『BOOK BAR』|本の中に友人を見つけることもある

  • LINEで送る

こんにちは。あさよるです。みなさん「BOOK BAR」ってラジオ番組をご存知でしょうか。あさよるは今回、ラジオ番組が書籍化された『BOOK BAR』を手に取って知りました。毎週1時間、本を紹介する番組らしくって、ぜひ あさよるも聞きたい番組です。

で、本書『BOOK BAR』も想像以上に楽しく読める本でした。著者の杏さんと小倉眞一郎さんのお二人とも、ほんとに好きな本を紹介しあっていることが伝わって、本を読むってやっぱ楽しいことだよなぁと感じました。あさよるは乱読するタイプですが、本書で紹介されている本もジャンルも様々で、絶対一冊は気になる本が見つかるんじゃないかと思います。

杏ちゃん! 仲間やないか!(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ

『BOOK BAR』は杏さんと大倉眞一郎が本を紹介しあうラジオ番組が書籍にまとめられたもの。番組では1000冊にも及ぶ本が紹介されたそうですが、その中から厳選された本が紹介されています。

で、杏ちゃん! あなた! おまおれか! と叫ばずにはいられない。だって、一冊目に紹介されているのが池波正太郎の『幕末新選組』なんだもの! 杏さんは新選組が大好きで、新選組小説ならすべて揃っているという。ちなみに好きな新選組隊士は原田左之助らしいです。

んで、杏さんのWikipediaのページを見ますと、「趣味・特技・嗜好」はもう、「お前は俺か」と。自分のプロフィールかと思ったよ(その項目以外は何もかも違う)。「歴女」って言葉が流行語大賞に選ばれたとき、杏さんが受賞されたそうで、杏さんのそんな側面を知りませんでした。

吉村昭『大黒屋光太夫』を挙げちゃうところとかね。あさよるもこの本好きだった~。

「読書感」も共感!

途中、短いコラムが挟まれているんですが、そこで語られる読書感も自分に近く共感しました。

杏さんは「趣味は読書」という表現に違和感があり、「読書好き」くらいがちょうどいいと書かれていました。あさよるもこれは同じで、「読書って習慣のもんでしょ」と思っているから、「自分の趣味は読書だ」という言い回しが自分には当てはまってない気がしていました。だから「趣味が読書」な人と交流を持っても、なんだか申し訳ないような気持ちになってソワソワとしていたのです。

また、小倉さんは「活字中毒」について。『「私って活字中毒な人じゃないですか~」と寄ってこられると蹴飛ばしたくならない?』と本音を吐露しておきながらw、だけど活字の中毒症状について書かれています。確かに自分で自分を「活字中毒」なんて思わないし、そう称することにも違和感がありますが、だけど「活字中毒」としか言えない禁断症状が出てくるのも事実。「読む本がない」という手持無沙汰は慣れませんね。「活字中毒」とは認めなくないものの、どうしようもなく活字中毒である。

コラムは4つしか収録されていないのですが、共感しまくりでした。

読みたい本ザクザク

杏さんの歴女っぷり、とくに新選組好きに興奮してしまっていますが、『BOOK BAR』ではさまざまなジャンルの本が紹介されています。次読みたい本もいくつも見つかります。

「BOOKS BAR」ラジオ番組なのですが、この番組はあさよるの住む大阪でも聞けるんでしょうか……毎週、杏さんと小倉さんそれぞれが1冊ずつ本を紹介する形式になっているようで、すごい。あさよるもぜひ聞きたい番組です。

以下、自分メモ…φ(..)

番組DETA:毎週 土曜 22:00~22:54

あさよるが読みたいと思った本

  • 池波正太郎『幕末新選組』
  • ポール・デイヴィス『幸運な宇宙』
  • ヴィカス・スワラップ『ぼくと1ルピーの神様』
  • 半藤一利『幕末史』
  • ポール・オースター『幻影の書』
  • 野村みち『ある明治女性の世界一周日記』
  • ジェームス・ガーニー『ダイノトピア』
  • ダニエル・L・エレヴィット『ピダパン』
  • アレン・ネルソン『「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?」』
  • 高野秀行『謎の独立国家ソマリランド』
  • 野々村馨『食う 寝る 坐る』
  • 高橋団吉『新幹線を走らせた男』
  • 栗原康『村に火をつけ、白痴になれ』

ついでに、あさよるも読んだことある本は

  • 池波正太郎『幕末新選組』
  • 森絵都『カラフル』
  • 半藤一利『幕末史』
  • 森薫『乙嫁語り』
  • 吉村昭『大黒屋光太夫』
  • 西岡常一『木に学べ』
  • 三島由紀夫『葉隠入門』

あたり。読みたい本をかぶってるのは、「また読みたい」ってことでw 昔に読んだ本は忘れちゃうので、ときどき同じ本を読み返したいですね。

本好きにあえて嬉しい!

