日本史

わかっちゃう図解 サムライ

サムライって一体何?

うっすら知っているようで、ホントのところはどうなの!?

知っているようで知らない江戸時代の文化

あさよるは歴史小説(特に幕末、新選組モノ)に凝っていた時期がありました。

あと、好きなマンガの中に歴史モノが多いのですが、いつも用語がわからずに読み飛ばしてしまっていることがたくさんありました。

特に、江戸時代の「同心」「与力」とか「御家人」とか、言葉は知っているけど、どういう意味?と知らないことがたくさんあります。

『わかっちゃう図解 サムライ』は、サムライに関する100もの項目に加え、花くまゆうさくさんのユーモアあふれる図解イラストが添えられています。

パラパラ眺めているだけで楽しく、読み始めました。

サムライのこと、実はなにも知らないかも!?

知っているようで知らない「サムライ」の豆知識100!

武士と侍ってなにが違うの?武士道ってなに?武士ってなにしてたの?知っているつもりでいたけれど、図解付きで解説されて納得しました。

サムライの登場!

侍・武士のおこりは遥か遡ります。

平安時代には朝廷に仕え警備にあたった「サブライ」が登場します。更にサブライのルーツを辿ると、「荘園」を守るため、全国に配置された下級貴族たちに行きつきます。

侍とは土地を守るために、武装して警備に当たる人たちでした。

防人の時代…

更に更に時代を遡ると、奈良時代には「防人(さきもり)」という人たちがいました。

中国からの侵略を防ぐため、全国から徴兵された兵が九州へ集められました。防人は農民がほとんどだったと言いますから、防人を「侍」の直接のルーツだとは言えません。

が、徴兵制や傭兵は、古くからあったことがわかります。

江戸時代のサムライ用語がわかった!

『わかっちゃう図解 サムライ』では、江戸時代のサムライの仕事や様子が多く紹介されています。

時代劇や歴史モノの小説・マンガを楽しむ上で、知っておくとより世界観がよくわかります。

「御家人」「旗本」「お目見え」「奉行」「与力」ってなに?とかね。

裁判制度がおもしろかった!

江戸時代の裁判や刑についての記述が面白かったです。

罪とその刑を見ると、現代とは価値観が違うことがよくわかります。例えば、不倫をすると市中引き回しの上死罪だったり……。今でも不倫は大問題にはなりますが、刑事罰には問われませんから、昔のほうがずっと罪が重かったということです。

悪代官はほんとにいたの?

よく時代劇のイメージにある「悪代官」。実際には、ほとんど存在しなかったらしいのです。

「代官と徳利には首に縄が就いている」なんて言葉があります。代官の首には縄がかかっている、ミスがあればすぐにクビになる様子を揶揄したものです。

江戸時代は武士が統治した時代ではありますが、農民がいなければ社会はなりたちません。ですから、農民を苦しめたせいで、年貢が納められなくなってはいけません。不正をはたらく代官は、代官失格なのです。

ちょっと、時代劇のイメージと違ってびっくりでした(^_^;)

「身分制」を少し知れた!?

サムライには、服装や住居、生活の事細かなことまで、予め決まりがあったようです。

現在の我々にとってはとても不自由な生活に思えますが、「身分制」というものを少し知れた気がします。

服や食事の献立、住むトコロまで、身分によって変わる。身分の高い人にとっては、それがステイタスだったのかもしれませんね。

一方、江戸時代はサムライがどんどん貧しくなり続ける時代でもあります。せっせと内職に励んだり、身分をお金で売り飛ばしてしまう武士まで表れます。

サムライも大変なんですね。

時代劇や歴史小説&マンガファンに!

時代劇や歴史小説、歴史モノのマンガ作品にハマりはじめた人にちょうどいい「サムライ本」です。

が、江戸時代のサムライが中心ですから、戦国時代や、それ以外の時代のサムライを知りたい時には、欲しい情報にたどり着けません。

江戸時代のサムライトリビアに「へぇ~」

あさよるは、新選組モノの歴史小説や、歴史モノマンガが好きなので、「へぇ~」とトリビア満載で楽しく読めました。

あさよるの場合は、好きなテレビ番組、NHKの「タイムスクープハンター」で見たことある!とちょっと嬉しくなりつつ読みました。

関連記事

続きを読む

天才の苦悩?凡人の不幸?歴史的人物の息子たちを扱う『日本史 不肖の息子』

森下賢一『日本史 不肖の息子』書影

2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』。人気劇作家・三谷幸喜が手がけているとあって、注目している方も多いですよね。三谷脚本の大河ドラマと言えば、2004年の『新選組!』を思い出します。こちらも10年以上経った現在も人気作ですから、今回の『真田丸』にも期待が集まります。

