歴史

キツネにだまされなくなった僕たちは…今は何に騙される?

わたしの祖母は二人とも、キツネにだまされたことがあるらしい。
一人の祖母は、夜の田んぼ道を歩いていると、歩けど歩けど前へ進めなくなってしまった。おかしいなあと歩いていると、突然知らない人に肩を叩かれてハッと気が付いた。どうやら、同じ場所をぐるぐると回っていたようで、不審に思って声をかけてくれたらしい…。
もう一人の祖母は、家へ帰ろうと峠を越えた途端、真夏なのにスーッと空気が冷たくなり、ゾッとしていると、目の前に狐火を見たんだとか。

昭和40年ごろまで人はキツネにだまされていた……らしい

「キツネにだまされる/化かされる」というのは、ある年代の人までは、日常の中にあった経験だったようだ。
(ちなみにわたしの祖母は、大正生まれと、昭和一桁台生まれだ)

内山節さんの『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』によると、1965(昭和40)年くらいを境に、「キツネにだまされた」という証言がなくなるらしい。
反対に言えば、それ以前の日本人はキツネにだまされていたということだ。

それは、その頃にわたしたちの生活、思想が変わったことも原因だろうし、キツネと人間が生きていた里山や雑木林の様子が変わったのもその頃だ。
わたしたちの生きる世界を取り巻く環境(それは外的にも内的にも)様変わりしてゆくのが、ちょうどその頃だったのだろう。

ちなみにわたしの祖母は、キツネにだまされただけではなく、葬式の日に火の玉も見たことがあるらしい。
その世界では、山ではキツネの他にもタヌキやムジナが人をだまし、川では河童がいたんだろう。そういう世界で、少し前までの日本人は生きていたのだ。

外国人はキツネにだまされない

先に挙げた『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』の中で、面白い話があった。
明治維新後、農業を教えるため、農村に西洋人がやってきた。
もちろん日本人と同じように農作業をして、一緒に生活をするのだけれど、なんと彼らはキツネにだまされないのだ。
「そんなことってある?」
と、当時日本人の間で話題になったそうである。
それだけ、「キツネにだまされる」というのは生活の中で当たり前のことで、その当たり前の経験をしない外国人が当時は珍しかったのだった。

わたしたちはキツネにだまされなくなった。それは、わたしたちが西洋化したということなのかもしれない。
ここでいう私たちは、「庶民」とか、そういうニュアンスだ。

落語「七度狐」

上方落語で「七度狐」という噺がある。ポピュラーな噺なので知っている人も多いかもしれない。
旅の途中の二人組が、あるとき七度狐を怒らせてしまう。
これはしつこいキツネで、一度悪いことをすると、七度は仕返しをしてくるというキツネだ。
まんまと七度狐にだまされ続ける二人組がおかしい噺だ。

この噺、今となればバカな噺なんだけれども、その、1965年以前の、人々が日常的にキツネにだまされれていた時代には、どんな風に聞かれていたんだろうか。
キツネにだまされる、ということが現実味があるとすると、今とは感じ方が違うだろう。

キツネにはだまされなくなったけど、代わりに何にだまされるようになったんだろうか

結論を言えば、テレビとか、広告とか、そういうようなものにわたしたちはだまされるようになったんだろうか。
テレビで一時期話題になり、テレビを見ながら一緒に怒ったり批判したり心揺さぶられたことも、時間が経てばすっかり忘れてしまっている。
そして、そのことを振り返ったとき「なんでそんなに怒っていたのだろう」とキョトンとすることも多々ある。
こういうのを「キツネにつままれた」というのではないだろうか。

現在のコロナ禍でも、日々さまざまな情報が飛び交い、報道され、そしてわたしたちの心は揺さぶられている。
その中には本当のこともあれば、無暗に不安にさせるだけのものもあるだろう。
時間が経ち、落ち着いて今を振り返ることができる日が来れば、「○○にだまされていた」と思うこともあるんだろうか。

キツネのせいにするのではなく、きちんと事象を見極めていきたいものですな(`・ω・´)フンス!

大阪大空襲の夜、地下鉄が人々を救った……という都市伝説は本当か!?

