books

藤ノ木古墳の呪い? 二人の埋葬者は誰?

「藤ノ木古墳」をご存じだろうか。

奈良県は斑鳩にある古墳で、あの法隆寺のすぐお隣だ。

といっても、造られた時代は法隆寺よりも古い。

法隆寺が、藤ノ木古墳の隣に建立された、と言った方が正確でしょう。

石棺は、盗掘されていない完全な状態

藤ノ木古墳は、古くからそこに古墳があることは知られていました。

1985年、藤ノ木古墳の調査が始まりました。

発掘を始めると、石室の中に蓋の開いていない石棺が見つかります。

石棺は朱塗り。

保存のため、石棺内の調査も始まります。

この調査の記録がとても面白い!

前園実知雄先生の『斑鳩に眠る二人の貴公子』をおすすめします!

石棺を開けると中には水が溜まっていて、その中に埋葬者の骨や布、そしておびただしい数の銅でできた副葬品が出てきます。

それを一つ一つ記録しながら取り出していくのは、大変な作業です。

そして、埋葬者の骨は、なんと二人分だったのです。

一つの石棺に二人埋葬されていたというのは、謎が謎を呼ぶ展開です。

続きを読む

勝間和代『結局、女はキレイが勝ち。欲張りに生きるためのスキル63』を読んだよ

読書のアンテナ感度を上げていきたい願望をイメージしたイラスト

勝間和代さんの『結局、女はキレイが勝ち』を読みました。
勝間さんの言う「キレイ」とは、外見の美しさのみを指しているのではなく、自分でしっかりと考え、判断し、自立した女性であることを指しているようです。
外見のキレイさは、100人中30番目くらいのキレイを目指そうと、具体的でした。

女性がキレイでいるための63のスキルを順に紹介されています。
一つ一つのスキルも短めでテンポよく、紹介されています。

その中には、既に自分も出来ていることや、考えていることもあれば、苦手で保留していることや、避けて通っていたこともありました。

続きを読む

『私とは何か――「個人」から「分人」へ』を読んだよ

たくさんの顔を持つ自分をたくさんの色を持つ多色ボールペンに例えてみたら色とりどりで嬉しい気持ちになったイメージをコピックで描いたイラスト

私はずっと、対人関係で「裏表があってはいけない」「人によって態度を変えてはいけない」「誰に対しても同じように振る舞わないといけない」と思っていて、それが正しいことであると信じていました。

ですが、今は少し考えが違います。
相手の人によって、気が合う人もいれば、合わない人もいます。
一緒にいるだけで嬉しい気持ちになれる人もいれば、イライラしてしまったり、喧嘩になってしまう人もいます。
それは、悪いことではなく、私にも相手にも、それぞれ違う個性を持った人間なんだから、上手くいくこともあれば、上手くいかない時もあって当然です。

そう思い始めてから、気が合わない人と無理に一緒にいようとしたり、人と上手くいかなくても仕方ないと思えるようになりました。

続きを読む

『南海電車 大阪と和歌山を結ぶ日本最古の現役私鉄』を読んだよ

南海電車の車体のカラーのイメージをコピックで描いたイラスト

電車に乗るのが好きです。
電車でお出かけするのが好きなのですが、乗ったことのない路線に乗ったり、「この駅で降りたなぁ」「ここを通ったなぁ」と路線図を眺めているのも楽しいです。

電車の車両にも、いろいろ種類があるようですが、名前や詳しいことは知らないので、たまに車両についても調べてみます。
今日は『南海電車 大阪と和歌山を結ぶ日本最古の現役私鉄』を読みました。
私が生まれる前にあった車両や、今も現役で南海線を走っている車両も掲載されていました。

南海電車とは、大阪市から和歌山市まで南北に走っている電鉄です。
大きく、大阪・難波から関西空港や和歌山市へ伸びる路線と、和歌山県の高野山へ伸びる路線があります。
更に、単線のローカル路線も伸びています。

続きを読む

『日本の街道を旅する』を読んだよ

自転車に乗ってサイクリングや旅行に出かけたいイメージをコピックで描いたイラスト

旅行をしたいと思います。
行き先もなにも決めていないのですが、「旅行しようかなぁ」と思い始めた日から、ウキウキと過ごす時間が増えました。

2、3日以上ゆとりあるスケジュールを組みたいものです。
ご飯が美味しくて、静かなところがいいです。
真夏の間は「涼しい所が良い」と思っていましたが、これからは「温かいところへ行きたい」と思うのでしょうか。

そして、交通の便がよくて家からアクセスしやすい場所がいいです。
鉄道を使っての移動したいので、駅から歩いていける場所がいいです。

旅行先をどこにしようか条件を挙げてゆくと、「そんな丁度いい場所あるのかなぁ」と不安になり、行き先は一向に決まりません。

遠くへ行きたい欲求

現在、私は移動手段が徒歩か鉄道やバス路線、タクシーくらいしかありません。
要は、自分の「自家用車」を持っていないんですね。
どこへ行くにも不便で、そろそろ自転車くらい用意しないといけません。

不便になると、うんと行動範囲が狭まってしまい、それに伴って「遠くへ行きたい!」と思い始めました。
普段は読まない旅行誌も気になり始めています。

続きを読む