すると、財布にお金が入ってないもんだから、財布を持たずに買い物に出かけてしまうという……(;’∀’)> いやはや……電車の電子マネーカードはあったので、自販機でジュースでも飲もうとするも、自販機がICカード対応じゃなくなってる!? と、結局ジュースも飲めず、家にションボリ帰ってきました。

ポジティブに考えると、今日、浪費してしまう予定だった数百円~数千円を節約できたのかな~。

で、帰宅後『1日500円の小さな習慣』を読んで、こんな「毎日の小さな出費」に名前がついていることを知ったのでした。それは……

小銭積もれば大金となる

『1日500円の小さな習慣』は、一日たった数百円--出勤前にコーヒーを買って飲むような--そんな些細な習慣が、大きなお金を逃してる~との啓蒙から始まります。自販機で缶コーヒー一杯のようなついつい繰り返してしまう小さな出費のことを「ラテ・マネー」と俗に呼ばれているそうです。

「節約しているのに貯金ができない」理由は、ラテ・マネーのような〈小さな穴〉が財布に空いているせいかもしれません。本書『1日500円の小さな習慣』は、そのよくある〈小さな穴〉の事例を挙げ、自分に該当するものはないかチェックすることができる内容です。

いい夫・いい妻、いい親が仇になる!?

本書『1日500円の小さな習慣』で紹介される「貯金ができない浪費体質の人の人物」は、真面目で家族思いな人物なようで意外でした。

いい妻や夫であるがために、自分は家計を切り詰めて、相手は貯金もせずに浪費していても言い出せなかったり、パートナーにいい生活をしてもらいたいがためにどんどん出費を許してしまって、貯金ができない事例が紹介されています。また、子に家庭の家計事情を話さない親も多くいます。子どもに余計な気遣いをさせたくないとの親心からですが、子どもも家族の一員ですから、事情はある程度伝えてもいいのかもしれません。

家族に気を遣わせたくない、相手に干渉しないように、と、お互いの配慮が裏目に出てしまっていることもあるんですね。

また、退職金と年金で生活水準が上がったまま、孫に生前贈与したものの、後々計算すると将来の生活費が足りない、という話も紹介されています。いいおじいちゃん・おばあちゃんも大変だ。

『1日500円の小さな習慣』挿絵イラスト

節約してるつもりなのに……出費あるある集

本書『1日500円の小さな習慣』は、お金が貯まらない原因の事例がたくさん紹介されています。どれも「ありえそう」な感じです。

まず、家の中が片づいていないと小さな出費がかさみます。ボールペン一本、ガムテープ、乾電池などなど、欲しい時にどこにあるか分からず新たに購入するアイテムってありますよね。一つ一つの単価は大したことないけど、積もり積もってまとまった金額になります。片づいてないせいで、同じものをいくつも買ってしまうあるあるですね。同じように、高級品は買ってないのに、100円均一ショップやセール品を、ちょこちょこと買ってしまう人もいます。小物や雑貨を買っちゃう人も要注意ですね。

「リボ払い」地獄も紹介されています。リボ払いの利息は15%前後で、利息が高いんです。月々少額に分けて支払って、残りをコツコツ貯金する人の例が紹介されていました。リボ払いでわざわざ利息を払って、毎月一定額の貯金をしてるそうなのですが……なんとなく「貯金してる感」がありますが、高い利息を払って貯金するのは変な話です。

カード払いの落とし穴は、ボーナス払いをしてたのにボーナスが出なかったり、目に見える現金でないため予算オーバーして買い物してしまったり、ネットショッピングでついつい「まとめ買い」や「送料無料」に乗せられて余分な買い物をしてしまうなどなど。クレジットカートは上手に使うと便利ですが、あくまで「上手に使ったら」の話なんだと改めて肝に銘じます(;゚д゚)

人生の高い買い物の代表「持ち家」と「保険」も気をつけないといつの間にか火の車に。特に保険は、まさかマイホームに次ぐ大きな買い物だと気づかずに保険に入り続けている人もいます。今の自分や家族の状況に合わせて、保険のプランも変更してゆくよう促されていました。

自分にウソをつかない……出費、浪費、投資

本書では収入を、消費70%、浪費5%、投資25%の割合で割り振るのを理想と紹介されています(あくまで目安。収入によって数値は変わる)。

消費とは生活費や医療費、交通費、お小遣いなど、生活に必要なお金。浪費は「必要」ではなく「欲しい」から買ったムダ遣いのこと。嗜好品やギャンブルを含みます。投資は、貯金や資産運用、資格取得などのスキルアップに使うお金です。

