高齢社会

『九十歳。何がめでたい』|九十代女子のリアル

こんにちは。話題の本が気になる あさよるです。佐藤愛子さんの『九十歳。何がめでたい』がランキング上位に入ってるのは知っていました。先日、散歩中、道のわきで本書を読みふけっている方がいて、「そ、そんなに熱い本なのか!!」と驚き、さっそく あさよるも読み始めるのでした。影響されやすいです(;´∀`)>

老いも、ネタに昇華するエネルギー

「卒寿? ナニがめでてぇ!」

啖呵で幕を開ける本書。一番最初の話は〈こみ上げる憤怒の孤独〉。いやいや、佐藤先生……キレッキレじゃないっすか~!ブラックや~。笑えん~ww

御年九十歳になられた作家・佐藤愛子さんのエッセイ(現在2017年3月は93歳)で、原稿用紙に手書きで書きあげあられたそうです。

利発でエネルギッシュなお人柄がバンバン伝わってきますが、そこここに隠れている「老い」を丁寧に描写している様子は、気づくとドキッとします。単に、老いを笑い飛ばしているだけでない、ジメッとした感じや、人間の直面する現実がにじみ出ているような……。

ネタも、新聞の悩み相談を度々拾っておられる感じとか、なんか、活動範囲や日々の習慣が透けて見えるような……そういうのドキッとします。

「私の夢はね、ポックリ死ぬこと」
と友人はいった。
ポックリ死が夢?
なるほどね、といってから、けれど、と私はいった。
「あんたは高血圧の薬とか血をサラサラにする薬とかコレステロールを下げる薬とか、いっぱい飲んでるけど、それとポックリ死とは矛盾するんじゃないの?」
すると憤然として彼女はいった。
「あんた、悪い癖よ。いつもそうやってわたしの夢を潰す……」
彼女にとってポックリ死はあくまで「夢」なのだった。そうか、そうだった。「夢」なのだ。彼女は十代の頃、アメリカの映画スター、クラーク・ゲーブルと熱い接吻を交わすのが「夢」だった。ポックリ死はいうならば「クラーク・ゲーブルとのキスなのだ。」現実には掴めないことをわかっていての「夢」である。
「ごめん」と私は素直に謝った。私たちの「夢」はとうとうここまで来てしまったのだ、と思いつつ。

p.27-28

ごめんなさい。こういうとき、どんな顔をすればいいのか分からないの(#^^#)

これ、ユーモアの部分なんですよ。でもね、「老い」を取り出してホラと見せつけられたようです。平易な文章で、これっぽちの文章で、リアルすぎるよ佐藤先生。

そして2017年、高齢社会の日本にとって、これが「共感」なのだろうかと思うと、別の意味でも背中が寒い。

相容れない、世代と世代

一方で、老人の愚痴として、若年層への批判や、進化しすぎるモバイル機器へもおよぶ。

あさよるも一応まだ若者世代(のつもり)ですので、若年世代の置かれている状況や言い分を度外視して、年寄りがの都合の話ばかりなのは、辟易してしまいます。同じような感想を持たれる方も多いようです。

が、これって「お互い様」なんですよね。著者が若い人に理解を示さないように、若者世代も90代の高齢者に耳を貸していない。みんなお互いに忙しいし、大変だし、わけがわからないし、お互いに「どうせわかりっこない」といがみ合っている構図なのかもなぁと気づきました。

世代間格差って、相容れないのかな。

往く道なのか

佐藤愛子さんもお若い頃はブイブイ言わしてらしただろうが、歳とともに文明の利器とも疎遠になってゆくのかしら。年寄りの戯言だと一蹴することも可能でしょうが「年寄り笑うな行く道だ」ってね。

救いなのは、愛子さんがとにかくパワフルで、愚痴は言っても弱音を吐かないところ。体に不自由は現れても、それをネタにエッセイを書きあげる底力。軽快な語り口とユーモア。弱気にならず、「いちいちうるせえ!」と周りを蹴散らすパワー、これ、長く生きるのに必要なのだね。

本書と直接関係ないけど、「老後」のためには「豊かな語彙力」は不可欠っすなぁ。

続きを読む

『「若作りうつ」社会』|いつまでも「愛され」「モテ」でいたい

こんにちは。放送中のドラマ『東京タラレバ娘』を見て、胸が痛い あさよるです。

主演の吉高由里子ちゃんも、榮倉奈々ちゃんも大島優子ちゃんも、むちゃくちゃかわいいのは言うまでもありませんが、劇中の三人は「ゼツミョーに超ウザッwww」とニヤニヤ見てたんですよ。なーんか痛々しいんですよねー。意識高い系っていううか~。

すると第一話の終盤、金髪のイケメソくんから「30過ぎて女の子じゃない」と言われて、ショックを受ける三人。そしてショックを受けるあさよる……

―( ̄∇ ̄;)→グサッ!!!

