類人猿

『美人はコレを食べている。~食べるほど綺麗になる食事法』を読んだよ

クレオパトラと果実のイラスト

クレオパトラと果実のイラスト

国立国際美術館(大阪市)にて2015年10月10日〜12月27日まで『クレオパトラとエジプトの王妃展』が開催されています。この夏は東京国立博物館にて開催されており、大阪巡廻を心待ちにしていました。平日の日中で、天気も思わしくなかったのですが、会場にはたくさんの人が訪れていました。

あさよるさん(@asayorunet)が投稿した写真

特別展のタイトルにも使われているクレオパトラは、ご存知「世界三大美女」の一人です。“絶世の美女”、“傾国の美女”として西洋絵画の世界でも頻繁にモチーフに選ばれています。『クレオパトラとエジプトの王妃展』では、クレオパトラを7ヶ国語を扱う才女としても紹介されていました。美しさには、知性も欠かせないものなのでしょう。

「美女」と言っても、時代や地域によって美の基準は様々と言われていますが、ドミニク・パケ『美女の歴史』で紹介されていた古今東西の美人像は、現在とも共通する基準ではないか?と思われるものもありました。稀に例外はあるものの、端的に言うと、健康的で適度に引き締まった肉体が、時代や洋の東西を越えて美しさの条件とされていました。

現在の日本でも、同じように健康的な美しさは評価されているとは思いますが、女性たちの間で持て囃される「ダイエット」という名の「痩せ主義」も広まっています。「痩せていること」への執着は、時に病的です。食事を済ませた後トイレで食べたものを吐き出したり、一つの食品しか食べない、あるいは、ある栄養素を摂らないなど、食事を何らかの方法で制限することで体重を減らす行為を、「ダイエット」と称されている印象があります。
かくいう私も、ご飯や麺類、イモ類などの炭水化物を一切絶つダイエットをしていた頃もあります。確かに、最初の3ヶ月ほどで5kgとか8kgとか体重は減りました。しかし、すぐにリバンドしてしまい以前よりも体重が増えてしまう……。しばらくしてまた、炭水化物抜きダイエットをすると、また数kg減るのですが、またリバンドして以前より体重が増える……。それを何度かしている内に、炭水化物を抜いても体重がなかなか減らなくなり、しかもリバンドで、第一回目のダイエット開始時よりも10kg近く体重が増えてしまいました。「痩せにくい体質」の出来上がりです。

『美人はコレを食べている』の著者、木下あおいさんも、同じように無謀なダイエットの常習者だったようです。しかもどうやら、10代の成長期も終わらない頃から繰り返していたようで、痩せ主義も深刻な問題です。木下さんが特殊な女性には思えません。日本の多くの女性が、しかも成長期の子どもたちまで、体重計に乗り、体重の数値に一喜一憂しているのかもしれません。
無謀なダイエットから脱却しようと『美人はコレを食べている』では読者へ訴えかけますが、これもまた病的です。野菜を食べれば痩せられる。肉は血を汚す、科学の力で作られた調味長は身体を汚す……と、菜食を訴えます。これもやはり、食事を制限することでダイエットを目指すものです。また、肉食は血を汚す、という考えはどこからやってくるのでしょうか。

肉食のタブーは世界各地に存在します。有名ドコロでは、イスラム教徒が豚食を禁止していたり、ヒンドゥーでは神聖な生き物とされる牛肉を禁忌とされています。日本でも明治を迎えるまで肉食は一般的ではなかったようで、第十五代将軍・徳川慶喜は豚肉を食したことから「豚一公」と呼ばれていました。日本では肉食は禁忌ではなかったようですが、ゲテモノ食いのような扱いだったようです。

人は雑食性の生き物です。チンパンジーやゴリラなど、人に近いとされる類人猿の種にも雑食性のものがいます。しかし、恒常的に肉を食べているのではなく、普段は果実や種子を中心とした植物食です。人類も同じように元々植物食を行っており、時折肉食をしたのでしょう。植物では足りない分を、後付的に肉食を取り入れ始めた時、肉食のタブーも生まれたのではないでしょうか。

