『東京の空』|ロッキングオンジャパン連載・日本語ロックのふるさと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。先日、エレファントカシマシの宮本さんのエッセイ本『明日に向かって歩け!』を当ブログで紹介しました。図書館で予約をしていた『東京の空』も届いたので、折角なのでレビューを。前回は結構熱くなってしまったので、今回は淡々といきますw

『明日に向かって歩け!』|エレカシ宮本・あなたはどんな人なの?

音楽誌で連載されたエレカシ宮本エッセイ

本書『東京の空』は、音楽誌「ブリッジ」1999年8月号~2002年4号、「ロッキング・オン・ジャパン」2002年5月号~2003年4月号に連載されていたものです。ハードカバーで、コレクションし甲斐があるし、書籍を購入する習慣がない人でも、読みやすい作りじゃないかと思います。

増刷もされているようですが(あさよるの手元にあるのは第二版)、現在は入手困難なようでAmazonでも値上がりしていますね。現在は12,648円でした。

『明日に向かって歩け!』よりも文字数がコンパクトで、軽く読める内容です(『明日に向かって歩け!』は文字数が多かった)。カルチャー誌で見かける、「とりとめもない連載」とか「毒にも薬にもならない」「誰でも読める」そんなコラムってありますよね。そんは風体に、上手に変装しているようなエッセイ集。……こんな言い方すると変な感じですが、あさよるは先に『明日に向かって歩け!』を読了いたしましたから、あの濃度とエネルギーの文章を書ける人が、紙面に合わせて書き分けているとしか思えない。というか、そうなんでしょう。

コレクションじゃないなら、図書館で

書籍の値段が高騰していることについて。これから本書が読んでみたい方への一例を。

ファンの方で、エレファントカシマシのアイテムを「収集したい」という方は、ファンアイテムとして持っておいてもいいのかなぁと思います。

しかし、収集することが目的でないのなら、図書館で蔵書検索してみてください。お近くの図書館に置いてなくても、周辺の図書館から取り寄せてもらえるかもしれません(各図書館のサービスによる)。お近くの図書館に問い合わせてみて下さい。

便利なのは「カーリル」というサイトです。以下のリンクをご覧ください。

お住まいの都道府県とキーワードを入力します。今回の場合は「東京の空」「宮本浩次」です。↓こんな感じ。

これで検索をかけると各都道府県のどこに『東京の空』があるかわかります。

エレカシ宮本エッセイを図書館で探す

ちなみに、あさよるが在住している大阪府では、大阪市、大東市、豊中市の3つの図書館で計3冊蔵書されているようです。

ファンなら持っておきたいアイテムなのでしょうが、あさよる的には正直、価格が高騰しすぎているんじゃないかなぁと思います。読みたい方は図書館もあたってみて下さい。なんなら、国会図書館で連載誌面を閲覧しても。

というか、ファンの方ならみなさん既に一度は目を通しておられて、その上でのコレクター価格なのかしら。

宮本浩次うまいなぁw

「そうそう、ミュージシャンのエッセイってこれこれっ!」

それにしても、想像以上に『明日に向かって歩け!』にアテられていたのかもしれないなぁ~(苦笑)。先にどっぷり濃ゆい方を読んでしまったようで、ちょっと二冊目のエッセイ読むのにビビっている自分がいましたw しかし、読んでみるとアラふしぎ!なんかむっちゃ普通の音楽誌のミュージシャンの連載ジャマイカ!

ああそっか、著者の宮本さん、連載誌に合わせてかき分けてらっしゃるのか……うまいなぁ。語られている自身のエピソードを語るというスタイルは『明日に向かって歩け!』も『東京の空』でも共通なんですが、毒々しさが全く違う。というか、別人が書いてるのか??と疑いたくなるのですが、これも宮本さんが書いてるの??

エピソードも、面白くてぶっ飛びエピソードではあるものの、極端に良識や社会ルールを逸脱したものは書かれない。あたり前だけどw この辺のバランス感覚もうまいなぁ。メディアに出演なさっているのを見ていても「分かってる人だなぁ」という確信が強くなりましたw やっぱ長く活躍なさってる人ってきちんとなさってるんだなぁと、よくわからん感慨に浸るw

『ジャパン』読者よありがとう。いずれまた会おう

という締めくくりで雑誌連載は終了する。「いずれまた会おう」と仰っているのだから、あさよるも再び紙面や書籍で宮本さんに会えるだろうと楽しみに思っておきましょう。

てか、今度ライブ行くから!

昔、あさよるも音楽誌を熟読していた頃があったのに、この連載は読んでいなかったなぁ。勿体ないことをした。

内容も、音楽誌での連載とあってか、『明日に向かって歩け!』よりは音楽の、日本語ロックの話に触れられていてうれしい。これを読みたかった。

しかし、やっぱり宮本浩次は多くを語らない。彼のエピソードは知れたけど、彼の人となりのようなものは、やっぱりつかみどころがない。飄々と東京の空の下、風に吹かれているような。いいなぁ。

東京の空

宮本浩次(エレファントカシマシ)『東京の空』

宮本浩次(エレファントカシマシ)『東京の空』

  • 作者:宮本 浩次
  • 出版社:ロッキング・オン
  • 発売日: 2003-08

目次情報

第一回 東京の空
第二回 運転はコンピュータゲームの如し
第三回 己の道を歩む
第四回 ロックは生きている
第五回 ニッポンヨイトコイチドハオイデ?
第六回 この夏の精力的な活動のわけ
第七回 ベッドの無い生活
第八回 日本人の血筋
第九回 己を記録する(という)こと
第十回 「撃沈野郎」の憂鬱
第十一回 埼玉には何がある?
第十二回 普通の日々
第十三回 グローバル嫌い
第十四回 男三十六歳、刻まれし時に何を抗う
第十五回 俺に連載の先鞭をつけた男
第十六回 埼玉小旅行
第十七回 免停時における意外にして当然の心理
第十八回 発見
第十九回 ただ歩いて行く

『東京の空』特別篇 追憶
一、赤羽
二、高輪・泉岳寺
三、日本武道館
四、首都高速

あとがき

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメント

  1. kiki5588 より:

    書籍化されておりませんが
    オリーブってファッション誌に連載されていた
    「旅の途中」も読まれると楽しいと思いますよ
    宮本さんの日常的な事が書かれています。

    1. asayoru より:

      情報ありがとうございます!
      調べてみます(^^)/
      『旅の途中』と『エレカシ宮本の率直に言って!』という雑誌連載あったようですね。
      宮本さんが目前でお話しているかのような文体がすごすぎて、驚愕&クセになります。
      宮本さんの日常も知りたいです^^

コメントを残す

*