『肌断食 スキンケア、やめました』|基礎化粧品って化粧品なのね…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。肌断食をしている あさよるです。

いや、「肌断食しよう」って意志はまったくないのですが、結果的に「こういうの“肌断食”って言うんじゃね?」という状況になっているのです。

知人がスキンケアをしない美容法についてSNSに投稿しているのを見て、とりあえず『肌断食』という名前の本を取り寄せたのでありました。

スキンケアやめたら肌キレイになった件www

『肌断食 スキンケア、やめました』。内容は、スキンケアの一切をやめてみたらどうなるか!?という自分の身体を使った実験の経過を記したものです。

著者は翻訳家で、出版の世界の近くにいらしたから、こうやって書籍にまとまっている。きっと、違う分野でご活躍してらしたなら、ブログに経過を綴り、ブロガーとして活躍なさっていただろう!

そんな感じで、スキンケアをやめてみたwwwという唐突な出だしから始まり、1年強の間、クリニックで経過を見つつ肌の変化を記録されています。

著者は翻訳家です。医師でもなければ美容家でもありません。

ですから、非常に行き当たりばったり的だったり、科学的な裏付けもありません。あくまで、実録の体当たりレポなのです!

余談ですが、その「科学的でない」ってのは徹底されていて、なんてったって根拠として「ためしてガッテンで見た!」なんて情報まで飛び出します。

もうね、これ、意図的なんでしょう。意図的に徹底的に「体当たり」のみに焦点を絞っているのが、スゲー!と感動しました。なぜって、これを御年70を迎えようかという女性がトライしているのも感動!

女性の、美の追求は尽きません!

「肌断食」の“正しい”方法はわからない

『肌断食』を読んでも、「正しい肌断食法」はわかりません。

あくまで、著者は「この方法でやったでー」という体当たり記録ですからね。

我々、社会生活をしていますから、ある日突然顔に塗るものの量や種類が変わったら、慣れるまで調子が狂うのではないのかな?と思わなくもありません。

なぜなら、ガタガタザラザラの素肌を、化粧品を使ってスムースに塗りつぶすのが基礎化粧品の仕事だからです。

なので、スキンケアしてない、ガタガタザラザラの肌こそが、自分の本当の肌の姿……この素肌のコンディションを上げいくことが大切なのですが、基礎化粧品を使い続けていると、基礎化粧品後の肌が自分の肌だと勘違いしちゃうんですね……。

ということで、突然スムースじゃなくなったら、これまでのメイクテクニックが使えなくならない?

思い込みしてるなら、眼から鱗かも

著者は「スキンケアをやめても構わない」という知識に触れたとき、天動説を信じていたのに、地球が太陽の周りを回っていたのか!と気づいてしまったと喩えておられます。

そんな大げさな……と言いたくなりますが、マジで、それくらいの発想の逆転が起こりるんです!

もちろん、そもそも事実とは逆さまに理解した自分が過去にいるのですが……。

それは、基礎化粧品は、肌のザラつきや凸凹を補正するための「化粧品」だ、ということです。そもそも基礎“化粧品”なんですから、化粧品であるに決っているのですが、肌がきれいになる「魔法の薬」のように感じていませんか?

もし、基礎化粧品を使えば、薬のように「肌を治す」ようなイメージがあるなら、それは間違いです。あくまで「キレイに“見せる”」ものです。

正直、どっちでもいいんんじゃない?

肌をきれいに見せたいとき、化粧品は有効です。

あるいは、基礎化粧品を使うことで心が豊かになったり、リラックスしたり、良い効果もあるでしょう。

あさよるも、以前はまぁまぁ高級な基礎化粧品をライン使いして、かなり心身ともに満たされていました。体調が悪かったり、気分が落ちているときなんかに、集中して襟を正して美容クリームを塗るのとか、かなり“上がり”ます。

ただ、単純に化粧品が肌に良い/悪いで考えると、決して良いとは言えないでしょう。

それは、こってりあまーいショートケーキが、体に良い/悪いで考えると、「食べないほうがいいだろうなぁ」というのと同じです。でも、スイーツでホッとしたり、好きな人と一緒にお茶するのも、良い効果があるでしょう。

スキンケアにも癒やしや気分転換の作用があるでしょうから、悪いものとは言い切れません。

あくまで、著者の美容オタク的好奇心が爆発している内容だろうと思います。ちなみに、あさよるも経緯は全く違いますが、思うところがあって基礎化粧品は使わないようになりました。

まぁ、あさよるの実体験でも「基礎化粧品、使わなくても平気だよ」と思います。そして「ここぞ」というときに基礎化粧品使うとヤバイ。めっちゃいい。

どんなものにもポジティブな側面とネガティブな側面があります。基礎化粧品の良い面と悪い面を踏まえた上で、自分にとって、基礎化粧品が必要か、不要か、考えるために、本書は結構いいきっかけになるかと思います。

