『宇宙用語図鑑』|恒星、惑星、衛星、矮星……図鑑を熟読!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
『宇宙用語図鑑』挿絵イラスト

こんにちは。月蝕見ましたか? 意外と天体ショーの話題に乗り切れない あさよるです。昔から星や宇宙のことが好きで、天体ショーもチェックしていましたが、SNSの普及でみんながショーの話題で持ちきりになると、「ふーん、興味ないし」とアマノジャクなことを申しております。強がりです。

さて、『宇宙用語図鑑』という分厚い本を見つけました。タイトルもなんだかお堅い感じ。中身も難しい宇宙や物理の話を扱っているのですが……これがまた、むちゃライトに楽しく上手いことまとめられていて、とても面白い本でした。「図鑑を熟読」しましょう。

分厚いけどカンタン!

本書『宇宙用語図鑑』は、その名の通り〈宇宙〉に関係する用語が紹介される辞書のような本なのですが、イラスト満載で簡単にわかりやすく〈図解〉されている〈図鑑〉なのです。文章少な目、目で見てビジュアルで理解する楽しい内容です。

サンプルがAmazonで紹介されていました↓。

『宇宙用語図鑑』挿絵サンプル

宇宙用語図鑑 | 二間瀬敏史, 中村俊宏, 徳丸ゆう |本 | 通販 | Amazon

ね、文字すくな目でイラスト多め。例えば、〈宇宙〉に興味のあるお子さんがいたら、本書はとても役立つでしょう。お子さんはどんどん新しい知識を仕入れてきて、いろんな用語を発するはずです。そんなとき、本書『宇宙用語図鑑』を取り出して、索引から引けばよいのです。

あさよるも天体や宇宙が好きな子どもでしたから、一人で勝手に読みかじって「宇宙のはなし」を大人に話したもんですが、聞かされる方はそんな話興味ないってなもんでね。そのとき、『宇宙用語図鑑』があれば、もうちょっと建設的な話になったかもしれません。

時折ニュースやSNSでも天体ショーが話題になります。月蝕だとか流星群だとか。

宇宙・天体・物理学用語、わかる?

『宇宙用語図鑑』の1章はこんな節からはじまります。

  • 「恒星」
  • 「惑星」
  • 「衛星」
  • 「矮星」
  • 「巨星」
  • 「超新星」
  • 「中性子星」

さて、これらの〈星〉の意味の違いわかりますか?

  • 「恒星」→自ら光を放っている星
  • 「惑星」→恒星の周りを周る星、温度が低く光らない
  • 「衛星」→惑星の周りを周る星
  • 「矮星」→「小さい星」という意味。赤色矮星、褐色矮星、白色矮星など種類がある
  • 「巨星」→直径が太陽の10倍~100倍もある巨大で明るい星
  • 「超新星」→重い星の最後に大爆発を起こすこと
  • 「中性子星」→小さくて重い高密度の星

こんな感じで、見たこと聞いたことはあるけど、意味は……なんだったっけ~?というド忘れにも効きます。

子どもゴコロを取り戻すべく「図鑑を熟読」しましょう。

『宇宙用語図鑑』挿絵イラスト

関連本

宇宙・物理の本

宇宙用語図鑑

宇宙用語図鑑

宇宙用語図鑑

  • 作者:二間瀬敏史
  • 出版社:マガジンハウス
  • 発売日: 2017-11-09

目次情報

本書の使い方

第1章 さまざまな天体

恒星
惑星
衛生
矮星
巨星
超新星
中性子星
ブラックホール
星雲
星団
彗星
流星
銀河
銀河群
銀河団

宇宙にまつわる哲学者&科学者

01 プラトンとアリストテレス
02 アリスタルコス

第2章 太陽と月と地球

太陽
光球
黒点
フレア
核融合
太陽風
皆既日食
金環日食

高地
海(月の海)
クレーター
縦穴
月の裏
潮汐力
月の満ち欠け
月食
地球
自転
公転
近日点
黄道
春分点
南中
夏至
原子太陽
ジャイアント・インパクト
かぐや
SLIM

宇宙にまつわる哲学者&科学者

03 プトレマイオス
04 コペルニクス

第3章 太陽系の仲間たち

太陽系
内惑星
巨大ガス惑星
天文単位

最大離角


逆行
ケプラーの法則
水星
ベピコロンボ
金星
宵の明星/明けの明星
スーパーローテーション
あかつき
火星
火星大接近
バイキング
キュリオシティ
フォボス/ダイモス
MMX
木星
大赤斑
ガリレオ衛生
エウロパ・クリッパー
土星

エンケラドス
カッシーニ
タイタン
天王星
海王星
ハレー彗星
流星群
小惑星
小惑星帯
ケレス
ドーン
はやぶさ/はやぶさ2
隕石
地球近傍天体
ツングースカ大爆発
冥王星
ニュー・ホライズンズ
準惑星
エッジワース・カイパーベルト
太陽系外縁天体
オールトの雲
太陽系第9惑星
太陽圏
ボイジャー1号
原始太陽系円盤
グランドタック理論

