質問力

『最高の結果を引き出す質問力』|大人のゲームを始めよう

『最高の結果を引き出す質問力』挿絵イラスト

こんにちは。話し下手の あさよるです。考えてみると「上手に話そう」と力みすぎて空回ってるんですよね。で、よく「話し上手は聞き上手」と言うように、ホントは「上手に聞く」ことに努めなければなりません。しかし「話を聞く」というのは、難しいものです。人の話を上手に聞く人は、上手に質問をする人です。失礼なことを聞いては、相手の心を閉ざしてしまうだけですから、コミュニケーション上手は質問上手なんだろうと思います。

今日手に取ったのは茂木健一郎さんの『質問力』です。この本では、コミュニケーション上の「質問力」のみならず、人生を変え、脳の可能性を広げる「質問力」です。日常の業務や私生活にも役立つスキルなんです。あさよる的にはレベル高すぎてビビったんですが、でも「良い質問」ってそれくらい意味があることなんでしょう。

いい質問をする>答える

日本の学校では「先生が質問をして生徒が答える」「テストの問題に予め用意された答えを記入する」という訓練を受けます。そのせいか「質問に正しく答える」ことが能力だと考える傾向があります。しかし、「質問を考える」ことこそが、とっても大事。

例えば、世紀の難問「フェルマーの最終定理」は、17世紀の数学者・フェルマーが提示した「フェルマーの最終定理」について300年以上にわたり数学者が「答え」に悩み続け、やっと1995年になって「答え」が導き出されました。答えを見つけた人ももちろんすごい人なんですが「フェルマーの最終定理」と呼ばれるように、問いを立てたフェルマーの名前が世に知られています。詳しくは以下の記事を。

世界では「問題を解いた人」よりも「問題提起した人」のほうが偉いという考え方がある

―p.49

子ども時代は「答える」という訓練を受けてきましたが、大人になるともっとスゴイ「質問する」という課題のチャレンジが始まるのですね。さすが大人、レベル上がってるなあ。

世の中に「正解」があると思ってる?

子ども時代の学校の話の続きですが、先生が生徒にする質問はあらかじめ答えがあります。テストの問題もそうですよね、答えが事前に用意されていて、出題者の意図を組んで「当てる」と点数がもらえます。だから、子ども時代のスキルのままだと「問題には答えが一つだけある」と思い込んでいる人がいます。

しかし、実際には答えが複数あることもありますし、あるいは「答えがない」こともあります。さらに「答えはまだ見つかっていない」こともあるし、「自分で答えを探す」こともあります。子ども時代よりもより難しい問題に挑戦しているんです。なのに「答えが一つだけある」と、幼いころの意識のままだったら……生きるのが大変ですよね。仕事は答えのない課題ばっかりだし、私生活も家庭内の問題も、誰も答えを用意してくれないのに、問題ばかり山積みです。

本書『質問力』は、大人の課題「良い質問」とはなにか、どうやって「よい質問」をするのかを、脳科学的な話を交えながら紹介するものです。

あきらめない!

上手くいかないこと、納得できないことを「仕方ない」と諦めている人に朗報です。質問力とは、諦めずに「どうして?」と問い直すことで身に付きます。ここでのポイントは、あきらめずに考え続けたからと言って「必ずたった一つの答えがある」ワケではないことです。だから、もしかしたら延々とずっと同じこと考え続けるかもしれません。

「答えが一つとは限らない」というのは否が応でも「多様性」を認めることにつながります。それは、他人が自分と違った価値観や思想を持っていても「そういう人もいる」と考えられることでもあります。もし今、自分と違うものを受け入れられないのなら、変化のチャンスがあるということです。

そして、なんといっても「失敗する」ことができるようになります。かつて子ども時代は「用意された答えを当てる」ゲームをしていましたから、ハズレを選ぶと失敗です。しかし、大人のチャレンジは、答えがいくつあるのかわからない、無いのかもしれないので、なかなか失敗できません。もし「失敗することは悪いこと」「失敗するのが怖い」と思っている人がいれば、違うゲームを始めるのをオススメします。

「なんで?」から始まる

『最高の結果を引き出す質問力』挿絵イラスト

子どもは「なんで?」「なんで?」と質問を連発します。「なんで雨は降るの?」「なんで勉強するの?」「なんで立って食べちゃダメなの?」なんて具合に。あさよるもそうでした。きっとみなさんそうでしょう。あんまり「なんで?」「なんで?」と言いまくっていると、親に呆れられて「うるさい」とか「しつこい」とか言われても、それでも懲りずに疑問は沸き起こり続けます。

「質問力」ってきっと、素朴な「なんで?」「なんで?」を繰り返すことが全てなんじゃないかと思います。それは「好奇心」とか「興味本位」とも言いますし、「遊び」とか「夢中になる」とも言えるでしょう。失敗が怖くなくなるのは、単に楽しいことに没頭している状態だからなのかもしれません。失敗の意味が変わるかも。

『質問力』というと、良い問いをして相手から有益な情報を引き出すことだと想像していました。結果的に自分が得をする話です。しかし、茂木健一郎さんの話を読むと、「質問力」とは自分自身がワクワクして楽しいことが増えることだと解釈しました。生きるのが楽になるどころか、楽しくなるって、いいね。

関連記事

茂木健一郎さんの本

「よい質問」ための本

アイデア・考え方の本

続きを読む

『人を動かす人の「質問力」』|すごいリーダーのすごい質問

こんにちは。人と受け答えが苦手な あさよるです。人からの質問に答えることはできるけど、あさよるから質問をするのが苦手なんですよね……(-_-;)> 気が利いた質問ができれば、人とのコミュニケーションももっと楽しめるのになぁ~といつもヤキモキ……。

「質問力」ってタイトルについた本を見つけたら……読むっきゃないでしょ!

