未来のクリエーターへ!身近だけど知らない『映像制作D.I.Y』

  • LINEで送る
『映像制作』D.I.Y

「映像」とひとくちに言っても、その種類や作り方の手法はさまざまです。

『映像制作D.I.Y.』では、さまざまな道具や手法を用いて、クリエーターが「映像」を生み出す現場にフォーカスします。彼らは、どのような環境で、どのような経緯で、映像を作っているのでしょうか。

「映像」は身近なものですが、その制作方法を知っている人は少数です。具体的に、クリエーターはどうやって映像を作っているのか。どうやってアイデアを形にするのか。それを知ることで、「自分も映像作りたい!」と燃え上がる人が必ずいます。

未来のクリエーターへ送りたい一冊です。

映像はありふれている

現代人にとって映像はありふれたものです。テレビをつければ映像が見られます。スマホアプリを立ち上げると、アプリのロゴが画面で動くのも映像です。

いつでも YouTube で映像が見られます。一歩外に出れば、自販機のディスプレイや、ショウウィンドウ、お店のP.O.P.に映像が使われているのも、もう珍しくありません。

映像と言ってもいろいろある

ひとくちに「映像」と言ってもいろいろ種類があります。

テレビドラマや映画など実写の映像もそうですし、アニメーションも映像です。乱数のプログラミングを使ったり、フルCGの映像もあれば、映像と映像をつなぎあわせ、編集したものもあります。

映像の作り方にもいろいろある

映像にも種類がたくさんあるように、その作り方もたくさんあります。

たった一人で、映像制作に励む人も少なくありません。趣味で映像を作り始めて、クリエーターとして活動している人も少なくありません。

また、チームだから作れる大掛かりな映像もあります。スタジオからインターネット配信をしたり、人物を配置し屋外で撮影をしたり、大きなセットを組んで撮影をするなど、スケールの大きなものです。チームだからこそそ作れるダイナミックな映像です。

アニメーションも様々。イラスト、写真、CG、モーションキャプチャ

映像の種類の一つである「アニメーション」も、その制作現場は個性豊かです。

絵を動かすにしても、パソコン上で絵を描くのか、紙に描くのか。紙に描くと言っても、水彩で描くのか、鉛筆で書くのか。

はたまた、パソコン上で描かれる絵も、イラストソフトを使うのか、CGで3D画を作るのか、モーションキャプチャで人間の動きをトレースするのか。

ちなみに、モーションキャプチャを使っての制作に驚きました。使用している道具が、家庭用ゲーム機 Xbox のオプション機器 Kinect を利用しているのです。ゲーム機が映像の入り口になり得るなんて、知らなかった!

どんな人が映像を作るのか

『映像制作D.I.Y』では、クリエーターの経歴や、映像を作り始めたきっかけにも触れられています。

美大・芸大出身のクリエーターもいますが、学生時代から趣味で映像を作りはじめ、それが仕事になっている人もたくさんいます。

しかし、みんなに共通しているのは、みんな自主的に映像を作り始めているところでした。映像を請け負う会社に就職してそこで技術を覚えて……なんてストーリーではないモヨウです。

作った映像を発表できる場所がある!

映像を制作しても、人に見てもらえないと意味がありませんね。しかし心配は無用。

現在、映像発表の場所がたくさんあります。

  • YouTubeやニコニコ動画
  • TumblrやvimeoなどSNS
  • 映像を展示する
  • スマホに入れて持ち歩く

すでに私たちは映像作家としての舞台は用意されているということです。

『映像制作D.I.Y』 おすすめポイント

『映像制作D.I.Y』は、身近だけども案外知らない「映像」の制作過程を、写真を交えながら細かに紹介されています。クリエーターが使用しているソフトや道具の名前まで詳しく解説されています。

そして、映像制作をはじめたきっかけをクリエーターに聞くと、高校生や大学生のころから映像制作に取り組んでいたことも知れます。

同じく、学生や若い世代の人にとっては、親近感と共に、「自分も映像を作りたい!」と奮い立たせる起爆剤になるでしょう。

すでに、映像制作に必要な道具も、それを発表する場も、手の届くところにあるのです。クリエーターへの第一歩を踏み出しましょう。

映像制作D.I.Y.

  • 企画・編集:古屋蔵人
  • 発行所:株式会社ビー・エヌ・エヌ新社
  • 2011年10月25日

目次情報

  • まずはシンプルな手法から
    ベーシック D.I.Y.

    • 1 フラッシュ風アニメ/音楽に同期したキャラクターアニメーション/坂本渉太先生
    • 2 手描きアニメ/シンプルな線画でフェティッシュなこだわりアニメ/水尻自子先生
    • 3 切り絵アニメ/自宅でじっくり、切り絵アニメを D.I.Y/稲葉まり先生
    • 4 モーションキャプチャ/Kinect を使った低予算モーションキャプチャ/菅原そうた先生
    • 5 GIFアニメ/おいしいとこ取り GIF アニメ/山口悠野先生
    • 6 モーショングラフィックス/ロゴをモーションさせよう/TYMOTE 先生
  • ひとつ上のアニメを目指して
    ちょっと応用 D.I.Y.

    • 7 水彩アニメ/水彩をちょっぴり CG で作るアニメーション/ひらのりょう先生
    • 8 モーフィングアニメ/モーフィングアニメとアイデア出し/亀島耕先生
  • やってみたら意外とできる
    少し特殊な D.I.Y.

    • 9 映像コラージュ/データモッシングを用いたローファイ映像/大月壮先生
    • 10 アフレコ/究極の D.I.Y 映像のアフレコに挑戦する/AC 部先生
    • 11 簡易 3D モーショングラフィックス/簡易3Dモデルの質感を活かす/細金卓矢先生
    • 12 質感のある  CG/一味違う質感を持った CG 映像を作ろう/チームラボ先生
    • 13 VJ/PC だけでなくビデオデッキを組み込んだVJ/VIDEO BOY 先生
  • 大人数がなせること
    チームワークで D.I.Y.

    • 14 Ustream/インターネットで自分のメディアを放送しよう/ほぼ日「宇宙部」先生
    • 15 映像の企画/ミュージックビデオを演出する/伊藤ガビン先生
    • 16 スタジオ MV 撮影/カメラのフラッシュを使った MV 演出/長添雅嗣・川村真司・清水幹太先生
    • 17 実写撮影と CG/CG の質感を最大限に活かすセット撮影/辻川幸一郎先生
  • プログラミング知識必要
    テクニカル D.I.Y.

    • 18 映像プログラミング/プログラミングでテーマを生成する映像/勅使河原一雅先生
    • 19 シンクロプログラミング/音と映像をプログラムでシンクロさせる/山口崇司先生
  • 20 作った映像を広めよう

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメント

コメントを残す

*