1945年3月の大阪大空襲の夜、炎から逃れ地下鉄のホームに逃げ込んだ人たちがいた。

当時、空襲にあっても地下へ逃げてはいけないとされていた。関東大震災の際、地下に逃れた人たちが、火災の熱によりたくさん亡くなった経験があったからだ。

しかし、ほかに逃げ場はない。

これからどうなるのか……と皆が不安になっているところへ、地下鉄がホームに入ってきた。
そして、人々を乗せ、空襲に合わなかった地域へと運んだのだ。

……という噂・都市伝説が大阪にはあったそうだ。

この噂・都市伝説は本当か!? ということろに迫ったのが坂 夏樹さんの『命の救援電車』だ。

まず、当時の資料は焼却処分されているようで、客観的資料はない。つまり真相は闇の中なのだ。

『命の救援電車』では、代わりに証言をたくさん集めていくことで、確からしさをあげてゆく。

実際に地下鉄に乗ったという証言を集めていくと、心斎橋駅に逃げ込み、梅田駅まで運ばれ助かったという人が多数派。(この日の空襲では、梅田は被害にあっていなかった)その区間を地下鉄が走ったのはどうやら本当らしい。

本書はその証言を積み上げて、当時の様子を推測してゆく過程が興味深く、読みごたえがあるので、ぜひ本書を手に取ってみてほしい。聞き書きなどの宿題をする生徒さんなんかにも役立つ本だと思う。

戦時中、人員が不足していて、子どもたちが電車を運転していたなど、当時のことを知れるのもいい。

命の救援電車 大阪大空襲の奇跡

  • 坂 夏樹
  • さくら舎
  • 2021/1/8

目次

序章 大空襲の夜、地下鉄が走った

第1章 歴史に埋もれた「謎の救援電車」

第2章 あの日、何があったのか――証言が語る大空襲下の希望の光

第3章 命を運んだ電車は3本あった――見えてきた救援電車の全貌

第4章 戦時地下鉄、ベールの向こう側

第5章 戦争に翻弄された少年少女たち

あとがき

『京大芸人式日本史』ロザン菅ちゃんと歴史のポイント押さえよう

こんにちは。実は歴史が大の苦手なあさよるです。

なぜ「実は」とつけたかと言いますと、なぜだかよく、今風に言う「歴女」だと間違われます。

中高の教科でもボーっと話を聞いているだけなら歴史は面白くも感じますが、なにせテスト対策がとても苦手でした……。

京大芸人・ロザン宇治原……を真似る

『京大芸人式日本史』はこんな本。

ある日、新聞に載っていたセンター入試問題を解いてみたロザン菅ちゃん。学生時代、得意だと思っていた日本史の科目すら残念な結果に……。

早速、高学歴芸人の相方・ロザン宇治原に日本史の勉強の仕方を尋ねたところ、「歴史は物語のように理解すればいい」とアドバイスをもらった。

さっそく素直な菅ちゃんは、宇治原に物語のように日本史を語ってもらうことにした。さらに、菅ちゃんがタイムマシーンで昔々の世界へゆく物語をリクエストする菅ちゃん。

物語の中の菅ちゃんが、実際に日本史の中の歴史的人物に会いに行き、話を聞きながら歴史を理解できるようなできないような、話が続きます。

歴史好きさんはすでにやっている?

歴史が好きな人って、歴史を物語のように捉え、理解しているんじゃないのかなぁと思います。

ですから、すでに歴史の授業が得意だった人には珍しくない勉強法やも!?

さらに、『京大芸人式日本史』の内容って、あまりに駆け足ですので(一気に縄文時代から近代まで突っ走ります)、一度日本史を学んだ生徒じゃないとしんどいかもしれません。

歴史苦手なパパ・ママが先に読んでおいて、子どもに聞かせるor一度日本史を学んだ生徒向けです。

(関西の方なら、ロザン菅ちゃんもお馴染みで楽しく読めるでしょう^^)

これで勉強はできるようになるの!?

ここまでの話なら、よくある歴史ファンの駄弁りで結構な気がしますが、「京大芸人式」がポイントです。

教科書に出てくる、「覚えておくべき」キーワードが上手いこと網羅されています。

「口分田」とか「租庸調」とかさ、習いました。が、例えば戦国武将オタクや幕末ファンの集まりでは、これらのワードは登場しないように思います。

大人になってからの歴史ファンって、それぞれ専門に分かれてゆきますから、ザックリと広い範囲をいっぺんに俯瞰できるのは、学校で習う「日本史」の面白いところ。

もちろん、これ一冊でテスト対策になるような内容でもありませんが、習ったことを総括するには、まぁまぁいいんじゃないかしら。

京大スゲーの子どもたちへ

ズバリ『京大芸人式日本史』を読んでほしいのは子どもたち。と言っても、日本史を一巡している中学生といったところでしょうか。

著者の漫才師のロザン・菅広文さんをよくご存じの方なら楽しく読めるでしょう~。

あさよるは関西人なので、菅ちゃんはいつもテレビで見ていますし、親しみを持ってこの『京大芸人式日本史』を読めました^^

で、なにより菅ちゃんの相方、京大卒のクイズ王・宇治原による「覚えておくべきポイント」がまとまっているのも、なんかオモシロイ。冗談なのか、ガチなのかなんともビミョーで、くだらなさがオモシロイ本でした。

