特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」@大阪市立東洋陶磁美術館へ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」イメージ画像

去る2018年4月26日(木)、大阪・中之島にある大阪市立東洋陶磁美術館へ行きました。お目当ては特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」です。この東洋陶磁美術館は、いつもポカポカと日差しが気持ちよく、とても好きな美術館です。常設の展示も充実しているから、いつ行っても嬉しいのです。特別展も毎度面白いしね。

今回の展示はフランスのセーヴル地方で作られる「セーヴル焼」です。といっても、あさよるは全然詳しくないので、ただただ美しい器の数々に見惚れるばかりでした。

貴族が使った食器は、どれもまばゆい! ピクニックセットとか、小物もかわいい。

現代のセーヴル焼も展示されており、昔のきらびやかな展示とは一転、攻め攻めの器たちで驚きました。館内では現在の職人たちがセーブル焼をつくる様子のビデオが上演されていました。これも見ごたえがあったのですが、あさよるは閉館間際に立ち寄ったためじっくり見れず。時間に余裕をもって行かれるのをオススメします(`・ω・́)ゝ

特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」イメージ画像

関連記事

特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年/300 ans de création à Sèvres: Porcelaine de la Cour de France」

大阪市立東洋陶磁美術館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

*