大河ドラマ『真田丸』では、主人公・真田幸村を中心に、幸村の父・真田昌幸、兄・真田信之ら「真田家」の面々の画策が見ものです。この真田親子、三人共に有名人です。現在の「真田幸村」のイメージは、後の時代の創作が多く、もはや元々どんな人物だったかもわかりません。幸村の伝説というよりも、父と兄、弟の、この三人のイメージが合わさって「真田幸村」というキャラクターを生み出しました。私も講談で幸村の話を聞いたことがあります。みんなに愛された真田幸村は、尾ヒレ腹ヒレが無数についたスーパースターです。

スターのもとに生まれた凡人……

ご存知のように、ドラマの主人公の真田幸村は大坂の陣で敗れますが、兄の家系は残り、幕末の頃には大老をも排出します。代々、優秀な息子たちだった、ということでしょう。

しかし一般的には、親が優秀だからといって、子も優秀とは限らないのが世の常です。どんなに有名人の親を持っていても、パッとしないまま生涯を送るヤツや、立場上、誰よりも甘やかされて育ったせいでわがまま放題に大人になってしまい、不遇の反省を送るハメになってしまうヤツ……などなど、現代社会でも「あるある」です。

『日本史 不肖の息子』では、華々しい日本史の中の大スター!……の、息子、にスポットが当たります。親はあんなに優秀だったのに、この息子か……と落胆するだけではなく、世が乱世なら、彼には非業の最期が待ち受けています。

真田家の例は、レアケースなのかもしれません。

自分はどんなに優秀であっても、跡継ぎが優秀とは限らないのです。親の七光りも吹き飛ぶほどの愚息もいるもんだ、南無三!といったところでしょうか。あるいは、親が優秀であったばっかりに、平凡に生きれなかった運の悪い凡人……南無三!でしょうか。

私としては、後者の気分です。どんなに親が天才であっても、スターであっても、子は子です。凡人の星の下に生まれついた限りは、凡人の器なのです。

親が偉大すぎても困ったもんだ。

関連記事

続きを読む

『古代国家はいつ成立したか』を読んだよ

領土・国民・主権が、国家の三要素です。
それぞれ国家の根幹ですから、問題を抱えている事柄でもあります。

「家族」は最小の社会の単位です。
最小の「家族」が集まり「地域」を作り、それらが集まって「都市」そして「国家」を形成します。
ですから、家族について考えることと、国家について考えることは、深く関連していると考えられます。
実際に、家族の介護問題や、子育て、就業の問題などは、現在の日本の国が抱えている問題でもあります。

国家の形を考えるときに、私たちの文化の持っている「家族の形」を掘り下げてゆくのも、良いかもしれません。

私の属している日本社会はどのようなものなのか。それは国際社会を考えることにも繋がりますし、自分という個人を考えることでもあります。

「都市とは何か」定義により古代国家誕生の時期が変わる

古代国家の成立を考えるとき、まずは「都市とは何か」を定義しないといけません。
今日読んだ『古代国家はいつ成立したか』では、著者は3つの「都市」の条件を挙げています。

  1. 首都の政治センター機能、宗教センター機能、経済センター機能を持っている
  2. 王や役人、神官や僧侶、手工業者、商人など農民意外の人がたくさん住んでいる
  3. 人口が増え自給自足ができなくなり、必要な物資を外部に依存する

これは研究者によって見解が別れるので、条件が変われば、日本に都市が登場した時代も変わります。
ですので、都市国家の登場が、3世紀~8世紀ごろと解釈に幅があります。

今年2016年は、「大化の改新」に注目して勉強しようかなぁと、個人的に考えています。
特に明確な目的もないので、あくまで趣味の活動です。
そのために、大化の改新前後の時代にも目を配るよう心がけています。

古墳の形や数、造られた場所のナゾ

古墳の形のバリエーションが気になりました。
大化の改新(乙巳の変)で滅ぼされた蘇我氏や、その縁者たちは、「方墳(ほうふん)」という四角い古墳を作ったようです。
有名な石舞台古墳も、方墳に盛った土が崩れ、中の石室が外に顕になったものです。蘇我馬子が埋葬されたと言われていますから、やはり蘇我氏。

「河内政権論」をご存知でしょうか。3~4世紀にかけて、奈良に大きな古墳が作られていたのに、5世紀になり急に、大阪の河内に巨大な古墳群が出現します。現在の大阪府堺市周辺の百舌鳥古墳群です。中でも大仙古墳(あるいは仁徳天皇陵)は、国内最大の古墳であり、世界最大級の人口建造物でもあります。

しかし、それだけ巨大な古墳を作るにしては、なぜ奈良ではなく大阪に作られたのでしょうか。理由は諸説あり、「河内政権論」の論争が続いています。
都は奈良にあり古墳が大阪に造られたのか、大阪で別の王が現れそちらに主権が移ったなどなど、考えられている理由はさまざまです。

