『STUDY HACKS!』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先日紹介した『READING HACKS!』のシリーズを読もうと、本書『STUDY HACKS!』を手に取ったのですが……。

この二冊の本、著者が別の方だった~!記事を書く段になって気づきましたw

(↑↓似てるよね!!?)

『READING HACKS!』|いつでもアウトプットできる読書

本書の著者は小山龍介さん。広告関連の方で、この「HACKS!」シリーズを手がけてらっしゃるようです。

表紙もおしゃれだし、読んでてテンションが上がるシリーズです。もっと読みたい^^

バージョンアップが必要

まず、本書『STUDY HACKS!』は2008年に出版された本です。ですので、2008年の時点での最新のアイテムが紹介されています。

現在(2017年)は、そこから9年分の技術革新により、よりコンパクトでハイスペックな機器をあたり前に所持している我々がいるのです……。

ですので、電子機器を使ったHACKSはそのままでは使えません。というか、たった9年間でこんなに変わってしまったのかと驚き(◎o◎)

ちなみに、著者の“勉強7つ道具”が冒頭に紹介されています。

  • 1.iPod
  • 2.ノイズキャンセリング機能付きヘッドホン
  • 3.ICレコーダー
  • 4.モバイルパソコン
  • 5.モレスキン
  • 6.はさみとのり
  • 7.100円ノート

【番外編】

  • デジタルカメラ
  • Nintendo DS

今では“スマホ”一台で兼用するものが多いですね。

2017年バージョンだと、スマホ+ヘッドホン+はさみ、のり、ノートの組み合わせかな?

これから新しく読まれる方は、Kindle Unlimited を利用されるのがいいかも?(2017年2月現在)

勉強法・思考法

アイテムはどんどん古くなってしまうのは仕方がありませんが、肝心の勉強の仕方、考え方は変わりません。

「根性」や「ヤル気」に逃げず、便利なアイテムと科学的な考え方をどんどん取り入れる姿勢は良いなぁと思います。

さらに勉強法として、姿勢や呼吸にまで言及されているのが楽しい。

そうそう、なにかに取り組むって、頭や手先を使うのではなく、全身を使うものです。

大人のSTUDY

本書『STUDY HACKS!』は大きく、

  • ツールハック
  • 環境ハック
  • 時間ハック
  • 習慣ハック
  • 試験ハック
  • 語学ハック
  • キャリアハック

以上、7つの“ハック”に分かれています。

ツールハックは、STUDYに使う道具の紹介。時代とともにツールが進化しているので、今に相応しい道具を選ぶ必要があります。

環境ハックは、STUDYの時間帯や場所、集中力を高める証明や飲み物、インテリアなどです。環境を整えましょう。

時間ハックは、STUDYの時間のつくり方。スケジュールの立て方。計画を立て、すきま時間を利用する方法です。

習慣ハックは、STUDYへの姿勢ですね。根性論や努力で押し切らず、冷静で計画的に勉強をします。SNSを上手に使ったり、自分へのご褒美を用意するのも有効。勉強しやすい習慣づくりをしましょう。

試験ハック、試験当日に合格点を取れる能力の身につけ方です。効率よく、時にはスクール等を利用して勉強しましょう。

語学ハックは、英語学習指南ですね。駅前留学しなくても、独学で勉強もできます。

キャリアハックは、STUDYで身につけた知識を、付加価値にしていくことですね。最終章でサラッと書かれていますが、いちばん大事なステップかもしれません。

なんとなく「独学」「自習」っていうと、険しい道程にように思えてしまいますが、こうやって細かくSTUDY HACKとして分けて提示されると、デキそうな気がします^^

STUDY HACKS!

STUDY HACKS!

STUDY HACKS!

