資格・就職・MBA

勝間和代『目立つ力』|目立てばチャンスも掴みやすい!ブロガーのすすめ

こんにちは。勝間和代さんのメルマガをちょこちょこと読んでいて、勝間さんのとことんガシェットを使いこなそうとする様子や、ロジカル家事の話題にハマってたあさよるです。あさよるはガシェット愛がない人なんですよねぇ。スバラシイと思います。

んで、それと関係あるのかないのか『目立つ力』をSNSで紹介している人がいて、気になって手に取りました。こちらは「ブログ」と「Twitter」というツールをハックする内容。出版当時の雰囲気を思い出して楽しい読書でした。

ネットで目立ちたい理由

『目立つ力』では、ブログやSNSを使いネット社会で「目立つ」ことが推奨されています。なぜ目立たねばならないか?それは、目立つとチャンスが巡ってくるからです。誰も読んでいない、誰も興味を持たないブログやSNSアカウントで何をつぶやいても人々はスルーです。しかし、ネット界で「目立つ」人の元へは、情報も集まりますし、人脈やチャンスも集まってきます。

著者の勝間和代さんは華々しい経歴をお持ちの方ですが、あさよるのように学歴も経歴もない人間でも、知恵とタイミング次第で「目立つ」ことがあるかもしれません。だって、炎上しちゃう人とか、不可抗力で有名人になっちゃってるしね。……いや、炎上したいとは思いませんが、経歴なんて関係なく有名人になっちゃうことがあるのが、ネット世界かなぁと思います。

意図的にネットで目立てれば、それは大きなチャンスであることは、間違いないだろうなぁと思います。

2009年出版、ちょっと古い!?

本書『目立つ力』は2009年出版で、2017年の現在から見ると8年前の書籍です。そして、この8年の間に社会は大きく変わりました。本書では、ブログによって集客し自己アピールをすることと、当時流行し始めだったTwitterを用いた「目立つ力」が大きく紹介されています。

あさよるはTwitterが日本語対応する少し前くらいから利用していました(たぶん2008年以前)。勝間さんが本名でTwitterを始められた頃も覚えています。あの頃のTwitterはむちゃくちゃ楽しかったよね(#^^#) 『目立つ力』を読んでいると「あの頃の楽しさ」が溢れていて、しみじみと嬉しくなっちゃうのです。が、今のTwitterをはじめ、facebookやInstagram等、SNSの様子て時間を追うごとに変わってゆきます。『目立つ力』も、現在のSNS事情とはかなり違った雰囲気なのではなかろうかと想像します。

趣味のブログ・SNSをマネタイズする

『目立つ力』ではブログ執筆が推奨されています。しかも、自分が得意分野の、自分が熱中している記事を書きます。勝間さんの場合は、ガシェット系の話題が面白いですね。メルマガでよく話題になっているロジカル家事の話も、時に笑いながら、時に感心しながら読んでいました。これが先日出版された『勝間式 超ロジカル家事』に繋がっている。この場合はメルマガから出版へとつながったんですね。

ブログも、まずは書き続けること。書き続けても苦にならない分野を見つけること。

そこから、読者を想定し、ターゲットを絞り、差別化し戦略を立ててマネタイズが始まります。

そして何より大切なのは、細く長く続けることと書かれていました。……当ブログももうちょっと続けてみようかと思った次第(^^♪

有名になったら……どうなるの?

ネットで目立つことで次のチャンスを掴みやすくなる点はわかりました。勝間さんの場合は、出版や講演等に繋がっているんですね。しかし、分かりにくかったのもこの部分。ネットで目立って、どうするの?ということ。

例えば、あさよるは特に出版したいとか講演したいとか、テレビに出たいとか、さらさら思いません。……んじゃ、目立ったところで、何が起こるんだろう?という疑問。もちろん「やってみればわかる」世界なんでしょうが、気になったところです。

みなさんもそれぞれ、野望や夢や願望をお持ちでしょうか。それは、ちょっとだけ有名人になって、繋がる人が変われば、見えるものもガラッと変わり始めるのかもしれません。予想ですが。

『目立つ力』は、インターネットの普及で、これまでにない世界が広がりつつある高揚感を、改めて感じるような一冊でした。とくにTwitterの流行り始めのあの感じ!いい!

続きを読む

『最強の働き方』|ホントにすごいヤツはこんなヤツ!

東洋経済オンラインでムーギ―・キムさんの連載を読んでいました。「ほぅほぅ」と納得できるコラムもあれば「んなことあるかいっ!」と突っ込みたくなる話もあったりと、結構読んじゃうんですよね(苦笑)。

ムーギー・キムさんの本は以前、キムさんのお母様ミセス・パンプキンさんとの共著『一流の育て方』を読み、当ブログでも紹介しました。こちらの書籍も、納得できる部分と「なんでやねんっ」と突っ込みたくなる部分と両方があって、いろんな意味で面白い本でした。

『一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる』

東洋経済オンラインのコラムと同じタイトルの『最強の働き方』という書籍が発売さえたと知り、興味津々で読み始めたのでした。

スゴイ人ってこんな人!