先日読んだ熊代亨さんの『「若作りうつ」社会』を思い出しました。彼女らは、女の子の世界から抜け出して、大人の女性になれるのでしょうか!?ドキドキ

年の取り方がわからない

『「若作りうつ」社会』の冒頭で、精神科医の著者・熊代亨さんの元へやってきた患者さんのエピソードから始まります。

Cさんは仕事と子育てをソツなくこなす女性で、合間には趣味も楽しみ、社内で尊敬を集める人でした。しかし、ある時から睡眠や食事がうまく取れなくなり、心療内科で「うつ病」と診断されました。

治療により病状は改善しましたが、彼女は納得しません。朝から晩までスケジュールが詰まった、エネルギッシュで充実した“元の生活”に戻られないからです。

「若い頃と同じように頑張りたい」と主張し、自身の加齢を受け入れることに抵抗を感じています。

「老いを受け入れられない」

アンチエイジングがトレンドの21世紀。多くの人が抱えている問題です。

世代が分断された社会

かつての日本社会は、良くも悪くも様々な世代が関わり合って生きていました。

監視し合い、古い風習や価値観に支配された生活であった一方で、生まれる人、老いる人、病気になる人、死ぬ人。人間のさまざまなステージの人々が一つのコミュニティに交じり合っていました。

現代は、地域社会や因習から解放された一方で、孤立した世帯は、他の世代と隔絶されてしまいました。

「年の取り方がわからない」とは、自分たちの先を行く人々を見失ってしまった世界です。

70代に差し掛かる団塊世代も、自らを「老人」とは感じていません。いつまでも若々しく、老いのない世界は夢のような世界ですが、残念ながら存在しない世界です。

現実と願望のギャップにより、じわじわと苦しむのが現在人なのかもしれません。

誰も何も言わなくなった

アンチエイジングは超人気です。テレビをつければ次から次へと健康食品のコマーシャルばかり。

何を口にするのも人の勝手ですが、それにしても、買う人がいるからテレビで宣伝してるんですよねぇ……。

と、「人の勝手」というのも、現在人が陥っている落とし穴になっています。

赤の他人である友人知人が、怪しいげなものにハマっていても「人それぞれだし」「人の自由だし」と積極的には口出ししません。

ムラ社会的な相互監視の世界から抜け出した我々は、気軽になった半面に、間違った方へ進もうとしても誰も引き留めてはくれなくなりました。自由と責任、両方を手に入れたんですね。

本書『「若返りうつ」社会』の「第二章 誰も何も言わなくなった」は静かにゾツとする話でした。

父親不在の社会

「年の取り方がわからない」社会は、「モテ」が力を持つ社会です。

小さな子どもは、一人で生きてゆけませんから、大人から「愛され」ることで生存率を確保できます。ここでいう「愛され」とは、容姿が優れていたり、コミュニケーション能力が高いことです。

簡単に言やぁ、かわいらしい、愛らしい子どもが可愛がられるという、身もふたもない話なんすが……(;´・ω・)

かつてのムラ社会では、多少コミュニケーション能力が低い子も「みんなの子ども」「社会の子ども」という認識がありましたから、なんとかやっていけました。

しかし、現在は個人と社会が遮断されていますから、生まれ持ったかわいらしさ(容姿)か、コミュニケーション能力がないと、かわいい子どもになれません。

いつまでも「愛され」たい

そして、年の取り方を忘れた社会は、大人たちもいつまで経っても子どもの世界にいます。容姿が優れ、コミュニケーション能力の高い「愛され」「モテ」こそが社会を生き抜く力なのです。

……なんか自分で書いてて冷や汗しか出ないんだけど(;’∀’)

で、自分の「愛され」「モテ」要素を受け入れてくれる「母性」を求めている。

一方で、現在は父性不在の社会でもあります。

戦後の経済成長とともに、父親は朝早くにはるばる遠くへ出勤し、夜遅くに帰宅する、家庭にいない人物になりました。子どもから見ると、父親が毎日なにをやっているのか分かりません。

「仕事をしている」「働いている」とは言っても、具体的に何をしているのか分かりません。実際に育て、養育してくれるのが母親ですから、母性が力を持つのも頷けます。

社会の構造が変わったことで、家庭内の形まで変わり続けています。そして、新しい社会像、家族像をなかなか描けず、終わらない子ども時代を過ごしているのが現代なのかもしれません。

……って、エヴァンゲリオンみたいな話やないか!

(「第三章 サブカルチャーと年の取り方」は、オタクと年を取れない我々のお話で、他人事とは思えません)

「老い」と「死」をどう受け入れる

「年の取り方がわからない」世界は、「老い」と「死」のない世界です。

しかし、実際に現実には我々人間は日々刻刻と年を取り、老い、死に近づいてます。観念世界と現実世界の隔たりこそが、苦しみや、居心地の悪さを生んでいるように思いました。

個人的な話ですが、あさよるの祖父母はみな早く他界していて「老人」というものを知りません。

街中で出会う高齢世代の人たちは、みなさんハツラツとしてらして、元気いっぱいで何度目かの青春を謳歌しているように見えます。または、まだまだ現役世代バリに働く人たちばかりです。

これから両親も老いてゆくのでしょうが、「老いた人」を側で見たことがありませんから、「老人」がどのようなものか、あさよるにはロールモデルがありません。それは、自分自身が老いてゆくイメージがないことです。

あさよるもまた、現在人の一員として自らの「老い」や「死」を持っていない一人なのでしょう。

続きを読む