読書記録

『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』|母と娘の切れない「おまじない」

『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』挿絵イラスト

こんにちは。あさよるです。あさよるの中の人は女性でして、女性として「母と娘」の話はピリッとしてしまいます。一体何なんでしょうか。「父と息子」にも、なんらかの関係性があるのでしょうか。今日手にしたのは『女の子が生きていくときに、覚えてほしいこと』。母として、反抗期を迎えもうすぐ巣立ってゆくであろう娘への西原理恵子さん流のメッセージです。

巣立つ娘へ

本書『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』は、一丁前に反抗期を迎え、そろそろ巣立ちのときを迎えた娘を前に、著者の西原理恵子さんが自身の半生と重ねながら、巣立つ娘へ送るメッセージ。また「毎日かあさん」として、不特定の「娘たち」へ向けた言葉でもあります。

長男は16歳でアメリカへ留学し立派に巣立ってゆきました。二子の長女は高校生になって自分の意志で劇団に入り、家ではお母さんと会話もしない反抗期真っ最中。母として、順調に育つ娘が微笑ましくあるものの、まあ同じ空間にイライラしている人がいると、誰でもイラつきます。

また、サイバラさんはご存知のように現在、高須クリニックの高須先生と交際中ですから、娘が朝帰りなら母も朝帰りw のみならず、なんといっても母が西原理恵子さんですからね~。子どもたちも大変です。親が作家なんて羨ましく思えますが、子どもたちにとってはネタにされ、たまったもんじゃないのかもしれませんw

サイバラさんの二人の子どもたちは、亡くなった前夫の子どもたち。前の夫は出産後、子育てが始まってから家庭内のDVが始まり、サイバラさんも苦労なさったそうです。なんとか離婚し、前夫もアルコール中毒とDVから立ち直り、サイバラさんや子たちと真っすぐ向かい合えるようになった半年後、この世を去りました。娘さんはお父様の記憶がなく、サイバラさんや祖母(サイバラさんの姑)から〈お父さん〉の姿を伝え聞いています。

ちょっと特殊な家庭環境ですが、「母と娘」という不変のテーマは、女性なら多少なりとも身につまされるでしょう。

母と娘と言えば

ちょっと話がそれますが、ちょっと前に「あたしおかあさんだから」という曲の歌詞が話題になりました。その話題を読んで椎名林檎さんの『ありきたりな女』を思い出しました。この曲は、まさに「母と娘」の「呪い」がテーマとして扱われています。かつて娘として、母から「お呪(まじな)い」をかけられた娘はやがて母となり、また娘に「お呪い」をかけるのです。『ありきたりな女』では女性の業や醜さが生々しく切り取られていて、ゾッとするというか、あるいはそれが美しく、愛おしくもある。

女性は、母や娘に「私」と「母」と「娘」を見るそうです。十代向けの『オンナらしさ入門(笑)』というジェンダーを扱った本の中で、女性は自分の娘に母親の姿を見て、娘を育てることは母への復讐であり、「母にされたこと」や「母がしてくれなかったこと」をするという話に、なんかものすごく納得してしまいました。

「母と娘」というのは、実は「嫁と姑」以上に複雑で切っても切れない「お呪い」がかかった関係のようです。

「カネ」の話と「プライド」の話

サイバラさんが「娘たち」へ送るメッセージは、お金を稼ぐ力と、そしてプライドあるいは尊厳について。

お金の話は以前ブログでも紹介した『この世でいちばん大事な「カネ」の話』でより詳しく触れられています。お金を稼ぐこは生きることに直結しているのに、社会の中ではタブー視される話題です。しかし、働いて、稼いで、食うというのは、悪いことではありません。そのために、生きる力として稼ぐ力を、女性も身につけるべきです。サイバラさんご自身の体験がつづられています。

プライドや尊厳の話は、もし彼氏や夫が暴力をふるうなら「逃げなさい」ということ。暴力というは、実際に身体を痛めつけることだけでなく、あなたの人格否定をしたり、逃げられない相手を脅したり、恐怖で支配しようとするなら「逃げなさい」。それは、子どもがいても、絶対に逃げなさい。

そして、男性の社会的地位に乗っからないこと。「夫の年収が○千万」とか「旦那に宝石を買ってもらった」ことを自慢せずに、「自分の年収」を増やし、「自分で宝石を買う」。自分で働いて、自分で稼いで、自分で生きる自立した女性であるプライドを持つ。

生きる戦略を持て!

どちらの話も、多かれ少なかれ、多くの女性は当てはまる節があるんじゃないでしょうか。実際に殴られる等の被害はなくても、男女間でパワハラっぽい関係性になってしまったり、あるいは男性の社会的地位が自分のそれだと思ってしまったり。

かつて、女性は受け身のままでも生きてゆける時代があったのかもしれませんが、その生き方はもうありません。女性も戦略を立て、賢く、強く、ときにズルく生き抜かないといけない。とくに子どもを持てば、自分以外の人生が乗っかってきます。「逃げる」は悪手ではありません。「年収」「肩書き」「社会的地位」ではなく、自分の「良い状態」は自分で設定して、それを目指すべきだ。そのための戦略を。

貧乏も暴力も連鎖する

本書『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』で繰り返し語られるのは、貧困と暴力は連鎖するということ。だから、自分が貧しさや暴力の中にいる人は、まずはそこを抜け出し、さらに連鎖を断ち切らなきゃいけない。

十代の人にとって、学校の勉強に打ち込むことは、そこから抜け出すための有効な一手です。しかし、置かれた環境によっては、子どもに勉強をさせない親や、進学を阻む親もいます。運の要素も働きます。すべての人が望んだ未来を手にはできないでしょう。サイバラさんも上京資金を父に取られそうになり、ひどい暴力を受けてまで母親が守ったものの、サイバラさんが上京するその日、父は自殺しました。そこまでやるのかと、読んでいても気が重くなる話でした。

サイバラさんのお母様もダメな男をつかまえてしまった女性で、サイバラさんご自身も「母のようになるまい」と思っていても、やっぱりダメな男と付き合ってしまうという……。

この「連鎖」は、一体どうやれば切れるのでしょうか。サイバラさんの場合は、ご自身が成功なさったことと、娘には亡くなった父親(西原さんの元夫)の悪口を言わずいい話ばかり聞かせたそう。そして、サイバラさんは今高須先生という「ええ男」交際していること。これは、鎖が切れたって考えていいのかな?

サイバラ泣かせるなあ!

『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』挿絵イラスト

この本、泣けるんですよね。途中何度も胸がいっぱいになって、目頭が熱くなったか。女性だったら「母と娘」の関係に心当たりがあるだろうし、自分を重ねて読んでしまう。それは、サイバラさんだったり、サイバラさんの母親だったり姑だったり、あるいは娘さんに、自分を見てしまうのです。

娘さんの反抗期、文面で読んでいる分には「全然反抗してないやん」と思ってしまう あさよるは、もっとめちゃくちゃな反抗期だった気がしますw その一方で、あさよるはちょうど〈日本経済の失われた20年間〉に子ども時代、青春時代を過ごしたので、ただひたすら経済的にツラかった。お金がないと人はギスギスするもので、家族間の関係も破綻していました。だから、サイバラさんの娘さんがものすごく「妬ましい」とも思います。

次世代への思いと、自らのやるせなさと、親世代への憐れみと……何重にも泣ける。やっぱサイバラ上手いなあ。

ただこうやって「されたこと」「しれくれなかったこと」にこだわっている限り、やっぱり連鎖は切れないのかも。なーんにも忘れて、次のステージへ進みたいものです。

関連記事

西原理恵子さんの本

教育・学習についての本

子育ての本

生き方についての本

続きを読む

『10歳若返る! 話し方のレッスン』|若者の喋り方のクセ、やってみる?

こんにちは。人前で喋りたくない あさよるです。自分の声や話し方が幼いころからコンプレックスで、できれば他人と喋らずに生きていけたらいいのになあと願っています……。文章を書く方が気が楽で、ブログを書いている理由もそのへんにあるのかも?

