学ぶことと、マネすること

「マネる」と「学ぶ」。どちらも同じ「まねぶ」という言葉から生まれたと言われています。
マネをすることと学ぶことは、もともとは同じものなのです。

私たちは日本語を読んだり書いたりします。学校で国語の勉強をしたからですが、そもそも小学1年生になるまでに、みんな日本語で会話ができるようになっていますよね。
生まれてから小学校に上がるまでの間にも、お父さんお母さん、おじいさんやおばあさん、お兄さんお姉さんや、親戚や友達、地域の大人たちと関わることで、言葉を覚えてゆくのです。

赤ちゃんはモノマネの天才!?

当たり前ですが、生まれたばかりの赤ちゃんは言葉が喋れません。
赤ちゃんはママをはじめ、周りの人たちと向き合って、お互いに「あー」とか「うー」とか、マネをしあって遊びます。「MMMMM(ムムムムム)言語」というそうです。
更に、赤ちゃんのしぐさや表情をマネすると赤ちゃんが喜びますし、私たちがペロッと舌を出したり、「あー」と口を開けたりすると、赤ちゃんもマネしてくれます。
赤ちゃんと言葉ではお喋りはできないけれども、一緒に遊ぶことができるんです。

そして、赤ちゃんは遊びながら、少しずつ言葉を覚えてゆきます。マネをして、遊びの中で学びとってゆくんですね。
そう、学ぶことって「遊び」でもあるんです。

私は今、英語の勉強をしているのですが、なかなか上達しません。一つ覚えると一つ忘れてしまって、いやになってしまいます。
しかし「マネる」ことを考えると、私は英語をマネする回数が少ないのかもしれないと気付きました。できれば、英語がペラペラのアメリカ人と一緒に遊びながらマネができれば良いのですが、そうは上手くいきません。
自分の力で、たくさん英語の会話をマネするチャンスを作らないといけませんね。どんな方法があるのでしょうか。

続きを読む