Audible・オーディオブック

水野敬也『運命の恋をかなえるスタンダール』|好きな人を振り向かせる教科書

恋に奥手だったり、非モテ、だめんず好きだったり、恋愛に難のある女性は本書『運命の恋をかなえるスタンダール』を読んでから作戦を練り直しましょう。

こんにちは。あさよるです。テレビやニュースに触れると気が重くなってしまうので、気楽に読める本はないかなあと『運命の恋をかなえるスタンダール』を手にしました。

著者は『夢をかなえるゾウ』の水野敬也さん。水野さんは『LOVE理論』や『スパルタ婚活塾』など恋愛本もたくさん書かれていて、しかもみんなコミカルで面白い。ということで、本書も期待してページをめくるのでありました。

本の中からこんにちは。『恋愛論』恋愛の大家・スタンダール

本書『運命の恋をかなえるスタンダール』は小説です。一人の垢抜けない女性が気になる男性との恋を実らせるための物語仕立てになっています。小説としても楽しめるし、恋愛本としても、自己啓発本としても読めるつくりになっているのが面白いところ。このへんは『夢をかなえるゾウ』と同じですね。

あらすじ

ざっとあらすじ。過去にトラウマを抱える主人公は、勤め先である図書館で、利用者の男性に思いを寄せています。しかし、トラウマから他人と良好な人間関係を築けない主人公は、もちろん気になる男性に声をかけることすらできません。人とのコミュニケーションを避け、本を読むことで、本の世界に逃げ込むのです。

そんなある日、突然自宅の蔵書である『恋愛論』の中から、モクモクと著者のスタンダールを名乗る人物が現れます。彼に言われるがまま自分磨きを始め、恋について学び、恋愛を成就させるべく奮闘の日々が始まるのでした。

さて、主人公はトラウマやつらい過去の出来事を乗り越え、意中の男性と結ばれることはできるのでしょうか。

その過程を小説で追いながら、スタンダールの名著『恋愛論』の内容に触れながら、現代の恋愛成就のためのアドバイスが次々と繰り出されてゆきます。

惚れるな!惚れられろ!

本書『運命の恋をかなえるスタンダール』の結論を大雑把に言っちゃえば、「惚れるな!惚れられろ!」です。

意中の男性への想いを募らせ、好意を相手に伝えるのはブー! 間違い。相手から想われ好意を寄せられて、相手から告白をさせるのです。そのために、自分の弱点を底上げし、魅力的な女性になるのです。

繰り返しますが、目的を間違えてはいけません。自分の好意を伝えるために自分磨きをするのではなく、相手に好意を寄せられるために魅力的になるのです。

「結晶作用」を起こさせるには

恋心が膨らんでゆく状態を、スタンダールは「結晶作用」と名付け、本書では重要なワードとして何度も登場します。「結晶作用」とは、

「ザルツブルクの塩坑では、冬、葉を落として木の枝を廃坑の奥深くに投げ込む。二、三か月して取り出してみると、輝かしい結晶でおおわれている。一番細い枝ですら、眩く揺れてきらめく無数のダイヤモンドで飾られているように見える。そのとき、もうもとの木の枝はどこにも存在しない」
そして、スタンダールは顔を上げ、私を見つめて言った。
「確かに、今の君はマリウスにとって、単なる細い木の枝に見えているかもしれない。しかし結晶作用の働きをふんだんに使うことで、ダイヤモンドのような輝きに見せることが可能なのだ」

水野敬也『運命の恋をかなえるスタンダール』

引用中の“君のマリウス”とは、主人公が思いを寄せている男性。この時点で名前も知らないので、こう呼ばれています。

つまり「結晶作用」とは、なんでもないものでも、その作用が加わることでダイヤモンドみ見える力ってこと。日本のことわざでいうところの「あばたもエクボ」みたいな感じでしょうか。恋は盲目とはよく言ったもので、自分はちっぽけな小枝であったとしても、恋をさせちゃえばダイヤモンドのように見られてしまうということ。

