車塚元章

【2017年のまとめ】今年人気だった記事ベスト20!その2【1~10位】

2017年の人気の記事まとめ

2017年もお世話になりました。年末恒例2017年のベスト20。いよいよ1位から10位のまとめです。どの記事も意外なランキングになりました。来年もマイペースに更新が続けていきたいです。良いお年を~!

1.『2日で人生が変わる「箱」の法則』/アービンジャー・インスティチュート

2017.03.07/更新

思い込みの「箱」に入ってしまうと、周りの世界が歪んで見え、みなが自分を攻撃しているように見えてしまいます。その「箱」から抜け出して、正しくものごとを見定めましょう。

『2日で人生が変わる「箱」の法則』|ひっかきまわしているのは…自分!

2.『伝え方で「成果を出す人」と「損をする人」の習慣』/車塚元章

2017.04.13/更新

話し方ひとつで、人との関係は変わり、環境が変わるものです。「成果を出す人」と「損をする人」の伝え方の違いを比較することで、自分の使うべき言葉も見えてきます。

『伝え方で「成果を出す人」と「損をする人」の習慣』|話上手はムリ!でも伝え上手なら

3.『毎朝、服に迷わない』/山本あきこ

2017.04.27/更新

最低限持っておきたい21着のスタメンを写真つきで紹介します。着回しコーデや、季節ごとの装いも。あさよるもクローゼットを空っぽにしたので、これは有難い本でした。

『毎朝、服に迷わない』|オシャレ初心者に!最強の21着で着回し!

4.『他人を攻撃せずにはいられない人』/片田珠美

2017.01.30/更新

「他人を攻撃せずにはいられない人」は、自分の失敗や落ち度さえも責任転嫁し、攻撃のネタにします。その人がいると周囲の雰囲気まで悪くなり、待ちかまえるは破滅……。一体全体、なんでそんなことをするの? これが本書のテーマです。

『他人を攻撃せずにはいられない人』|支配欲と全能感の共依存

5.『明日に向かって歩け!』/宮本浩次

2017.06.02/更新

エレファントカシマシ・宮本浩次さんがプレイボーイで連載していたエッセイ。あさよるは今年、エレファントカシマシにハマって、ついに10月初ライブも行きました(^^♪

『明日に向かって歩け!』|エレカシ宮本・あなたはどんな人なの?

6.『メンタリズム 恋愛の絶対法則』/メンタリストDaiGo

2017.04.05/更新

メンタリストDiGoさんの恋愛攻略本。まずは自己分析から理想の相手を炙り出しましょう。これ、自己分析が結構オモシロイのだ。

『メンタリズム 恋愛の絶対法則』|メンタリズムで恋も攻略できる?

7.『サイコパス』/中野信子

2017.07.12/更新

残虐な行為を顔色一つ変えずにしてしまう「サイコパス」とはどんな人たちなのか。知能の高いサイコパスは、自尊心や感情に流されず、冷静に損得で行動できるはずだが、彼らは利口なので尻尾を出しません。あなたの側にもサイコパス、いますよ、きっと。

『サイコパス』|冷静で共感しない人たち

8.『人を動かす人の「質問力」』/ジョン・C・マクスウェル

2017.04.04/更新

リーダーシップのある人物は、人を動かす「良い質問」をする人物です。「すばらしい質問」はチームを引き上げてゆきます。

『人を動かす人の「質問力」』|すごいリーダーのすごい質問

9.『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』/河野英太郎

2017.01.17/更新

仕事をスムーズにするための“コツ”がたくさん紹介されています。ホウレンソウ、会議、メール、文書作成、コミュニケーション、時間、チームワーク、目標達成。ベテラン社会人なら知っている「コツ」、一つずつやってゆきましょう。

『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』

10.『なぜ皮膚はかゆくなるのか』/菊池新

2017.02.07/更新

「痒み」ってなんだ? 「痛み」より重大さに欠ける扱いをされる「痒み」のメカニズムを知ると、なにか変わる……か? あさよるはアレルギーで皮膚が痒くなるんですが、仕組みを知って少し対応が変わった気もしなくもない。

『なぜ皮膚はかゆくなるのか』|かゆい→掻く→気持ちいい→掻く→かゆい

『伝え方で「成果を出す人」と「損をする人」の習慣』|話上手はムリ!でも伝え上手なら

こんにちは。余計な話に華が咲いて、伝えたいことを伝えられない あさよるです。

誰とでも気軽にトークしつつ、上手に話を伝えられる人って、ほんとに憧れます。メリハリっていうか、コミュニケーションの緩急が上手だなぁと思うのです。

さて、今回『伝え方で「成果を出す人」と「損をする人」の習慣』を手に取ったのですが、注目すべきは帯の文。「話し上手になる必要なんてありません。

伝え方を紹介するのに、話し上手にならなくてもいい?どういうこと?