今回『BOOK BAR』を読んで、すごく共感できたし、本を読む面白さが伝わって「ああ、仲間がいるんだなぁ」ととても嬉しい気持ちになりました。とくに杏さんは、あさよると同年代の方で、同じような情報に触れて、同じような趣味を持ってるんだなあと思うと、特別な気持ちになりました。

失礼ながら、あさよるはこれまで杏さんのことをあまり知らなかったので、本を通じて友だちができたような心強い気分です(「タイムスクープハンター」は見てましたよ!)。「新選組好き」という点では、多分あさよるより杏さんのほうが詳しいだろうから、ぜひ杏さんの案内で新選組本を読みたいなぁ。

あさよるはいわゆる「乱読」するタイプで、小説をたくさん読まれる方とはジャンルが違っているし、かといって実用書ばかり読むわけでもないし、好きな本を好きなときに好きなだけ読んでるだけなので、目的もなければ方向性もありません(苦笑)。だからあまり「同じような本の読み方をしてるな」って人に出会う機会が少なかったのですが、この「BOOK BAR」の企画はあさよるの読書傾向に近い気がしました。

本って単に情報をもたらすものや、感動を呼び起こすものだけでなく、本の中に友人を見つけることもできるのです。今回、なんだか新しい友人と出会ったようで、とても心強い気持ちになれました(`・ω・´)b

関連記事

BOOK BAR: お好みの本、あります。

BOOK BAR: お好みの本、あります。

BOOK BAR: お好みの本、あります。

  • 作者:杏,大倉 眞一郎
  • 出版社:新潮社
  • 発売日: 2018-02-27

目次情報

本から始まる四方山話~はじまりにかえて~ 杏

一番遠くて近い、魅力的なヒーロー
『幕末新選組』池波正太郎
文春文庫

科学者ですら神を信じたくなる宇宙の超偶然
『幸運な宇宙』ポール・デイヴィス
日経BP社

すっきりさっぱり、14歳の自分に会いたくなる
『カラフル』森絵都
文春文庫

自分の前世を追ってイタリアへ!
『前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って』森下典子
知恵の森文庫

爆発的な面白さ! 映画『スラムドッグ$ミリオネア』原作
『ぼくと1ルピーの神様』ヴィカス・スワラップ
ランダムハウス講談社

佐幕派も討幕派も入り乱れる幕末を一挙におさらいできる!
『幕末史』半藤一利
新潮社

バベルの塔は実在した!? 言語が語る不思議
『世界の言語入門』黒田龍之助
講談社現代新書

今も受け継がれる「武士道」の女性版!
『武士の娘』杉本鉞子
ちくま文庫

乱暴な魅力を切り取った、ブレない写真集
『凶区 Erotica』森山大道
朝日新聞社

骨はなんでも知ってる
『骨が語る日本史』鈴木尚
学生社

老若男女に愛される、火を噴く作家
『生きてるだけで、愛。』本谷有希子
新潮社

大河にピッタリ! 幕末に活躍した男装の麗人
『アラミスと呼ばれた女』宇江佐真理
講談社文庫

読んでいなかったのは犯罪級! 圧巻のストーリー
『幻影の書』ポール・オースター
新潮社

歴史上の有名人に会いまくりの世界一周
『ある明治女性の世界一周日記 日本初の海外団体旅行』野村みち
神奈川県新聞社

どこかにあるかもしれない、人間と恐竜が共存する王国
『ダイノトピア 恐竜国漂流記』ジェームス・ガーニー
フレーベル館

中身は何も言えない「小説好きの方のための小説」
『わたしを離さないで』カズオ・イシグロ
早川書房

戦国好きにはたまらない、有名武将の新たな一面!
『伊達政宗の手紙』佐藤憲一
洋泉社MC新書

あなたの知らない東京の別の顔
『ワシントンハイツ GHQが東京に刻んだ戦後』秋尾沙戸子
新潮社

圧倒的なリアリティをもった姥捨て伝説
『楢山節考』深沢七郎
新潮文庫

時を忘れる異文化マンガ
『乙嫁語り』森薫
エンターブレイン

人間に一番近い動物、熊に対する執念!
『熊 人類との「共存」の歴史』ベルント・ブルンナー
白水社

陰謀論渦巻く、江戸時代のロシア漂流記
『大黒屋光太夫』吉村昭
毎日新聞社

「肉」に思いを馳せる
『世界屠畜紀行』内澤旬子
解放出版社

伝統協議なのに、真相はわからないことだらけ
『おすもうさん』高橋秀美
草思社

飛鳥時代がピークだった!? 日本の建築技術
『木に学べ 法隆寺・薬師寺の美』西岡常一
小学館

アメリカの夢と孤独を描いたおとぎ話
『ホテル・ニューハンプシャー』ジョン・アーヴィング
新潮社

現代社会と隔絶された、摩訶不思議な民族
『ピダハン 「言語本能」を超える文化と世界観』ダニエル・L・エヴィエット
みすず書房

ある子どもからの、心に突き刺さる問い
『「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?」 ベトナム帰還兵が語る「ほんとうの戦争」』アレン・ネルソン
講談社