さらにこの「結晶作用」は

人は自分の価値観で好きになるよりむしろ、周囲から認められてる人に結晶作用を起こしやすいのだ

水野敬也『運命の恋をかなえるスタンダール』

と語られています。これ、わかりますよね。単に自分の好みだけではなく、「自慢したくなる彼女」「友達が羨ましがる彼」「同僚よりも素敵な恋人」により惹かれてしまいます。

つまり「周囲の評判になる」ことが、相手に結晶作用を起こさせる近道なのです。しかし、そのためには「誰よりも美人」である必要はありません。なぜなら、結晶作用は小枝でもダイヤモンドに見えてしまうから。“意中の彼にとっての”ダイヤモンドになればよいのです。

そのために本書で主人公が取り組むのは「悪女」になることでした。

「悪女」になる

「悪女だけが持つ武器。それは――『期待と不安を与えるコミュニケーション』だ」

水野敬也『運命の恋をかなえるスタンダール』

これだけ言われてもわかりませんよね。八百屋で売られているトマトを例に話は続きます。

見た目も悪くなく、値段も手頃なトマトを買ったとき、八百屋のお兄ちゃんが「よっしゃぁ! このトマト売れたぁ!」と大喜びし始めたら、悪いトマトを買ってしまったんじゃないかと不安になりますよね。

それよりも、トマトを買おうとしたとき、「すみません、そのトマト予約が入ってるんです。代わりに別のものを…」と言われたほうが、ますますそのトマトを手に入れたいと思ってしまいます。そして、交渉の末にそのトマトを手に入れたら、喜びは格別です。……もとはただのトマトだったとしても。

恋愛も同じ。もし食事に誘われたとしても「よっしゃあ!」と大層に喜んだならば、相手は「あれ? もしかして良くない相手を選んじゃったのかな」と思わせてしまいます。そこで「悪女」のコミュニケーション術です。

「悪女! それは、男に対して『この女は手に入りそうだ』という期待と同時に『いや、手に入らないかもしれない』という不安も与えることで、『この女は手に入れる価値がある』と思わせ、虜にしていく存在なのだ。」

水野敬也『運命の恋をかなえるスタンダール』

そして、その「悪女」のコミュニケーションの第一歩として、「悪」に「戯れ」と書いて「悪戯(いたずら)」を仕掛けるよう指南されるのです。

実際に主人公は男性に膝カックンをしたり、驚かせようとしたり、思い切って悪戯を仕掛け、予想を裏切り、真面目なようで奔放にも振る舞い、彼を翻弄し、魅力を増してゆくのでした。

自信を持つ・新しい自分へ

主人公の女性は、過去のトラウマから目立つことを極度に嫌い、自分の容姿にも全く頓着せず、垢抜けない容貌をしていました。しかし、今回の恋をきっかけに、メイクを学び、おしゃれを学び、大胆なイメチェンを図ります。

もともと誰もが長所を持っています。彼女の場合は、現実逃避の先として読書に没頭していたおかげで、たっぷりの知識と知性を持っていました。これが彼女にとっての強みとなります。

その強みを更に活かすために、欠点の底上げを試みます。これが容姿のイメチェンでした。

自分の欠点・短所を補い、底上げすることで、自分の長所に自信が持てるようになります。そして、その自信こそが、恋に果敢にチャレンジすることに繋がり、相手に「結晶作用」をもたらす要因にもなるのです。

「自分の短所を底上げしよう」というのが、本書のメッセージでしょう。そして、「結晶作用」「悪女」「悪戯」をキーワードに、HOW TOを知ることで、恋の成就確率を上げてゆきます。

くすぶった恋心を持っていたり、「なんでわたしは持てないの!?」と思うなら、本書『運命の恋をかなえるスタンダール』を手にしてみてください。運命の恋のヒントがあるはずです。

