『照葉樹林文化―日本文化の深層』|これって博物学?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

植物の分布で、人間の生態がかわる?

文化、歴史を知るにも…植物なんです!

(・∀・)/

照葉樹林文化って?

照葉樹林とは

「照葉樹林」とは、背が高く常緑で、葉っぱの表がテカテカしている木が集まった場所です。葉が分厚く光を通さないので、照葉樹林の地面は薄暗く、ジメジメしています。

日本人にとってなじみ深い照葉樹は、ドングリの木であるシイやナラ、カシ、クスノキ。ツバキやサザンカ、チャ(茶)もそうです。

照葉樹林文化 サザンカの葉

↑写真はあさよる家に植わっているサザンカの葉です。表面はツルツルしていて、毛や棘などはありません。葉の表は濃い緑色で、裏はやや白っぽい。

テカテカしているのは、「クチクラ」という膜で覆われているためです。今では「キューティクル」って呼ぶ方が聞き慣れていますね。

サザンカのような特徴を持つ植物は、温かいところに生息しています。日本でも北へ行くほど減っていき、代わりにブナや寒い地域の植物が増えてゆきます。緯度が高くなるにつれ分布が減り、また標高の高い山では、寒いので照葉樹林は見られません。

日本は海と山が近く、狭いエリアで標高差も大きいので、照葉樹林はモザイク柄のように分布しています。

植物の生息地と、人間の文化

植物の分布「植生」に、人間の文化は密接に関係しています。

砂漠の広がる地域、熱帯雨林、針葉樹の森、サバンナの気候。

人間はその土地に根ざした生活をしています。

日本の多くの部分は「温帯」です。温帯の地域には照葉樹林が広がり、広く共通する文化が今でも残っています。

温帯の地域に広がる文化

照葉樹林が広がるエリアでも、独特な文化が伝承されています。

ヒマラヤの東側から太平洋へ続き、日本列島へ北上する、エリアでは、とても文化が似ている。特に、食文化は独特です。

例えば「納豆」。納豆を食べるのは、日本人だけではありません。ベトナムや、太平洋側のアジア地域で、納豆と同じような食べものがあります。

ドングリをアク抜きして食べたり、葛(クズ)を水に晒しデンプンを取り出す方法など、調理法が伝播しています。酒や茶の製法や、「竹」を使った竹細工も盛んです。

出版が古い…前知識がないと読めない?

『照葉樹林文化』が出版されたのは、昭和44年、1969年!

なかなか年季の入った本です。図書館等で探しても、かなり古い本が置いてあるかも……「古い本は読みにくい!」って方は、迷わず新品を購入しましょうw

歴史や文化、植物や環境について知りたいなどなど、必ず一度はあたる書籍らしいので、読んでおいても損はなし!

ただ、シンポジウムの形式で対話が進んでゆくので、最低限のとっかかりになるような知識を持っていないと、しんどいかも(^_^;)>

(あさよるの場合、植物と文化について大学で履修した経験アリ)

植生から文化を見る!

文化や歴史、産業や工芸など、伝統的な営みを見る時に、「植物の生態」という視点を持ってみるのはいかがですか?

あさよるは、はじめてこの「広葉樹林文化」に触れたとき、眼から鱗。これまで見えていたものから、視点がガラリと変わる経験をしました。

本書『照葉樹林文化』では、「神」についても語られます。そう、植生を見ることで、思想や信仰まで話が膨らんでゆく。

これって、博物学?

昔「博物学」という学問があった、となんかの本で読んだ気がします(覚えてない)。

が、植物学って、そのまんま博物学なんじゃないの?と発見&驚きです。

また、環境問題を始め、現在の問題を考える際にも、植生と文化を知っておいてもいいかも。人間は太古の昔から、自然環境に手を加え、人工の山、人工の森を作ってきました。

現在、自然破壊が問題になっていますが、一方で、山の手入れをする人の不在も問題になっています。昨今のニュースを考える際にも、まずはぜひ『照葉樹林文化』から始めてみませんか。

照葉樹林文化―日本文化の深層

照葉樹林文化―日本文化の深層 (中公新書 (201))

照葉樹林文化―日本文化の深層 (中公新書 (201))

  • 作者:上山 春平
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日: 1969-10

目次情報

はしがき

序説

Ⅰ 日本文化の深層分析
Ⅱ 照葉樹林文化と縄文文化
Ⅲ 縄文文化の担い手

シンポジウム

Ⅰ 照葉樹林とは何か

生態学的見地  和辻の風土論と気候区分  非ヨーロッパ的な気候区分の試み  温度と湿度のインデックス  人間生活のための気候区分  標準的な環境区分システム  「照葉樹林」について  照葉樹林と硬葉樹林  ブナ科の世界  照葉樹林と落葉広葉樹林  照葉樹林の本場  照葉樹林のふるさと  ヒマラヤの照葉樹林  日本の照葉樹林

Ⅱ 照葉樹林帯の農耕文化

照葉樹林の食用植物  半栽培  ポナペ島のイモ栽培  照葉樹林前期複合  水晒し技術  加熱処理法  照葉樹林の野生食糧  秋から冬にかけての食べもの  春から夏にかけての食べもの  動物性の食べもの  照葉樹林文化複合  日本とシナ  竹  茶  酒

Ⅲ 照葉樹林と縄文文化

縄文文化の成立条件  縄文初期の植生  土器の用途  縄文土器の起源  土器と農耕  半栽培の長期化  根栽文化の北方変形型  半栽培の考古学的裏づけ  穴貯蔵  焼畑農耕の渡来  石包丁  ヒョウタン  気候変化と花粉分析  五つのゾーン  植生の変化  気候変化の区分と考古学的時期区分の関係  生活の場の変化 照葉樹林とその後の運命

Ⅳ 照葉樹林帯の固有信仰

問題点  三つの神観念  神観念の進化 木や石に宿る神  森林の神と草原の神  客人信仰と神の降臨  モンゴロイドの同性質

上山 春平(うえやま・しゅんぺい)

1921年(大正10年),台湾に生まれる.
1943年,京都大学文学部卒
現在,京都大学人文科学研究所教授
専攻,哲学.
著書『歴史分析の方法』
『弁証法の系譜』
『明治維新の分析視点』

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメント

コメントを残す

*