本書の著者であるジョン・C・マクスウェルさんは「世界一のメンター」と呼ばれている人物です。世界的企業のリーダーを育成するプロだそうです。あさよるは存じ上げておりませんでした(-_-;)

質問次第で「一目置かれる」こともある

第一章では、なぜ良い質問が必要なのかが紹介されます。〈人生では「投げかけた質問」の答えしか返ってこない〉……ドキッとする項目です。

「底の浅い質問しかできない人」は「底の浅い答え」しか得られず、自信も欠如している。意思決定はお粗末で、優先順位も曖昧、未熟な対応しかできない。
一方、「深い質問」ができる人は、「奥深い答え」が得られ、人生に自信が持てる。賢い意志決定で最優先事項に集中でき、大人の対応ができる。

p.23

問いによって得られる答えが変わり、底の浅い質問をすれば底の浅い質問しか返ってこない。こんなことを繰り返していれば自信をもって意思決定もできず、現状を客観視するのも困難で、優先順位もわからなくなってしまう。まさに負の連鎖!ただ、質問が下手なだけなのに!

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」を地で行ってしまう。「こんな初歩的なことを質問して良いのだろうか…」と迷って、自分の無知を隠すために質問のタイミングを失ってしまうことって……ありますよね(;´Д`) ジッとただ待っていると、回答が与えられるのは学校の勉強であって、それ以外のシーンでは自分から質問をしないと何も与えられません。

これって、反対に言えば、良い質問、素晴らしい質問ができれば、必要な答えが与えられるってことですよね!?これはこれで希望があります。

【「問題」に直面した時に役立つ質問】

・なぜ、この質問に突き当たったのか
・この問題を解決するには、どうすればいいか
・この問題を解決するためには、具体的にどういう手順を踏む必要があるか

p.24

リーダシップのある人の「質問力」

本書は『人を動かす人の「質問力」』というタイトルに和訳されていますが、原書のタイトルは『Good Leaders Ask Great Questions』。「優れたリーダーはすばらしい質問をする」といったところでしょうか。そう、日本語版のタイトルと、原書のタイトルの印象がちょっと違う!

読むと分かるのですが、本書は「リーダーシップ」について書かれた本です。「質問力」は優れたリーダーが持っているべき能力として紹介されているのですが、それが本題ではないんですよね。質問する力そのものを知りたい人が読んだら、もしかしたら目的と違った内容かもしれません。

しかし、優れた質問には、主体性があり意思決定力のある人物であることは、必須なようです。だって、質問って少なからず相手の時間と労力を奪うことですから、お互いに実りある「質問」でありたいからです。

「すばらしい質問」はチームを引き上げてゆく

質問をするには、羞恥心や見栄が邪魔をすると紹介しました。「こんなこと質問してバカにされないだろうか…」って“不信”が生れてしまうんですね。反対に言えば、人に良い質問ができる人って、人を信じているんですね。そして、他人の目を気にするのではなく、自分を信じているってことです。確かに、リーダーに必要な能力だ!

優れたリーダーはチームの仲間を信じ、互いが成長できる質問をする。すごい!そのためのリーダーシップ。そのための質問力なんですね。ですから、自分のことばっかり話す人は、良い質問者ではありません。相手の話の腰を折りません。

 有能なリーダーは、たとえ耳が痛いことでも、“聞く耳”を持っている。
マックス・デプリー(訳注 世界的家具メーカー、ハーマンミラー社の元CEO)は、「リーダーの果たすべき第一の責任は、現実を把握することだ」と言っている。
そのためには、たとえ耳が痛くても、イヤな気分になっても、「本当のこと」を聞き、それを受け止めねばならない。

p.72-73

相手への問いは「聞きたい答え」を引き出すために尋ねることがあります。しかし、返ってくる答えは自分の意図しない答えであることも多いですよね。その度にいちいちイラついて、ブチ切れる人までいます。これは……これほど愚かなことはないのですな……(-_-;)

優れたリーダーって、マジ人格者。

「質問力」は人間関係の基本のキ?

優れたリーダーシップのために必要な「質問力」ですが、これって誰だって必要なコミュニケーション能力じゃないかと思いました。リーダーシップも特別な立場の人だけでなく、誰もが持つべき事柄です。リーダーシップのある人は、自分で考え、自分で決断し、自分の責任のもと実行できる人物です。そのためには、他者に質問を投げかけます。しかも、素晴らしい質問を。

他人の手間や時間を奪ってしまうばかりの質問。あるいは、見栄や羞恥心のため質問できず成長できない人。どちらも、チームにとって困った存在になってしまいます。周りの能力をより引き出す「質問力」。レベル高ぇなぁ!

続きを読む