やる気の出る本

『斎藤一人 すべてがうまくいく魔法の法則』

斎藤一人の名言満載。「図解」だから、イラストも満載で読みやすい。だけど、エッセンスはたっぷり詰まっている。

弟子の宮本真由美さんによる斎藤一人のエッセンス

経営者であり成功者である斎藤一人さんの、お弟子さんである宮本真由美さんによる一冊。斎藤一人さんの考えや教えを広める本ですね。

わたしは整骨院の待合室に置いてあるのを手に取って読みました。

大丈夫。人生の運気はあがる

本書を通じてのメッセージって、日ごろの習慣を変えていくだけで、運気は変わっていく、運が向いてくる、ってことです。「なんかツイてないな…」「パッとしないな…」と思っているなら、本書は最適。

その習慣というのは、自分の発言や考え方だったりもするし、身につけるものや見た目だったりもする。それって、意識しないと変わらないものだけれども、自分の意識次第でどうとでも変わることなんでしょうね。

嫌な人・出来事に人生をのっとられない

わたし的に本書を読んで良かった点は、嫌な人や嫌な出来事に時間を費やさないためには、日ごろの考え方って大事だということ。

斎藤一人・8つの天国言葉

本書では斎藤一人さんの「天国言葉」というのが紹介されます。

  • 愛してます
  • ついてる
  • うれしい
  • 楽しい
  • 感謝してます
  • しあわせ
  • ありがとう
  • ゆるします

以上の8つの言葉です。嫌なことがあっても「ついてる」、嫌な人がいても「愛してます」と思うんです。

ポイントは、これらの言葉を心の中で唱えると、絶妙に“上から目線”になることだと思います。

わたしも天国言葉がちょっと役立ちました。陰でわたしの悪口を言っている人がいるのを知ったときです。グサッとくるし、イラつくし、「なんで……」って気持ちにもなります。で、その人の顔がフッとなんでもないときに過っちゃうんですよね。

そんなとき、その人の顔がよぎった瞬間、「愛してます」と心の中で唱えるんですよね。じゃあ、なんかそこで思考が止まります。いつもだったら、ウジウジとその人のことを考え続けてたと思うんですよね。

それが、「愛してます」と心の中で唱えると、なんだかおかしくなっちゃって、笑けてくるという。

さらに「許します」と続けると、妙に上から目線になって、「しかたないなあ~。許してやるよ」って気分になるんですよね。

なにより、嫌なことに貴重な時間を取られないのが良いですね。

自己啓発本の効能・kindleがおすすめ

自己啓発本って、一時的にでもテンションを上げてくれるし、一瞬だけでも気分を変えられたりするので、それなりに効能はあるんだと思っています。

ただ、あくまで一過性のものだとも思っているので、忘れたころにまた同じ本を手に取って読み直すのも大事かもしれませんね。

本書の場合、髪の本はサイズが大きくてとても持ち歩きには向いていないので、kindle版でお手に取られるのをおすすめします。じゃあ、いつでも読み返せますからね。

続きを読む

秋元康,鈴木おさむ『天職』|仕事の「運がいい」人、悪い人

今回読んだ『天職』は秋元康さんと鈴木おさむさんの対談集です。どちらも業界のトップを走る二人が考える「仕事」のこと。といっても難しい話をしているのではなく、純粋に、無邪気に仕事に打ち込むこと、やりたいことをやること、面白いことに打ち込むことなどが語られています。

今の仕事にやりがいがあり、打ち込んでいる人にとって、もっと元気になる内容だと思います。

もし今、仕事がうまくいかなかったり、なにか頭打ちをしているような人にとっては、そもそも「仕事」ってなんだろう、どんな働き方が理想なのだろうかと考えるきっかけになると思います。

本書では様々なテーマをお話になってるのですが、中でも印象に残った話題を紹介します。

夢は叶う!?

