料理はたのしい!『こまったさんのカレーライス』『こまったさんのサンドイッチ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

思い出は美しく補正される?

だけど……こまったさんはあの頃のままだった!

こまったさんとの再会!

『こまったさんのカレーライス』と『こまったさんのサンドイッチ』を手に取りました。

と言っても、初見ではありません。

こまったさんの登場する「おはなし りょうり きょうしつ」シリーズは昔、何度も繰り返し読んだ大好きなシリーズだったからです。

中でも、カレーとサンドイッチの本が大好きで、大人になってからも時折ふと、思い出していました。しかし、図書館の棚を覗いても見つけられなかったので(きっと書庫へ移動しています)、長い間読み返すことはありませんでした。

それが、地元の公民館の本棚に、こまったさんのシリーズがずらりと並んでいるのを発見して、嬉しくなって手に取りました。

こまったさんはお手本だった

「こまったさん」と言っても、知らない方は誰のことだかさっぱりでしょう。

こまったさんは、寺村輝夫さんと岡本颯子さんによる「おはなし りょうり きょうしつ」シリーズ(「こまったさんシリーズ」と言った方が分かりやすいかもしれません)という、児童書シリーズに登場する、主人公の女性の名前です。

いつも「こまった、こまった」が口癖の女性で、夫のヤマさんから「こまったさん」とニックネームをつけられました。

こまったさんは、どうやらウッカリ者で、ウッカリ忘れ物をしたり、ウッカリ間違えてしまうので、「こまった、こまった」と言っているようです。あさよるも、いつも忘れ物をしたり、物をなくしては困っているので、とても親近感が湧きますw

こまったさんはレシピ本になる!

こまったさんシリーズはレシピ本でもあります。児童書ですから、簡単なレシピではありますが、面白おかしく物語の中で材料や料理のコツが披露されてゆきます。

ただ、このシリーズでは、材料や作り方のリストは掲載されていません。ですから、この本と同じ料理をしようと思うと、物語すべてを何度も読み返す必要があります。

あさよるは幼いころ、本の内容をノートに書き写し、オリジナルの料理レシピ集を作っていました。料理の大事な手順は、九官鳥のムノくんが教えてくれるので、間違えることはありません。

今思うと、本の内容から料理レシピの部分だけ抜き出して、まとめて、要約する作業は、小学生ながらに大変な作業だったんじゃないかなぁと思います。メモを取りながら読むという習慣も、このへんからついたのかもしれません。

なにより魅力的なイラストと物語

と言っても、こまったさんは実用書ではなく、素晴らしい児童書です。

イラストは細部まで工夫され、ページの端から端まで何度見返しても、飽きることがありません。細かな仕掛けもたくさん施されており、コラムのページや、表紙の見返しまで見逃せません。

そして物語。

ただカレーやサンドイッチを作るだけなのに、どうしてこんなにも心躍るのでしょうか。

「さあ、つぎ、たまごをゆでるの。ヤマさん、やって、かたゆでにしてね。」

「十五分くらいだね。」

「そう、ゆだったら、すぐに、つめたい水に入れるのよ。そうすると、からが、きれいにむけるわ。」

「オーケー。」

バターがかたくては、うまく、パンにぬれません。こまかくきって、火のそばにおいて、すこしやわらかくなったら、ナイフでまぜる。ムノくんが、やかましいのです。

「トケルマデ、アタタメチャ、ダメ!」

『こまったさんのサンドイッチ』p.52-53

こまったさん、いつも「こまった、こまった」と言っていますが、いざお料理をはじめると、それはそれはとても頼もしい!

おとなになった今、こまったさんは何も変わっていなかった!

思い出は美しく補正されるものです。

正直、過去に大好きだった作品を大人になって見返しても、拍子抜けするものもたくさんあります。だから、子供の頃好きだった本を読み返すのは、ちょと怖かったりするんですよね。

ああ!だけど!こまったさんはあの頃のままだった!なにも色褪せず、得も言われぬトキメキも、あの時のまま真空パックされて本棚に収まっていた。

あさよるは水の中で泳ぐ魚が恐怖なのですが、こまったさんが水中でエビを捕まえるシーンは、今も変わらず恐ろしいw

今の小学生、そしてあの頃の小学生へ

「おはなし りょうり きょうしつ」シリーズは80年代に刊行された児童書です。

今、30代くらいの人たちの中には、子供の頃夢中で読みふけった方もたくさんいるでしょう。

そして今、小学生くらいの子供たちも、きっと同じように夢中になれるシリーズです。

反面、80年代と言えばもう30年以上前のことです。ですから、社会背景も今とはずいぶん違っているようで、どことなく世界観が不思議に感じました。こまったさんとヤマさんの夫婦感や、女性の仕事感が違うのかもしれません。

その辺りの時代の変化は、大人からアナウンスがあれば、より適切かと思います。

おはなし りょうり きょうしつ

おはなし りょうり きょうしつシリーズ全10巻

  1. こまったさんのスパゲティ
  2. こまったさんのカレーライス
  3. こまったさんのハンバーグ
  4. こまったさんのオムレツ
  5. こまったさんのサラダ
  6. こまったさんのグラタン
  7. こまったさんのサンドイッチ
  8. こまったさんのコロッケ
  9. こまったさんのラーメン
  10. こまったさんのシチュー

この記事で紹介した本

こまったさんのカレーライス

こまったさんのカレーライス (おはなしりょうりきょうしつ (2))

寺村 輝夫 あかね書房 1982-10-30
売り上げランキング : 186982

by ヨメレバ

こまったさんのサンドイッチ

こまったさんのサンドイッチ (おはなし りょうりきょうしつ)

寺村 輝夫 あかね書房 1987-02
売り上げランキング : 118234

by ヨメレバ

作者紹介

寺村 輝夫(てらむら・てるお)

1982年東京生まれ。早稲田大学卒業。文京女子短期大学保育科教授。毎日出版文化賞、国際アンデルセン国内賞、講談社出版文化賞絵本賞、巌谷小波文芸賞を受章。「寺村輝夫童話全集」をはじめ、「ぼくは王さま」「おしゃべりなたまごやき」「おおきなちいさいぞう」「寺村輝夫のとんち話・むかし話」「くりのきえんのおともだち」など著作は数多い。おとな向けの本に「王さまの料理読本」「子の目・親の目」その他がある。

岡本 颯子(おかもと・さつこ)

武蔵野美術大学芸能デザイン科卒業。絵本や挿絵の仕事を中心に、舞台装置・衣装デザインなどの仕事を手がける。自作の絵本に「おばけたんぽぽ」「りっぱなどろぼうというものは」「おもしろいことないかな?!」、挿絵を手がけた作品に「るなちゃんとたまごやき」「にんじゃやしきたんけん」「ふしぎなかぎばあさん」「おばけのおはるさん」「屋根の上のゆうれい」などがある。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*