読書記録

『「日本画」用具と描き方』を読んだよ

日本画で使う用具(筆、絵皿)をコピックマーカーを使って描いたイラスト

私は絵が描くのが好きで、図書館の芸術、美術の棚に必ず立ち寄ります。
先日は図書館で、『「日本画」用具と描き方』という本を見つけ、読みました。

「初級技法講座」とも表紙に書かれているので、全くの日本画初心者へ向けた、最低限必要な用具と使い方と、技法の紹介です。
筆の種類、紙の種類、岩絵の具や顔料の種類、それらを使った描き方の種類がよくまとまって紹介されていました。

未知の存在「日本画」

日本画は描いたことがありませんし、用具も触ったことすらありません。
全くの未知の世界です。
いちいち色の顔料をすりこぎで擦り、「膠(にかわ)」と呼ばれる接着剤の役割のものと混ぜあわせ、濃さを調節し、やっと紙の上に色が塗れます。
未経験だと、なんだか面倒くさそうだなぁと思ってしまいますね。

ですが、日本画独特の色彩や雰囲気は、この手間をかけてこそなんですね。

面を描く西洋、線を描く東洋

日本画を日本画たらしめているものはなんなのか。
本書でも冒頭で日本画の特徴に触れられています。

西洋では絵を面で描くのに対し、東洋では線を使って描きます。
例えば、同じリンゴを描くとき、リンゴの表面の色の濃淡や光や影、模様を描くことで、リンゴを表現するのが西洋の絵画です。
一方、リンゴの輪郭線を描きとるのが東洋的な手法です。
そのものらしい輪郭線だけを描き、リンゴの表面の影や凸凹は省略されます。
水墨画はその典型ですね。

続きを読む

『歌上手になる奇跡のボイストレーニングBOOK』を読んだよ

カセットテープをコピックマーカーを使って描いた手描きイラスト

「自分で自分の姿は見えない」という話題を先日ブログに書きました。
自分だけに見えない自分の姿を、オシャレに着飾るのはどういうことなのだろうと考えました。

他にも、自分では自分の様子が分からないものがあります。
それは「声」。

たまに、録音した自分の声を聞いて愕然とする……なんてこと、ありませんか?
自分の“体の中で反響した音”が自分では聞こえているため、自分が聞いている声と、録音した声が違うそうです。

自分の声にいつまで経っても慣れない(;´д`)トホホ…

私は自分の声や喋り方があまり好きではありません。
気の利いたことも言えないし、後になって「なんであんなこと言ってしまったんだろう…」と落ち込むこともしばしばです。
喋ること自体に苦手意識があるのかもしれません。
自意識過剰なのは分かっているつもりなんですが、気になるものは気になっちゃいます。

自分では、複数の声色を使い分け、抑揚や声のトーンも臨機応変に切り替えている……つもりです。
ですが、録音された自分の声を聞くと、最初から最後までひたすら一本調子。
しかも、なんだかフニャフニャと力の入ってない喋り方で、子供っぽく不快に思います。

こんな不快な声を、周りの人たちはずっと聞いてくれてるのか……と感謝するやら申し訳ないやら……。

声が嫌いと言いながら、なにもしてこなかった

声質はもうどうにもならないと諦めるとして、フニャフニャ喋るのは改善したい!
以前からそう思い続けて入るのですが、具体的になにをすればよいのか分かりませんでした。
「この人いいな」って人の話し方をマネて喋ってみることもありましたが、なんだか「作りすぎ」な気がしてやめてしまいました。
ここでも自意識過剰なのかもしれませんね(^_^;)

ボーカルレッスンというのも、過去に何度か受けたことがあるんです。
先生が姿勢や息の使い方を指導してくださると、びっくりするような大きな声が出るようになって驚きます。
ですが、歌手になりたいわけでもないし、日常会話の発声のために、月ン万も支払いつづけるのはなぁ……と継続してのレッスンに至らず現在に至りました。
今、喋り方の改善に関して書き出してみると、「やらない理由」ばかり挙げています。
これまで、気になってると言いながら、特になにもやってこなかったんですね。

続きを読む

『読むことは生きること―読書感想文の書き方 中学生向き』を読んだよ

読書感想文のための原稿用紙と鉛筆をコピックマーカーを使って描いたイラスト

小中学生の頃、作文や感想文の類はとても苦手でした。
苦手だから嫌いなのか、嫌いだから苦手なのか、分からないくらいに嫌厭していました。

今振り返ってみると、根本的に「何を書けばいいのか」全く掴めていませんでした。

読書感想文が苦手だった

例えば、夏休みの読書感想文の宿題に直面しても、「感想文とはなにか」「感想とはなにか」と突き詰めて考えることを放棄していたと思います。
始めっから、深く考え、掘り下げる気がないので、感想文の書き方の本を読んでも、理解ができませんでした。
理解しようとしていなかったのです。

今になって慌てています。
読んだ本の感想のようなそうでないような分を、こうやってブログ記事にして投稿するようになったからです。

ただただ、本を読んで、それに纏わる話や、関連した話をつらつらと書いているだけなのですが、書く限りは誰かに読んで頂けるように書きたいと思います。
最低限、読み物として楽しんで頂ける出来栄えにしなければと思います。

読書感想文ってなんだろう?

