『月と暮らす』を読んだよ

  • LINEで送る
木々のシルエットの間に月の浮かぶ夕焼けまたは朝焼けのコピックマーカーを使って描いたイラスト

いつも、頭の上には空があって、下には地面があると思っている。だけど不意に、ふとした瞬間に、自分が何もない空間に存在していることに気付いて血の気が引く。

太陽や月や天体の運行を、流れる雲を、滴る水滴を、朝の日差しが私の手元を照らす様子を、眺めていると気付いてしまう。

ぽっかりと暗い空に月があるように、地球もぽっかりと暗いところにあるんだろう。ずっと過去から未来まで存在し続けると思っている大地は、ある時現れ、ある時無くなるんだろう。

私の手元を照らす光は、ずっと遠いあそこにある太陽から、真っ直ぐに私の手元に向かって、空間を突き進んできたんだろう。私と太陽の間に、妨げになるものはない。同じように私と宇宙の間にも、なんにも境目はないんだろう。

そんなことを考えていると、自分の体の中に閉じ込められた自分の感覚でいっぱいになる。宇宙と自分に境はないなんて壮大なことを考えているのに、感じるのはあくまで自分しかない。そんなこと考えてドキドキしていても、これぞまさにどうしようもない。

私にできることは、それを忘れて、「人間らしい生活」に没頭することくらいしかない。どうしようもない恐怖だからこそ、どうしても気になってしまう。「知る」ことで恐怖を和らげようとしているんだろう。

ついつい手に取るのは、天体や宇宙、物理の書籍かな。

月って怖いよね

ところで、夜、ふと目の中に月が入る。

ただじっと、音もなく、じっと、暗い空に浮かんで、じっとこっちを見ている。

じーっと、自分も月を見つめ返していると、なんだか急にゾッとしてしまう……。
そんなことありませんか?

月と暮らす 月を知り、月のリズムで
藤井旭
誠文堂新光社
(2011)

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

*