浪費は「ムダ遣い」と書きましたが、別に一切ムダ遣いをしてはいけないわけじゃありません。息抜きに楽しむのは構わないとしながらも、収入の5%を超えてくると多すぎるってことですね。

また、これは自分で気をつけないといけないのは、自分で自分を騙すことです。つまり、本当は浪費してるのに「これは消費」「これは投資だから」と自分に言い訳しちゃうことです。自分では「これは浪費だ」と認識しておくことが大事ですね。

「清貧」とはなんぞや

本書でも「清貧」という言葉が登場します。わたしたちはなんとなく「お金はけがらわしいモノ」という印象があって、きたないお金と遠いところにあるものが潔白な感じがします。もちろん、少ない物資で慎ましく生きている人も中にはいらっしゃるのかもしれませんが、上記のような「自分では頑張って節約してるつもりなのに浪費しちゃってる人」もたくさんいるでしょう。はい、もちろん、あさよるもそのうちの一人ですが……。こまこまと、小さなムダ遣いや、すごくちょっとの贅沢をやめられなくて、浪費していることも気づかずにいるのは「清貧」とは言い難いんじゃないかなあと思いマシタ。(;´д`)トホホ

もっと身軽に、スマートに生きたいですね。

ノートに書きだすべきね…φ(..)

本書では例として、夫40歳、妻38歳、子ども2歳、0歳の家族の、ライフプランシートが掲載されていました。1年後2年後3年後……と、24年先まで表があり、家族の年齢が書きこまれています。そこへ収入や生活費、車両費、教育費など出費予定が記載され……。

24年先なんて未来のその先の未来過ぎてなにも考えられないのですが、具体的に表を見ていると冷や汗が……。もちろん、予定通りにコトが進むとは限りませんから、あくまでも「何事もなかったときの未来予算」でしかありません。

しかし、こうやって具体的に収入の見込みや、必要なお金を書き出していくと、形がなくて目に見えない「何か」が具体的に自分のもとへ降りてくるような感じですね。

あさよるは今「引っ越しをしようかなあ」と考え始めていて、具体的に必要な費用を書き出しているところでした。ただ漠然と「引っ越そうかなあ」「お金がかかるかなあ」と考えてるときは、形もなくてとても恐ろしい考えのようにも感じられるんですが、書き出していくと、具体的に「今すべきこと」がわかります。で、具体的なことがわかる方が意外と安心できたりします。

といことで、なんでも具体的にノートに書きだすべきだなというのが今日の収穫です(o_ _)o))

「タメ期」があるらしい

で、人生には「モテ期」ならぬ、貯金が貯まりやすい「タメ期」があるらしい。しかも人生に3度あるらしい。それは、1回目は結婚して子どもが生まれるまでの間。夫婦二人で働いて収入を得る時期です。2回目は子どもがまだ小学生の時。塾や仕送りなど、教育費が低く抑えられる時期。3回目は子どもが巣立った時。

もちろん、家計の状況は家庭によって様々ですから、タメ期が3回来るかはわかりません。一番近いタメ期を逃しちゃいかんってことですな。

具体的な指導はプロに相談すべきなのかも

本書『1日500円の小さな習慣』は、財布に空いた穴のバリエーションが紹介されるものです。本書の事例に思い当たる節がある方もいらっしゃるでしょう。ただ、本書はあくまで財布の穴、ラテ・マネーがどこにあるのか、よくある事例を挙げているだけで、具体的には千差万別。100家族あれば100家族とも事情は違うでしょう。

やっぱり、より具体的にどすればいいのか知りたいなら、プロに相談すべきことだよなあと思い知りました。確かに、こんな薄い本一冊でお金の悩みが解決するんじゃ、誰もお金に悩まないや!

あとそれと、お金のことって誰も大っぴらに語りません。家族間でさえ全てを知らないこともあります。だけど、お金は生きていくために絶対必要なものだし、またお金は自分の周囲の人のために使うこともできるものです。お金について、なにも学ばず、なにも知らないというのは、変な話だなあと今更になって思いました。あさよるも、もっとお金に興味を持って勉強すべきかも!? と考えるなど。

関連記事

横山光昭さんの本

お金の本

続きを読む