お二人が「夢は叶う」と断言しているのが印象的でした。だけど、夢の形は変わってゆくかもしれないし、夢のレベルは違うかもしれない。

例えば「女優になりたい」という夢だったら、小さな劇団に所属して、女優をやる人もいる。本人がそれを楽しんでいれば、「夢は叶った」と言える。「社長になりたい」なんかもそうだよね。自営業者はみんな小さな社長なんだから、なろうと思えば誰だってなれる。

それを「楽しんでやっている」ってところにフォーカスしているのが、二人の対談の見どころだと思った。年にいくら稼ぐとか、どれだけ人から評価されるとか、そこじゃなくて「楽しいか」が基準。これが本書の本質なんじゃないかと思う。

チャンスをつかむこと

鈴木おさむさんのエピソード。昔、とある写真集を買ってきてと頼まれたのに、忙しさにかまけて買わなかった。そのことを番組のディレクターから裏でえらい怒られたそうです。理由は、写真集が欲しいから買ってこいと言っているのではなく、話題の写真集を買ってくれば、それをみんなにプレゼントすることができる。すると、その写真集を買ってきた鈴木さんにみんなが注目してくれる。そういうチャンスを与えてくれているのに、それを棒に振ったのです。

そこで秋元さんがこんな話を続けます。

ここに運があって、反対側に夢があったときに、この二つを結ぶものがないように見えるよね。だけど目の前の小さな運をたどっていくと、夢のほうにいく場合がある

p.48

チャンスってわかりにくいものだけど、小さなチャンスをたどっていくと、夢に近づいてくことがある。夢に近づかなくても、幸せにつながっているかもしれない。

そのためには、小さなチャンスを見逃さないことが大事ですよね。そのためには、小さな約束だったり、人からのお願いだったりとか、忘れないことだったりするのかも。あと、どんないつチャンスが訪れても対応できるように「準備しておくこと」も大事ですよね。

苦境もおもしろがる

鈴木おさむさんのエピソードで、放送作家としてお金稼げるようになったころの話。ご両親が事業をなさっていて、その借金がかさんでいることを知った。その時は、それは良くないこととして仲間内に話すと、面白い話だとみんなが食いついて聞いてくれたエピソードが登場します。

または、鈴木おさむさんのお家に泥棒が入ったとき、まだ家の中に泥棒が潜んでいるかもしれず恐怖を感じながらも、とっさにビデオを回して空き巣の記録を残したというエピソード。

どちらも、ついていない嫌な経験ですが、だからこそ「興味深い」経験でもあります。それを面白がっちゃうんですね。

誰だって、生きていれば一度や二度は、大きな嫌な経験にぶちあたることもあるでしょう。そのとき、その経験を嘆いたり落ち込んだり、自暴自棄になるのではなく、これは面白いと、自分の糧にできるならば、その人は強いと思いました。

ちなみにわたしは……考え方はわかるんですが、いざ自分の経験にあてはめると、過去の出来事を面白おかしく話せる自分もいますが、だけどリアルにそのことを思い出すと、怒りや自己嫌悪など負の感情が強く大きく湧いてきます。まだまだ、鈴木おさむさんの境地には及ばないですね。

「やる」と「やろうと思ってた」

鈴木おさむさんが小説を書いた時、方々から「自分も書こうと思っていた」と話をする人があらわれたそうです。

小説を「書く」ことと、「書こうと思っていた」には雲泥の差があります。

当たり前ですが、夢に近づくこと、面白い/楽しいことに近づけるのは「やる」ことです。「やろうと思っていた」はいくらそう思っていても、実際に何もやっていないのですから、なにも起こりません。

これって耳の痛い話です。

「運がいい」こと

本書では「運」ってものがあると話されていて、運のいい二人であることも対談からわかります。

運はもちろん努力だけではどうにもならない要素が多くはたらくんだけれども、小さなチャンスを見逃さなかったり、行動し続けたり、すべての時間を面白い/楽しいに傾けていたり、運をひきつけるような状態があるんだろうとわかります。

当ブログでもこれまで「運」について扱った書籍を紹介したことがありました。わたしの理解では、人から好意的に思われている人は、周囲の人から「よりよくなること」を願われているわけですから、チャンスのバトンも回してもらいやすくなります。反対に嫌われている人は、幸せになることを望まれていませんから、誰からもチャンスを回してもらえません。

運って、全くのランダムにめぐってくるのではなくて、やはり運の良い人ってのがいるんだと思います。

本書『天職』でも、天職だと思える仕事に就けることは「運」ですが、その運って、自分の行動次第だと二人は話しているんだと思います。

まずは「自分ってツイてるな」って思える小さなことを積み重ねていくことが大事なのかもしれません。

みなさんはご自身の仕事を「天職」だと思われているのでしょうか。小さな行動の積み重ねが、面白い/楽しいだったり、幸せにつながっていると言われれば、ちょっとだけ納得出来ちゃわないですか?

