『三色ボールペン情報活用術』|読書しながらアウトプット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。メモ魔なあさよるです。メモを忘れないためのメモとかします。うっかりさんとも言いますw

このブログも、読書の記録の備忘録的な感じでやっております。一種のメモですね。

ところで、当あさよるネットにて、齋藤孝さんの著書を数冊紹介し、その中で三色ボールペンを使った読書法にも触れてきました。が、その三色ボールペンの本はまだ紹介していなかったので、触れておきます。

あさよるも、かなり以前に一度読んで、しばらく三色ボールペン使ってました。久々に読んで新しい発見もありました。

あくまで「情報活用術」

『三色ボールペン情報活用術』は、タイトルのそのまんま。「情報活用術」を紹介する本なんです。

三色ボールペンを使った「読書法」として扱われていることが多い気がします。あさよるも、記憶の中で三色ボールペン読書術として記憶していましたw

赤・青・緑の三色ボールペンを使ってマークすることにより、情報の整理と活用をいっぺんにしてしまおうというものです。三色の使い分けは以下。

  • 赤:客観的に見て、最も需要な箇所
  • 青:客観的に見て、まあ重要な箇所
  • 緑:主観的に見て、自分がおもしろいと感じたり、興味を抱いたりした箇所

単純です。しかし、これをやり遂げるには腹をくくる必要があります。そう!ボールペンは一度線を引いてしまうと消えないのである!消えないから、「えいっ」と覚悟を決めて線を引くのだ!

この集中力と、積極的な姿勢が情報収集の質を上げてるのです。

(今便利な消えるボールペンもあるけどね…)

やっぱ紙媒体が便利

本書『三色ボールペン情報活用術』を読んでつくづく思ったのは、まだまだ紙は使いやすいなぁということ。

あさよるは一時期、Evernoteに入れ込んで「今後はすべてのメモを電子化しよう!」と張り切っていましたが、やっぱり紙とペンが便利だなぁとw

手元でササッと手早く操作するなら、紙が便利。しかし、長期保存や情報の検索にはデジタルデータが便利。今後は両方のいいとこ取りをしてくのかなぁと、そっち方面の準備をしています。

とまぁ、三色ボールペンを使った情報活用術も、紙とペンの便利なところを存分に発揮しています。シンプルだからこそ分かりやすいというのもいい。

デジタルデータや電子書籍も三色で管理できる?と一瞬思いましたが、なんかそれは違う気がしますw 活字にて情報の触れ方も、紙の本と電書では違うのですね。

三色で線を引くこと=アウトプット?

赤・青・緑で線を引き分けることで、本や情報に触れる深さが変わります。

多分それは、ただ単に「読む」という受け身な状態から、「線を引く」という積極的な態勢に変わるからではないかと思います。

これまで情報の羅列だった文章に「自分が手を加える」という一手間を加えることで、一方的なインプットからアウトプットへと変貌しているのでは?

線を引く。たったそれだけのことなのに、インプットからアウトプットへと変わるなんて、面白い!そして、すごい!

自分だけの一冊を作る

赤・青・緑の内、すんごく重要な働きをするのは「緑」で線を引いた部分。

赤と青は、あくまで本や文章の情報を、客観的に精査した結果です。しかし、緑は違う。

緑は、自分が興味を持ち、好奇心が掻き立てられ、面白い!と感じた部分です。自分の興味の欠片を、緑のボールペンで浮き上がらせることができるんです!

自分が興味を持った分野については、誰もが積極的に情報を収集し始めます。反対に、興味のないことは、いくら重大な情報でも消極的ですよね。

消極的な情報を集めるよりも、すごい!面白い!と積極的に情報に向き合える欠片をたくさん集めましょう。それは、一つ二つだと力はないかもしれませんが、たくさんの緑の線を引いている内に、どんどん情報との向き合い方が変わってくるのです。

『三色ボールペン情報活用術』は、“本を汚して読む派”の読書術です。そして、読書だけにはとどまらず、資料や文書を読む時全般に使える「情報活用術」です。

著者の齋藤孝さんによれば、三色の使い分けに慣れてくると、人の話を聞いていても三色に分けて聞けるようになるそうです。「本当かなぁ?」と思いますね(・∀・) 確かめるためにも、チャレンジしてみたいです。

三色ボールペン情報活用術

目次情報

三色方式とは

Ⅰ なぜ「整理法」ではダメなのか

「活用」してこそ情報だ
役に立たなかった膨大なカード
整理して活用ではなく、「整理=活用」に
情報は「お蔵入り」させては意味がない
誰もができるが、自分しか活用できない
自分の“内側”に取り込む
料理でいえば仕込み段階
きれいな資料である必要はない
腐らせない、力みすぎない
自分で生み出すトレーニング
自分で育てていく樹

Ⅱ 三色方式とは何か

赤・青・緑の使い分け
なぜ三つに分けるのか
なぜ赤・青・緑なのか
黒は判断停止の色
脳に覚悟を促す!
「技」にする、「技」を磨く
緑は香辛料、加える量を間違えないこと

Ⅲ くぐらせる――情報との出会い方

自分をかかわらせる
情報とは一期一会
「くぐらせる」とは?
仕事に活かす青と緑のバランス
主観・客観の文脈をクロスさせる
「引っかかる」感覚は磨けば光るが、さびもする
勘や感覚を技化させるためには
女性のほうが発想が柔軟
無理だと思うところにチャンスあり
情報をテキスト化する
テキストを探そう
捨てるかどうかは緑で決める
筆記する力
ノートを取るということ
メモはどうやって取るか
聞く力を育てる
メモから生まれるアイディア
三色バランスでプレゼンテーション

Ⅳ 立ち上がらせる――情報を立体化する

関心のアンテナを立てる
キーワードを丸で囲む
キーワードの見つけ方
「つかまえてやるぞ」という意識
キーワードがレジュメに早変わり
会議とレジュメ
要約力・再生力
構造的に理解できるか
文章化←→図式化
必読! 三色手帳術
時間を三色で切り分ける
一週間をシミュレーションする
先手必勝
使い勝手の工夫
ひとコマ九十分でメリハリ
限りある時間の中で

Ⅴ 編み出す――情報からアイディアを生む

緑を重視してきたのはなぜか
すべてのアイディアの源は緑
緑を発揮するポイントを工夫する
どこを「まねる」かの切り口が大事
具体的なアイディアが現実を変える
異種配合は最強の技――引用力
資料を仕込むコツ1
資料を仕込むコツ2
異なるものを結びつける

練習問題

あとがき

齋藤 孝(さいとう・たかし)

1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒。同大学教育学研究科博士課程を経て、現在明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。主著に、『身体感覚を取り戻す』(新潮学芸賞受賞)、『宮沢賢治という身体』(宮沢賢治賞奨励賞受賞)、『「できる人」はどこがちがうのか』『声に出して読みたい日本語』(毎日出版文化賞特別賞受賞)、『理想の国語教科書』『読書力』『会議革命』『からだを揺さぶる英語入門』『質問力』等がある。新しい読書の型を提示した『三色ボールペンで読む日本語』は各界に大きな影響を与えた。
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~saito/

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*