肌断食 スキンケア、やめました

肌断食 ---スキンケア、やめました

肌断食 —スキンケア、やめました

  • 作者:平野 卿子
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日: 2013-03-22

目次情報

はじめに
それまでのわたし
「スキンケアをしない=すっぴん」ではない
メイクの効用
美肌の産地は僧院?
きっかけはトーマス・マン?
30年前から「化粧品で肌は美しくなりません」朝日新聞の記事

2010年2月15日――開始
スキンケアよ、やようなら
大丈夫? 皮がボロボロ
わたしには「顔がある」
それでもやっぱり続けよう
シワってそんなにこわい?
医師のアドバイス

3月
ひげフェイス
3月8日 北里研究所病院の予約
3月9日 第1回肌診断――死ぬまでもてば?
ワセリン万歳!
ものぐさなわたしにぴったり!
医師のアドバイス

4月
驚くような変化が……!
大丈夫、あなたの肌は賢い①
1 肌には何もしみこまない――肌のバリア機能と新陳代謝(ターンオーバー)
2 何をつけなくても肌は自力で保湿する
3 空気が乾燥しても肌は乾燥しない
4 年を取っても肌の水分量も皮脂量も減らない
今のわたしのメイク
4月14日 第2回肌診断
あごがすっきり?
そして何も言わなくなった
石けんよ、さようなら!
シャンプー、リンスよ、さようなら!
選択には合成洗剤を
4月24日 季節の変わり目だから?
医師のアドバイス

5月
うーむ。こんなはずでは……
5月15日 少しよくなった?
大丈夫、あなたの肌は賢い②
1 日常生活では日焼け止めはいらない
2 日焼け止めが必要なとき
3 シミ恐怖症からの脱出
日焼け止め狂想曲
子どもや赤ちゃんも紫外線対策は同じ
5月21日 紫外線は浴びるけれど……
医師のアドバイス

6月
またしても新たな発見が!
6月16日 第3回肌診断――VISIAによる測定①
コマーシャルのからくりと化粧品の原価
威光価格
医師のアドバイス

7月
おや? 手がすべすべしてきた
男性はスキンケアをしないけど……
7月15日 久しぶりにリキッドファンデーションを
アンチエイジングについて考える――見た目過剰重視時代に
医師のアドバイス

8月
顔も手もすべすべしてはいるけれど……
ラオスへの旅
虫除けスプレーよ、さようなら
皮膚常在菌について――その数、1兆個
医師のアドバイス

9月
そして鏡も見なくなった
ソクラテス先生も言っている
9月14日 第4回肌診断
友人たちの反応
大丈夫、あなたの肌は賢い③
ひとつ違う次元に!
医師のアドバイス

10月
大きな思い違いふたつ
「しっとりぴかぴかのお肌」のからくり
「全成分表示」の落とし穴
「医学部外品」という奇妙なもの
「無添加・自然派・ベビー用品・弱酸性」にご用心!
化粧水も肌を乾燥させる
どうしよう、この化粧品
医師のアドバイス

11月
厳しい季節の到来
年を取っても水分量は減らない
11月3日 『ためしてガッテン』でも証明された!
医師のアドバイス

12月
さてどうなる? いよいよ冬だ
12月13日 第5回肌診断
インフルエンザ予防だって水だけ
あふれる除菌・抗菌グッズにもの申す
日本人は世界一清潔?
医師のアドバイス

2011年1月
おや? かさつきが減った
台所で化石になったシメジ
美肌の条件は、睡眠・栄養・運動
まだまだ修行が足りない
医師のアドバイス

2月
ついに2月。14日で丸1年になる
2月14日 第6回肌診断
VISIAによる測定②――えっ、まさか?
医師のアドバイス

3月――スキンケアなしの1年間を終えて
寒い! まるで真冬だ
メイクの実験
どうする? 今後のメイク
その後の友人たち
ああ、せっかくの健康な肌を! 男性と子どものスキンケア
美容のための施術について――諦めない時代の到来
すべてを物語るもの――それは

長いあとがき
スキンケアってなんだっけ?
2011年4月 女は何かにつけずにはいらない?
旅行もラク
10月 皮がむけた
2012年2月 化粧品の力はやっぱりすごい?
またしても新たな発見が!
スキンケアをしていない――だからきれい、それとも、だからシミやシワがいっぱい?
2013年1月 そして今

短いあとがき――謝辞を
注/参考文献

平野 卿子(ひらの・きょうこ)

1945年生まれ。お茶の水女子大学卒業後、ドイツのテュービンゲン大学留学。『南京の真実』(講談社)、『北朝鮮を知りすぎた医者』(草思社)、『灼熱』(集英社)、『トーニオ・クレーガー』(河出書房新社)など、訳書多数。『キャプテン・ブルーベアの13と1/2の人生』(河出書房新社)で、2006年レッシング・ドイツ連邦共和国翻訳賞を受賞。著書に『三十一文字で詠むゲーテ』(飛鳥新社・近刊)がある。

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメント

コメントを残す

*