関連記事

水野敬也さんの本

恋愛・結婚に関係のある本

続きを読む

『鬼速PDCA』|自信がつく・やる気が出る・趣味もはかどる

こんにちは。あさよるです。『鬼速PDCA』は書店でめっちゃ平積みされてますね。 『鬼速PDCA』は書店でめっちゃ平積みされてますね。 話題本は追いかけるっきゃない精神でやっております<(_ _)>

PDCAサイクルを猛スピードで回すという、それだけの本だけど、話がシンプルだから話題になってるんじゃなかろうか。新人や学生にも向いているし、チームを動かす側の人にも使える。かなり幅広い層に役立つ内容だ。

問題を抱え込まない

PDCAサイクルはご存知のように、PLAN(計画)、DO(実行)、CHECK(検証)、ACTION(改善)の頭文字で、 P→D→C→A→P→D→C→A→P…と、グルグルと四つの手順を回してゆきながら、プロジェクトを進めてゆく。『鬼速PDCA』では、AはACTIONではなく、ADJUST(調整)が割り振られている。

「鬼速」というのは、PDCAサイクルをとても早く回してゆくことだ。著者の会社では、会議が週に1回ではなく、週に2回あるそうだ。そうすれば、社員が問題と出会っても、翌週まで持ち越さずに早く対応できる。これは、社員が問題を抱え込んだまま困り果ててしまう予防になる。だから、会議で問題を発表することがネガティブな評価に繋がってはいけない。むしろ、たくさん問題を見つけられることを評価するような環境づくりも大切だ。

『鬼速PDCA』は新人が読むことも前提とされており、初級者編から話は始まる。学生にも役立つだろう。多くの人が読んで、自分の業務や学習に当てはめられる。

自信・やる気に

PDCAのうち、PとDはやっても、C(検証)をしない人が多い。振り返りをせずに、やりっ放しで放置してしまうのだ。

検証するとき、できなかったこと、ダメだったことばかり挙げる人もいる。もちろん、マイナス点も冷静に受け止めなければならないけれども、うまくできたことや、よかったことも、同じように検証しないといけない。それは自分の自信になり、やる気につながる。

鬼速でPDCAは、問題を抱え込まず、どんどん計画→実行→検証→調整→計画…と回してゆくから、やればやるほど自信になり、やる気がでる。だから鬼速でやるのだ。

長い目で考える

PDCAサイクルが身につくと、大きなPDCA、小さなPDCAと、複数のPDCAサイクルを持てるようになる。それは中長期的な目標を持つことに繋がる。どうしても日々の業務に忙殺されていると、目の前の仕事でいっぱいになってしまって、中長期的な目標を考えられない。長い目で見ると役立つことであっても、それすら考えられなくなるのだ。例として、ブラインドタッチで高速タイプできるようになれば、一生能率が上がるのに、その訓練をする人は意外に少ないらしい。

大人も子どももPDCA

PDCAサイクルを鬼速で回したい人は、仕事人間だけではなく、趣味の多い人も同じだろう。むしろ、多趣味な人は多忙だから、タスクはさっさと終わらせて、次から次にやりたいことをやってゆく方がいい。

そう、PDCAサイクルは「仕事に使うもの」「管理職が使うもの」ではないのだ。プライベートを最大限充実させたい人にも鬼速PDCAはあてはまる。子どもも大人も関係ない。つまり、すべての人が持っていてもソンしない習慣だ。

みんなが知ってるようなことだからこそ、実直にやるかやらないかで、差が出ちゃうところなのかなぁなんて。わたしも趣味の計画を立てようかしら。

関連記事

続きを読む

『賢く「言い返す」技術』|感情OFF、作業として攻撃をかわす

こんんちは。お子ちゃまタイプな あさよるです。今日読んだ『賢く「言い返す」技術』は、他人を攻撃する人のタイプを8つにわけ、それぞれのタイプ別対処法が指南される本です。その中の「お子ちゃまタイプ」がおまおれ状態で冷や汗をかきました(;’∀’)