生物としてのヒトの生態を考えるに、菜食も肉食もする雑食性であることはおかしなことではなりません。そして、ヒトが文化を持ち、人間として歩み始めたとき特定の食物への禁忌・タブーの文化も生まれました。文化を持つ人間として、何らかのタブーを持っていることも当然です。我々、現在の日本の女性は、太ること、体重が増えることへの畏怖を抱いているのかもしれません。

Information

美人はコレを食べている。~食べるほど綺麗になる食事法

  • 著者:木下あおい
  • 発行所:大和書房
  • 2014年5月1日

目次情報

  • はじめに
  • 第1章 綺麗な人はスキンケアより「食事」を大切にしている
  • 第2章 「肌トラブル」に効く野菜
  • 第3章 お金のかからない美容は「自炊」しかない
  • 第4章 食事で自分をコントロールする
  • 第5章 本当の美容液は「発酵調味料」
  • 第6章 リバウンドしない食べ方
  • 第7章 綺麗を維持するために大切なこと
  • 第8章 いい食事は心も整える
  • 付録

著者略歴

木下 あおい(きのした・あおい)

(社)日本インナービューティーダイエット協会代表。
インナービューティープランナー、管理栄養士として、女性が内側から美しくなるための食事を発信している。
自身が運営するインナービューティーダイエット専門料理教室 bejoou では、「腸」をキーワードに野菜中心・発酵調味料と用いたレシピを伝え、3ヶ月で-5kg、-10kg綺麗に痩せる生徒が続出している。
その他、TVや雑誌など多数出演している雑誌「美的」、「BODYプラス」、「anan」など、連載も多数もっている。

木下あおいオフィシャルサイト http://aoi-kinoshita.com/
木下あおいオフィシャルブログ http://ameblo.jp/aoi-kinoshita/

―木下あおい『美人はコレを食べている』(2014、大和書房)p.224

『太宰治論』を読んだよ

猿山で語らう2匹のサル

猿山で語らう2匹のサル

今年(2015年)もあと1ヶ月ちょっとでおしまいです。来年の予定もどんどん入り始め、年末の感じがやってきています。
この時期になると悩むのが年賀状。例年は、お世話になっている方にメールで新年の挨拶を送って済ませていました。来年はハガキの年賀状を用意しようかと考えています。こうしてブログで毎日イラストを書いていますし、自作のデザインの年賀状でご挨拶できればいいなぁと思い始めたからです。

来年、2016年、平成28年は、申年です。サルをモチーフにした年賀状デザインを考えたいところですが、気の利いたデザインはなかなか思い浮かびません。
頭の片隅で「サル…サル…」と思案しているせいもあって、最近はサルや類人猿について書かれた本を手に取っています。更に、人間のことを「二足歩行したサル」とか「◯◯のサル」と表現することもありますから、人間について、人類学の本も引っ張り出しています。

文学でサルをモチーフにしたものはないのかなぁと思い、真っ先に思い浮かんだのは太宰治『猿ヶ島』でした。太宰には高校生の頃に出会い、いくつかの長編小説を読みましたが、のめり込まないまま青春時代を終えてしまったのが残念に思っています。もっと早くに出会いたかったと思う作家です。

『猿ヶ島』は短編で、現在では青空文庫やKindle版でも無料で読むことができます。短いお話なので、ぜひご一読ください。

物語の最後、二匹のサルが逃げ出します。太宰に傾倒していた友人から、「この二匹は太宰と井伏鱒二なんだよ」と教わり、ずっとそう思って読んでいました。しかし今ネットで検索しても、特にそのような解釈が書かれた記事はヒットしないので、友人のボーイズラブ的な妄想だったのでしょうか。

井伏鱒二は明治31年(1898年)生まれの作家で、平成5年(1993年)に亡くなりました。『山椒魚』や『黒い雨』など代表作も多数あります。
井伏は人との付き合いも上手かったのに対し、弟子である太宰は他人との付き合いは苦手で、何かと正反対の師弟だったようです。太宰は井伏を慕い、井伏は自殺未遂や問題を繰り返す太宰を可愛がり親切にしました。
対象的な性質を持つ、師匠と弟子という属性の二人ですから、いろんな想像が膨らむのでしょう。

