『軽くて深い 井上陽水の言葉』を読んだよ

井上陽水の歌の思い出を詰めあわせたイメージをコピックマーカーを使って描いたイラスト

井上陽水さんの『心もよう』が好きです。

私は歌を覚えるのが苦手なのですが、『心もよう』は覚えやすく、複雑なメロディーではないのだろうと思いました。
しかし、だからこそなのかもしれませんが、とても歌うのが難しく感じます。

一人でカラオケボックスへ行くことがたまにあるのですが、気持よく自己陶酔したいのに、この『心もよう』はクセモノです。
メロディーは覚えているし、歌っているつもりなのに、「何か」違うんです。
なんだか、自分の声がペラペラで、何がダメなのかはわからないけれど、何もかもが「足りていない」ことだけ強烈に実感してしまい、ちょっぴりヘコんでしまいます。

『心もよう』はいい歌と同時に、やっぱり井上陽水さんのあの声で歌わなきゃダメなんだなぁと思い至るのです……。

飄々と、軽やかな陽水語録

『軽くて深い井上陽水の言葉』を読みました。
これまでの陽水さんがインタビューやコンサートでの発言などをピックアップし、飄々と、時に人を喰ったような、軽やかで且つ深みのある陽水さんの発言や、振る舞いを、著者の齋藤孝さんがピックアップし、紹介されています。

私たちは、アーティストの作った作品から、たくさんの気付きやインスピレーションも貰いますが、一人の人として、その生き方や考え方からも、たくさんのことを学べるのですね。
これは、相手がアーティストだけに留まらず、あらゆる立場の人の中にも「いいな!」って思えるような一面を持っている人がいるのではないでしょうか。
さすが陽水さんは、それを表現するのが上手いのではないかと思います。

音楽に伴う記憶は忘れられない

そういえば、幼稚園生の頃だったか、お遊戯発表会にて『夢の中へ』に合わせてみんなでダンスをした記憶がうっすらとあります。
幼稚園での発表会とは別に、別の小学校のグラウンドで、複数の幼稚園と合同でも踊りました。
私は、いつもと違うシチュエーションが苦手なので、発表会や遠足、移動教室も苦手です。

別の小学校を借りての発表会も、ワケもら分からず、知らない場所へ連れてゆかれ、知らない小学生と手を繋がされ、急に人前に連れ出されてとても驚いた記憶があります。
未だに『夢の中へ』を聞くと、あの時のドギマギした気持ちを思い出します。

音楽に染み込んだ記憶って、とても色濃いんですね。

関連記事

続きを読む

『日本茶の基本』を読んだよ

日本茶やハーブティーを淹れるさまざまな急須のイメージをコピックマーカーで描いたイラスト

私はいつも、なぜだかセカセカと気ばかりが焦っています。
そんなに急くような時間に追われる生活をしているわけでもないのに関わらずです。

ゆったりとコーヒーを一杯味わったり、お茶とお菓子で一服……なんて生活に憧れながら、今日もマグカップに注いだ緑茶をガバガバを飲み干します。
何事にもおいてそうで、落ち着いて食事もできないし、お風呂に入っても入浴のルーチンが済めばそそくさと上がってしまいます。

優雅さのかけらありませんね。

そのくせ、お茶は急須から、コーヒーはドリップして、美味しく淹れて飲みたいのだから困ります。
気ばかり焦りながらお湯が沸くのを待つのは大変です。

同じ茶葉から作られるお茶の数に驚き!

今回『日本茶の基本』という本を手に取りました。
フルカラーで、目にも鮮やかな緑色のお茶の写真を眺めているだけで惚れ惚れとします。

緑茶、紅茶、烏龍茶は、作り方が違うだけで同じ茶葉だということは知っていました。
しかし、緑茶とほうじ茶、前茶、番茶、抹茶など、普段飲み慣れたお茶たちも、同じ種類の茶葉からできているとは知りませんでした。
同じ種類の植物なのに、こんなにも育て方や製法が編み出されているということは、それだけ人はお茶を愛し、あの手この手で魅力を引き出そうとした証拠でしょう。
先人たちのお陰で、私は今日も美味しい緑茶が飲めるのです。