話し上手と伝え上手

人前で話をして、途中から何言ってるのか自分でわからなくなって、しどろもどろ。後々一人でモーレツに落ち込んじゃう。そんなことを何度も繰り返している人にぴったりの内容です。

〈はじめに〉ではこう紹介されます。

 たしかに、若くして特に訓練もしていないのに、人前で話せる人はいます。そういう人と比べて、「ダメ」と思ってしまう気持ちもわからないでもありません。
しかし、私は「ダメ」と思う必要はないし、必ずしも話し上手になる必要はないという考えを持っています。

なぜかと言うと、話がうまくなくても、伝え上手にはなれるからです。自分が言いたいことや自分の想いを相手に上手に伝えられるのなら、話し上手にならなくていいように思いませんか?

 まずは、話し上手ではなく、伝え上手を目指してみましょう。

P.6

目からウロコでした。あさよるは、ずっと軽快にトークを繰り出し周りを楽しませる人に憧れていましたし、羨ましく思っていました。だけど、あまりにも自分の持っている性質と違い過ぎて、どこから真似ていいのかもわからなかったのです。

だけど、本書では〈話し上手〉ではなくって〈伝え上手〉になりましょう、それでいいじゃん、って紹介されているんです。

確かに!

確かに、話し上手さんに憧れつつも、目下困っていたのは「上手に伝えられない」ということでした。それを解決する方が先なのです。

 一言で言ってしまえば「相手の立場になって話をしているかどうか」で、相手に伝わるか伝わらないか、決まってしまいます。
(中略)
 実は、上手な伝え方は誰でも身につけられます。生まれつきの才能やセンスは全く関係がありません。あなたのその話し方を大きく変える必要もありません。
 それよりも、相手に伝わるための考え方や習慣の方が大事です。

p.6-7

なにを〈成果〉としましょうか

本書のタイトルは『伝え方で「成果を出す人」と「損をする人」の習慣』です。ビジネス書ですからビジネスシーンで、お客様との会話やプレゼン、社内でのコミュニケーション等、仕事での〈伝え方〉の話が中心なのですが、それを飛び越えて、普遍的に使えそうなワザがたくさん収録されています。

例えば家族間や仲間内でのコミュニケーションだって、気まずくなってしまうシチュエーションって、「勘違い」や「思い違い」が招いているように思います。あと、自分が伝える努力を怠ったとき。

仕事とプライベートで求めている人間関係は違えど、それぞれに〈成果〉ってあると思うんです。「みんなで楽しく過ごしたい」とか「平穏に過ごしたい」も〈成果〉ですよね。ビジネスでもプライベートでも、どちらでも使える伝え方だと思います。

「成果を出す人」「損をする人」の対比がわかりやすい

本書は「成果を出す人」の伝え方と、「損をする人」の伝え方の両方が紹介されているので、その違いが分かりやすいのです。あさよるは悉く「損をする人」の話し方をしている……。

02 成果を出す人はひらがな言葉を使い、損をする人はカタカナ言葉を連呼する〉。第2章のタイトルです。よくわからんカタカナ英語を連呼したり、仲間内の業界用語を外部の人に使っちゃう人いますよね。それ、自分では分かってても周りの人はポカーンです( ゚д゚)

ちなみに、あさよるは熟語とか慣用句を使ったとき「あれ、伝わってないかもしれない」と不安になることがあります……意味が複数あったりだとか、解釈の違いで別のものを連想しちゃってるんですね。あさよる的には、難しいことを言いたいつもりはなく「早く話さないと」「手短にまとめないと」と必死になって、短い言葉で済ませちゃうことが……。しかし、相手の立場に立てば、丁寧に話をしなきゃいけないのかも。

このあたりも、やっちゃってます。〈38 成果を出す人は悪い報告から先にし、損をする人はいい報告からしたがる〉、え、いい話からしちゃダメなの!?って思いますが、まずいい報告をして相手の機嫌を良くしてから悪い話を切り出そうという浅はかな考えが根本にあるらしい(苦笑)。確かに、話を聞く立場になれば、持ち上げてから落とされるより、言いにくいことを先に切り出してくれる人の方がありがたいですね。

46 成果を出す人は相手に決断させ、損をする人は相手を説得しようとする〉。これも耳の痛い話だ……(;´Д`) あさよるも相手を動かそうとしてしまい、説得したり言い聞かせようとしてしまいます。しかし、相手は大人のひとりの人。きちんと話をして、最後の決断は相手に委ねるべきです。あさよるも、そんな気はなかったけれども、「他人を動かしたい」もっと言うと「コントロールしたい」って思ってたのかもしれないと反省しました。

ちょっとずつ時間をかけて読みたい

こんな感じで、『伝え方で「成果を出す人」と「損をする人」の習慣』では「成果を出す人」「損をする人」の50もの習慣の違いが紹介されています。

一つの習慣につき一章ずつ割かれていますから、ちょっとずつ読んでゆく読み方がおすすめです。一日に一章とか、時間をかけて読んでゆくことで、その日の目標が設定できていいなぁと思いました。

あさよるも〈伝え方〉が下手というか、〈伝え方〉へ配慮なんてしてこなかったんだぁと痛感し、図星すぎて胸がチクチク痛みつつ、でも「明日からやってみよう」と思います^^

続きを読む