関連記事

続きを読む

『これはしない、あれはする』|「人生に夢中」なら大丈夫

こんにちは。執念深いあさよるです。過去の、相手はもう忘れてるような出来事を思い出してイライラします。「相手はもう忘れているだろう」という事実がまた、腹が立つのよ! ……と、自分でも「無駄な時間だなあ」と思うのですが、性分なのか、なかなか気持ちが治まらないのでした。

本書『これはしない、あれはする』は、あさよるのような、感情に支配され冷静でいられない人にとっては、耳に痛い本かもしれません。「わたしだって、こういう風に生きたいのよ」と憧れを持つかもしれません。「大らか」とも違う、「ゆるし」や「諦め」とも違う。「夢中」という言葉が相応しいだろうと思います。

目の前の〈仕事〉に夢中になることが、唯一の現実逃避であり、そして唯一の復讐です。それは「自分の人生に夢中になること」だから。

自分の時間に集中する心得

本書『これはしない、あれはする』は、著者の小林照子さんがエッセイを通じて生き方、考え方を紹介する本です。小林照子さんは美容家でメイクアップアーティストです。戦前生まれの方で、化粧品メーカーのコーセーで勤務ののち、メイクアカデミーや美容も学べる通信制高校を開校なさり、今も現役で活躍中です。

本書では小林照子さんが、ご自身の経験から「これはしない」「あれはする」と心に決めてこられた事柄が紹介されるものです。一貫しているのは「時間を他人に奪われない」ということです。「これはしない」では理不尽で腹立たしい出来事があっても、それに執着せず、他人を恨まない。それは何をかもを「許す」とか「諦める」と言うよりも「他人のことを考えて時間を浪費しない」という感じです。

小林照子さんは幼少期、ご両親を早くに亡くされ、生涯で5人の親や養父母を持ちました。大変な境遇の中、感情に呑まれて生きる道もあっただろうけれど、その都度「自分がすべきこと」を真っすぐと見据えて、自力で道を切り開いてこられた方です。また、千載一遇の「チャンス」をガッシリと掴んで、大きく人生を変えることも、躊躇いません。

自分に与えられた時間を、最大限自分のために使う。そのためには、他人を恨んだり、自分の境遇を嘆いている時間もありません。とてもパワフルで、力強いカッコいい女性像が描かれています。

こんなパワフルな女性は多くない!?

本書の著者・小林照子さんが、仕事に生きるとてもカッコいい方なんです。不遇な境遇の中、チャンスをしっかりと掴み取り、学び、働き、自力で道を切り開いてゆきます。こんなパワフルな女性に憧れたり、こんな風に生きたいと望む方も多いでしょう。一方で、こんな風に強く一途に生きれる人も少ないだろうなあという本音もアリ。

不遇なままの人もいるし、チャンスを逃す人もいる。ひたむきな努力が必要なのはわかっているけれども、目の前のラクや手抜きを選んでしまう人がいても、誰がそれを責められるでしょうか。小林照子さんって、すごく特別な人なのカモ……。

子ども時代の経験から、現在では教育事業をなさっていて、美容専門学校だけでなく、美容が学べる通信制高校を開校され、すごい人だなあと思うばかりです。

苦難があっても大丈夫

本書『これはしない、あれはする』は2章からなっていて、一章目が「しないこと」、二章目が「すること」です。第一章「しないこと」の多くは、人間関係の中で、自分を尊大に見せたり偽ったり、嫉妬や執着しないなど、「自分の時間を最大限に活かすために、いらないこと」から解放されることで、自分の人生を自分で生きる方法が示されます。第二章「すること」では、「自分の人生をより豊かにする」アイテムや、価値観、習慣などが紹介されます。

第一章「しないこと」は多くの方が当てはまる考え方が詰まっています。境遇はみな違いますが、人間関係に悩んだり、上手くいかないこと、他人に裏切られたり利用されたり、腹立たしいことも起こります。しかし小林照子さんは、いちいちそれを悩んだり、相手を恨んだりしません。そんなことしている時間がないからです。「自分の人生に夢中になる」とは、どんな仕打ちを受けても、それをいちいち気に病む時間がないことなんだなあとわかります。

第二章「すること」は、年齢を重ねた方に多くあてはまる内容です。それは、若い人の考えや道具を柔軟に取り入れ、時に叱り、非があるときは謝り、謙虚に生きる心得が書かれています。また、いつまでも現役でい続けるために、いつまでも未来を見据え、設計図を描き続けるのです。若い世代は、自分がどんな風に年齢を重ねていくのかを考える助けになるでしょう。

