【レビュー・感想】『クローゼットは6着でいい』|自分の定番を見つけたい

  • LINEで送る

骨格診断、カラー診断と、最近よく見かけますよね。

本書『クローゼットは6着でいい』は、骨格診断、カラー診断を簡単に自分でやってみて、まずは似合う服を見極めます。そこから、定番ではずれのないアイテム6つを買いそろえる。

それだけで「着て行く服がない」状態から脱却できるというもの。

診断自体はネットでも検索したらいくらでもヒットしますが、いくらでもあるからこそよくわからない。そんな時はサクッと一冊の本に頼ってみてもいいでしょう。

ストレートタイプのサマーだった

カラー診断ではわたしはサマータイプ。それは自分でも自覚しているし、過去にメイクアップアーティストの先生やイメージコンサルタントの先生などに診断していただき、ずっとサマーと言われ続けているので、そうなんだろうと思っている。

だけど、骨格診断は自分がどれに当てはまるのかわからなかったんです。

本書では簡単なYES/NOチャートが掲載されていて、それによるとわたしはストレートタイプ。ストレートタイプの解説と、具体的にどんな服装が似合うのかコーディネート例の写真を見るに、たしかに自分に似合いそう。

他のウェーブとナチュラルタイプの服は絶対に合わない自信があるので、消去法的にもストレートタイプなのかな。

大人だから手堅く、おしゃれにいこう

ある程度の年齢にさしかかったら、服装もそれなりにしていたいと思うようになりました。別にプチプラブランドの服でも構わないんですけれども、似つかわしくない服装はちょっと恥ずかしいなあ。

わたしの場合、自分のプロポーションに自信がないことも相まって、おしゃれにはとことん消極的。カッコよく服を着こなしている人に憧れはするけれども、「自分にはどうせ似合わない……」と、けっこうこじらせています(苦笑)。

本書を読んで、自分の定番だけでも持っていたいとちょっと思うようになりました。

帰りがけにコンビニでファッション誌を3誌ばかり買い込んでしまったのでした。がんばろう。

クローゼットは6着でいい

  • 二神弓子
  • KADOKAWA
  • 2021/03/18

目次情報

Introduction
結局6着でいい3つの理由
最高の6着だけでこんなに素敵! 着回しコーデで実証

CHAPTER1 骨格診断の基礎知識

骨格診断とは?
骨格診断セルフチェック
ストレートタイプの特徴
ウェーブタイプの特徴
ナチュラルタイプの特徴

CHAPTER2 骨格タイプ別 似合う6着の着回しコーデ

似合う服とは?
ストレートタイプに似合う6着 選び方の基本
ウェーブタイプに似合う6着 選び方の基本
ナチュラルタイプに似合う6着 選び方の基本
COLUMN 自分のパーソナルカラーをチェックしてみよう!

CHAPTER3 オンラインショッピングのコツ

オンラインショップで買っていいもの・ダメなもの
骨格タイプ別 オンラインショップで買うと失敗するNGアイテム
サイズ表の正しい見方
身長別 着丈見本帖
骨格タイプ別 おすすめブランドリスト

CHAPTER4 ニューノーマル時代、骨格診断視点のファッションセオリー

THEORY #01 リラックスモードの仕事服
THEORY #02 歩きやすさ優先のスニーカー&フラットシューズ
THEORY #03 オンライン映えも骨格診断で叶う
COLUMN オンライン映えが似合う♡ パーソナルカラー活用術
THEORY #04 骨格タイプ別 アウトドアファッション
THEORY #05 ずっと使える名品小物も骨格タイプで選べば失敗知らず
COLUMN パーソナルカラーで狙う! マスクで美人映え
ストレートタイプに似合う ITEM DICTIONARY
ウェーブタイプに似合う ITEM DICTIONARY
ナチュラルタイプに似合う ITEM DICTIONARY
パーソナルカラー診断セルフチェック
カラーチャート&パーソナルカラーチェックシート

二神 弓子(ふたかみ・ゆみこ)

株式会社アイシービー代表取締役社長。パーソナルカラー実務検定協会代表理事。骨格診断アナリスト協会代表理事。20年以上かけて骨格診断メソッドを社アイシービー代表取締役社長。パーソナルカラー実務検定協会代表理事。骨格診断アナリスト協会代表理事。20年以上かけて骨格診断メソッドを確立したパイオニアであり、その技術を応用した唯一無二のイメージコンサルタントとして多くのビジネスパーソンの印象改革を手がける。企業研修・コンサルティング事業にも力を入れ、これまでのべ14,000人への指導実績をもつ。著書に、シリーズ20万部の『骨格診断×パーソナルカラー 本当に似合う服に出会える魔法のルール』『骨格診断×パーソナルカラー 似合う服だけでつくる 春夏秋冬ワードローブ』(ともに西東社)などがある。

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

*