本書では「攻撃的な人のタイプ」「攻撃されたときの対処法」が紹介されています。ここでは大まかな概要を述べるだけですが、本書では具体的なケーススタディを挙げ紹介されています。職場、家族、友人関係別の場合がまとめられています。

人から攻撃されたとき、同じように反撃しても争いが泥沼化するだけです。だけど、だからと言って「我慢していればいい」わけでもありません。攻撃する人……つまり加害者には毅然とした対応や、自分が傷つかないよう、心を守る対策が必要です。

また、攻撃する人の特徴を自分に当てはめてみたら、自分が他人に対してやっちゃいがちな言動を知れます。これは本書の〈裏テーマ〉ではないかと勝手に解釈しましたw 自分がトラブルの種を撒いていることもあるでしょうから、自分が他人を攻撃しているポイントを自覚するだけでも、何か多少は変わるのかも。

嫌な人の避け方

『賢く「言い返す」技術』では、人から嫌なことを言われたときの切り抜け方が紹介されています。ほとんどはその場でスパッと相手の負の感情を切り離す「言い返し」です。一言だけで、距離を置ける魔法のワード集です。

攻撃的な人の8タイプ

『賢く「言い返す」技術』では、攻撃的なことを言う人を8つのタイプに分けられています。

攻撃的な人は理由もなく人を攻撃するのではなく「攻撃を受けている側よりも、ずっと弱い面を持った人たち」だと紹介されています。恐怖や不安を抱き、弱い面があるからこそ、攻撃せずにはいられない。だから、彼らを対処するなら、その「弱い面」を良く知って上手いことあしらえばいいのです。

「我慢してればいつか解決する」と考えず適切な対処が求められています。

1.王様タイプ

他人を支配し、思い通りにさせたい人。高圧的で王様のように振舞いたいタイプ。

やたら上から目線で物を言うヤツ。そういうヤツこそ、自分のポジションに自信がなくて吠えているそう。本当にその立場で周囲から信頼されている人は、わざわざ上から目線発言をする必要はないのです。

役職が上がったばかりの役員とか、上司によくいるタイプ。本心では「人からみくびられてしまうのでは」と怯え、自分のポジションが脅かされていると感じ、その恐怖を打ち消すために他人を支配しようとします。

2.裸の王様タイプ

自分を認めて欲しい! 裸の王様タイプは自分の自慢話を延々としたり、自己中な言動をする「自己愛」や「承認欲求」が強いタイプ。自分の優位性を誇示したい!

例として、新しく来た管理職の人が「前任者よりも自分の方が優れていると知らしめたい」という欲求から、これまでのやり方を踏襲せず、自分のやり方を下に押し付けようとする例が紹介されています。

だけど、本当にすごい人は自他ともに実力が既に認められています。「認められたい」と思っている時点で、その程度の人だということ。だからこそ「自分を認めて欲しい」をアピールをやめられません。その自信のなさを、周囲の人はわかっているけれども、本人だけが気づいていない……「裸のぷ王様」状態です。

3.羨望タイプ

うらやましい!負けたくない! 嫉妬心からじわじわと他人を攻撃するタイプ。「マウンティング女子」もこのタイプ。他人と比べることで自分の優位性・立ち位置を確認したい欲求がある人は多いのです。序列をつけ、自分より下の人を作りたい、そして自分より上位の人が羨ましい。

「羨望というのは、他人の幸福が我慢できない怒りだ」とラ・ロスフコーの名言が引用されています。

4.お子ちゃまタイプ

思い通りにならなきゃイヤ! わがままで、自分の欲求が受け入れられて当然だと思っている幼稚な人。「自分は特別扱いが当たり前」と思っているから、周囲からの注意や助言も聞き入れられず、逆に「あいつが悪い/自分は悪くない」と攻撃し始めます。

