話し方で人生が変わるの?|『人は「話し方」で9割変わる』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「話し方」とは「聞く力」。

話し上手は、人生の幸せも変わっちゃう?

コミュニケーション力おそるべし!

「話し方」で何が9割変わるの?

『人は「話し方」で9割変わる』は、話し方やビジネス書の中で、評判の良い本らしいのです。

同じようにチェックしている本はいくつかありますが、タイトルにある“「話し方」で9割変わる”という言葉に、「ホント!?」と半信半疑になりました。

それに「変わる」と言っても何が変わるのでしょうか。気になります。

会話を作るのは「聞く力」

会話というのは、聞く人あっての「会話」です。

そりゃそうですよね。だけど、それを念押しで確認され続けると…ああ確かに、あさよるの話したいこと、好きなことばっかり一方的に話していたかもしれない…そう反省しました。

あるいは、相手が話し始めると、それが興味のない話だったらとっとと切り上げたり、人の話に割り込んだり…誰だってしちゃいますよね。しちゃってませんか?

「していない」と言い切れる人って、すごく稀だと思うんです。

まず、その大前提、話を聞いてくれる人がいてこその会話。そして、聞く力があってこその、話す力なのだと、改めて知らしめられました。

聞いてくれる人が居てこその「話し方」

聞いてくれる人がいてこその会話ですから、聞いてくれる人を不快にしたり、退屈させていはいけません。話し相手があってこそなのですから。

それに、人と対話している内に、思ってもみない話の展開が待ち受けていたり、想定外の結論に至ったりします。頭の中で考えていても行き着かなかった発見や気づきが得られるのも、会話のスゴイところ。

ですから、話し相手に感謝を忘れないように。そして、あさよるも誰かの良い話し相手になりたいと思いました。

聞いてくれる人への配慮を忘れない

話を聞いてくれる人には、感謝の気持ちを忘れてはいけません。ですから、論破してやろうとか、言いくるめてやろうとか、フトドキなそうう考えは捨てましょう…反省…orz

さらに、話題の選び方にも注意です。明らかに興味のないような、盛り上がらない話を押し付けるのは自分勝手ってもの。会話の仲間みんなが、盛り上がれる、共感できるような話題選びを。

その通りですね。その通りだけど…そう出来るものならやってるよ…と言いたくもなっちゃったり。

コツコツと視野を広くネタを集めたり、どんな相手とも話題を振れるような「準備」が大事なのかなぁと思いました。だから、テレビを見たり、流行をチェックするのも大事です。

あと、「好き嫌いしない」っていうのもポイントかなと思います。嫌いなものには、全く興味わきませんからね。どんなものにも、好意的に情報をキャチする柔軟さが欲しいですね。

「どう見られているか」を気にしてる?

『人は見た目が9割』なんてタイトルの本も話題になりましたね。

人の第一印象は、出会った最初の一瞬で決まるとも言いますし、「見た目」に気を配ることは、話し上手さんには当たり前のことなのかもしれません。

「見た目」と言っても、生まれながらの姿形、見目の話じゃないですよ。

いつも笑顔でいる、とか、話しかけやすい雰囲気とか。挨拶をきっちりする、というのも「どう見られているか?」を左右する大事な要素ですよね。

あさよるも振り返ると…ちゃんと出来てるのかな?と不安になってしまいます。できていると思いたい…(_ _;)

そばにいる人との「話し方」

「話し方」の本はいくつか読みましたが、だいたいね、シチュエーションが決まってるんですよ。

「はじめまして」の人との話し方。大勢の前での話し方。社内で上司や部下との話し方。そして、取引先やお客様との話し方。

ですが、家族との話し方が扱われているのは、あさよるが読んだ中では『人は「話し方」で9割変わる』がはじめてな気がします。

夫婦や恋人同士は他人です。最低限の気遣いは必要ですよね。お互いに忙しく、疲れているのは分かっているのですから、労いや思いやりのある「話し方」ができるといいなぁと思います。

友人や、親しい仲間ともそうですよね。近い関係だからこそ、「話し方」を大事にしたいです。

会話上手は、楽しく生きる大事なポイント

『人は「話し方」で9割変わる』と言われると、「そんな大層な」と言いたくなります。

だけど、考えてみると、話し方が変わると、人間関係が変わる。人間関係が変わると、人生そのものが変わります。

いちいち、話す度に波風が立ち、角が立っていては、なにも話が前に進まないですよね。特に、そばにいる人を大事にする。これは、自分の幸せに直結する大問題じゃないかなぁ。