だけど、いつまでも「喋りたくない」と言っているワケにもいきませんから、時折「話し方」の本に手が伸びるのでした。『話し方のレッスン』の著者・魚住りえさんは元日本テレビのアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして活躍なさっている方です。ビジネスパーソン向けの話し方のレッスンも行っておられます。まさに「話し」のプロですね。

話し方でアンチエイジング

本書は正しい「話し方」をすることはアンチエイジングに繋がり、結果的に「10歳若返る」話し方のメソッド集です。正しい「話し方」とは、大きく「腹式呼吸」「笑顔」そして「若く見える話し方」の3つです。最初の二つは、話し方のテクニックで、上達すると結果的に若く見えるもの。最後の「若く見える話し方」は、若者らしい話し方、お年寄りっぽい話し方があるというお話です。

どれもド直球の正統派なアンチエイジング法。特に「若く見える話し方」は、当たり前なのに目から鱗な話でした。

腹式呼吸で若返る

腹式呼吸の練習をしましょう。「腹式呼吸」と言葉でいうのは簡単ですが、実際にやってみるととっても体力を使います。魚住りえさんのレッスンに来られる方は、腹式呼吸の練習をして筋肉痛になる方もいるんだとか。腹式呼吸をするとかなりカロリーを消費するそうで、アナウンサーをはじめ声優やナレーターなど、話す仕事をしている人にはスリムな方が多いんだそう。実際に、テレビのナレーションの録音は疲労困憊になるほど体力を消耗するそうです。

だから、腹式呼吸を意識するだけで、背筋が伸びてお腹が凹んで、それだけでアンチエイジングになるんです。

腹式呼吸の練習は、まずは舌の運動や顔のストレッチから始まり、寝転んでお腹の上に重りを置き、腹式呼吸で重りを上げ下げします。お家でできるトレーニングばかりなので、ぜひやってみよう。

あさよる的には、「腹式呼吸」を勘違いしていました。腹式呼吸とは、息を吸うと胸が膨らむイメージなのですね。息を吸うとき下っ腹に力を入れることかと勘違いしていました。これだと、下っ腹に力を入れると空気が出ていってしまうそうです。

笑顔で若返る

ニコッと口角を上げて笑うだけでアンチエイジングの効果があります。ここで言う「笑顔」とは「大ウケ」「バカ笑い」のことではありません。あしからず。ニコッと口角を上げたほほえみです。日本人は表情が乏しいと言われますが、実際に表情筋を動かす習慣がなく、表情が固まって動かない人が多いんだそう。少しずつ筋肉を動かして、表情豊かにニッコリと微笑めたら、それだけで若見えポイント。

顔の筋肉を鍛えると、お顔の表面にある毛細血管が刺激され、酸素や栄養が運ばれやすくなります。すると、肌もきれいになります。お顔色がパッと良くなるのも、若く見える要素ですね。

鏡の前で「あー」「えー」と口を大きく動かして表情をほぐし、さらにお顔や首回りをマッサージでよくほぐします。

若く見える話し方がある

昔話なんかで、おじいさんとおばあさんの喋り方と、元気いっぱいの桃太郎の話し方って違いますよね。お年寄りの話し方は、落ち着てゆっくりとした口調。若々しい人は、ハリがあって早口です。

信頼や威厳のある様子を見えようと「落ち着いて」「ゆっくり話す」よう心がけている方も多いのでは? しかし、ここでは発想の転換。「アンチエイジング」「若く見える」という目的ならば、早口で話す方が若々しい印象になります。確かに、子どもたちや若者はみんなめっちゃ喋るし、めっちゃ早口だ!

この辺の「良い加減」こそ、こういう話し方の講師の方にレッスンしてもらいたいテクニックではありますね。単にケタタマシイおばちゃんになるのも困りますし「若く見られるけど、品よく」の塩梅を身につけたいところ。

身体全部を使って「話す」

「話し方」というと、口先を使ったテクニックだと思っていました。しかし『10歳若返る!話し方のレッスン』を読んで、「話す」とは身体全体を使う行為なんだと改めて知りました。だからこそ、話し方一つで印象がガラリと変わって見えるんですね。

「笑顔」がキーワードなのも、それが肌がきれいに見えるとかそんな上辺の話ではなくって、内側からにじみ出るのが「表情」であり、表情の中でもコミュニケーションで重要な意味を持つ「笑顔」だから、筋肉をよく鍛えておく必要があります。これも印象の話。

声の印象というものもあります。声は十人十色ですが、やはりその人のキャラクターを表すものでもあります。高い声の人の方が若々しい印象を持たれやすいそうで、声のキーの調節ができるよう指導もなされていました。ここまで話しが進むと、まさしくプロの指導を仰ぎたい領域ですね。しかし、キーが低めな方は、状況に応じて高いキーも出せるようになると鬼に金棒です。

「話し方」ってかなり奥の深い話ですねー! 身体全部を使うスポーツだと認識して良いのかも!?

関連記事

魚住りえさんの本

話し方・コミュニケーションの本

アンチエイジングの本

 

続きを読む

『喫茶とインテリア WEST』|待ち合わせは関西の喫茶店で

『喫茶とインテリア WEST』挿絵イラスト

こんにちは。喫茶店のコーヒーが好きな あさよるです。「カフェ」じゃないんです、「喫茶」なんです。このへんの趣味が合う人とは一緒にいるとお店選びが楽ちんです。ゆったりとした空間に、良い調度品。良い椅子に良いテーブル。良い食器に、素朴だけど絶対おいしいメニュー。完ペキ。

さて『喫茶とインテリアWEST』という書物を見つけてしまいました。〈WEST〉とあるように、関西の良い喫茶店と、そのこだわりのインテリアの写真集です。

関西レトロ空間へ

本書『喫茶とインテリアWEST』は関西のレトロな喫茶店の写真集です。カラー写真が豊富、文字少な目。しかし最低限のデータは網羅。よく、大阪のレトロ喫茶店を紹介する特集を目にしますが、本書では大阪のみならず、京都、和歌山、兵庫の喫茶店も掲載されています。

もうね、このレトロ喫茶、レトロビルの良さは「写真で見てください」いや「実際に目で見て楽しんでください」というのが全てなのですが、いいんですよ!

磨きあげられた床はペタペタしてないし、椅子は座り心地のよい椅子で、クッションもキチンと仕立てられているんです。で、それらが毎日磨きあげられていることは、調度品の角が丸まって有機的なラインからわかります。カップもソーサも、普通に「良い」のです。すべての要素の平均点が異常に高いんですよね。建物自体も古くて、レトロビルとして愛されている建物も多数。今のビルにはないような装飾や、シャンデリアや大理石や、愛ではじめるとキリがないという。

しかもこんな喫茶店が、「日常」の中にあるのがすごくいい。非日常じゃない、特別じゃないんです。本書で紹介されている喫茶店は関西でも有名なお店ばかりですが、こんなお店がゴロゴロあるのが楽しいところ。

喫茶店が多い理由

ここから、あさよる的な勝手な独り言です。大阪の街にはやたらと喫茶店が乱立しています。しかもどこもそこそこ流行っています。大阪人は、喫茶店で待ち合わせをして、外に出ると「とりあえず喫茶店にでも行こう」と再び喫茶店に入り長話をして、その後、フラッとまた別の喫茶店に入ったりします。喫茶店のハシゴは当たり前だし、一日に複数回同じお店に入ることもあります。

それはなぜか? あさよるの個人的見解ですが、大阪の街は極度に「広場」がないんですよね。東京へ行って驚くのは、至る所に公園があるコトと、駅前や町中になにもない「広場」があることです。だだっ広い空間がデーンとある感じ、大阪にあんまりないかも?