5.悲劇のヒロインタイプ

私はかわいそうな人なの、大事にしてよ。弱い私なら、人を攻撃してもいいでしょ? 「弱い人」を被害者だと思い込む傾向が世間にはあって、そこにつけ込むのが悲劇のヒロインタイプ。か弱そうすることで人から守られ、気に入らない相手には攻撃し放題。

少し何か指摘しただけで泣き出して、まるで注意した人が悪いように演出します。「周囲の同情を集めることに快感を覚えている」とのことで、彼らの策に乗らないのが得策です。

厄介なのは、自分が「被害者ヅラ」をしているのをいいことに、「か弱い自分は他人を攻撃しても良い」と思っているところです。

6.置き換えタイプ

誰かに八つ当たりしたい! 日頃から溜め込んだうっぷんを、別の場所で無関係な人相手にぶちまけるタイプ。生きにくい時代ですから、ストレスが溜まるのはわかりますが、だからと言って他人でうっぷん晴らしをしてよいわけではありません。

駅員やコンビニ店員、お客様窓口などがターゲットにされやすい。大したクレームでもないのに、何時間にも渡ってキレ続ける人というのが実在するそうです。

7.トラウマタイプ

自分と同じ恐怖を人に与えたい。過去に自分がされたことを、自分よりも弱い人に同じことをして、過去のトラウマを乗り越えようとするタイプ。虐待を受けた人が、自分よりも弱い人に同じ虐待を繰り返してしまうことを、精神分析の世界では「攻撃社との同一化」と呼ぶそうです。

いじめっ子はいじめられっ子だったりするのと同じ。気の毒ではあるけれども、だからと言って他人を攻撃していい理由にはならなりません。

8.サディストタイプ

傷つけるのが快感なのがサディスティックタイプ。傷ついたり恐怖、苦しむ顔を見るのが気持ちいんだそう。猟奇的な事件のような極端な行動に出ずとも、怒りで物に当たるのもこのタイプだそう。怒って机を叩いたり、物に当たる姿を相手に見せつけ、動揺している様子を見てスカッとする。

対応策・7つの武器

以上のような8タイプの攻撃的な人への対応7つが紹介されています。どんな攻撃にも対応の仕方があるそうです。あさよるは、人から攻撃されたときいちいち動揺せず、「ここにある指示通りに対応すればいい」と思うだけでも、ちょっと心配が減った気がします。

1.相手の裏の心理を見抜く

皮肉やいやみや自慢話は、こちらへの恐怖、嫉妬、優位に立ちたい心理があります。だから「あなたの真意はわかってるわ」という態度をとればいい。

必殺「オウム返し」! 「バカ」と言われたら「バカってどういう意味ですか?」と聞き返す。

必殺「さすがですね!」 他人を支配したい仕切りたがり屋なんかは、過剰に褒めちぎってやろう。つまり、からかってやるのだ。

必殺「先回り」! 自慢話が鬱陶しい人には、相手よりも先に「○○だったんですよね!」と先にオチを言ってしまおう。「もうその話は何度も聞いた」と意思表示になる。

必殺「おっしゃる通り。それで何?」! 面倒くさい説教を垂れてくる人には、早々に「おしゃる通り!」と相手に賛同した顔をして、すかさず「それで何ですか?」と聞き返そう。相手はひがんで説教垂れてるだけだから「だから何?」と聞かれると言葉がない。

2.別の話をする

カチンとくる侮辱の一言、挑発的な言葉、不毛な悪口……こうしたイヤな会話から逃れる最善の方法は、まともに取り合うのではなく、「別の話題」に誘導してしまうこと。

しても仕方のない話は切り上げてしまいましょう。

脈絡もなく「そういえば今日のニュースで」「そういえば、あの映画…」とネガティブな会話をこっちのタイミングで終わらせましょう。相手の負の感情に乗る必要はないのです。

