『脳はなにげに不公平 パテカトルの万脳薬』|人間の脳・習性のトリビア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。以前、池谷裕二さんの『脳には妙なクセがある』を読み、脳の特性って面白いんだなぁと知りました。

自分が“自分の意志である”と思っていることも、どうやらそうではなさそうだし、自分の考えってなんだ?自分ってなんだ?と混乱しちゃうくらい、ショッキングな読書体験でした。今回、また池谷裕二さんの『脳は何気に不公平』を見つけ、即、手に取りました。

脳は知らないことを知っている?『脳には妙なクセがある』

脳・身体にまつわるエトセトラ

『脳はなにげに不公平』は、脳や人間の身体・習性についての、たくさんのお話が紹介されています。

〈Ⅰ 幸運は伝染する〉では、日ごろ何となく感じていること。人の顔をパッと見ると、なんとなく性格が分かる。これは顔の位置を測ることで、コンピュータでも判断できることのようです。人は顔でその人の性格を判断している!?

また、完全にランダムで〈当たり〉を作っても、幸運な人と不運な人ができてしまうそうです。〈完全な公平〉に分配すると、貧富の差が現れてしまうふしぎ。

〈Ⅱ 人類2.0〉は、科学や遺伝子学の力の話。薬やドーピング、そしてDNAの話。

〈Ⅲ 脳の不思議な仕様〉では、脳が持っている特性の話。睡眠不足だと体重が増えるのはなぜ?なんて、気になる話題も。

〈Ⅳ 「心」を考える〉は、“人間らしさ”の話なのかな?

以上に挙げたように、スパッと完璧に話題が分かれているわけではないのですが、「脳」に由来する人間の習性や行動の雑学集ですね。

トリビア集的な楽しみを

脳科学の話題を一冊かけてじっくり解説する本ではありません。専門的な知識を深く知りたいなら他の本へ。それは先に紹介した『脳には妙なクセがある』も同じですね。専門知識を知るための本ではなく、とっつくにくいいイメージの脳科学に、親しみを感じるような構成です。また、「常識」と思い込んでいるようなことも、科学的に見ると捉え方をすると、意外な答があるかもしれません。

教養を深める系というよりは、トリビア集のように楽しくサクッと読むのがおすすめです。ただね、これをとっかかりに、次の読書に繋がる読書にしましょう。

これまでに紹介した“脳”に関する本

脳は知らないことを知っている?『脳には妙なクセがある』

『あなたの脳のしつけ方』|モテも運も努力も脳次第?

『脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方』

脳はなにげに不公平 パテカトルの万脳薬

目次情報

はじめに

Ⅰ 幸運は伝染する

不公平な世界の方が安定する
顔は性格を反映する
真似をすると好感度があがる
性の快楽はアルコールで埋め合わせ可能
自分の話をすることは快感
タダより高いものはない
「3人」以上は「みんな」
上流階級ほどモラルが低い?
自分の評価はなぜ高くなる
好調な人の運は伝染する
人の心を動かす“言葉”とは?
女性の勝負服は「赤」
ウソは目でバレる
自分が下す「判断」はとても曖昧
手を握るだけで記憶力は上がる
お金が「命の価値」を軽くする
仕入れたネタを話してスッキリ
見つめているから好きになる……
リフレッシュして記憶力アップ

Ⅱ 人類2.0

ゲームがもたらす良い効能
見ている夢を当てられる日も近い
外国語がペラペラになるかは遺伝子次第!?
脳の電気刺激で方向音痴は改善するか
人口増加の原因は「悪しき遺伝子」の温存!?
DNA変異は父親の年齢が鍵に
増強薬、あなたなら使いますか?
ついにハゲ治療に朗報か
言語マヒが生む天才!?
ハンディキャップが見事な芸術に
IQと遺伝子の複雑な関係
人間がこれ以上賢くならないわけ
脳の電気刺激で数学が得意に!?
愛犬と会話できる日
人類2.0の時代へ
人間の限界はどこか?
未来の自分は想像よりも変化する

Ⅲ 脳の不思議な仕様

「嘘つく能力」は脳の標準仕様
睡眠とは何なのか
男女で違う脳の使い方
寝不足になると脳がサボる
寝不足は太る
「見分け」の回路FFAのすごさ
「脳の活性化」は本当にいいの?
脳のデフォルトモード
“若者”でいることがうつ病に?
「我慢する姿」が相手を幸福に
脳細胞は年を取っても減らない

Ⅳ 「心」を考える

死んだら心はどうなるか
他人は痛みを感じているか
「無」の存在を脳は感じる
サルの恩返し
ヒトの善悪を科学で分析すると……
生命はどうやって誕生したか
白い音、白い匂いとは?
超能力は存在するか?
「自由」は行動してみてわかる
他人の感覚は共有できているか?
「恥ずかしい」は恥ずかしくない
くすぐったさはユーモアの原型
直感と理論は相反しない
直感は正しい
感情は表情よりも身体に表れる

初出一覧
参考文献

池谷 裕二(いけがや・ゆうじ)

1970年、静岡県生まれ。薬学博士、東京大学薬学部教授。神経の可塑性を研究することで、脳の健康や老化について探究している。2013年、日本学士院学術奨励賞。著書に『進化しすぎた脳』(講談社)、『脳はこんなに悩ましい』(共著・中村うさぎ/新潮文庫)、『ココロの盲点(完全版)』(講談社)など多数。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*