だから、待ち合わせをするにも、立ち話をするにも「とりあえず建物の中へ入ろう」となるんですね。今は、川沿いのスペースが整備されていますが「待ち合わせ場所」になるんでしょうかね。喫茶店が小さなランドマークになっている街なんじゃないかと思います。

関西人には喫茶店の話題を

ここではあえて「関西人たるもの気に入りの喫茶店がある」と断言しましょう。いや、これは言いすぎか? いやいや、みんなお気に入りがあるよね。関西人として、もう「お好み焼き」も「串カツ」も「お笑い」の話題も辟易しているので(大阪人としてかな)、喫茶店の話題でも振ってくれると、ホッとすると思いますw できれば喫茶店でお茶でもしながらね。

ともかく、喫茶メニューのおいしさって家では作れないよね。

『喫茶とインテリア WEST』挿絵イラスト

関連記事

続きを読む

『イチから知りたい! 聖書の本』|美術展のおともにkindle版を!

『カラー版 イチから知りたい! 聖書の本』挿絵イラスト

こんにちは。美術館へ行くのが趣味な あさよるです。西洋絵画の画題として、聖書のシーンが用いられていることが多いのです。美術館でも簡単に解説がなされていますが、それだけで聖書世界が理解できるワケではありません。かといって、聖書を通読するのも……というときのために、数々の聖書の解説書が出版されています。

本書『カラー版 イチから知りたい聖書の本』は全ページカラーで、イラストや地図、図が満載で、聖書の世界の手ほどきには打ってつけの本です。kindle版では199円とリーズナブル(2018年2月現在)。これ、いいよ!

聖書・大ダイジェスト!

本書はオールカラーの聖書のダイジェスト版です。序章で聖書にまつわる、聖書の内容や構成、聖書世界の説明がなされ、あとはひたすら「創世記」から「黙示録」まで突っ走ります。といっても、一つのトピックスが見開き2ページに収められていて、ページ面積の半分くらいはイラストや地図等で、かなり楽しい感じ。

間にコラムや豆知識的なコーナーがあったりとコンパクトだけど網羅的な内容です。

先に上げた、美術展を見に行くときは、kindle版をスマホに入れて、参照しながら観覧できれば便利。

情報量多すぎ!?

ダイジェスト、網羅的、図や地図、イラスト満載というのは、これは本書の良い特性なのですが、反対に言えば「情報量多すぎ!」「めまぐるしすぎる!」「話の展開についけてない!」なんてうれしい悲鳴が上がってしまいますw 例えば出エジプト記は、旧約聖書を代表する一大スペクタクルですが、モーセの出生から死まで8ページで終わるので、「ええっ!?いつの間に話が進んだ!?」ってな感じ。というか、出エジプト記は実際に聖書を読んでみてもあっという間に終わって「ええっ!?」となる。

あと、あくまで「聖書」の内容をダイジェスト的に紹介する解説書であって、キリスト教の思想や興りがメインではありません。なので、キリスト教世界について知りたいのであれば、他の本を当たりましょう。と言っても、やはり聖典の「聖書」は当たっておくべきであって、本書はオススメです。

あのお話の元ネタ、ここです。

『カラー版 イチから知りたい! 聖書の本』挿絵イラスト

出エジプトのみならず、アブラハムとイサクの話、大魚に食べられたヨナの話、ソドムとゴモラの話、十戒、受胎告知などなど、超有名シーンが目白押し。あのお話の元ネタはここにあるのです。

単に「聖書」っていうと多くの日本人にとっては直接的に関係のない話でしょうが、意外と間接的には聖書の物語を受容していたりしています。

関連記事

続きを読む

『大人になって困らない語彙力の鍛えかた』|大人こそ勉強すべき本

『大人になって困らない語彙力の鍛えかた』挿絵イラスト

こんにちは。文章力を上げたい あさよるです。ブログを毎日書いてると多少は上手くなるかと思いきや、自分で書いた記事を読み返すと、なにが言いたいのか自分でよくわからないということも……トホホ。ちょっと真面目に勉強しなきゃいかんなあと『大人になって困らない語彙力の鍛え方』を手に取りました。この本は河出書房新社の「14歳の世渡り術」というシリーズの本で、中学生向けの良書が多いので、期待して読み始めました。

当然ですが、中高生の10代の人にもオススメ本ですよ。

語彙トレのススメ!

『大人になって困らない語彙力の鍛え方』は、語彙力を鍛えるための「語彙トレ」ともいうべき内容です。

「語彙を増やしましょう」と言って「小学生までにはこの語を」「中学生ではこの語を」と予め用意されていますが、書き言葉が多く、実際の生活で使う言葉は少なかったりします。もちろん、書物を読むときに書き言葉が必要なのですが、話し言葉も大切です。

語彙を増やすといった時、まず最初には、現在「はなしことば」「かきことば」で使われている語をバランスよく習得しておく必要がありますが、それだけでは充分ではありません。過去の「かきことば」で使われていた語も「心的辞書」にとりこんでおく必要があります。

p.20

そして、言葉を暗記しても、どんなときに使うのかが重要です。

暗記の「問題点」は使う「場面」がよくわからないということです。ほとんどの場合、この語の語彙=意味はこれこれ、と説明し、例文があげられています。例文で察しなさい、ということかもしれませんが、「かきことば」で使うような語なのか、そうではなくて、「はなしことば」のみで使うような語なのか、ということが使う場面には重要になってきます。

p.21

従来の、学年ごとに指定された語彙を丸暗記しただけでは足りないのではないかという、著者の問題提起から始まります。「語彙を身につける」というのは想像以上にフクザツな人間活動なのかもしれません。

マジメなヤツや!

本書の内容はむっちゃマジメな内容です。14歳以上向けのですが、正直「中学生がこんな内容読みこなせるの……!?」と不安と驚愕が入り混じった……(大人の あさよるには難しかった)。

学校の国語の授業って「作者の意図を考えましょう」みたいなものが多くて、ロジックを読み解いたり、あるいはロジックを組み立てる訓練は、義務教育中にはほとんど範囲外でしたね。本書は学校教育から大きくは逸脱はしないものの、しかし確実に実力の底上げがなされるものでしょう。

また本書自体もちゃんと構成されているマジメな本ですから、本書を読み解くこと自体が、文章を読む力になるんじゃないかな。少なくとも、あさよるには難しかった! 大人も腰を落ち着けて読みましょう。

『大人になって困らない語彙力の鍛えかた』挿絵イラスト

関連本

中学生向けの本

続きを読む

『「お湯だけ洗い」であなたの肌がよみがえる!』|上手なお風呂の入り方

『「お湯だけ洗い」であなたの肌がよみがえる!』挿絵イラスト

こんにちは。冬の乾燥に悩む あさよるです。お風呂上りにニベアのクリームを塗るようしてますが、やっぱ痒い! で、もうすぐ花粉の季節到来だし、気が重い……と、肌ケアを見返したいなあと『「お湯だけ洗い」であなたの肌がよみがえる!』を手に取りました。男性にもオススメです。

本書は医師による著書で、洗剤で洗わなくても、お湯だけでも十分汚れは落ちるんですよ、というお話です。また、医師として、洗剤で洗いすぎて乾燥から身体のトラブルを抱え来院する人の話にも触れておられます。なんと、日本で「毎日ボディーソープで体を洗う」という習慣が広まったのは昭和の頃で、その頃から目に見えて肌の乾燥からの患者の数が増えたそうです。

お湯だけでキレイになる

『「お湯だけ洗い」であなたの肌がよみがえる!』挿絵イラスト

この本の内容、タイトルがすべてです。洗剤を使わなくても、「お湯だけ洗い」で十分、日常の身体の汚れは落ちます。もちろん、職業柄、機械油などの特殊な汚れが身体につく人は専門の洗剤で洗うよう書かれています。あくまで「一般的な身体の汚れ」はお湯で十分、ってことです。

ちなみに、便や尿もお湯だけで洗い流せるそうです。確かに言われてみれば、有機化合物だからお湯で十分。言ってみれば、採れたての野菜についた土を水でザっと洗い流すだけで十分きれいになるのと同じですね。