3.矛先をそらす

「置き換えタイプ」「トラウマタイプ」からの理不尽な攻撃、「羨望タイプ」「悲劇のヒロインタイプ」のくだらない悪口やグチは、「そんなこと私に言われても困る」とスパッと言っちゃいます。盾をつくるのです。目上の人の場合は「その洋服素敵ですね」なんて、褒めておけば相手は悪い気はしない。

4.一段上に立つ

他人を攻撃する人は不幸な人なので、「かわいそうな人だ」と一段上から冷静に見下ろすのも手。自分の方が高い位置にいるので、正面からぶつかることはない。激昂している相手へは「落ち着いて」「ゆっくり話して」と促したり、話を煙に巻くのもいい。

5.周囲を味方につける

攻撃する様子を誰も見ていないとなると、攻撃がエスカレートしてゆく。だからわざと大きな声で「失礼ですね」「ひどいですね」と周囲に聞こえるようにアピールしたり、「○○さんにも報告します」と相手の怖れる人の存在を持ち出しましょう。

6.あえて無防備になる

攻撃されたからといって、自分もそれに応戦してしまうと戦争が泥沼化します。「私はあなたを攻撃しません」とアピールする方法もあります。それは「私は傷ついた」「あなたを嫌いになりたくないから、そんなこと言わないで」と、こちらに戦闘の意思がないことを示して、相手がどう出るか試してみます。

7.筋違いの期待を裏切る

攻撃してくる人は、相手が傷ついたり、不幸になればいいと思っています。だから「そんなこと私は気になりません」と示します。相手の期待を裏切るのです。いやみを言われても笑顔で「へぇ」と涼しい顔でスルーしたり、「今度一緒に出かけない?」なんて大胆な発言も紹介されていました。

攻撃を真に受けなくていい

本書『賢く「言い返す」技術』の良いところは、もし今後他人から攻撃されたとき、それをまともに受け止めて「なんてこと言うんだ!」と怒ったり悩んだり傷ついたりしなくても良いところです。相手の攻撃を本書の8タイプに当てはめてみて、それに合った応戦をすればいいだけ。

「感情」を使わず、「作業」として処理できるようになるんですよね。これはかなり楽になりそうです。

あさよるはとても感情的になりやすいタイプなので(;^ω^)、ものすごくイラつくし、同時にすごく傷ついて、傷つくと反撃もしたくなります。そして、反撃したらしたで後から「あの時ああすれば良かった……」と考えても仕方のないことに悩んだり、とてつもなく疲弊します。

いつまでも平らかな気持ちでいたい……(;^ω^)(;^ω^)

自分はどのタイプだろうか…

本書は他人からの攻撃をかわすため、加害者を8つにタイプ分けされていますが、こうなると「自分はどのタイプなんだろう」という視点も生まれるわけです。うまいことできています(苦笑)。自分のタイプを冷静に判断できないなら、相手から「どう対応されると困るのか」を考えてみても良いでしょう。自分の攻撃を無効化させる武器から逆算して考えるんです。

あさよるの場合は……圧倒的「お子ちゃまタイプ」(苦笑)。「自分が尊重されて当然だ!」と疑いもなく思っているフシがあります。承認欲求ではないんですよね。承認欲求って「認めて欲しい」って欲求ですが、あさよるの場合は「認められて当然だ!」だから、タチが悪いw。

あさよる自身は、他人にマウンティングしたい欲求(序列づけしたい欲求)は感じません。その理由もよく分かりました。お子ちゃまタイプは「自分の欲求は無条件に受け入れてもらって当然」と思っているそうです。「特別扱いが当たり前」と信じ込んでいるから、そもそも自分と比較する他人が見えていない……ワロエナイ!ww

自分で書いていて情けないですな~(;^ω^)(;^ω^)

みなさんも、迷惑な人を8タイプにわけるついでに、ご自身がどのタイプに当てはまるのかを考えてもよろしいかと。苦笑いするしかなくなりますw

こちらもおすすめ!

『他人を攻撃せずにはいられない人』|支配欲と全能感の共依存

関連記事

片田珠美さんの本

続きを読む