いいことも悪いことも起こります。だけど、人生に夢中になっている人にとっては、何があっても取るに足りないことなのかもしれません。

説教くさくないエッセイ^^

本書『これはしない、あれはする』の あさよるの素直な感想は「説教くさくない年寄りのエッセイだなあ(^^)」というものでしたw 小林照子さんの生い立ちは、読んでいて言葉がないほど苦難の連続で「こんな人生を生きる人がいるのか」と気持ちが重くなるほどでした。しかし、本書はカラッと明るく、苦しい経験よりも〈今〉に注目している著者の姿が印象的です。

会社員時代は「そんなイケ好んヤツがおるんか」という先輩や上司が登場して、あさよるは立腹しっぱなしなんですが、小林照子さんは華麗にスルーなんですよね。それよりも、今目の前の仕事に没頭しづつける姿に脱帽。

あさよるの印象に残ったのは「容姿の欠点にふれない」という話。長年、美容を仕事をしている方だから言葉が重い。例えば「こうすると目が大きく見えるよ」というアドバイスは、「あなたは目が小さいよ」という指摘になりうる。言った人も、言われた人も、その時はそれが〈トゲ〉だと気付かないでしょう。しかし、小さな言葉のトゲがチクチクと、コンプレックスを作ってゆくのです。「顔より性格よね」と、相手を褒めたつもりが、相手のコンプレックスを作ることもある。容姿については「触れない」のは基本で、触れる場合は言葉をよく選ぶ必要があります。

歳をとっても、「欲張りに生きてもいい」というのが、本書のメッセージでもあります。著者の小林照子さんがまさにそう生きています。何歳になっても、やりたいことをしてもいい。年齢で区切る必要はない、という言葉は、多くの人を励ますでしょう。

「反撃しない」という話も、気に入りました。小林照子さんが美容部員時代、ベージュの口紅を塗って出勤すると「小林さんは双子だったんですね。今日はお姉さんがご来社ですか」と声をかける上司がいたそうです。要するに「老けて見える」と言っているのです。ちょっと傷つくけど、言い返すほどのことでもない。それを、気にしないようにしたという話です。あさよるは、読んでるだけでイラついて堪らんのですが、確かのもっと穏やかでないと時間がもったいない……。

自分の人生に夢中に生きるとは、なかなか難しいものです。

関連記事

 

続きを読む

『GRIT 平凡でも一流になれる「やり抜く力」』|才能がなくても大丈夫

こんにちは。あさよるです。ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたか? あさよるは、家財道具をフリマアプリ「メルカリ」に出品してみて、梱包作業に追われていました。これは「いらないもの」が突然「商品」になって面白いですね。

ゴールデンウイーク明けまして、5月は予定が詰まっているので「えいやっ」と元気が出るような本を読もうと『GRIT』を手に取りました。こちら、以前に同じ『GRIT』と同じタイトルの赤い本をブログで紹介したことがありますが、違う内容です。この「GRIT」という言葉は、他の本でも使われていることがあり、意味を再確認できました。また、あさよるのような凡庸な人間にとって「GRIT」の考え方はとても励まされるものでした。

「GRIT」とは

本書『GRIT』とは英語の「Guts」「Resilience」「Initiative」「Tenacity」の頭文字をとった言葉です。ぴったり合う日本語がないのですが、

Guts[度胸]

「Guts」は日本語で「度胸」。「困難に挑み、逆境にもたじろがない勇気」(p.21)と紹介されています。

度胸とは、みずからを危険にさらし、たとえ勝利が目の前に見えなくても、必ず勝つという意思を表明することだ。(p.21-22)

「大胆不敵」になるために必要な力です。

Resilience[復元力]

「Resilience」は日本語で「復元力」と当てられています。

高いレベルのグリットの持ち主は、失敗や障害や逆境にめげることなく意欲と集中力を維持できる。(中略)チャンスがある限り、世界の果てまでそれを追いかける原動力になる。(p.22-23)

世界的な成功者も、学校を落第したり、仕事をクビになったり、挫折を経験していることがあります。だけど、「立ち直った」のです。

Initiative[自発性]

「Initiative」は「自発性」と訳されます。

自発性とはまさしく、グリットを動かし、前へ進めるものだ。リーダーは率先してものごとに取り組む能力で評価されることが多い。(p.23)