皮脂汚れも、お湯で流すだけでもだいたい落ちる。で、別に完全に落とす必要もなくって、勝手に落ちるまで放っておいても心配いらないそうです。お化粧する人は、化粧はそれぞれクレンジング剤で落とすのですが、「メイク汚れも少し肌に残っててもいいのよ」という、美容系のコラムでは絶対書かれないことが! これも、別に肌に化粧品が少し残っていても、勝手に肌がターンオーバーして入れ替わってゆくからですね。念のため、「いっぱい残ってる」のはダメですよw クレンジング剤のいらない、お湯で洗い流せる程度の薄化粧にするのも手です。

×洗剤を使うな → ○使ってもいい

『「お湯だけ洗い」であなたの肌がよみがえる!』では、「お湯だけでも汚れは落ちるよ」という話であって、くれぐれも「洗剤を使ってはならない」という本ではありません。本書内でも、洗剤が使いたいなら使えばいいし、むしろ適材適所で洗剤を上手に使うべきなんですよね。

あくまでも、「毎日洗剤で洗わなければならない」と思い込まなくても良いということ。あと「その時々で変えればいい」ということ。どういうことかと言うと、例えば、シャンプーを使わずお湯だけで髪を洗う「湯シャン」というのを始めると「一生、湯シャンしかしてはいけない」わけじゃない。当たり前だけど。「今日は湯シャンにしよう」「今日はシリコン入りシャンプーを使おう」「今日はノンシリコンシャンプーで」てな風に、その都度使うものを変えればいいんですよね。

「お湯だけ洗い」も、お湯だけでも汚れは落ちるんだけど「洗剤でスッキリしたい」日もあるし、なんか肌がヌルヌルしてるなあと思ったら、洗剤を使えばよいのです。臨機応変にね。

気になる「臭い」について

例外もあります。例えば10代の若い人たちは、洗剤を使うことがおすすめされています。若いだけに分泌物が多いんですね。ただし、ニキビが気になるなら、逆に洗いすぎている可能性もあるから、洗剤の頻度を変えてみる。

あと、加齢臭についても。汗自体は臭くないのですが、お風呂に入ってから12時間くらい経つとシャツに汗や皮脂がつき、それを細菌が分解し酸化して「加齢臭」となります。この間の時間が12時間だそうです。夜8時にお風呂に入ったら、朝の8時には匂いを放ち始めるんですな。本書では朝シャン、できれば朝風呂推奨です。

体臭を気にするのはエチケットの範囲でしょうが、無暗にゴシゴシと洗剤で洗いまくると、かえってそれが体臭の原因になっていることもあるそうです。むしろ、科学的な知識を得ることで「必要なこと」「しなくていいこと」が明確になって、取り組みやすいですね。

男性にも!

本書『「お湯だけ洗い」であなたの肌がよみがえる!』は、健康管理や身だしなみのお話ですから、老若男女に当てはまる内容です。特に、男性も手に取ってみてください。というのは女性の場合、美容に興味のある人なら、本書にある肌のしくみや肌表面の細菌の話など、すでに知っている方もいるかもしれないからです。本書に書かれてることってめっちゃシンプルで「汚れはお湯で落ちる」「洗剤を使ってもいい」ってだけですから、物足りない人もいるかも!? それくらい、ど真ん中な内容なんです。

あさよる的に驚いたのは「え、みんな毎日、洗剤で身体洗ってんの!?」ということでしたw 先述した通り、あさよるは乾燥肌で体が痒くなるので、「洗剤で洗わずに済むなら洗わない」のが定番でした>< ちなみに、洗剤も数種類用意していて「今日は界面活性剤の洗剤を」「今日はアルカリ性の洗剤で」「今日は洗浄力が強力なのを」と使い分けにハマっていました。オタク乙w

本書を読んで、楽しく気持ちよく、自分のコンディションに合わせて選べばいいんだと再確認をしました。そのための知識が必要なことも。

関連本

続きを読む

『最高の結果を引き出す質問力』|大人のゲームを始めよう

『最高の結果を引き出す質問力』挿絵イラスト

こんにちは。話し下手の あさよるです。考えてみると「上手に話そう」と力みすぎて空回ってるんですよね。で、よく「話し上手は聞き上手」と言うように、ホントは「上手に聞く」ことに努めなければなりません。しかし「話を聞く」というのは、難しいものです。人の話を上手に聞く人は、上手に質問をする人です。失礼なことを聞いては、相手の心を閉ざしてしまうだけですから、コミュニケーション上手は質問上手なんだろうと思います。

今日手に取ったのは茂木健一郎さんの『質問力』です。この本では、コミュニケーション上の「質問力」のみならず、人生を変え、脳の可能性を広げる「質問力」です。日常の業務や私生活にも役立つスキルなんです。あさよる的にはレベル高すぎてビビったんですが、でも「良い質問」ってそれくらい意味があることなんでしょう。

いい質問をする>答える

日本の学校では「先生が質問をして生徒が答える」「テストの問題に予め用意された答えを記入する」という訓練を受けます。そのせいか「質問に正しく答える」ことが能力だと考える傾向があります。しかし、「質問を考える」ことこそが、とっても大事。

例えば、世紀の難問「フェルマーの最終定理」は、17世紀の数学者・フェルマーが提示した「フェルマーの最終定理」について300年以上にわたり数学者が「答え」に悩み続け、やっと1995年になって「答え」が導き出されました。答えを見つけた人ももちろんすごい人なんですが「フェルマーの最終定理」と呼ばれるように、問いを立てたフェルマーの名前が世に知られています。詳しくは以下の記事を。

世界では「問題を解いた人」よりも「問題提起した人」のほうが偉いという考え方がある

―p.49

子ども時代は「答える」という訓練を受けてきましたが、大人になるともっとスゴイ「質問する」という課題のチャレンジが始まるのですね。さすが大人、レベル上がってるなあ。

世の中に「正解」があると思ってる?

子ども時代の学校の話の続きですが、先生が生徒にする質問はあらかじめ答えがあります。テストの問題もそうですよね、答えが事前に用意されていて、出題者の意図を組んで「当てる」と点数がもらえます。だから、子ども時代のスキルのままだと「問題には答えが一つだけある」と思い込んでいる人がいます。

しかし、実際には答えが複数あることもありますし、あるいは「答えがない」こともあります。さらに「答えはまだ見つかっていない」こともあるし、「自分で答えを探す」こともあります。子ども時代よりもより難しい問題に挑戦しているんです。なのに「答えが一つだけある」と、幼いころの意識のままだったら……生きるのが大変ですよね。仕事は答えのない課題ばっかりだし、私生活も家庭内の問題も、誰も答えを用意してくれないのに、問題ばかり山積みです。

本書『質問力』は、大人の課題「良い質問」とはなにか、どうやって「よい質問」をするのかを、脳科学的な話を交えながら紹介するものです。

あきらめない!

