『南海電車 大阪と和歌山を結ぶ日本最古の現役私鉄』を読んだよ

  • LINEで送る
南海電車の車体のカラーのイメージをコピックで描いたイラスト

南海電車の車体のカラーのイメージをコピックで描いたイラスト

電車に乗るのが好きです。
電車でお出かけするのが好きなのですが、乗ったことのない路線に乗ったり、「この駅で降りたなぁ」「ここを通ったなぁ」と路線図を眺めているのも楽しいです。

電車の車両にも、いろいろ種類があるようですが、名前や詳しいことは知らないので、たまに車両についても調べてみます。
今日は『南海電車 大阪と和歌山を結ぶ日本最古の現役私鉄』を読みました。
私が生まれる前にあった車両や、今も現役で南海線を走っている車両も掲載されていました。

南海電車とは、大阪市から和歌山市まで南北に走っている電鉄です。
大きく、大阪・難波から関西空港や和歌山市へ伸びる路線と、和歌山県の高野山へ伸びる路線があります。
更に、単線のローカル路線も伸びています。

和歌山へ行きたい!

大阪・難波から和歌山へ伸びる南海本線は、海沿いに路線が伸びているので、キラキラと綺麗な大阪湾の景色が見られます。
和歌山へ行く機会は、あまり多くはありませんが、音楽ライブやイベントで足を運ぶことがあります。
和歌山行の電車に乗れるので、いつも楽しみです。

知人と、高野山へ行こうと約束していたことを思い出しました。
何度か日程を決めて予定を立てましたが、天気が悪かったり、毎回予定が流れてしまっていました。

2015年は、高野山が開創されて1200年のイベントが年間通して開催されているようです。
大阪市内からも、アクセスも良いので、今年中に行けたらいいなぁと思いながら、もう9月になってしまいました。

ケーブルカーに乗りたい!

南海高野線の終点「極楽橋駅」から「高野山駅」へ、ケーブルカーが伸びており、これにすごく乗りたいんです。
単線で、線路の真ん中で、上りと下りの車両がすれ違えるようになっています。
以前もこのケーブルカーに乗ったのですが、既に日が暮れており、外が見えなかったのが残念でした。

「極楽橋駅」から高野山の山上へは、ハイキングコースを徒歩で登ることも可能です。
世界遺産の石畳の道を歩くのも気持ちが良いです。
気候の良い時期に行きたいですね。

南海電車 大阪と和歌山を結ぶ日本最古の現役私鉄
高橋 修
ジェイティビィパブリッシング
(2013)

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

*