自発性はなにも、企業や戦場だけに見受けられるとは限りません。本書では、サバンナに住む少年が、家族で飼っている牛をライオンに襲われた経験から、その悲劇をどう防げばよいのか考えます。あるとき、ライオンが揺らめく懐中電灯を恐れていることに気づき、ライトをつけたフェンスを作りました。ここからわかる教訓は

「敵に勝る知恵を使えば、相手より体が小さくても足が遅くても大丈夫」(p.23)

ということです。

Tenacity[執念]

最後の「Tenacity」は「執念」と訳されます。

執念とは、どんあことがあっても目標に集中し続ける能力だ。これはたぶんグリットにかかわる性質のなかで最も見分けがつきやすい。(中略)執念(粘り強さ)に必要なのは勤勉と決意である。(p.24)

GRITを身につけるべきワケ

「GRIT」の力について、後天的に学ぶ必要があります。それは、人は「潜在的な資質を褒められると、そのことに執着する」傾向があるからです。そして「努力によって身につけたスキルを褒められても、執着が少ない」そうです。それは裏を返せば、「努力によって身につけたスキルは諦めやすい」とも言えます。

本来的に我々は「GRIT」の力を持っていないということです。だから後天的に学ばねばならないし、また子どもたち、若い人たちに教えていかなくてはならりません。

本書ではたくさんの「GRIT」によって成功を掴んだ経験が紹介されているのですが、みな逆境の中、身近な人に「諦めないこと」や「働き続けること」を教えられ、それを愚直に守り続けた人ばかりです。または、負けん気やハッタリで大成功をおさめる人もいます。しかし彼らは、根拠のない自信家ではなく、「なんとかなる」と思えるまで努力をし続けていた人々であることも注目すべきです。

「GRIT」を身につけるのは、今すぐからも始められます。もし「どうせ」「自分なんて」と思っているなら、「度胸」「復元力」「自発性」「執念」を意識し始めましょう。

凡人だから励まされる・粘り強く続けるコト

本書『GRIT』は、特に何の素質もない凡人だからこそ、とても励まされるものです。天才でなくても「やり抜く力」によって、何者かになれるかもしれないんだから。

グリットが素晴らしいのは、自分でコントロールできるという点だ。育ったコミュニティ、通ったハイスクール、両親の貯金や資産、社内政治、経済状況などと違い、もっと一生懸命働き、もっと賢く、熱心に、長くがんばるという行為は自分で制御できる。人一倍才能豊かでなくても、頭の切れる人間でなくても、私たちの誰もがグリットを身につけることができるのだ。
潜在能力を発揮するのに必要な「度胸」「復元力」「自発性」「執念」を利用できれば、じつにたくさんの人が世界的な音楽家、ベストセラー作家、プロスポーツ選手になる可能性を秘めている。あなたもそうかもしれない。

p.25

もし、自分に才能もセンスもなく、環境も整っていたとしても、大きな挫折をしても、大丈夫。きっと今まさに道半ばの人ほど、GRITに励まされるし、GRITの重要性を身を持って知っているのでしょう。

「やり抜く」ことは誰でもできる

あさよるも、そろそろ三十代仲間で辺りを見回すと「やり抜く力」を持っている人しかいなくなっていることに気づきます。十代の頃、羨ましい才能を持っている人や、センスの良い人、環境に恵まれている人、それら全てを持ち合わせている人がたくさんいました。しかし、その多くの人たちは、道半ばで諦めてしまったり、店じまいをしてしまいました。

年齢を重ねても何かに邁進している人って、「才能」や「環境」は関係なくただ「継続している」だけの人だったりします。もちろん、才能があって且つ継続し続けている人もいます。でも、意外と若い頃は平凡で目立たなかったのに、いつまでも同じことを続けていて「ひとかど」の人物になっている人もたくさんいます。

本書『GRIT』は平凡で、特に秀でたこともなく、センスもなく、目立たない「その他大勢」を鼓舞します。また挫折を味わったり、今環境的に恵まれていなくても「大丈夫」。「ここから抜け出せる」と信じられると、とても未来が楽しみに思えます。

関連記事

続きを読む

つまらない人に一直線?『40代を後悔しない50のリスト』

こんにちは。そろそろ30代半ばに差し掛かる あさよるです。30代って、家族がいたり子育て中だったり独身だったり、立ち場がみんなそれぞれ違う年代だなあなんて思っていたのですが、本書『40代を後悔しない50のリスト』によると、20代30代よりも、40代こそが、その後の自分を決定する変化の年代だと言います。