『最強の働き方』は77の項目からなり、そこで優秀な人の振る舞いや、二流の人物との違いが紹介されています。つまり!優秀な人ってどんな人なのか、人物像が朧気ながらも見えてきます。

まず、優秀な人は早起きで、朝早くから活動をしています。食事も節制され、体づくりにも積極的に取り組んでいます。要は、自己管理がしっかりできていて、健康で、アクティブで、最も良いコンディションで働くのです。

凡人はついつい、「優秀=エリート=ガリ勉=ひ弱」みたいなイメージをしてしまいがちですが、実際には違います。優秀な人ほど、なんでも真面目に積極的に取り組みますから、筋肉ムキムキな人もいるし、スポーツマンも多い。お腹がでっぷりと出ている人はいないそう……。

また、優秀な人はテキパキとなんでも早い!メールも即返信。決断する能力が高いから、自分で決定ができるし、そして行動もできる。

そして、周りの人に対し気遣いができます。いつでも親切で、誰よりも腰が低い。誰に対しても物腰優しく、目下の人への配慮も怠りません。部下に得になる仕事をさせ、部下を育てることに余念がない。

そして愛されキャラ。人から愛される、好かれることで、評価が上がります。優秀な人は優秀+人から愛される能力があるんですな。

会社への貢献だけでなく、社会貢献、社会への使命感を持って生きている人が、優秀な人なんです。こんな人が側にいれば、その人をお手本にできます。が、普通に生活していたら、こんな人物になかなか出会えませんよね……こうやって、優秀な人の人物像を教わるって貴重なことなのかも!?

一流と二流の違いって……凡人にはわかるまい><

一流の人の働き方との対比として、二流の人の振る舞いもちょこちょこ登場するのですが、正直、凡人・あさよるから見れば一流も二流も「スゴイ人」に見えてしまうという罠。

例えば、一流の人はマガジンや週刊少年ジャンプを嬉々として愛読していたりします。飛行機の中、新幹線の中でおもむろに難しそうな“それっぽい”雑誌を広げてしまいがちなんだとか。あるいは、一流はコミュニケーションスキルが高いですから服装もTPOにあわせて自在に変えてきます。しかし二流の人は相応しくない服装をしてしまいがち。個性的な服装とか、ポリシーでいつも同じテイストの人とか、「それってなんかスゴそう!」とあさよるは思っていたんですが……違ったの!?

凡人・あさよるが、一流/二流の違いを認識できる日はやってくるのでしょうか……(‘_’)

自己啓発本の決定版

本書『最強の働き方』は冒頭の〈はじめに〉も充実しています。著者のムーギ―・キムさんの本書の使い方が紹介されているのです。本書は、すべての幅広いビジネスマンに向けて書かれた本です。

 本書は、ビジネススクールに行く前に必ず読んでほしい本である。
しかし、ビジネススクールに行ったあとでも読んでほしい。
そして、ビジネススクールに行く気がなくても、必ずや読んでほしい一冊である。

p.17

とくに以下の方々にお読みいただければ幸いだ。

*いくらためになる本でも、面白くなければ絶対に読む気がしない
*内心、学歴やIQと、仕事の能力は関係ないと思っている
*一流のビジネスパーソンが皆実践している、「仕事の基本」を全部知りたい
*キャリアや就職・転職活動で、じつは自分が何をしたいのかわからない
*一流のビジネスパーソンの大半も悩んでいる
*世界一流の職場で上司に怒られること、説教されることを先取り学習したい
*よい上司に恵まれず、職場で成長の実感がなく焦っている
*自分の競争優位を失わないため、質の高い勉強を継続したい
*人を動かし、周囲からの信頼と支援を受けたい
*社会に選ばれるエリートより、自分で人生を選ぶリーダーとして生きたい
*一度しかない人生、年齢に関係なく、新しい挑戦をしたい
*大切な人に贈ってあげるビジネス書・啓発書を探している
*効果的に社員研修・ビジネス研修を行いたい

p.17-18

上司が伝えたいことや、これから学ぶであろうこと、これから注意を払うべきことが77もの項目に分けられ紹介されているんです。あさよるも、健康管理・体調管理と、時間管理、持ち物の管理等、気をつけなきゃなぁと思いました。

そして、やはり周囲の人への気配り、親切は、全然できてないかもしれない……(;´Д`)反省

自分の行動を当てはめるだけ…!?

一流の働き方を知りました。さぁ!あとは自分の行動に当てはめるダケ……なんですが……(-_-;)

読んで、それだけで終わっちゃうなら、いくら本を読んでも同じです。やっぱり、学んだことを実践してこそ……ですが、どこまでできるやら。これをスイスイッとやっちゃう人だから、「一流」であり「優秀」なのかもしれませんね……。

ムーギ―・キムさんの語り口も軽やかで、ところどころユーモアもたっぷりで、読みやすかったです。そして、ムーギ―・キムさんご自身、“最強の働き方”を見て、自分との違いを自虐っぽくオチとして使われているので、とっつきやすかったです。ムーギー・キムさんが「こうなりたい」「こうしたい」って切り口で、アドバイスされてると、「そうそう、私もそうなりたい」って共感しやすいんですよね。

続きを読む