SCRAP

【2018年】下半期のベスト記事!

暮れも押し迫って参りました。年末のお楽しみ、今年よく閲覧された記事のまとめです。「良い本だったなぁ」「この記事頑張って書いたもんなぁ」と納得するものもあれば、我ながら意外な本もランクインしていて、個人的なお楽しみ企画となっております。

上半期、下半期とも一位はかずのすけさんの本でした。メンタリストDaiGoさんの本も上半期・下半期とも上位ですね~。

1.『しない美容』/かずのすけ

2018.06.22 公開

下半期も化学者であるかずのすけさんの美容本が一位でした。「しない美容」はかずのすけさんのブログでも提唱されていて、余計なことをしなければ、肌の健康な状態を維持できるのではないかという考え方です。

最新の美容法を追いかけるのではなく、「自分の良い状態」をキープするために、化粧品を選ぶのも、一つの基準ですね。

2.『クローゼットは3色でいい』/ 杉山律子

2018.06.29 公開

とても役立った本でした。ファッション雑誌に掲載されているおしゃれなコーディネートは、あくまで上級者向け。おしゃれ初心者は、まずは色数を限定し、3色でコーディネートするとまとまりやすいのです。選ぶべき3色の組み合わせも具体的に提案されており、おすすめです。

その人によって似合う色は違っているので、自分に似合う3色の組み合わせを知れば、お買い物も楽ですね。

3.『愛とためらいの哲学』/岸見一郎

2018.06.20 公開

これはちょっと意外なランクイン本だった。『嫌われる勇気』の岸見一郎さんが、アドラー心理学をはじめとする心理学的な「恋バナ」を扱っています。相手を支配したり、依存したりされたりするのではなく、穏やかでお互いの心が満たされる間柄をつくれると良いですね。

生涯のパートナーがいて、お互いに幸福を感じ合えることは、それはこの上ない特別なこと。それを実現するためのお話です。

4.『ひと月9000円の快適食生活』/ 魚柄仁之助

2018.07.06 公開

この本は! 良い本というか、とてもとてもお腹が空く本だった! だけど、下半期のランキング入りしちゃうのは意外でもあった。料理のレシピ本なんですが、もう、文字による飯テロの連続なのです。官能的でもある。ヤバイ。

5.『知られざる地下街』/ 廣井悠,地下街減災研究会

2018.06.15 公開

良書。日本中の地下街の歴史や変遷、設備や、法律的な区分、災害対策など、地下街に関する話題を網羅的に扱った本。すごく良い本でした。おすすめです。

6.『なぜか美人に見える人は髪が違う』/ 津村佳奈

2018.08.31 公開

現役スタイリストによる女性向けヘアスタイル指南本。トレンドのスタイルのとり入れ方と、垢抜けポイントがレクチャーされていて使える。年齢も関係なく、一読されてみては。本全体のおしゃれ感も、モチベーションアップに良い。

7.『超時間術』/メンタリストDaiGo

2018.08.20 公開

「時間がない」と嘆く方へ。「時間がないから○○できない」というのは錯覚だった。なんとなく多忙で、いつも時間に追われている気がしてしまうのは、「時間の感覚」が欠如しているからだった。時間感覚を鍛え、能動的に時間を使うためのメンタリズム! やる気も出ます。

8.『その情報、本当ですか?』/ 塚田祐之

2018.06.19 公開

元テレビマンによるフェイクニュースを扱う。故意のフェイクニュースもあれば、誤報もあります。どのようにニュースが作られているのかを解説しながら、テレビのニュースと、ネットニュースの違いが説明されます。テレビや新聞のニュースも、ネットニュースも、どちらも一長一短があり、わたしたちはそれを使い分け、正確な情報を見抜く力が必要です。

