杉浦さやか『スクラップ帖のつくりかた』書影

他人のノートって、ちょっと気になりませんか?
日記、スケジュール帳、メモ、記録、どんなものでもそうですが、それぞれのこだわりやマイルールがあったりして面白いですよね。

私は今、メインで使うノートを試行錯誤しています。
昨年末から「あな吉手帳術」を取り入れてみたのですが……。なかなか上手く使いこなせていません。
ウィークリーのスケジュールに、その日一日の予定を書き込んでいたのですが、どうやらスペースが小さいような……。デイリーのノートが良かったのかなぁと思いつつ、もう少し使い方を模索してみるつもりです。

杉浦さやかさんの『スクラップ帖のつくりかた』はとても好きな本です。であったのは図書館。なんどもなんども図書館で読んでいて、あんまりなので自分用に買っては、繰り返し繰り返し読んでいます。
杉浦さんは人気のイラストレーターで、とってもメモ魔?ノート魔?なのです。

日記や日々の記録だけではなく、旅のノートやおしゃれのノート、映画のノートや雑貨や可愛ものを集めたノートがたくさん。趣味で作っていたものが、現在のお仕事にも繋がっています。
街で出会うかわいいラベルや、ショップカードなど、それ自体は商品でなく無料で手に入るものですが、気をつけていないと集められないものもたくさん。
私も真似して、目につく「かわいい」要素を集める癖ができました。

新しく無地のつばめノートを購入し、いざノートライフを!と思いきやB5サイズだと帯に短し襷に長しな感じが……これまでA5のノートを愛用していたので、ちょっと大きいんですね。しかし、なにか文字をびっしり書き始めると、B5のノートだとすぐに1ページ使いきってしまいます。
A版だと、A4サイズの書類がはさめるし……とアレコレ考えています。

ほぼ日手帳もあいかわらず気になっており、4月始まりのも要チェックしてゆきます。

続きを読む