  • 作者:小山 龍介
  • 出版社:東洋経済新報社
  • 発売日: 2008-02-28

目次情報

はじめに

Chapter1 ツールハック 機能と形態

01 iPodを活用した「ラク耳勉強法」
02 先生の口調から思考を真似る
03 ICレコーダーで知識を音声化する
04 ヘッドホンで「別荘」を手に入れる
05 DVDは繰り返し勉強できて安上がり
06 モバイルパソコンで人に教える
07 マインドマップで全体像を把握する
08 Wikiで自分辞書を作る
09 勉強ノートをGoogle Documentsで共有する
10 はてなブックマークをRSS購読する
11 単語カードをiPodで代用する
12 Nintendo DSでゲーム感覚の勉強
13 専門誌を定期購読して、さらに切り抜く
14 100円ノートを多機能ノートに変える
15 機能と形態

Chapter2 環境ハック 身体と環境

16 シータ派の効能
17 お気に入りの喫茶店を勉強部屋にする
18 自習室を借りて勉強する
19 夜の散歩でリスニング暗記
20 勉強合宿で集中学習
21 香りで集中力をコントロールする
22 勉強に効くハーブティー
23 部屋の照明を落とす
24 黄色いものを周りに置く
25 まず机のそうじから始める
26 お経を聞いて集中する
27 締め切り効果を使った図書館活用法
28 室温調節は最低限にする
29 腹式呼吸で雑念を消す
30 あぐらをかく
31 身体と環境

Chapter3 時間ハック すきまとながら

32 長時間勉強しない
33 すきま時間を活用する
34 通勤に時間をかける
35 ながら勉強で時間倍増
36 長時間眠る
37 講義を受けて強制的に勉強する
38 テストで締め切りを設定する
39 年間計画を立てて「積立預金」する
40 勉強カレンダーをつける
41 問題集の隅に終了日を書き込む
42 早寝をアウトプット学習に充てる
43 連休を使って集中的にアウトプット学習する
44 すきまとながら

Chapter4 習慣ハック 愛着と定着

45 根性で勉強しない
46 マイ勉強ボタンを押す
47 家庭教師ではなくコーチをつける
48 コーチをつけるのではなく、自分がコーチになる
49 勉強仲間を作ると途中で挫折しにくい
50 ブログやSNSで進捗を報告する
51 極上のスイーツを食べる
52 目につくところにテキストを置く
53 5年後の自分の姿に名前をつける
54 最先端の研究を学ぶ
55 勉強でアハ!体験する
56 愛着と定着

Chapter5 試験とハック 選択と集中

57 問題集は答えから先に読む
58 正解した問題は二度とやらない
59 経験記憶を活用して丸暗記をやめる
60 教科書をさかさまに読む
61 ワンポケット原則に基づく教科書の使い方
62 3色ボールペンでプライオリティをつける
63 通勤の駅にあわせて整理する
64 覚えたことはできるだけ忘れる
65 ヤマを張る
66 各予備校の解説を見比べる
67 試験では得意分野から問題を解く
68 試験直前に受験を思い立ち、申し込む
69 食事は腹八分、お酒は断つ
70 適切な難易度の試験を選ぶ
71 選択と集中

Chapter6 語学ハック リズムとゆらぎ

72 ペーパーバックを多読する
73 たった1000語でも英会話はできる
74 Nitendo DSで単語を暗記する
75 DVDで笑いながら英語を習得する
76 カラオケ感覚でシャドーイングする
77 決めゼリフ丸暗記する
78 iTunes Uで海外留学する
79 リズムとゆらぎ

Chapter7 キャリアハック STUDYとSTUDIOUS

80 キャリアのブルーオーシャン戦略
81 会計を学んで水平展開する
82 方法記憶で「学習の転移」を起こす
83 勉強したことをすぐに実践する
84 ダブルキャリアを目指す
85 勉強で広げる人脈術
86 勉強の費用対効果
87 仕事を「ケーススタディ」に変える
88 師匠を持つ
89 STUDYとSTUDIOUS――人生に熱中するための勉強

小山 龍介(こやま・りゅうすけ)

1975年福岡県生まれ.京都大学文学部哲学科美学美術史卒業.大手広告代理店勤務を経て,サンダーバード経営大学院でMBAを取得.
現在,松竹株式会社プロデューサーおよび松竹芸能株式会社開発室長として,歌舞伎やお笑いをテーマにした新規事業立ち上げを行っている.
ISIS編集学校師範代・代匠.

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*