岩波のヤングアダルト向けの新書ですが、大人にもおすすめです。

9.『My Basic Note「ふつうの服でおしゃれな感じ」のつくり方』/ 三尋木奈保

2018.06.01 公開

女性向けファッション誌の編集者である三尋木奈保さんのスタイル本。コンサバスタイルを貫いておられ、等身大だけど垢抜けていて素敵すぎる。年齢と共に、プチプラばかりではなく「良い物」を持ちたいなあと思わされた。

10.『人狼村からの脱出』/SCRAP

2018.08.29 公開

真夏にドハマりしたゲームブック! 夜になると村人を襲う人狼を見つけるべくとある村にやってきたあなた。しかし、村から出るためのたった一つの橋が落ち、陸の孤島に。そして、人狼事件のみならず、貴重な宝石を盗む怪盗まであらわれる。あなたは事件を解決できるだろうか。

謎が謎を呼ぶゲームブックで、パズルを解かないと先へ進めない。またこのパズルの難易度が絶妙で、自力でうんうん唸りながらも、答えが分かったときの爽快感ったら! 終盤では、感動しちゃった。



『人狼村からの脱出』|パズルを解いて人狼を探せ!

『人狼村からの脱出』イメージ画像

こんにちは。読書ペースが落ちているあさよるです。理由は主に夏バテなんですが、さらに先週夢中になっていた『人狼村からの脱出』のせいかもしれません。

『人狼村からの脱出』は書籍の形態の「脱出ゲーム」です。脱出ゲームは、ネットでハマったことがある方も多いでしょう。ふと気がつくとどこかへ閉じ込められていて、部屋の中を操作しながらパズルを解き、その場所から脱出するゲーム。近年では「リアル脱出ゲーム」も人気で、実際に自分が動き回ってパズルを解きながらゴールを目指すものです。

本書『人狼村からの脱出』は、昼間は村人に化けて夜な夜な人を襲う「人狼」を見つけるゲームです。村人の中には、村人を人間か人狼かを見分けることができる「巫女」と、巫女のフリをしてウソを言う「狂人」が混じっています。

村の中を操作し、村人たちに聞き取りをしながら、人狼を探しましょう。

人狼が潜む村に閉じ込められた!

探偵のあなたは、ハリー・カシャッサと名乗る考古学者から手紙を受け取りました。その手紙によれば、とある村に昼間は人間の姿に化けた「人狼」が、夜な夜な村人を襲っているのです。その人狼を見つけ出すのがあなたに託された仕事です。

あなたが村に訪れると、たった一つ外界と繋がっている橋が落ちてしまい、謎の「怪人」による宝石の盗難が起こります。絡み合った事件と事件を解決しながら、あなたは人狼を見つけ出せるでしょうか。

物語の結末は、本書内にはありません。すべての謎が解けたら、指示通りにWEBサイトで答えを入力し、最後の場面に立ち会いましょう。

節ごとに指定された番号順に読んでいこう

『人狼村からの脱出』イメージ画像

本書はゲームブックなので、普通の本のようにページ順に読んでゆくものではありません。ストーリーが節ごとバラバラに分解されて並んでいるので、読み進めるためには本文の指示に従う必要があります。