真面目な内容を求めている方には不向きですw あさよるはこのノリ、好きですw

続きを読む

『幕末維新を動かした8人の外国人』|ペリー、プチャーチン、ハリス、グラバー……

こんにちは。常に“にわか歴女”の あさよるです。

今は毎週NHK大河ドラマ『真田丸』を見ているので、戦国時代好きのような顔しています。ですが、戦国武将とかほとんど知らないというw

その時々で気になるもの、好きなものが変わるので、常に“にわか”なんですよね(苦笑)。

幕末維新を、外国から動かした人たち

『幕末維新を動かした8人の外国人』は、タイトルそのままですね。

日本の歴史の中で、大きな働きをした外国人、ペリー、プチャーチン、ハリス、オールコック、ロッシュ、パークス、サトウ、グラバー。

名前はそれぞれ教科書に載っているレベルの有名人でありながら、彼らがどんな人物だったか知られていません。ペリーなんて日本人みんなが知っている人物なのに、彼がどんな人物で、なぜ日本へやってきたのか知りませんよね。

ちなみに、ペリーは捕鯨のため、日本を交通を開こうとやってきました。船の修理や遭難した時用や、そして貿易をするためです。交通の要所として港を開くよう徳川幕府に迫ったことが、明治維新を加速させました。

ペリーが日本の港を開くと、他の国々も日本と通商条約を結びにやってきます。鎖国政策はいつまでも続けていられません。

日本人からすると、次々やってきて勝手にズンズン入ってくる外国人のような感じがしますが、歴史の中の外国人だって、もちろん人生があるんです。

幕末・明治維新好きな方はご一読を~

本書『幕末維新を動かした8人の外国人』は、8人それぞれ1章ずつに分けて紹介されており、短編集な感じで読みやすい。

また、文章も平易で、物語のようにも読めなくもない構成です。学術書のように正確な記述というよりは、著者の気持ちや考えが色濃く出ているように感じました。と言っても、とくに偏った感じもしませんでした(あさよる的には)。

あさよるは、愛読しているマンガ『風雲児たち』で読んだことあるエピソードがたくさんあって嬉しかったですw

幕末や明治維新好きで、これから勉強していきたいなぁって方にオススメです。

たぶん、ディープな幕末ファンの方にとっては既にご存知な内容かも!?というか、すでに読んでおられるかも……。

続きを読む

天才の苦悩?凡人の不幸?歴史的人物の息子たちを扱う『日本史 不肖の息子』

森下賢一『日本史 不肖の息子』書影

2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』。人気劇作家・三谷幸喜が手がけているとあって、注目している方も多いですよね。三谷脚本の大河ドラマと言えば、2004年の『新選組!』を思い出します。こちらも10年以上経った現在も人気作ですから、今回の『真田丸』にも期待が集まります。

大河ドラマ『真田丸』では、主人公・真田幸村を中心に、幸村の父・真田昌幸、兄・真田信之ら「真田家」の面々の画策が見ものです。この真田親子、三人共に有名人です。現在の「真田幸村」のイメージは、後の時代の創作が多く、もはや元々どんな人物だったかもわかりません。幸村の伝説というよりも、父と兄、弟の、この三人のイメージが合わさって「真田幸村」というキャラクターを生み出しました。私も講談で幸村の話を聞いたことがあります。みんなに愛された真田幸村は、尾ヒレ腹ヒレが無数についたスーパースターです。

続きを読む

『教養としての歴史学』を読んだよ

STAR WARSに登場するBB-8とC3POとR2D2のイメージをコピックで描いたイラスト

STAR WARSに登場するBB-8とC3POとR2D2のイメージをコピックで描いたイラスト

2015年12月18日に公開された『STAR WARS フォースの覚醒』を、遅ればせながら見てきました。3DIMAXシアターの迫力の映像とサウンドで楽しめました。

「STAR WARSシリーズ」は大好きなので、とても楽しみに公開を待っていました。
旧三部作(エピソード4~6)は、私が生まれる前に公開された作品です。私も幼い頃から何度も見知っていました。
そして、新三部作(エピソード1~3)は劇場公開に合わせて順に見ていました。あの頃も次の公開が楽しみでした。
が、エピソード1~3の物語は、先に公開されたエピソード4~6の中で語られていたものですので、話の大筋はわかっていました。先に公開されたエピソード4~6の、過去の話ですから、未来を知っている物語を新作として公開されたのです。