上手くいかないこと、納得できないことを「仕方ない」と諦めている人に朗報です。質問力とは、諦めずに「どうして?」と問い直すことで身に付きます。ここでのポイントは、あきらめずに考え続けたからと言って「必ずたった一つの答えがある」ワケではないことです。だから、もしかしたら延々とずっと同じこと考え続けるかもしれません。

「答えが一つとは限らない」というのは否が応でも「多様性」を認めることにつながります。それは、他人が自分と違った価値観や思想を持っていても「そういう人もいる」と考えられることでもあります。もし今、自分と違うものを受け入れられないのなら、変化のチャンスがあるということです。

そして、なんといっても「失敗する」ことができるようになります。かつて子ども時代は「用意された答えを当てる」ゲームをしていましたから、ハズレを選ぶと失敗です。しかし、大人のチャレンジは、答えがいくつあるのかわからない、無いのかもしれないので、なかなか失敗できません。もし「失敗することは悪いこと」「失敗するのが怖い」と思っている人がいれば、違うゲームを始めるのをオススメします。

「なんで?」から始まる

『最高の結果を引き出す質問力』挿絵イラスト

子どもは「なんで?」「なんで?」と質問を連発します。「なんで雨は降るの?」「なんで勉強するの?」「なんで立って食べちゃダメなの?」なんて具合に。あさよるもそうでした。きっとみなさんそうでしょう。あんまり「なんで?」「なんで?」と言いまくっていると、親に呆れられて「うるさい」とか「しつこい」とか言われても、それでも懲りずに疑問は沸き起こり続けます。

「質問力」ってきっと、素朴な「なんで?」「なんで?」を繰り返すことが全てなんじゃないかと思います。それは「好奇心」とか「興味本位」とも言いますし、「遊び」とか「夢中になる」とも言えるでしょう。失敗が怖くなくなるのは、単に楽しいことに没頭している状態だからなのかもしれません。失敗の意味が変わるかも。

『質問力』というと、良い問いをして相手から有益な情報を引き出すことだと想像していました。結果的に自分が得をする話です。しかし、茂木健一郎さんの話を読むと、「質問力」とは自分自身がワクワクして楽しいことが増えることだと解釈しました。生きるのが楽になるどころか、楽しくなるって、いいね。

関連記事

茂木健一郎さんの本

「よい質問」ための本

アイデア・考え方の本

続きを読む

『1週間で8割捨てる技術』|最小で最大の幸福を

『1週間で8割捨てる技術』挿絵イラスト

こんにちは。季節の変わり目、部屋を片付けたい あさよるです。あさよるも以前、思い切って断捨離をしまして、45Lのゴミ袋30~40袋以上捨てた経験があります。驚くべきことは、そんなに捨てたのに「以前、なにを持っていたのかわからない」「一体何を捨てたのかわからない」ことです。大事にしまい込んでいて、一緒に引っ越しもした道具なのに……「大事」と思い込んでいたけど、手放してみると「思い出せない」だなんて……ショック!

んで、新しい今の生活にシフトして、必要なものをその都度買い足していく感じです。ちなみに今、春物のワンピースを1着買うのにひどく悩んでいる。

で、また部屋の中のものが増えて、散らかってきたので、そろそろ持ち物の整理をしたいなあと思いながら、面倒くさいので保留中ですw

この春「変わる」なら

本書『1週間で8割捨てる技術』は片付け・断捨離本で、ミニマリストの生き方を紹介するものです。著者の筆子さんは、モノに執着し捨てられず溜め込むタイプだったそうですが、ある時に自分の荷物の量に驚き、考えが変わります。また、海外留学を期に、カバン一つで留学し、モノを持たない暮らしにシフトしました。

本書を読んで励まされるのは、今まさに「変わろう」としている方でしょう。これまでの生活に一旦区切りをつけて、「これから」のために準備を始めるなら、「片付ける」というステップも待ち受けています。「モノを捨てる」のは精神的にも疲れる作業で、なかなか踏ん切りがつかないなら、断捨離や片付け本を手にしみてください。

筆子さんの本が特徴的なのは、まずは片付けに際し「気持ちをどこへ持っていくか」の話が続き、次に具体的に、7日間で7つのステップでモノを片づける段取りを提案されています。1日目・洋服、2日目・バッグ、3日目・食器、4日目・本、5日目・書類、6日目・雑貨、7日目・思い出の品、ってな具合。それぞれに、捨てるのに迷ったり、くじけそうになったときの励ましも添えて。

『1週間で8割捨てる技術』挿絵イラスト

そう「物を捨てる」ってほんと精神的にくるんですよね……。だから途中でメゲそうになっちゃう。それは「モノを大切にする」って呪文にかかっていることもあるけれども、人には「変わりたくない」という力が働いているからです。「ホメオスタシス」ってやつですね。生物は変化を嫌います。だから、「変わろう」とするには多大なエネルギーが必要なのです。「モノを処分する」というのも、エントロピーを減少させるのですから、力が要ります。

人に励まされたり、労われたり、自分に発破をかけながら取り組みましょう。

ミニマリストは、×捨てる、○選ぶ

本書『1週間で8割捨てる技術』で印象的だった箇所です。

ミニマリストの本質は、できるだけモノを捨てて、何もない部屋に住むことではないと私は思っています。
ミニマリストに共通するのは「レス・イズ・モア」のポリシーと自分らしく暮らそうとしていること。部屋を空っぽにすることではないのです。
(中略)
レス・イズ・モアは、自分が本当に必要なものだけを少しだけ持つ暮らし方です。ミニマリストは「最小限のもので最大限に生きよう」としています。
モノが少ないと、時間とスペースが生まれるので、自分の人生にとって大切なことを見つけやすくなります。モノを減らしながら、大事なものだけに意識を向ければ、節約もできるし、ストレスも減り、より健康になり、時間ができて、自分のやりたいことに集中できます。つまり、より幸せな人生を生きることができるのです。

p.190-191

「ミニマリスト」というとなにもないマンションの一室に一組の布団だけ置いてある図を想像してしまいます。しかし、「何もない部屋」がミニマリストの姿なのではなく、「最小限のもので最大限に生きる」という本質にフォーカスすべきです。だから、ミニマリストの部屋にモノが置いてあっても構わない、それが最小で最大の幸せにつながるものであれば。

ミニマリストは「モノを捨てる」のではなく「モノを選ぶ」生き方であることもわかりますね。あれものこれもと何でも家に持って帰るのではなくて、自分でよく考えて、自分の基準で、自分に必要なもの、ふさわしいものを。それが居心地の良い空間なハズ。

また、モノが少ないと単純に、管理が楽になります。これまで煩わしい雑用に時間を割かれていたのなら、モノが減ることで時間的余裕も生まれます。貴重な時間で、なにをしますか?

片付け本って、誰のための本だろう

ふと、この手の断捨離や片付け本って、一体誰のために書かれた本なんだろうと不思議に思いました。

本書を手にって、実際になにか行動する人は、きっと「すでに変わり始めている人」なんじゃないかと思います。参考にこのような本を手に取るのでしょうが、たとえ本を読まなくても「すでに変わり始めている人」は勝手に一人で変化してゆくでしょう。だって、本人がそれを望んでいるんだから。

「変わりたくない人」「片づけたくない人」は、別に変らなくてもいいし、片づけなくても構わないし、「そのままでいい」ハズです。すでに自分の望むように生きているんですから。

とすると、片付け本って、一体誰に語りかけているんでしょうか。

あさよる的には「すでに片づけた」「すでに変わった人」が読んで、自分のしてきた軌跡を確認するためなのかもな、なんて思いました。あるいは「すでに行動してる人」が、時折進行方向があっているのか現在地を確認するような。

いずれにせよ、この手の本を読んでも、行動する人は勝手にするし、行動しない人はそのままなんじゃなないだろうかと、邪推します。片付け・断捨離に関する本のレビューがパッカリと別れるのも、このせいじゃないのかしら( ̄ヘ ̄)フム

関連記事

断捨離、ミニマリストの本

掃除や家事の本

シンプルライフの本

生活を変えるための本

続きを読む

『撮ってはいけない』|それLINEに載せて大丈夫?