太宰は何度も自殺未遂を繰り返し、ついに東京・三鷹の玉川上水にて愛人と入水自殺をします。その時の遺書には「井伏さんは悪い人です」と書かれていたと言います。

奥野健男『太宰論』でも太宰と井伏のすれ違いが書かれていました。昭和初期に太宰は井伏のもとへ弟子入りします。太宰は高校生の頃から何度も自殺未遂を起こしており、井伏から精神科へ入院を促され、その後、井伏の勧めで結婚をし、東京の郊外で平凡な生活を過ごします。太宰は入院を勧めた人たちを「恩人」だと言っていましたが、『人間失格』ではそれらは本当は不本意で、人に裏切られたと書かれています。信頼していた師・井伏に裏切られたからこその「井伏さんは悪い人です」なのでしょうか。

更に時代は太平洋戦争へ突入してゆきます。太宰も空襲に遭い、平凡な生活はかき乱されます。戦時中の混乱の中、太宰は円熟期を迎えます。『走れメロス』や『お伽話』が執筆されました。井伏は平穏で平凡な生活を太宰に提供しましたが、太宰にとっては非常時の混乱や緊迫が作品を生む環境だったのかもしれません。

猿ヶ島の二匹のサルも、片方はここを逃げ出そうと言いますが、もう片方は「怖くないのか」と言いその場に留まりたそうで、二匹の性格の違いが表れています。物語では結局、二匹は逃げ出します。
現実では、性質の違う者同士は、そう上手くいかないのかもしれません。

Information

太宰治論

  • 著者:奥野 健男
  • 発行所:新潮社
  • 1984年6月15日発行

目次情報

  • はじめに
  • 人間像と思想の成立
  • 生涯と作品
  • 太宰文学の位置とその周辺
  • 太宰治再説
  • 津軽幻想紀行
  • 年譜
  • あとがき
  • 新潮文庫版あとがき
  • 解説 磯田 光一

『性の人類学―サルとヒトの接点を求めて』を読んだよ

風の谷のナウシカのイメージのメーヴェと巨神兵と虫(蟲)をコピックで描いたイラスト

風の谷のナウシカのイメージのメーヴェと巨神兵と虫(蟲)をコピックで描いたイラスト

平安時代後期に成立した『堤中納言物語』には、短編の物語が収められています。中でも有名な物語は『虫愛ずる姫君』のお話でしょう。
虫愛ずる姫君は、年頃になっても髪も整えず化粧もせず、虫を夢中になって育てています。姫の世話役の女性たちは怖がるのですが、毛虫が蛹になり蝶になる面白さを説きます。下男たちには、虫に由来するアダ名をつけています。風変わりだ、世間体が悪いと人に言われても、自然の中に存在する秩序や法則に魅了されているようです。虫愛ずる姫君の噂を聞いて、怖いもの知らずの美男子が姫の姿を見ようとやって来て彼女へ和歌を送ります。彼女も漢詩で返事をします。二人の関係がどうなるのか、という所でお話は終わってしまいます。短いお話です。

自然の心理を探求している虫愛ずる姫君は、『風の谷のナウシカ』の主人公ナウシカを連想させます。アニメ映画版とマンガ版では内容が異なっており、ナウシカのキャラクターもまた物語に沿って、両者で違ってゆきます。
ナウシカも虫愛ずる姫君同様、自然の真理や秩序に魅了されているお姫様ですが、虫愛ずる姫君は貴族の箱入り娘なのに対し、ナウシカはフィールドワークも活発に行いより研究者のように見えます。

アニメ映画版のナウシカは、一国の国王として怒り狂った王蟲の群れに身を投じ、国を守ります。
一方、マンガ版のナウシカは、腐海や文明の謎を追い求めてゆく内、人類の歴史の真実にたどり着きます。また、マンガ版のナウシカは怒りや母性のようなものを持ち、文明世界の破壊者となってゆきます。
腐海は混沌、文明は秩序ではなく、大自然こそが秩序です。虫愛ずる姫君も、毛虫が蝶になる自然に魅了されていました。