ですから、今回の『STAR WARS フォースの覚醒』は、私にとって初めての先の展開のわからない物語です。ネタバレも一切見ていませんでしたから、本当に驚きや胸がいっぱいになる展開でした。

続きを読む

『巨石文化の謎』を読んだよ

姫路城 天守

ピラミッド、ストーン・ヘンジ、モアイ像……と世界の巨石文化は未だ興味をそそられます。子供の頃から、夢中になって“世界の謎”を紹介する本を読み漁った記憶が蘇ります。

以前、奈良県・明日香村を、留学生に紹介しながら巡ったことがありました。日本史やアニミズム信仰についてなどについて言及しながらも、お互いにカタコトの英語ですので、どう伝わったのかわかりません。
後ほど、日本古代史を研究している先生に相談したところ、「巨石文化」を切り口に話を展開してはどうかと提案されました。

飛鳥にも、ご存知のように石舞台古墳や亀石、鬼の雪隠など、人工的な大きな石の塊が転がっています。同じような文化は世界中に点在していますから、留学生にとっても馴染み深いものだったかもしれません。
次回、同じような機会があれば、そのように紹介してみようと思います。

それ以来、「巨石文化」は常に頭の片隅で気になり続けています。なにぜ、日本人を代表して(?)、日本の巨石文化を紹介する役目を負ってしまったのですから、責任重大なのです。
今回手に取った『巨石文化の謎』では、ヨーロッパの巨石についてグラビアも十分に紹介されています。アジアや日本の巨石については触れられていませんが、関連付けて紹介する際には、ヨーロッパ文化も押さえておかねばなりません。
それに、私の中の子供心には十分に好奇心に火がつく内容です。

続きを読む

『天災から日本史を読みなおす – 先人に学ぶ防災』を読んだよ

「プラシーボ効果」について、私は軽く見ていたようで、徐々に考えを改めています。きっかけは『「無」の科学』を読んでからです。様々な分野の「無」や「ゼロ」にまつわる話が集められた書籍で、ブログでも紹介しました。

「プラシーボ効果」とは、効果のない偽薬を「薬だ」と思って飲むと本来の薬と同じ効果が現れたり、本来ならば効果のないはずの治療が効いたりする現象です。
反対に、本来効果があるはずの薬品でも患者に「効果がない」と思わせば効果が出ず、効果のあるはずの治療も効かなくなることを「ノセボ効果」や「ノーシーボ効果」と言うそうです。

思い当たることは私も体験をしています。
ひどい頭痛が続き、市販の鎮痛剤でしばらく過ごしても治らないので病院へかかると、「この頭痛はその市販薬では効かないでしょ」とお医者さん。「さぞ辛かっただろうに」とお医者さんは私を慰めてくださっているのですが、次から、同じような頭痛にはその市販薬が効かなくなったり。
寝付きが悪く病院で睡眠導入剤を処方してもらったものの、なかなか効かない。先生に「もっと強い薬を出して欲しい」と頼むと、「この薬は結構きついよ。これ以上は今は処方したくない」と先生。同じ薬をしばらく続けることになったものの、その晩から薬が効き過ぎ「朝起きれない」「日中もだるい」と難儀しはじめるハメに……昨日まで効かなかったのに。

私は結構、疑い深い割に単純なようで、服薬や病院での治療が下手なのです。段々歳をとるにるけ、自分の健康を自分で守らねばならないと思うようになり、意識改善の中で、プラシーボやノセボについても興味を感じます。

続きを読む

『はじめての土偶』を読んだよ

土偶のように見える「太陽の塔」の後ろ姿。黒い太陽が描かれる

三が日も終わりお正月ムードもそろそろ終えて、日常モードへ戻らないといけません。
しめ縄や門松などのお正月飾りも、1月14日、15日くらいに、燃やしてしまう行事がありますね。この行事自体は全国的に分布しているそうですが、呼び名が様々です。私の住んでいる地域では「とんど」とか「どんと」と言いますが、ウィキペディアには「左義長」という言葉で紹介されていました。初めて知った言葉でした。

と言っても、私の生まれ育った地域では「とんど」あるいは「左義長」の習慣がありませんでした。お正月飾りは「神様の物だから、人間が勝手に触ってはいけない」と教えられ、実際に各家の玄関には一年中しめ縄が下がっています。毎年、古いしめ縄の上から新しいしめ縄をつけてゆくのです。その内勝手に取れて落ちたら「神様がいらなくなった」というわけです。

しかし、お正月飾りの意味を調べると、お正月が済めば燃やしてしまう理由もわかるような気がします。むしろ、とんどを終えないと新たな一年が始まらないのかもしれません。

続きを読む