『ツボに訊け!―鍼灸の底力』を読んだよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
経絡図のイメージと鍼と灸治療のイメージをコピックで描いたイラスト

経絡図のイメージと鍼と灸治療のイメージをコピックで描いたイラスト

「ツボ」「経絡」「経穴」という言葉をあちこちで目にします。
肩こりや腰痛などの改善に自分でツボを調べることもありますし、整骨院に人体のツボが書かれた人体図を見たこともあります。

最近では、エステや美容関連の話題でも「ツボ」や「経絡」という言葉が使われていることを目にします。
「耳つぼダイエット」と言って、金属の小さな玉をシールで固定することで、食欲を軽減できる……などという、「そんなうまい話があるのだろうか……」という施術も、エステサロン等で人気なようです。

私たちは「ツボ」というものが体にあることは、なんとなく知っていて、生活の中でも多用します。
私も「車酔い防止のツボ」や「頭痛に効くツボ」を教えてもらい、イザと言う時は藁をもすがる気持ちで指でギュギュと指圧することも少なくありません。

しかし「ツボ」ってこんなに身近で、よく知っているはずのものですが、なにも知りません。不思議な存在です。
本当に効果があるのか。
迷信ではないのか。
気持ちのものではないのか。
「ツボ」という謎の存在が気になり『ツボに訊け!』を読みました。

「ツボ」「経絡」「経穴」……よく聞く言葉だけどよくわからない

ツボ、鍼、灸……東洋医学って信用できるの?

鍼灸をはじめとする東洋医学をどこまで信頼してもよいのか分かりません。
中には効果があるものもあるでしょうが、中には迷信や意味のないものもあるでしょう。
以前、私も鍼治療を受けたことがあり、治療自体は気持ちが良かったのですが、「こんなことで本当に効くのだろうか」と気になってしまい、疑問に思いながら治療費を出し続けることを断念してしまいました。
同じように、実は漢方薬にも苦手意識があり、倦厭してしまいます。
東洋医学に効果がないとは思いませんが、自分に必要な処方を施してくれる鍼灸医や漢方医を見つけ出す方法がわかりません。

鍼灸の治療ってなんだか怖そう

お灸をすえてもらったこともあります。
鍼治療は鍼灸医で受けましたが、灸は腹痛を訴えたとき、素人の方に艾(もぐさ)をおでこに乗せられ、すえられました。
鍼はプロの先生に言われるがまま治療してもらったので、怖さも不安もなかったのですが、素人による民間医療としての灸は恐ろしかったです。

治療費がわからない

鍼灸の治療は保険適応外のことが多く、治療の価格は鍼灸院によって様々です。
価格体系がよくわからないことも、鍼灸院へ行く機会を減らしているかもしれません。
鍼灸治療をどういうタイミングで行えばよいのかも分かりません。

積極的に鍼灸治療を取り入れてもよさそう?

西洋医学と東洋医学、両方からのアプローチを

大学の講義で漢方についての授業を受けました。
漢方は西洋医療の苦手とする分野をサポートすることができ、西洋医療的治療と漢方の両方からアプローチすることで、より治療に効果的だという話でした。
同じことが鍼灸にも期待できるのかもしれません。

漢方の授業では「漢方薬は効果がある。効果があるからこそ、飲み合わせや副作用により害も生む。自分の勝手な素人判断をせず、医師と漢方の知識のある薬剤師と相談しながら使うこと」と知りました。
「漢方には副作用がない」と誤った知識を持っている人がいたり、闇雲に漢方をどんどん飲んでしまうことは、漢方を薬として効果を信じていないことです。
あくまで「薬」なのですから、作用も副作用もあります。
同じように、鍼も灸も効果があるものだとすれば、素人判断で施すことは慎重になった方が良さそうです。

『ツボに訊け!』では、経絡や経穴などは迷信だとハッキリと書かれています。
しかしながら、鍼灸によるツボへのアプローチは確実に効果があるとも書かれていました。
迷信も混在した世界のようではありますが、ある程度は信頼に足るようです。

自分の体の不調を取り除くことが目的なのですから、体が楽になれば患者としては万々歳です。
試してみる価値はありそうです。
ただ、鍼灸医によって技術やポリシーは様々で、医師との相性もあるようですから、いくつかの鍼灸院をはしごして回す必要もあるようです。

経験では、鍼治療は気持ちよかった

私が鍼治療を受けた感想は、足に数本の鍼を刺され、重い鈍痛のようなもの少し感じましたが、どんどん体がポカポカと温かくなりなんとも言えない気持ちよさでした。
ただ、3回位で治療に通うのをやめてしまったので、効果の程は分かりません。
当時は、東洋医学への不信感が拭えず、やめてしまったのです。

体に鍼を刺す痛みは全くなく、衛生面も特に気になりませんでした。
『ツボに訊け!』を読み、鍼灸治療への見方も変わり、今後は鍼灸もアリかなぁと思いました。

治療費は自分で調べるしかなさそう

保険の治療が効かない場合は、治療費がやや高額な場合が多いでしょう。
値段の高い安いと、鍼灸医の腕や相性とは関係がなさそうなので、自分がいいと思うところを見つけ出すしかなさそうです。

現在は鍼灸を受けられるエステサロンも増えています。
美容や痩身のためにツボの力を使うのでしょうが、こちらはまだまだ新しい分野で、効果の程はわかりません。
エステ価格になるので、より高額な場合が多いでしょう。

これは、一件一件自分の足で鍼灸院を探すしかなさそうです。

ツボに訊け!―鍼灸の底力
寄金 丈嗣
筑摩書房
(2008)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメント

コメントを残す

*