本書『40代を後悔しない50のリスト』は、これから40代を迎える30代後半から、40代にかけての人たち向けの本と言えます。多くの先輩たちが「40代でああしとけばよかったなあ」という後悔から学びましょう。

先輩に聞いた「後悔してること」

本書『40代を後悔しない50のリスト』は、著者の大塚寿さんが営業先の企業の経営者や管理職の人との雑談のなかで「成功のお手本」を聞き出そうと、1万人以上の人から教えを乞うた経験が元になっています。最初の動機は「成功談」を聞くことですが、それ以上に「失敗談」が面白いことに気づき、また年配経営者の多くが「40代を後悔している」ことを発見しました。

40代の10年間をどう過ごすかによって、その後の人生の「分かれ道」になっているというのです。この10年間に「つまらない人」になってしまっているそう。

40代で「つまらない人」化する理由

多くの人にとって、40代は転機が訪れる頃です。子育てが一段落して妻が再就職をして夫婦関係や、子育てが新たなステージに移行します。未婚の場合は、出産の限界年齢を意識をします。出世の限界を感じるのもこのころです。また「親の介護」という問題も見えてきます。地方出身者ほど切実です。

40代は社会の中の稼ぎ頭で、自分の裁量で決められることが増え、一番脂の乗った時期でもあります。

 二〇代や三〇代はいい意味で成長過程なので、いくらでもやり直しが利きますし、まわりもそうしたトライアル・アンド・エラーを期待しています。
しかし四〇代は、関わる世界、守るべき世界が広がり、すでに積み上がった歴史や実績の上での局面となるので、そのときの対応次第で、仕事でも家庭でも、その後の人生を大きく左右する決断を迫られていることになるのです。判断すべきことが、二〇代や三〇代より広範囲にわたってるともいえるでしょう。

p.16

ライフステージの変化と、責任が大きくなることが合わさって、「守り」に入ってしまい「つまらない人」化してしまう人が多いのが40代だそうです。

人生のイニシアチブをとる

本書『40代を後悔しない50のリスト』では、人生の先輩の失敗談から、40代でやるべき50の事柄がリストアップされています。それらは「何より大切にしたいこと」「プレイングマネージャーとして本当に必要なこと」「忙しいだけで終わらせない時間の使い方」「人付き合い」「学ぶこと」「会社や社会と向き合い続けること」と5つの5に分けて紹介されます。

どの項目にも共通しているのは「人生のイニチアチブは自分で取る」ということでしょう。

例えば飲み会ひとつ取っても、意外にも「飲み会を断ればよかった」と後悔している人が大勢いるそうです。能動的に参加する/しないと自分で決める必要があります。

家族との時間をもっと持てばよかったと後悔している人も大勢います。時間を有効に使えず、週末はダラダラと過ごしたことを後悔しているそうです。40代は変化の時期だからこそタイムマネジメントに気を配るべきなのかもしれません。

「人付き合い」は人間の永遠のテーマでしょうが、40代は立場がより複雑になります。「上司として」もっと良い対応をすればよかったというものや、年下との関係を良好にしたかったと後悔する人がいます。また「会社」「仕事」という枠だけでなく、地域社会とのつながりを持てばよかったと考えている人も大勢います。

金銭的な問題では「副業」を持っておけばよかったというのが切実です。本書では「月7万円くらいの収入」があれば……と紹介されています。

また変化の多い時期だけに「学ぶこと」も増えるのが四〇代ですが、同時に働き盛りで多忙でもあります。「介護のことを学んでおけばよかった」や「教養を深めておけば」「もっと本が読みたかった」と後悔する人が多いようです。

若い世代も、将来の計画に

あさよるは今30代半ばですので、本書『40代を後悔しない50のリスト』に書かれていることは、まさに今から用意をすべき内容です。著者の大塚寿さんも多くの方にインタビューをした経験によって、40代になる直前で意識を大きく変えるようになったそうです。

20代30代は「まだ若い」こともあり、人生はいかようにもできる年齢なのかもしれません。そして40代は、腰を落ち着けて、自分の人生を自分で動かしていく頃合いなのかも。子育て世帯では、自分のことだけでなく、夫婦と子どものことも考え、さらに親の介護も頭を過る頃……これは多忙ですね。

社会の中の稼ぎ頭でもある世代なので、大きな働きができる世代でもあります。今30代の人に、来るべき近未来のための読書としてオススメです。

関連記事

続きを読む