いつでも、やわらかな物腰で、誰の話も聞ける力が欲しい。そのために、まずはちょっとだけ、そばにいる人の話を、じっくり聞くよう気をつけたく思いました。

人は「話し方」で9割変わる

目次情報

はじめに

第1章 話し方次第で、人生は変わる
▶人の心が読めれば臨機応変に対応できる

楽しい人生は「上手な会話」から始まる
会話は筋書きのないドラマのようなもの
この三点が「会話上手」への第一歩
1 新鮮で相手に合う話題を選ぶ
2 相手や場の状況を読みとる
3 相手に応じて出力を変える
異論・反論を越えて理解を深める
1 話は受け手が意味を決定する
2 “違う意見”に出会うのも会話の楽しみ
3 結果を気にせず伸び伸び話す

第2章 初対面で心をつかむ話し方
▶言葉だけでなく表情・動作も大事な要素

「人間関係」があって会話は成り立つ
どう見られるか、“第一印象”に気を配る
1 笑顔には魅力がある
2 アイ・コンタクトで相手の心をつかむ
3 お辞儀には“人となり”が表れる
「アイ・コンタクト」の練習をしよう
1 相手より一秒長く
2 話し方教室での練習方法
“先手のあいさつ”がこんなに効果的!
1 あいさつには“相手を変える”力がある
2 反応を見ながら対応する
3 相手が話にのってこないときはどうするか
会話が途切れない、初対面にふさわしい話題

第3章 身近な人と“いい関係”を保つ話し方
▶さり気ない言葉・他愛のない話の効用

つい怠りがちな“身近な人”との会話
1 他愛もないやりとりが潤滑油になる
2 「一緒に」「共に」こそが会話の精神
3 家庭ないでも必要な情報交換
“話しにくい人”から抜け出す方法
1 ものが言いにくい状況を自分でつくっていないか
2 自分から言いやすい状況をつくるコツ
3 「忙しい」を連発すると会話のチャンスを逃す
会話がはずむコミュニケーションの三条件
1 相互性――会話のキャッチボールを心がける
2 水平性――同じ背丈でのやりとりが大事
3 対面性――思いがけなさが会話のいのち
「物理的な距離」と「心の距離」とは?
1 相手との間の物理的な距離
2 心の距離のとり方――つかず離れず、会話上手になるには
人間関係を“修復する”ための会話
1 自分から朝一番で詫びる
2 早い時期に率直に話し合う
3 関係の修復は自分から

第4章 「話す力」は「聞く技術」で磨かれる
▶聞きながら相手をリードする方法

「聞く」ことは「話す」ことである
1 「聞く」のも表現と考える
2 「聞き手」が「話し手」を考える
3 「会話の順番取りシステム」とは
会話を楽しくする「聞き方」の秘訣
1 リラックスして心を開いて聞く
2 あいづちの打ち方に変化をつける
3 相手の話を横どりしない
4 きっかけになる話題を用意する
5 あなたはどんな聞き方をしているか
「質問」で会話を盛り上げる
1 質問は相手への興味・関心から生まれる
2 相手に話してもらうための質問
3 質問と詰問――どこが違うか

第5章 「話し方で9割変わる」具体例
▶仕事・恋愛・人間関係にスグ効く

「話の返し方」で展開がガラリと変わる
1 相手の意図を察知する
2 視点を少し変えてみる
3 内容を具体的に話す習慣を
4 落ち着いて相手の話をよく聞く
自分の気持ちを上手に伝える表現法
1 だれにも意見を述べる権利がある
2 肯定的な表現を心がける
3 会話におけるウソとホント
「ユーモア会話」のすすめ
1 ひと呼吸おいて自分を見つける
2 角度を変えてものを見る
3 めげないでダジャレを飛ばす

福田 健(ふくだ・たけし)

1961年、中央大学法学部卒業後、大和運輸(ヤマト運輸)に入社。1967年、言論科学研究所入所。指導部長、理事を歴任。1983年、(株)話し方研究所設立、同研究所所長に就任。2004年、会長。コミュニケーションを軸にした講演、講座に出講。また、話し方研究所主催のセミナーでも直接指導にあたる。主な著書に『頭のいい人は質問が上手い』(弊社刊)、『「うかつな一言」で後悔しない話し方』(成美文庫)、『コミュニケーション・センス』『上手な聞き方・話し方のの技術』『人の伸ばすほめ方・叱り方』『交渉力を鍛える本』『なぜ人は話をちゃんと聞かないのか』などがある。

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメント

コメントを残す

*