歴史の中に見えるもの

私たちの持っている歴史・日本史は私たちのルーツであるとともに、国家にとっても重大なものです。
主権や今に繋がる国家がいつ誕生したのかによっては、現在の領土の範囲に問題が生じるでしょう。
また、私たちの社会の最小単位「家族」を考える助けになるでしょうし、それは現在の社会問題を考えることにもなるでしょう。

関連記事

続きを読む

『龍の棲む日本』|国土をぐるっと囲む龍が守り、災いを呼ぶ

こんにちは。あさよるです。『龍の棲む日本』は以前からおススメされていた本。あさよるの最近の関心事、漢方とか、鍼灸、ツボとか、風水とか、そのへんのことをゆるっと時間をかけて拾っていたのですが、『龍の棲む日本』も一つ、新しい視点を得たような読書でした。

一冊の本が論文のような構成ですので、かいつまんで説明するのは難しいのですが、Interesting なんです。その熱やテンションが伝われば~!

〈日本図〉を読む

〈国土〉とはそもそも〈大地〉であり、そこで人間は歴史を生み出してきました。国語辞書的には、国の統治が及ぶ領土、土地、ふるさと、仏語と少なくとも4つの意味があるそうです。〈国土〉といえば地図帳の測量された地図であり、科学的に日本地図を完成させたのは伊能忠敬が知られています。

んじゃ、伊能忠敬の地図が作られる以前、日本人はどんな〈国土〉を見ていたの?てのが本書のテーマです。

資料として「大日本国地震之図」と「金沢文庫〈日本図〉」という地図がカラーで掲載されています。興味のある方はググってくだされ~。どっちも面白いし、「大日本国地震之図」は目で見て超カッコいい代物。真ん中に地図らしきものがあり、その周りを龍がグルっと囲み、自分の尻尾を自分で咥えているのです。「金沢文庫〈日本図〉」は地図の半分だけ残されていて、西国の国々の地名が記されておりその周りを何やら細長い鱗のあるものがグルっと這っています。龍の胴体で、きっと失われた東国の地図の報に頭と尻尾があり、パクっと咥えていると想像できます。

龍と国土と天災と蒙古

本書は、日本の国土をグルっと取り囲む龍の図を読み解いてゆくことで、日本が『龍の棲む日本』であることを確認してゆきます。龍とは龍穴を通じて地下で繋がっており、国土を守る一方で、地震や天変地異を引き起こす存在でもあります。

蒙古襲来時「悪風」を吹かせたのは龍の姿になって現れた諏訪大明神だったという。日本の危機を救った龍。龍の棲む「龍穴」は国内にたくさんあり、「龍」のつく地名も多い。

龍という概念が見えるかも

龍とか龍穴、地脈なんて言葉を聞いたことがありますが、『龍の棲む日本』を読んで、「龍」と呼ばれる〈なにか〉の存在がおぼろげながら感じられた気がします。なにか、とてつもなく大きな〈力〉がうごめいている。しかし目には見えない、認識できない、ってところでしょうか。

あさよる的には、一年以上かけて荒俣宏さんの『帝都物語』を読んでいたので、嬉しい内容でした。『帝都物語』は東京の街は平将門の怨念を封印するために設計された街であり、封印を解いて東京を破壊しようとする加藤が、封印を解き龍神を目覚めさせようと画策するスリリングでバトルありのファンタジー。まだ最終巻に到達していませんが、なかなか面白いのでオススメ。

もし、東洋版「マインクラフト」があったら……

『龍の棲む日本』を読んで和製「マインクラフト」を想像してみました。「マインクラフト」とは日本では「マイクラ」と略されて呼ばれるゲームで、世界のあらゆる構成物が立方体のブロックでできており、それらを採掘したり破壊したり燃やしたり組み立てたりして自然を開拓してゆくゲームです。

常々、世界観が西洋的だなぁと思っていたのですが、もし東洋版「マインクラフト」があったら、地面を掘っていたら龍穴が開いていて気脈が通っていたり、なにがのブロックに触れると全く違う場所で水が溢れたり、順番に杭を打っていくと大地が動いたりとか、そんなことが起こるのでしょうかw

オリジナル「マインクラフト」では、どうやら災害が起こらないみたいで、どんな建築をしても大丈夫。宙に浮いていてもOKだったりするので現実味がありませんが、災害の多い場所に住んでいる身からすると「積みあげたものが崩壊しない」という世界観は、異質に思えます。

こんな「もしも」の話を空想するにも『龍の棲む日本』は面白かったです。

続きを読む

『池上彰の世界から見る平成史』|池上さんが解説し続けたニュースたち

『池上彰の世界から見る平成史』挿絵イラスト

こんにちは。あさよるです。あさよるは昭和の人なので、「前時代の古い人間だなあ……(遠い目)」なんて思いつつ生きておりましたが、来年、昭和はさらにもう一つ古い時代になってしまいます。この夏は平成最後の夏なんだなあ(遠い目)。思えばあさよるも、平成の荒波に呑まれ続けた半生でしたねえ……。