短く分けられた節ごとに番号が振られており、その節の最後に、次に読むべき節の番号が指定されています。指示通りの番号を開いて読んでゆきましょう。

毎日新聞を読み、捜査に出かけよう

毎日、朝になると新聞が届きます。新聞には前日に村で起こった事件や出来事が報道されています。捜査のために新聞もしっかりと読みましょう。

『人狼村からの脱出』イメージ画像

本文の指示通りに本書を読み進め、重要な記録や手掛かりに出会うと、忘れないようしっかりと書き留めておきましょう。

もちろんゲームオーバーもある

『人狼村からの脱出』イメージ画像

本書はゲームブックですから、もちろん間違った選択をするとゲームオーバーになってしまいます。謎を順番に解きながら、ピンチの時ほど冷静に選択肢を選びましょう。

古本注意!必要なアイテムが揃っているか確認しよう

『人狼村からの脱出』イメージ画像

本書にセットされているのは、

  • 本体の本
  • 捜査シート5枚
  • 地図
  • しおり

すべて揃っていないと捜査ができません。もし古本で本書を探す方は、アイテムが揃っているか確認しましょう。

DVD版もあるらしい

DVDを使った脱出ゲームらしく、みんなでプレイできるそう。どんな内容なのかすごく気になる……。

自力で謎が解けると……感動したw

本書はバラバラに並んだ節を、指示された番号通りに読み進めてゆくのですが、途中で村に隠された「謎」を解いてゆかねばなりません。この謎解きが本書の醍醐味。子ども騙しななぞなぞではなく、なかなか大人が悩んじゃう問題が多数!

で、これを時間をかけてウンウン唸って、自力で答えをひらめいたときが快感! この気持ちよさのためにも、是非ともネタバレ&ヒントなしで問題にチャレンジしてほしいです。

特に終盤の謎では、分かった瞬間、感動しちゃうような謎の連発ですごかった! この瞬間のためにもう絶対チャレンジしてほしい!

マジでネットにネタバレがなく天晴れ

感心したのは、ネットで本書のネタバレサイト見事にない! 問題が解けなくて掲示板や質問サイトで質問している人がいるんですけれども、誰も答えを教えず、ヒントを出すのみ。そのヒントもあまり親切なヒントではなく、あくまで「自力で解いてみて!」って感じ。わかりみ! 絶対ヒントなしな方が楽しいから!

このパズルの難易度が絶妙で、子ども騙しな問題じゃないし、数人で集まってワイワイと謎解きしながらやっても面白いでしょうね。

あさよるの場合は、一人で没頭して時間を忘れて取り組んでしまいました。

ちなみに、ゲームクリアまで、のべ12時間くらいかかりました。最初の「1日目」はゲームの段取りがよく分かっておらず、必要以上に時間を使ってしまったので、手際よくやるともう少し時間は縮まるかも? ただ、面白いゲームなので、一気にやらずに、ゆっくり時間をかけてプレイしても良いかと思います。

リアル脱出ゲームってどうなんだろう

本書『人狼村からの脱出』を終えて、「リアル脱出ゲーム」って面白いのかな? と興味を持ち始めました。今まであまり興味なかったんですよ。「だって、ゲームって本気でやるから面白いのに、遊び半分でふざけてプレイする人がいたら興ざめしちゃうでしょ?」なんて思ってたんです。だけど『人狼村からの脱出』をやって、ネット上でネタバレしてる人がいなかったり、みんなパズルに夢中になっている人たちのやりとりを読んでると、「これ、リアル脱出ゲームって面白いのかも!?」と期待しました。

まぁ、グダグダ言ってずに、一度参加してみたらわかることですよね~。ってことで、近場で探してみます(^^)/

すごくどうでもいい感想

わたしたちは時間を過去から未来に向かって一方通行で進むものだと認識していますが、物理学的にはすべての状態が同時に存在していて、人間か勝手に過去→今→未来というベクトルがあるかのように感じているだけだ、とかいう話を聞いたことがありまして。その話にとても心救われたので、その考え方を自分にも採用しています(この情報の信憑性は補償しませんw)。

で、『人狼村からの脱出』を読んで、「“すべての状態が同時に存在していて、人間が勝手にベクトルを錯覚しているだけ”というのはこういうことか」となんか納得しました。本書では、節がバラバラに分解され、順番もめちゃくちゃに並んでいます。そんで、節の最後に「123へ進む」とか書いてある指示通りに、次は123節を読み、またその節の最後の指示に従って読み進めてゆくのです。

節がバラバラに並んでいても、自分が順番に読んでゆけば、一つの筋の通った物語として認識できます。しかし、順番バラバラのまま頭から読もうが、指示通り読もうが、最後のページから読んだとしても、情報量は変わらないんですよね。自分が勝手にストーリーとして認識するかどうかだけで。

お遊びのゲームブックを読んで「なるほど、こういうことか」と妙な納得をしてしまいましたw

関連記事

続きを読む