こんにちは。写真を撮られるのが苦手な あさよるです。撮られ慣れていなくて、カッチコチに固まってしまいます。自撮りの練習でもすべきでしょうか……。今やみんな高性能カメラを携帯していて、自撮りしてる人も珍しくないし、パシャパシャと誰も彼もがカメラマンです。

さて、あさよるはブログを運えしていることもあり「著作権」はいつも気になる事柄です。どこまでが「引用」になり、どの情報をどのように用いるのはOK/NGなのでしょうか。多くのブロガーさんも気になっているところでしょう。

また、SNSが普及した今、どの情報やデータをTwitterやLINE、Facebookで公開OK/NGなのでしょうか。ひょんなところで、違反していて、ペナルティを負うのは堪りませんし、そもそも多くの人は「加害者」になることを望んでいないでしょう。

自分のみを守るためにも、ちょくちょく勉強しておく方が無難そう(法律は都度変わるから、継続的にチェックすべし)。

誰もが当事者!著作権

本書『撮ってはいけない』は著作権や肖像権に関する権利を扱うもので、スマホやパソコンが普及した今、誰にとっても当事者になりうる話題を扱います。ざっくりと「写真・画像・動画」の取り扱い。音楽の「CD・DVD」の取り扱い、文章「コピペ・引用」、そして「ネタバレ」や「同人誌」、さらに「芸能人の写真」や「商品名」に関してなど。

たぶん、多くの人が真っ先に当てはまるのは「写真・画像・動画」についてでしょう。公園で撮った写真に写り込んでしまった人には肖像権がある? 自撮り写真にたまたま芸能人の姿が写り込んでしまった。ライブの様子を録音・録画して個人で楽しむのは大丈夫? などなど。

ちなみに、公園で写真を撮ってたまたま人が写り込んでいても、肖像権の侵害にはならないそうです。しかし、その人が芸能人だった場合、さらにパフォーマンスをしている最中だった場合は、肖像権があり、削除依頼に応じなければなりません。ライブは「撮影OK」でない限り、勝手に録音・録画は絶対NGです。芸能人の姿や、音楽など「誰かの商売道具」の場合は、勝手に写真や動画・録音はNGということで。

たぶん、多くの人が触れるであろうのは、「音楽」と「芸能人の肖像」の取り扱いでしょう。基本、音楽は「自分で聞く」のはOK。だけど「自分のお店のBGMにする」「町内会でカラオケをする」も厳密にはNG。お葬式のBGMも、葬儀会社が再生するのはNG。弔問客が個人的に、故人を偲んで歌を歌うのはOK。音楽の取り扱いは「こんなことでも?」と思いますが、基本「商売」が絡んでいると、使用料を支払いましょう。

ネチケット、マナー

一昔前「ネチケット」と呼ばれていたような、ネット上のマナーや、コンピューターを使うルールも掲載されています。ちな「ネチケット」とは「ネットのエチケット」の略です。

例えば、ネット上にある画像は特にコピーライトがなくても、勝手に使ってはいけません。ダウンロードして個人的に使うのはOKですが、ネットにアップロードしてはいけません。特に、クローズドなSNSにアップロードされている写真は、写真の持ち主に挨拶をしておくのが「ネチケット」。

気を付けないといけないのは、FacebookやTwitter、LINEのホームに投稿するのも「インターネットにアップロード」になることでしょうか。

また、SNSで自分のお気に入りの本の内容を、写真に撮ってアップするのもNG。また週刊少年ジャンプの「ネタバレサイト」のオーナーが逮捕された事件はまだ記憶に新しいですね。「ネタバレ」も度を超すと版権元から損害賠償請求の対象です。また、違法アップロードだと知りながらダウンロードするのもやめましょう。

グレーゾーンも触れられている

厳密なルールだけではなく、「グレーゾーン」も扱われています。

例えば、アマチュアミュージシャンが路上ライブで他人のヒット曲を歌う場合。厳密にいえば使用料を払うべきですが、小規模なライブでは支払いの対象になっていません。しかし、規模が大きくなってきたり、大々的にグッズ販売をする等、事情が変われば著作権使用料を払いましょう。

他には、アニメキャラクターのコスプレをして、その写真をインターネットにアップロードした場合。厳密にいえばキャラクターは版元の著作物であり、勝手に使ってはいけません。しかし、個人的に楽しんでおり、著作者に損害を与えていないと考えられる場合は、訴えられる可能性は低く、心配はいらないとのこと。

YouTubeに流行りのダンス映像を投稿する場合。それが商業目的ではなく、個人的で身内でBGMを使う場合は投稿自体は自由だとしています。しかし、2016年話題になった「恋ダンス」はレコード会社が動画投稿者に対し、自主削除を求めた事例もあります。

スマホ持ってる人は全員読むべき!

誰もかれもが「スマホ」という名の、通信機能のついた高性能カメラを持ち歩く時代。誰もが「加害者」になりうるのだと、本書『撮ってはいけない』を読み痛感しました。「悪気はなかった」「そんなつもりはなかった」は通らないのですね。

また、SNSやLINEに写真や動画を載せる前に、まずは一呼吸おいて冷静に考える時間も必要でしょう。「バレなければいい」「前は大丈夫だった」はただラッキーだっただけで、次は摘発される番なのかもしれません。

また、これだけネットが普及した今「ネチケット」という言葉を聞かなくなりました。ネット上にもマナーがあって、エチケットがあるんだと再度確認しなければなりません。被害者になることばかりに敏感になってしまいがちですが、「加害者」にならないように勉強しておく必要がありそうです。

続きを読む

『宝くじで1億円当たった人の末路』|満員電車の入り口で動かないヤツ

『宝くじで1億円当たった人の末路』挿絵イラスト

こんにちは。宝くじに当たりたい人生だった。今、デジカメ欲しいんですよ、そのために当たった宝くじ券が欲しいです。3等でいいです! と、ヤラシイ話をしている あさよるさんは『宝くじで1億円当たった人の末路』という本を見つけ「酸っぱいブドウ」よろしくプケラしてやろうと腹黒く手に取ったのでありました(^^)v

あの人は今!

本書『宝くじで1億円当たった人の末路』は、巷で話題になった人やブームがどうなったのか、あるいは社会現象はこの先どうなるのかという予想を、各方面の専門家から話を伺う内容です。たくさんの事例が紹介されているのですが、ここでは、あさよる的に印象に残った話をちょろっとだけ。

宝くじで1億円当たった人の末路

まず表題の「宝くじで1億円当たった人の末路」です。宝くじで高額当選すると銀行から『【その日】から読む本』という冊子が渡されると聞いたことがあります。宝くじ当選により、日常を失い、家族や親族とトラブルになることが多く、宝くじ高額当選者の末路は大変です。

「いや、自分はダイジョブ」と思っているソコのアナタ。はい、あさよるです。そうはいかないそうなのです。突然大金が手に入ると「自分へのご褒美」と「ちょっとくらい」と、これまでと違った金遣いを始め、1000円ランチで渋っていたアナタが、3000円のランチを食べるようになると、周りの人たちも「異変」に気づきます。「当たった」ことを隠し通すことが難しいのです。

宝くじが高額当選したときは、信用できるファイナンシャルプランナーを見つけ、堅実なお金の使い道を一緒に考えてもらいましょう。

あと「宝くじ」は「ギャンブル」であることをお忘れなきよう。

キラキラネームの人の末路

キラキラネームというのは、親から子に「変な名前」が命名される現象のこと。キラキラネームをつけるのは、アウトローなDQN層だと思いきや、意外にも「中流の」「普通の」夫婦なんだそうです。自分たちが平凡だからこそ、子どもに奇抜な名前をつけて「個性的」に振る舞いたいという願望があるそうです。

しかし、どんなに我が子に突飛な名前をつけたところで、自身が「凡人」ですから、子どもにも「没個性」的に生きるように育てます。子も普通に生きようとしますが、キラキラネームで目立ってしまいます。「目立ちたくない」のに「目立ってしまう」というネジレから、いじめのターゲットにされることも。また、目立ってしまうせいで事件や事故のトラブルにも遭遇しがちで、企業からも採用が見送られている様子です。

間違っても、キラキラネームをつけられた子どもが悪いわけではありません。子どもに自分の願望を反映させてしまう親は、虐待に至る場合もあるそうです。

「友達ゼロ」の人の末路

「友だちがいない」というと、哀れで寂しい人生を想像する人もいるかもしれません。非常時には「絆」が大切だと言いますし、友達がいないとリスクが高いのでしょうか。本書では、意外にも「友達ゼロ」には楽観的な見方です。どうせ、非常時に上辺の「友達」は助けてくれませんw 多くの人にとっての「友達」は、群れを作り、目立たず生きるためのものだからです。