虫愛ずる姫君もナウシカもどちらも女性です。性というものもまた、曖昧でありながらも超自然的な存在です。にも関わらず、虫愛ずる姫君はあまり女性的な振る舞いには興味が無いようで、周りの人を困らせています。男性からのアプローチにも興味がなさそうです。
マンガ版ナウシカも、物語が進むにつれ、母性的な存在になってゆくのですが、なんだか女性性は失われてゆくようでした。それは、男性・女性という区分ではなく、人として、あるいはもっと抽象的に、生物として、自然の一部としての存在になってゆくのかもしれません。

研究者・探求者であるナウシカが女性であることは、とても重要なことなのかもしれません。
『性の人類学-サルとヒトの接点を求めて』によると、動物の生態研究に際し、研究者が男性か女性かによって、見えているものが違うそうなのです。例として、サルの繁殖行動について研究していると、男性はオスザルが交尾をした時点で繁殖成功と考えますが、女性研究者は交尾をし妊娠・出産を迎えて繁殖成功とします。あるいは、生まれた子が早死せず、大人になって次の子孫を残せる状態になって成功とします。この差だけでも、サルの群れの研究の結果、見えてくるものが大きく異なります。
特に、これまでの研究の場は、男性が多く、男性的な考えがまかり通っていましたから、女性やフェミニズム視点が加わることで、これまでとは違った視点や切り口が加わっているそうです。
特に生物学の世界では、様々な種のオスとメスの生態は、人間の男性と女性の立場や考えが反映されて解釈されていそうです。また、動物のオス・メスの振る舞いが、私たち人類の性差に大きな影響を与えるのも、興味深いです。

女性であるナウシカは、腐海でなにを見たのでしょうか。この物語の面白さ、あるいはややこしさは、作者が男性であることも考慮すべきことでしょう。
自然という秩序をを追い求めてゆくと、文明という混沌へ行きつく捻じれもまた、『風の谷のナウシカ』の世界を難解にし、深みをもたらしているでしょう。

Information

性の人類学―サルとヒトの接点を求めて (SEKAISHISO SEMINAR)

  • 編者:高畑 由起夫
  • 発行所:世界思想社
  • 1994年5月10日

目次情報

  • 「性」をいかに語るべきか――少し長い序論(高畑由紀夫)
  • 第一部 雄の「性」
    • 第Ⅰ章 雄の「性」――あるいは性選択理論再考(D・スプレイク)
    • 第Ⅱ章 ニホンザルの父子判定が教えてくれるもの(井上美穂)
  • 第二部 雌の「性」
    • 第Ⅲ章 「性」と時間――交尾季、月経、発情をめぐるいくつかの話題(高畑由紀夫)
    • 第Ⅳ章 雌の「性」――子づくりと子育てのはざま(高畑由紀夫)
  • 第三部 ヒトの「性」
    • 第Ⅴ章 失われた発情、途切れることのない「性」、そして隠された排卵(高畑由紀夫)
    • 第Ⅵ章 チャムスの民族生殖理論と性――欺かれる女たち(河合香吏)
    • 第Ⅶ章 狩猟採集民の母性と父性――サンの場合(菅原和孝)
  • 第四部 生物学とフェミニズム
    • 第Ⅷ章 生物学とフェミニズムの交錯――霊長類研究を中心に(宮藤浩子)
  • あとがき
  • 引用文献

著者略歴

高畑由紀夫(たかはた・ゆきお)
1953年生まれ
京都大学大学院理学研究科博士課程修了
現在 鳴門教育大学学校教育学部助教授
専攻 自然人類学,霊長類学
著書 『ニホンザルの生態と観察』(ニューサイエンス社,1985)ほか

David S. Sprague(デイブッド・スプレイグ)
1958年生まれ
Yale University 人類学部博士課程修了 Ph. D.
現在 京都大学アフリカ地域研究センター特別研究員
専攻 自然人類学,霊長類学
著書 『サルの文化誌』(共著,平凡社,1991)

井上美穂(いのうえ・みほ)
1964年生まれ
京都大学大学院理学研究科博士課程修了
現在 社団法人畜産技術協会付属動物遺伝研究所研究員
専攻 霊長類学
論文 Male mating behavior and paternity discrimination by DNA fingerprinting in a Japanese macaque group(共著, Folia Primatologica 56, 1991)ほか

