岡田武史

『勝負哲学』|天才は努力とデータ分析から?岡田武史・羽生善治 対談

こんにちは。日々、負けられない戦いに挑むあさよるです。例えば朝、体重計に乗るとき。人に抜かされないように速足で歩くとき。

基本、負けず嫌いなんですよね。なのに、なんか何をやっても中途半端になっちゃうから自己嫌悪に陥ってしまう悪循環。もっとビシッと、集中して最後までやり遂げる力が欲しい!と切望しています。そして、『勝負哲学』というタイトルの本に出逢った……あさよるはタイトルに魅かれて著者が誰だか確認せぬまま読み始め、おお!あの岡田武史さんと羽生善治さんじゃん!!と数ページ読んでから気づいたのでした。

異色の対談!サッカーと将棋?

勝ち負けの世界で活躍してきた元サッカー選手でサッカー日本代表も務めた岡田武史さん。そして、プロ棋士の羽生善治さん。二人の“勝負師”の対談です。あさよるはサッカーも将棋も未知の世界ですが、それでも気になる内容でした。

将棋とサッカー、接点がなさそうに思えますが、それぞれ36cm×33cmの盤面、100m×70mのピッチという、サイズは違うがフィールドで敵味方に分かれて戦う、という共通点があります。

実はちょっと似ているサッカーと将棋。しかし異なるサッカーと将棋。お二人の対談は、共通項を持ちながら、それぞれの考え方まで広がっていき、面白い対談でした。

〈勘〉をつくるのはデータの分析

まず、勝負には「勘」が必要だって話。岡田武史さんは、大会直前に思い立ってシステムの変更をや選手の入れ替えをした。その感覚は「勘」としか言えない。

羽生善治さんは若い頃、将棋の「定跡」を学んでいたそうですが、プロはみんな定跡が頭に入っているのが当然であることに気づき、その場その場の直感を優先するようになった。これも「勘」ですね。

直感はロジックを超えるものですが、同時に、ロジックによって支えられているものでもあるんです。

p.25

そして、その「勘」や「直感」を引き出すためには、データの蓄積が必要なのです。数々のデータ分析の結果、「勘」「直感」と呼ぶしかない思考が動き始めるんですね。

羽生善治さんが話します。

私にしても公式戦で千五百局以上の将棋を指してきています。そのキャリア、経験の差がプロならではの直観力をもたらしているのではないか。つまり、直感を生み出す神経回路は熟練者といえども天性のものではなく、努力によって発達するものではないか(中略)
ちなみに私の脳の働きですが、他の棋士の方と比べてとくに優れたものではなかったそうです。(中略)この仮説は実践で手を指すときの実際の感覚とも合致するんです。選択は直感的に行われるが、その直感は経験や訓練の厚い層をくぐり抜けてきているという感覚ですね。

p.27

羽生さんが、自分の頭脳は他の棋士と同じで、直感は天性のものではなく努力によって発達すると話しておられます。……羽生さんが天性の天才でなければ、誰が天才なんだという気分になりました。

〈ミス〉は怖い?

ミスをしてしまったときの話も面白かった。勝負を決めるの要因の8割くらいは小さなことの積み重ね。サッカーは試合中に不確定要素が多くミスが多発します。それも織り込み済みで挑むんだと前置きしてから、岡田武史さんは話します。

怖いのは、不用意なミスというか、消極性や惰性から生まれる凡ミスです。「まあ、これくらいでいいだろう」と気をゆるめたり、手抜きプレーから生じるミス。そういうミスは、それがたった一度の、じつにささいなものであっても、全体の流れをガラリと変える大きな傷になってしまうことが多々あるんです。

p.46

積極的にプレーした結果ミスは必ず起こることを前提としてるが、手抜きや気が抜けたときの凡ミスが怖いという話。どんな分野でも当てはまるんじゃないかと思います。羽生善治さんも納得しておられます。しかし、この話の面白かったのは、こんな羽生さんのお話が続いたからです。

ミスというのは連鎖しやすい性質をもっています。それはミスが状況を複雑にしてしまうからです。(中略)すると判断がむずかしくなって、次にもミスが出やすくなるんですよね。それで、ミスがミスを呼ぶことになります。
そのときおもしろいのは、将棋には、後でミスをした方が不利になるという法則があることです。(中略)こっちのミスがより大きな相手のミスを誘引して形勢が一気にひっくり返るんです。
正しい手を指せば必ず勝てるというものではなくて、ミスが「いい結果」の呼び水になることもあるのです。

P.47-48

これは勝負だからこその話かなぁと思いました。相手のミスに引きずられて、自分もミスをしてしまい、それがきっかけで負けてしまう。相手の予測できない攻撃にやられてしまうという。

相手の長所を消しながら自分の強みを出せ

サッカー日本代表は、自分たちよりも格上のチームとも戦います。格下相手ならどんどん押し出せばいい。しかし、自分より強い相手だと、相手の利点を消しながら、自分たちの長所を出す。その両方が必要です。これは時に二律背反を生みます。それでも、やるしかない。

この姿勢は、あさよるもハッとさせられました。

羽生さんは、「自分の形」にこだわらないようにしていると言います。どんどんパワーアップしていく人って、変幻自在なのかもしれません。従来の考えに固執せず、柔軟に臨機応変に対応できる。それが自分の強みなのかな?

集中とは、全体を把握すること

集中力についても。集中っていうと、一つのことに夢中になって周りが見えなくなったり、周りの人が声をかけても気づかないような状態を想像する人もいるかも?

岡田武史さんは言います。

照準や標的の周囲の景色も視野に入れながら集中するんだそうです。つまり、「全体に集中する」、それが大事なんだそうです。

p.75

ピンポイントの事柄のみにピントを合わせるのではなく、まわりの様子も見えている状態が「集中」だということ。羽生さんはそれを〈集中力の濃度を保ったまま、集中範囲を拡張するような感じですね。〉と続けています。

「集中」……達人ならではの話ですね。

〈勝負〉の姿勢。そして美学

あさよるは日頃誰かと〈勝負〉する機会はありません。試合なんて、10代の頃の話だなぁ。しかし広い意味での〈勝負〉ってなら、毎日勝負なのかもしれません。おいしいご飯を食べるためには!とか、○時までに△△を終わらせて映画を見るのだ!とか、勝負と言えば勝負かもしれません。毎日ブログを書こうというのも、自分との勝負かもなぁ。

岡田武史さんや羽生善治さんのような立場で勝負をする方は滅多にいらっしゃらないでしょうが、あさよる的な規模での勝負をしている人はたくさんいます。その〈勝負〉への挑み方、冷静さを保つこと、人を動かすこと、打たれ強くあることなど、勝負に関する考え方が紹介されています。

そして、一番最後に触れられるのは〈美学〉の話。どういう風に勝つかって話ですね。これは、チームで戦う場合にも、共通の美学があるといいのかなぁと思いました。

しかも、〈サッカー日本代表元監督〉と〈棋士〉という、異色の取り合わせ。その二人がお互いに納得したり、共感する〈勝負哲学〉って、気になります。普遍的なものがここにあるのやもしれません。

続きを読む