それよりも、孤独を楽しみ、孤独の中で「真の友」を探す方がずっといい。

賃貸派の末路

仁義なき「持ち家派」vs「賃貸派」の争いについて。サラリーマンで大きな借金を背負って持ち家を購入するのはリスクしかなく危険です。頭金に貯めた1000万にさらに3000万円借金をして「投資に使う」と言っても家族から「待った」がかかるでしょう。なのに、「家を買う」となるとスンナリ出しちゃう。かなり無理な計画なことを自覚されたし。

ということで、賃貸派の方が手堅く老後を迎えられる可能性が高い。

バックパッカーの末路

バックパッカーに憧れる人もいれば、「自分探し」を揶揄しバカにする人もいます。実際にバックパッカーを経験し、日本に帰国し起業した方へのインタビューでは、「バックパッカー、いいね!」と素直に思えました。

バックパッカーをしていると、世界中で同じくバックパッカーたちと出会います。日本人バックパッカーもたくさんいるそうです。最初は世界中の観光地や世界遺産を見て歩き、次から次へと移動するそうですが、あるときに現地に溶け込んでそこに留まる人もいれば、病気や薬にハマちゃう人もいるそうです。

そんな中、インタビューに応える大塚さんは、旅の出会いの中で「日本に帰って働こう」とストンと思ったそうです。

学歴ロンダリングの末路

自分の学歴を見栄えの良いものにしようと、海外留学し見事失敗してゆく「よくある事例」が紹介されていました。簡単に言えば、not英語ネイティブが、アメリカの有名大学に入学することは稀で、大概は語学を学んでから専門学校や短大くらいの学歴を得て日本に帰ってきても、それじゃ学歴ロンダリングになっていないというもの。

大金はたいて留学して、帰国しても就職先が決まらず呆然とする親子がいるそうです。

また、アメリカの大学では高校時代の成績が重視されるそうで、高校時代に勉強をサボった人は、そもそも学歴ロンダリングに向いていません。また、現地で日本人ばかり集まる寮に入り、日本語で生活して留学の趣旨を見失う人も多いとか。留学の際は、しっかりと計画を立てましょう。

電車で「中ほど」まで進まない人の末路

これ、一番面白かったお話。満員電車で「中ほどまでお進みください」と再三アナウンスされるのに、入口のとこでボーっと立ってるやつ。もちろん、すぐ降りるならわかるよ。しかし、終点間際まで乗車するのに、入口に陣取ってるやつ!

本書では彼らを3つのタイプに分類します。

①「気を利かせるための回路」が脳にできていない
②「ビジュアルフィールド」が狭い
③「他人に働きかけるコミュニケーション能力」が弱い

①は「そこに居ると邪魔」と全く気付いていないタイプ。これは彼を責めるよりも、育った環境に原因を求めましょう。大人になってから彼らを教育するのは会社の上司しかいません。彼らは業務面でも苦労が多そう。

②の「ビジュアルフィールド」とは「視野」のこと。物理的に「周りが見えてない」状態です。視力に問題がないのであれば、視野が狭まる原因は「過労」。彼らを休ませねばなりません。

③は邪魔だと気付いているけれども、人をかき分けて奥へ進む能力がない人。これはこれで大問題です。コミュニケーション能力が低いので、生きるのも大変でしょう。こちらも、大人になれば上司が褒めながら、コミュニケーションの方法を教えるしかありません。

面白いネタの話かと思いきや、結構ヘビーな内容をはらんでいたのがこの話題でした。

『宝くじで1億円当たった人の末路』挿絵イラスト

自分の人生、自分の意志で生きろ

本書のテーマはあとがきで示されます。

本書には、「人生で様々な選択をした人の末路を探る」とは別に、もう一つ、裏のテーマがあります。それは、社会や世間にうまく同調できずに悩んでいる方へのエールです。

(中略)

ここまで読んでくださった方なら、どんな同調圧力に自分を合わせることがいかにナンセンスか、お分かりいただけたはずです。会社生活も私生活も、自分がそれを望むなら、堂々と“人と違うこと”をやればいいんです。

p.347-348

没個性な自分が嫌なら、自分の生き方を変えればいいのです。子どもにキラキラネームをつける必要はありません。みんなが持ち家派でも、自分は一生賃貸でもいいし、バックパッカーやって起業してもいいんです。自分の思うように生きればいい。そのときに、お金の計算をしっかりして、専門家に相談したり、自分の「責任」で自分の人生を選べばよいのです。

ここでは紹介しませんでしたが、自分のこだわりや思い入れをもって仕事をしている人たちもたくさん紹介されています。

電車の入り口にボケッと立っていずに、自分の頭で考えて、自分の意志で行動しましょう。

続きを読む

『できる大人は、男も女も断わり上手』|自分勝手な自称・お人好し

『できる大人は、男も女も断わり上手』挿絵イラスト

こんにちは。断れない あさよるです。仕事の話はまあ、責任があるので無理なことは無理と言わなきゃ!と頑張りますが、それ以外の人間関係でのお誘いで「上手に断る」ってのが苦手で、一人勝手にこじれてしまいます。「また機会があれば……」という魔法の言葉も「じゃ、いつにしますか?」と返されると、むしろ誘いに応じていることになりますしね~(;´д`)トホホ

本書『できる大人は、男も女も断わり上手』の著者・伊藤由美さんは、銀座のママ。「銀座のママがそっと教える“カドの立たない”お断りの作法」なんです。人間関係のスペシャリストですよ。期待できますね!

「自称〈お人好し〉」という名の自分勝手

まず、本書の『できる大人は、大人も女も断わり上手』というタイトルについて。なぜ「断わり上手」だと「できる大人」なのでしょうか。理由は明確には書かれていないのですが、本書を読み通すと趣旨がわかります。

それは「断れない人」は「無責任」あるいは「自分勝手」であるという指摘です。無論、本書ではそんなズバリは書かれてないんですよ。あくまで「やんわり」「という趣旨のはなし」です。この辺のお話の持って行き方もさすが、上手いですね。

で、なんで「断れない人」は無責任かというと、そのせいで相手に期待させたり、信じて約束をしたり、時間や手間を取らせてしまうからです。それもただ単に自分の「断るのが面倒だなぁ」という自分の都合で。

曖昧な返事は相手に「忖度」を強いている

断わり下手の人がやっちゃうのは、口ごもって意志をハッキリ示さずに、「嫌ですオーラ」だけ出して苦笑いしてるパターン。これ、やってる本人は「私、相手の気持ちを考えるとハッキリと断れないお人好しなんです」と思っています。はい、あさよるがそうですw

しかし、自分は「何も言わなくても相手が察してくれる」って、かなりムチャな要求を無言でしているのです。あまつさえ、自分の意志が反映されないとき「空気が読めない人だなぁ」と相手に内心苛立ったりしてたりして。あのですね、「何も言わなくても忖度せよ」って、一国の首相でもあるまいし。なにを偉そうにって話ですわな。

自分の意志を自分で告げないことは、相手に「忖度」を強いているのです。

「ありがとう」「すみません」を言わない

あと、自称断わり下手のお人好しは、きちんと筋を通して断らないため、おのずと感謝と謝罪の言葉も口にしません。「誘ってくれてありがとう。今回はやめときます。すみません」と、この一言を言わないんですね。確かに他人の申し出に「ありがとう」もなく、それを退けるのに「すみません」もないならば、社会の中で信用されなくなっても仕方ないのかもしれません。

自称断わり下手さんは、「断る」ことにフォーカスせずに、「お礼を言う」「きちんと謝る」に重きを置けば、言葉にしやすくなるのかも。

災難から逃れる方法

さらに「断れない」ことで、厄介な人間関係に巻き込まれることもあります。相手の好意に感謝しつつも、キッパリと断らないと、相手に期待を持たせ、相手の時間を奪い、そしていずれ「ウソだった」と露見します。

男女の交際の申し入れがまさにそうですね。もったいぶった断り方をすると、「待てば叶うのか」「友だちから恋愛に発展するかもしれない」なんて期待させてしまいます。なぜ相手を期待させてはいけないかというと、その間の「時間」を相手から奪ってしまうからです。キッパリ断られれば、その時は落ち込んでも気持ちを切り替えて、次の恋を探すことができるのに、ズルズルと気を持たせると次のチャンスを奪うんです。交際の申し入れでのテッパンの断り文句は「心に決めた人がいます」。これだと、取り付く島もなく、相手は諦めざるを得ません。

そう、断わり上手の決め手は「相手の立場に立つ」ことです。「言いにくい」「嫌われたらどうしよう」「友だちのままいたいのに」という「自分の勝手」ではなく、大きい意味での相手の未来を見据えて、大人の対応が断わり上手なんです。

断ろう!