河合香吏(かわい・かおり)
1961年生まれ
京都大学大学院理学研究科博士課程修了
現在 日本学術振興会特別研究員
専攻 人類学
著書 『ヒトの自然史』(共著,平凡社,1991)

菅原和孝(すがわら・かずよし)
1949年生まれ
京都大学大学院理学研究科博士課程修了
現在 京都大学総合人間学部助教授
専攻 文化人類学,社会人類学
著書 『身体の人類学――カラハリ狩猟採集民グウィの日常行動』(河出書房新社,1993)ほか

宮藤浩子(くどう・ひろこ)
1956年生まれ
京都大学大学院理学研究科博士課程修了
現在 神奈川県立歴史博物館主任研究員
専攻 霊長類学,動物生態学
著書 『ニホンザルメスの社会的発達と社会関係』(共著,東海大学出版会,1986)ほか

――高畑由紀夫 編『性の人類学』(世界思想社、1994)p.271-272

『人類史のなかの定住革命』を読んだよ

コンパクトな家財道具をどこへでも持って移動できるイメージをコピックマーカーで描いたイラスト

コンパクトな家財道具をどこへでも持って移動できるイメージをコピックマーカーで描いたイラスト

最近の私はずっと、部屋の片づけに取り組んでいます。
ノリノリで物を処分し掃除をしているときもあれば、前へ進めなくて悩んでしまうこともあります。

すでにかなりたくさんの物を手放し、ほんの半年前とは全く違う空間で日々を過ごしています。
物を手放すと、肩の荷まで下りたようで、気持ちの負担もとても減りました。
すでに、新たに手に取る物は、選び方の基準にも変化が起こっているように思います。

これまでは「高いか安いか」「得か損か」でしか物を選べませんでした。
今は「こんなのが身近にあったらいいなぁ」「これからこんな生活をしよう」とワクワクしながら選べるようになりました。

人間はもともとミニマリスト?

『人類史の中の定住革命』を読みました。
類人猿の中からヒトがどのように枝分かれし、今日の繁栄に至る過程で起こった「定住革命」について書かれています。

類人猿は一箇所に定住せず、群れで移動をしながら生きているそうです。
人類も同じように、次から次へと引っ越し続けていたんですね。

定住しないので、いつも食べ物のある場所へ移動します。
排泄物の処理も必要なく、その場所が汚れればよそへ移ります。
仲間が死んだり、病人が出ても、どんどん住み家を移してゆくことで衛生状態も確保できます。
自然災害が起こっても、移動すればいいのです。

現在でも定住せず、移動しながら生活をしている部族があるらしいのですが、彼らの家財道具はとてもコンパクトで、5分もあればすべての荷物を抱え、村ごと引っ越してしまえるそうなんです。
超ミニマリストですね。

片づけの悩みは人類が定住し始めたから?

ヒトは定住することにより、他の類人猿たちと違う道を歩み始めました。
定住に社会は大きく膨らみ、文明が生まれ、現在のヒトの活動範囲は地球の隅から隅まで広がりました。
しかし、もともとは移動しながら生きている種族です。
定住生活に慣れるまで、かなりの時間がかかったようで、現在でも定住することによるリスクや不便も抱えています。

そして、私がこんなにも持ち物に悩まされる原因も、定住生活によるものではないかと考えました。
定住せず、住み家を次々と変えてゆく生活では、常に警戒心や注意深さが必要です。
しかし、一箇所に定住をし、村を作り、社会が形成されると、外敵から身を守るコストがうんと減るので、警戒心や注意深さも軽減されます。
外敵から身を守ろうとする本能は、「好奇心」や「探究心」に変わりヒトが人間らしく変化してきたというのです。

家財道具をコンパクトにしたい!

私がこれまで抱えていた大量の家財道具は、自らの好奇心や探究心を満たしたいがために集めに集めた物たちでした。
実際には「物を所有する」だけで好奇心が満たされるわけでもないので、不要なものはどんどん手放してみようと思っています。

好奇心を満たしたい欲求と、移動生活による警戒心が同じものだとすれば、家財道具をコンパクトにまとめ、いつでも引っ越せるような状況を作ることでも、自分の欲求は満たされるのでしょうか?
興味がわきました。

 

人類史のなかの定住革命
西田 正規
講談社
(2007)