続きを読む

『宇宙のダークエネルギー 「未知なる力」の謎を解く』を読んだよ

宇宙やダークエネルギーのイメージをコピックマーカーで描いたイラスト

「ダークエネルギー」「ダークマター」と聞くと、なんだか謎に包まれたカッコいい言葉に聞こえます。
「暗黒エネルギー」「暗黒物質」とも呼ばれます。
ますます怪しい響きです。

実際には怪しい言葉ではないのですが「なんだかワクワクする」ネーミングって、興味の入り口になりますね。

「科学」ってまだまだ万能じゃない

私たち人間は「科学」という武器を味方につけ生きています。
それは、万能な武器だと錯覚しているかもしれません。

それは、少し「科学」の世界を覗いてみれば、錯覚だと気付きます。
簡単な入門書にだって、まだまだ未知の存在に満ちあふれていることが書かれています。
私たちはとても不確かな世界に生きているんですね。

『宇宙のダークエネルギー』を読んだよ

本書の本題でもある「ダークエネルギー」もそう。
エネルギーや質量が計算と全然合わないので、全然わからない謎のエネルギーがあるんじゃないか?とされているんですって。

まだまだこれから研究が進む分野だろうから、理解を深めたいですね。

関連記事

続きを読む

『物理屋になりたかったんだよ』を読んだよ

幼いころプールで水遊びをした思い出のイメージをコピックマーカーで描いたイラスト

幼いころ夢中になっていた遊び道具は「水」でした。
お風呂やプールに入るたび、コップや器に入れた水を、器から器へ移し替える作業に没頭していました。

ネバネバと絡みつく水から目が離せませんでした。
水が混ざる瞬間や、水が流れてゆく形を見ようと凝視するのですが、変化の瞬間を捉えることができません。
そんなことを、小学校に上がるくらいまで続けていたように思います。

今思えば、これは幼かった私のささやかな実験だったのかもしれません。
来る日も来る日も、“目に見えないもの”が見たくて堪りませんでした。

目には見えないエネルギー

目に見えないものと言えばニュートリノ!……とつなげるとちょっぴり強引でしょうか。

ニュートリノという物質を知ったのは、中学生の頃だったか……。
図書館でたまたま手に取った本が、一冊丸々使って当時知られていたニュートリノについての本でした。

ニュートリノとは、質量が限りなくゼロに近い物質で、どんな物質をも突き抜けてしまいます。
今この瞬間も、空から降り注いだニュートリノは私達の体を貫き、地球を貫いています。

カラダの隙間?

とても不思議な感覚です。

私の身体は、意志の宿った「一つの塊」に感じています。
なのにその私の身体をどんどん「貫通」している存在があるとは……。
まるで私の身体は実はスカスカで、隙間が空いているようです。

自分の身体は、かっちりと形のあるものだと思っていましたが、もしかしたらフワフワを実態の曖昧なものなのかもしれない……そう思うと、面白いような、怖いような気がします。

続きを読む

『美女の歴史』を読んだよ

女性的だと感じる化粧品のイメージをコピックマーカーで描いたイラスト

美しさを保つ方向性として、健康で体を鍛え引き締まった身体を手に入れる方法と、化粧を塗りたくり着飾ったり、衣装により体のシルエットを隠したりする方法があります。
それは現在の美容感覚だけでなく、古代から続く質の少し違う「美」だそうです。

時代や地域によって、鍛えあげられた肉体が持て囃さていることもあれば、過剰なほど日焼けを嫌ったり、化粧や装飾を身につけることもあったそうです。
現在の日本では健康志向の人も多いですよね。

やっぱりスリムな女性が魅力的?

『美女の歴史』では西洋での美女の変遷を紹介されているのですが……。
どうやら古代から、スリムな女性が魅力的とされることがほとんどだったようです。

時代によっては「ぽっちゃり体型」が良かった時代も少しはあるようですが、かなりの短い間。
スリムを通り越して、病的なほどやせ細ったり、青白くやせ細った女性を良しとする時代すらあったとか。

むしろ、現在が一番、ガッチリやムチムチが許容されていているのかもしれません。
ファッションやメイクにしたって、こうでなければならないって縛りは緩いですからね。

やはり、どの時代もスリムな女性が魅力的なのでしょうか。

ダイエットへの決意……?

鍛えあげて磨き上げた肉体でもなければ、塗りたくって着飾ってアラを隠せるテクニックもない私……。
やはりここは、減量しつつ身体を引き締めてゆく必要を突きつけられた気がします。

美女への道のりははるか遠いです……。

関連記事

続きを読む