宇宙にまつわる哲学者&科学者

05 ケプラー
06 ガリレオ

第4章 恒星の世界

光年
ケンタウルス座アルファ星
ブレークスルー・スターショット
1等星
絶対等級
固有名
バイエル名
星の日周運動
北極星
星の年周運動
黄道十二星座
星座
春の大曲線
夏の大三角
秋の大四辺形
冬のダイヤモンド
南十字星
星宿
インカの星座
星間物質
星間雲
メシエ天体
暗黒星雲
馬頭星雲
石炭袋
創造の柱
輝線星雲
反射星雲
オリオン大星雲
分子雲
分子雲コア
原始星
Tタウリ型星
褐色矮星
主系列星
散開星団
プレアデス星団
スペクトル型
HR図
赤色巨星
たて座UY星
AGB星
白色矮星
惑星状星雲
新星
重力崩壊
ベテルギウス
超新星残骸
かに星雲
パルサー
超新星1987A
事象の地平線
はくちょう座X-1
年周視差
パーセク
変光星
セファイド変光星
KIC 8462854
連星
二重星
接近連星
高輝度赤色新星
固有運動
光行差
分光
スペクトル
輝線/吸収線
系外惑星
ペガスス座51番星b
ドップラー効果
トランジット法
ケプラー(探査衛星)
直接撮像法
ホット・ジュピター
エキセントリック・プラネット
アイボール・プラネット
重力マイクロレンズ法
ハビタブルゾーン
バイオマーカー
レッドエッジ
アストロバイオロジー
ドレイクの方程式
SETI
Wow! シグナル

宇宙にまつわる哲学者&科学者

07 ニュートン
08 ハレー

第5章 天の川銀河と宇宙銀河

天の川
天の川銀河
銀河円盤
バルジ
渦状銀河
楕円銀河
レンズ状銀河
不規則銀河
矮小銀河
大マゼラン雲
小マゼラン雲
アンドロメダ銀河
局部銀河群
ミルコメダ
触覚銀河
車輪銀河
スターバースト
おとめ座銀河団
M87
暗黒物質
重力レンズ
超銀河団
ラニアケア超銀河団
ボイド
宇宙の大規模構造
グレートウォール
スローン・デジタル・スカイサーベイ
Ia型超新星
タリー・フィッシャー関係
赤方偏移
クェーサー

宇宙にまつわる哲学者&科学者

09 ハーシェル
10 アインシュタイン

第6章 宇宙の歴史

宇宙論
オルバースのパラドックス
宇宙膨張
アインシュタインの静止宇宙モデル
ハッブルの法則
ハッブル定数
ビッグバン理論
定状宇宙論
宇宙マイクロ波背景放射
宇宙の晴れ上がり
インフレーション理論
無からの宇宙創生
無境界仮説
宇宙の加速膨張
暗黒エネルギー
ブレーン宇宙モデル
マルチバース
エキピロティック宇宙モデル
宇宙の曲率
ビッグクランチ
ビッグリップ

宇宙にまつわる哲学者&科学者

11 ハッブル
12 ガモフ

第7章 宇宙にまつわる基礎用語

元素
原子
分子
陽子/中性子/電子
同位体
クォーク
ニュートリノ
反粒子/反物質
小林・益川理論
4つの力
標準理論
ヒッグス粒子
超対称性粒子
ニュートラリーノ
加速器
電子ボルト
LHC
特殊相対性理論
一般相対性理論
量子論
量子重力理論
超弦理論
電磁波
可視光
電波
赤外線
紫外線
X線/ガンマ線
ガンマ線バースト
大気の窓
重力波
GW150914
原子重力波
宇宙ひも
JAXA
NASA
ESA
国際宇宙ステーション
国立天文台
すばる望遠鏡
TMT
アルマ望遠鏡
ハッブル宇宙望遠鏡
ジェイムズウェッブ宇宙望遠鏡

INDEX

二間瀬 敏史(ふたませ・としふみ)

1953年北海道生まれ。京都産業大学理学部宇宙物理・気象学科教授。京都大学理学部卒業、ウェールズ大学カーディフ校博士課程修了、マックス・プランク天体物理学研究所、米・ワシントン大学研究員などを経て、弘前大学助教授、同教授、東北大学大学院理学研究科教授、2016年から京都産業大学教授、東北大学名誉教授。専門は一般相対性理論、宇宙論。暗黒物質や暗黒エネルギーの重力レンズを用いた観測的・理論的研究に取り組む。著書に『宇宙物理学』(現代物理学「基礎シリーズ」9、朝倉書店)、『シリーズ現代の天文学』(2「宇宙論Ⅰ」3「宇宙論Ⅱ」など、共編著、日本評論社)、『ブラックホールに近づいたらどうなるか?』(さくら舎)、『重力で宇宙を見る――重力波と重力レンズが明かす、宇宙の始まりの謎』(河出書房新社)など多数。

中村 俊宏(なかむら・としひろ)

1969年生まれ、埼玉県出身。化学メーカー勤務、編集プロダクション勤務を経てフリーランスに。書籍の企画・編集等を行う。自然科学系のテーマを一般向けにやさしく紹介する本を多く手がける。制作に携わった本は『眠れなくなる宇宙のはなし』(佐藤勝彦、宝島社)、『重力で宇宙を見る――重力波と重力レンズが明かす、宇宙のはじまりの謎』(二間瀬敏史著、河出書房新社)など。
ツイッターはhttp://twitter.com/cymbi_tn

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメント

コメントを残す

*