『できる大人は、男も女も断わり上手』挿絵イラスト

あさよるも極度の「断わり下手」なのですが、本書を読んでものすごく胸にズッシリきまして、「ちゃんと断ろう」「言い訳はやめよう」と思いました……特にガツンときたのは、断らないことで「ありがとう」と「すみません」から逃げているという気づきでした。礼もあいさつもロクにできないなんて、「できる大人」とは程遠い……。また、自分が「言いにくい」という感情を優先して、相手への配慮にも欠いていました。反省。

「銀座のママ」の説得力たるや、すごい。シンプルな話、よくある話を題材に、ここまでズバっと図星をしつつ、だけど押しつけがましくもないし、イヤミでもないんですよ。あさよるが「自称〈お人好し〉は自分勝手」だと解釈を書いちゃったけども、本書は決して、そんな開けっぴろげに書かれていません。あくまでも、答えをにおわす程度。普通、図星されちゃうと思わず否定したり反発したくなりますが、ママのお話はすんなり胸に収まります。すごい。

こんな風に、人の心に寄り添える記事か書けるようになりたい……(*’ω’*)

関連記事

気づかいやマナーの本

「お人好し」をやめる本

続きを読む

『佐伯チズ メソッド 艶つやメイク』|素材から艶やかに

こんにちは。過去の自分の記事を見返して、冬の乾燥対策を今さら始めた あさよるです。記事と本を読み返したのは『今さら聞けないスキンケアの正解』でして、本の中に「美容液を使うべし」と書いてあって、めっちゃ久しぶりに美容液を買ってきました。で、やっぱ使うと肌がピーンと張った感じがして気持ちいいですよね。調子に乗って体にも塗っておいたw

ちなみに、新しく買ってきたのは「ちふれ化粧品」の「美白美容液 VC」です。肌断食と言いますか、長らくほぼスキンケアをしてなかったので、すごく久々で気持ちいいですw 安いし、詰め替え用もあるので、体にも使ってみようかしら……。

「艶」をつくる!

『佐伯チズメソッド 艶つやメイク』は、その名の通り「つや」を作るメイク法です。といっても、ペタペタと塗りたくるメイクじゃないのです。むしろ、汚れはしっかりと取り払い、筋肉をほぐし、むくみを取って、肉体そのものの「つや」を作るメソッドなのです。

佐伯チズさんには『頼るな化粧品!』という著書があります。これは、「化粧品は使うな」という意味ではなく、自分に都合の悪いトラブルを化粧品を塗ることで解消しようとすることへの警告です。体調管理や手入れを怠ってはいけないのです。『艶つやメイク』でも、シミが気になるからレーザーを当てようかというお客様に対して、きちんと対処すればシミは薄くなると説いています。

また、自分のコンプレックスも受け入れられるように、自分を変えていく大切さも。例えば、本書が最初に出版されたのは2005年で、当時は髪を明るいカラーに染め、目の周りを真っ黒に塗りたくるメイクが流行っていました。ブロンドの髪はステキですし、外国人のようなスッと細くて高い鼻や、大きな目も憧れます。だけど、自分の持っている姿かたちも同じように大事で、ステキだと思えるようになりましょう。「謙虚」なのか、日本人は自分の容姿を悪く思っている人が多いんだそうです。自信のなさや劣等感は見た目にも表れますから、どんどんネガティブに働いてしまいます。

自分に自信を持つためにも、自分をぞんざいに扱わずに、手間暇をかけてみるのも良いですね。脳科学者の中野信子さんの著書『科学がつきとめた「運のいい人」』でも、運のいい人や世界で活躍する人は、自分を大事に扱うと紹介されていました。

普段は素材を見せるメイクで

佐伯チズさんが推奨するメイクは、ナチュラルメイク。もちろん、特別な日は華やかに着飾ればよいのですが、普段の日常メイクは抑え目に。で、佐伯チズさんは、日焼け止めと乳液、ファンデーションを混ぜて使う時短アイデアを提唱なさっているのですが、これって今でいう「BBクリーム」ですよね。

また、化粧品を塗るときも、顔のマッサージと同時にすれば時短になります。

佐伯チズさんは自分の身だしなみに手を抜かない、その代わりに時短できるものは同時進行で、ながらの美容を提唱しておられます。特に、朝の身支度は時間との勝負ですが、佐伯チズさんはスキンケア、マッサージからメイクまですべての工程を20分で終えるというからビックリ!

メイクオフに時間をかける

かなりのページを割かれているのは、メイクオフや洗顔について。雑誌やメディアでは、メイクをする、化粧品を塗ることはたくさん紹介されていますが、メイクオフについては情報が少ないですよね。

現在では「洗いすぎは良くない」「こすってはダメ」とのコスメの宣伝文句が多いのですが、本書が出版されたころは「ダブル洗顔」「汚れを残さない」というのが主流で、ゴシゴシと洗剤で「洗いすぎ」な人が多かったそう。今は反対に、「洗えていない」ことが多いと聞きますし、「洗いすぎはダメ」も「ダブル洗顔」も化粧品の売り文句なのですが、それに振り回されるのもいただけません。またオイルクレンジングもNGらしいのです。

例えばメイクに30分時間をかけたなら、クレンジングもそれと同じかそれ以上の時間をかけて。

メイクやメイクオフの手順は、巻頭にカラー写真で収録されています。

ていねいに、しっかり、きちんと

本書の巻頭には、佐伯チズさんのオススメのコスメやアイテムが収録されています。見ているだけで心トキメク一覧なのですが、その中で「ハッ」と身につまされたものを。

それは「エチケット7」という名前で、持ち歩きする用品がまとめられていました。

  1. お気に入りのハンカチ
  2. 綿棒や爪切りを入れた容器
  3. ハンドクリーム
  4. 食後に噛むガム
  5. お手拭き
  6. ソーイングセット
  7. 保冷剤をタオルハンカチで包んだもの

はてさて「持ってて当然」と思われる方と「レベル高ぇな」と思う人といらっしゃると思います。あさよるは……ハンカチと、時々ハンドクリームを持ってるくらいですね……(;’∀’)>  こういう、ハプニングのときにサッと涼しい顔で対応できるのって素敵だと思います。絆創膏とソーイングセットくらい持っておきたいと思いました。

佐伯チズさんの美容のお話って、自分を丁寧に扱って、しっかりと最後まで、クレンジングをして、マッサージをして、体を休ませて……ということを仰っています。自分にコンプレックスがあるのなら、化粧品や整形手術の技術に頼るのではなく、マッサージをしたり手をかけて、いたわって「変えてゆく」ってこともできます。顔や体って、時間をかければどんどん形が変わってゆくんですね~。

チズさんのお話は、単に上辺のメイクや造作の話だけでなく、考え方や自分との向き合いかた、自分を大切に扱うことなんかに重点が置かれていて、いつも背筋がピッと伸びる気持ちです。

関連記事

佐伯チズさんの本

美容や健康に関する本

続きを読む