読書感想文を書くのが苦手だったのは、「読書感想文とは一体何なのか」が分からなかったからだと思います。

「感想?感想を書けばいいの?感想は“感動した”だよ。それがすべてだ。感想だけで原稿用紙なんて埋まらないよ」
なんて思っていました。

「感想とかって言って、長々とあーだこーだと書けるヤツなんて信用ならないね。先生に媚びようとしてるだけんじゃないの?」
なんて穿った見方もしました。
自分が出来ないからって、僻んでしまっていますね。

読書感想文の書き方を調べてみて、気付いたこと

しかし私はとうとう読書感想文とはなんだったのか、分からないまま大人になってしまいました。
ずっと、あの時、感想文としてどんな文章を書くのが望ましかったのか、ずっと分からないままでした。

『読むことは生きること 読書感想文の書き方』という本の中で、実際に中学生の書いた読書感想文を交えながら、

・感想文用の本の選び方
・感想文を書くための本の読み方
・何について書くのか
・何を書かねばならないのか
・どんな感想文が良いとされるのか
・どのように書くのか
・文章の推敲の仕方
・題名の付け方

など、感想文を書くための、具体的なステップがわかり易い文章で紹介されていました。

続きを読む

『雲と暮らす。-雲と出会い、雲を愛でる』を読んだよ

朝日の中に浮かぶ雲をコピックマーカーで描いたイラスト

雲や川の流れを何時間でも観察し続けられます。
途切れることなく形が変わっては動き続けるものに、時間を忘れて見入ってしまうのです。
太陽の運行や、海の寄せては返す波もそうです。

自然のエネルギーそのものに、目を奪われてしまうのですね。

『雲と暮らす。-雲と出会い、雲を愛でる』を読んだよ

『雲と暮らす。-雲と出会い、雲を愛でる』を読みました。
全頁カラーで、著者が撮影した美しい雲の写真がたくさん収録されています。
日本の東京や富士山周辺の雲の様子もあれば、外国で撮影された雲や、飛行機から撮影した写真もあります。
なんと、世界一美しいと言われる南極大陸まで足を伸ばし撮影した写真も面白いです。

自分が見慣れた空とは違う風景が、日本中に、世界中にあるんですね。
ですが、雲の形の種類自体はわずか10種類くらいだと紹介されていて驚きました。
10種類の雲の、大きさや組み合わせや数、重なり方なので、空模様がこんなにも変わるんですね。

日の出の空と雲が好き

私は朝焼けが好きです。
特に、真夏の朝焼けが好きです。

日の出前、黒い空が青くなり始めだんだん赤々と空が染まり、低い位置にある太陽が、雲を下から照らします。
空気の澄んだ朝だけの空に、これから始まる一日にワクワクと胸が騒ぎます。

普段は、太陽を見ると「日焼けしちゃう!」とそそくさと身を隠したくなるのですが、この時ばかりは刻々と変わり続ける朝の空に魅了されます。
空を眺めることは、飽きません。

関連記事

続きを読む

『ずらり 料理上手の台所』を読んだよ

憧れのキッチンに置きたい琺瑯のやかんやアルミのボウルなどのキッチン用品をコピックマーカーで描いたイラスト

私の好きなテレビ番組の一つは、NHK「きょうの料理」です。
とても凝った料理から、定番の家庭料理、初心者でも作れそうな献立など、幅の広いラインナップで、毎日見逃せません。
司会進行役のアナウンサーと、料理人や料理研究家の先生との掛け合いも面白く、楽しみなことが多いのです。

特に私は、料理人の先生が、とても自宅で作れないような手の込んだ料理を作る回が好きです。
なぜなのか理由を考えると、プロの手際や技に見惚れているのかもしれません。
難しいことをしていなくても、手さばきが素早く美しく、見入ってしまうのです。

『ずらり 料理上手の台所』を読んだよ

『ずらり 料理上手の台所』では、21人の台所がきれいな写真とともに紹介されていました。
料理家やフードコーディネーターなど食に関わる職業の人もいれば、イラストレーターや主婦のこだわりの台所もあります。
どの台所も、よく使い込まれた道具と、よく磨かれたシンクや調理台に料理への思い入れを感じました。

私は料理を作るのは嫌いではないし、くいしんぼうなので、毎日一応調理はします。
ですが、調理器具や台所そのものに、愛着を感じることもなく、大切にも扱っていないと気付きました。
思えば、作った料理も、それを食べる行為にも、こだわりも持たず、なんとなく雑に済ませてしまっているように思いました。

本当は自分で作った料理だって、よく味わったらそれぞれ素材の味を、もっと楽しめるのかもしれません。

続きを読む