死んだはずが生き返った? 生と死の意味を問う
『空白を満たしなさい』平野啓一郎
講談社

実はやわらかな門外不出の人生訓
『葉隠入門』三島由紀夫
新潮文庫

危険地帯に囲まれた、なぜか平和な謎の国
『謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア』高野秀行
本の雑誌社

光の当たらないヒーロー
『無私の日本人』磯田道史
文芸春秋

壁の花だった高校生が心のドアを開けていく……!
『ウォールフラワー』スティーブン・チョボスキー
集英社文庫

食べ物が好きすぎるという執念が生んだ、楽しい辞書
『たべもの起源事典 日本編』岡田哲
ちくま学芸文庫

わからなくても、面白い! 素数の世界
『素数の音楽』マーカス・デュ・ソートイ
新潮社

仏教界一厳しい寺での素人修行体験
『食う寝る坐る 永平寺修行記』野々村馨
新潮文庫

日本のマジックリアリズム! 引き込まれて抜け出せない
『夜は終わらない』星野智幸
講談社

時代の荒波と恋と歌……。胸をかきむしられるストーリー
『恋歌』朝井まかて
講談社

過剰な生命力に溢れる、超重量級の一冊
『ぶっぽうそうの夜』丸山健二
河出書房新社

冒頭15ページで摑まれる、圧巻の狩猟小説!
『邂逅の森』熊谷達也
文藝春秋

困惑しつつ納得する、未経験の小説体験!
『太陽・惑星』上田岳弘
新潮社

「戦争を知らない子供たち」に向けた、豪快すぎるメッセージ
『雑兵物語 おあむ物語 附おきく物語』中村通夫・湯沢幸吉朗(校訂)
岩波書店

夫婦の間の「伝わっているはずだ」の落とし穴
『永い言い訳』西川美和
文藝春秋

本でなければ味わえない! 「行けない」ガイドブック
『秘島図鑑』清水浩史
河出書房新社

初心者にも! “はぁ~、キュン♪”とできる時代小説
『おさん』山本周五郎
新潮文庫

百戦百敗、七転八起の苦節の物語
『新幹線を走らせた男 国鉄総裁十河信二物語』高橋団吉
デコ

記憶のドアを開いて、50年前の自分に出会える本
『かえりみち』森洋子
トランスビュー

自由すぎる女性アナーキストのぶっとび評伝
『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』栗原康
岩波書店

戦後まもない日常のつぶやきから感じる戦争の真実
『夫人の新聞投稿欄「紅皿」集 戦争とおはぎとグリンピース』西日本新聞社編
西日本新聞社

自らが問われる、究極の選択
『テロ』フェルディナント・フォン・シーラッハ
東京創元社

楽しさと緊張感と~おわりにかえて~ 大倉眞一郎

COLUMN
趣味は読書?
この本の主題は 大倉眞一郎
好きなジャンル 杏
活字中毒 大倉眞一郎

杏 × 大倉眞一郎 BOOK BAR 巻末スペシャル対談
BOOK BAR 紹介書籍リスト(2008~2017年)

杏(あん)

1886年、東京都生まれ。2001年モデルとしてデビュー。2005年から海外のプレタポルテコレクションで活躍、2006年ニューズウィーク誌「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれる。2007年井女優デビューし、『名前をなくした女神』(2011年)で連続ドラマに初出演する。HNK連続テレビ小説『ごちそうさん』(2013年)でヒロイン役を務めるなど、女優業を中心にナレーターや声優など多彩な活躍を続ける。2008年より「BOOK BAR」のナビゲーターを務める。

大倉 眞一郎(おおくら・しんいちろう)

1957年、熊本県生まれ、山口県下関育ち。1980年、慶應義塾大学文学部東洋史学科卒業。同年、広告代理店・株式会社電通に入社。J-WAVE開局専任担当を務める。1990年から1997年までロンドンに勤務。1997年、帰国と同時に電通を退社する。J-WAVE「TOKYO TODAY」ナビゲーター、広告会社経営を経て、現在はクリエイティブディレクター、フォトグラファーとしても幅広く活躍中。2008年より「BOOK BAR」のナビゲーターを務める。

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメント

コメントを残す

*