また、池上彰さんは平成史をテレビでわかりやすく解説し続けてきたとも言えますね。ここ30年の出来事を振り返るとともに、そういえばこのニュース池上さんの説明で聞いたな~なんて思いながら読了いたしました。

長ぁ~い「平成史」

本書『池上彰の世界から見る平成史』というタイトルでもっとも感慨深いのは「平成史」という言葉でしょう。2019年4月30日で平成が終わるということは、そうか、「平成」という時代が歴史になることなんですね。平成の前の時代、昭和は64年もありましたから、昭和と比べると平成は「短い」感じがしますが、今回改めて平成の国内外のニュースや災害の年表を見ると、いやいやとても「平成は短かった」とは言えません。

平成は、戦後高度成長期の絶頂から始まります。平成元年(1989年)12月は日経平均株価が最高値を記録します。そして翌年1990年(平成2年)3月、裁量規制が始まり、その後バブル経済が終わります。世界では第二次大戦後続いた冷戦が終わります。冷戦時代はアメリカとソ連の2チームに世界の国々が分かれ緊張状態が続いていましたが、今となれば冷戦終結によって世界の親分がいなくなったことで、世界中の混沌が始まる時代でもありました。

また、平成は大災害が相次いだ時代でもあります。1990年(平成2年)の雲仙普賢岳噴火、1993年(平成5年)の北海道南西沖地震が起こります。そして1995年(平成7年)の阪神大震災以降、日本国内の地震や火山活動が増え、2000年(平成12年)三宅島噴火、2004年(平成16年)新潟中越地震、2007年(平成19年)能登半島地震、新潟中越沖地震、そして2011年(平成23年)東日本大震災があり、その後も2014年(平成26年)御岳山噴火、2016年(平成28年)熊本地震と、地震・火山活動は続いています。平成は災害の時代でした。

また、世界がテロと対峙する時代でもありました。2001年(平成13年)の9.11テロ以来、世界中でテロが広がっています。日本でも1995年(平成7年)地下鉄サリン事件の無差別テロが起こります。オウム真理教はこの以前にも1994年(平成6年)「松本サリン事件」を起こしています。日本は昭和のころからテロが何度も起こっています。

池上彰さんが解説し続けたニュースたち

本書『池上彰の世界から見る平成史』は、池上彰さんがこれまで解説しされてきた世界のニュースでもあります。池上彰さんが出演されていたNHK「週刊こどもニュース」がスタートしたのは1994年(平成6年)です。池上彰さんが「お父さん」役で、子どもたちに一週間のニュースを教えるという番組でした。あさよるも東欧やイスラム世界について、池上彰さんの「お父さん」のわかりやすい解説を見ていた記憶があります。

平成30年ですから、平成生まれの先頭グループはもうアラサーです。平成の初めのころのニュースやブーム、文化について知らない人もたくさんいます。もうこうやって「平成史」を歴史として書籍で学ぶ世代もいるのです。

『池上彰の世界から見る平成史』挿絵イラスト

「昭和」の本をよく読んだなあ

そういえばあさよるも、古書店なんかで「昭和」を扱う本や雑誌をよく手に取って見ました。多くは平成になってから「昭和という時代」を振り返るもので、戦後から高度経済期へと何冊にもカラーグラビア満載で紹介されている雑誌をよく読んだけど、あれはなんの雑誌だったんだろう(「別冊太陽」かなあ)。家電や万博、新幹線など技術の進歩が紹介されているのが面白かった。

「一区切り」ごとに時代は変わる

昭和はまさに「激動の時代」だったけれども、こうやって「平成史」を一覧してみると平成もなかなかハードな展開だったのだなあ。日本経済・世界経済に翻弄されたり、一気にグローバルな時代が到来し、世界が小さくなった時代でもあります。

どの本に書いてあったのか忘れましたが、10年ごととか、何か区切りのいいところで時代を一まとめにすることで、人は過去を少しずつ俯瞰することができるようになるそうです。そして不思議なもので、その区切りに合わせて世情も変化していくんだそう。西暦なら10年刻み、100年刻みの変化もありますし、日本の元号のように、その国固有の区切りを持っている国もあります。

別にその区切りに合わせて我々は生きているわけではないけれど、のちの時代に振り返ってみると、時代ごとのカラーがあるのかもしれませんね。なるほど、昔の人たちがことあるごとに元号をコロコロと変えていたのも、それなりに理由があったのかもしれません。

これまで時代の波に呑まれるばかりだった時間を、俯瞰できるようになる日が来るのはなんだか不思議。

関連記事

池上彰さんの本

歴史の本

続きを読む